早起き鳥 

【未明混沌】今日もきっと良いことあるような…!

満天の星、ヨットデッキから仰ぐ...!

2016年06月30日 06時15分40秒 | 読書







 島から島への航海の最中にも、

夜、満点の星を仰ぎながら、

同伴している息子に


白く輝いて見える星は

今燃えている真っ盛りなので、

周りに大気がないから白く光って見える。


しかしあんな星とて、

実は今、

この俺たちが生きている時点には、

実はもう存在しておらず、

とうの昔に

消滅してしまっているのかもしれない。


この茫々大々の宇宙を洗って

流れていく時間の総体に比べれば、

我々が人生の中で計り数える時間なんぞ、

全宇宙にとっては

瞬間のようなものに違いない、


などという会話を風の吹きそめる

ヨットのデッキに仰向けに並んで

寝そべりながら交わしたものでした。



  「老いてこそ人生」
          石原 慎太郎 著
     









 ヨットレースから一転して

家族と共にくつろぎながらの航海

なんともはや、羨ましい光景が

まぶたに浮かんでくる


大きく育った息子たちとともに、

ヨットで島から島への航海

島の風景と出会い

うまいものを食べながら

島々の温泉も堪能して

島の人との楽しい会話

なんと満ち足りた船旅だろう


豪華客船で巡る船旅も

素晴らしいだろうけれど、

家族とともに巡るヨットクルーズ

乗組員はいずれも

類い稀なヨットマンときているのだから

なんとも羨ましいの一言でしかない


とはいえ、穏やかな大自然の

優しい安らぎに包まれて

家族で生きている実感を

共有する時間こそ素晴らしい


アウトドアがどうも苦手な

僕にとっても船旅は憧れる

海の上から眺める満天の星は

本当に手が届きそうである

流れ星が本当に自分の顔に

降り注ぐ気がするのだからたまらない



     早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恐ろしいトカラを突っ切る...!

2016年06月29日 05時03分22秒 | 読書







 強い黒潮の洗うトカラ列島海域は

レースの季節、

五月の連休の頃には

まだ多い北寄りの風が吹くと、

北上する黒潮に風がまともにぶつかり

とんでもなく悪い三角波を立てて

危険極まりない。


今でこそ、GPSのような

簡単で正確なナビゲーション用の

機械が開発されているが、

当時は一般の本船は嫌がって

大きく迂回するような難所でした。


しかし互いに先を競って

1分、10メートルを争うレースでは

荒天の深夜だろうと、

トカラ列島を横切る

黒潮の進路を探ってそれに乗り、

いずれかの地点であの恐ろしいトカラを

突っ切らなくてはならい。



  「老いてこそ人生」
          石原 慎太郎 著
     









 ヨットマンには

こたえられない冒険レース

勇気とチャレンジ精神で自然の猛威に挑む

3000メートル級のアルプスを目指す

クライマーと同じ心境だろうか

航路として考えると難所のトカラ


でもダイビングを楽しむ立場からすれば

なんとも美しい

大自然の憩いのスポットではなかろうか

僕も航海とまではいかないけれど、

学生時代、沖の養殖イケスに

給餌のため、1日に三度一人で

原動機付船を操縦したことがあるが

太平洋沿岸は干満の差が激しく

気がつけば帰れなくなることもあった


ちょっとした不注意でとんでもない

事故や不測の事態に陥ることがある

自然を甘く見たら命取りである

そのことは重々承知しているわけで


ヨットマンとて同じ、

それを敢えて迂回せず

難所を突っ切る勇気と行動力が勝敗を制する

別段、レースに勝たなくてもいいではないか

と思わないではないが

人間のあくなき野望という不思議な心が

トカラという難所に向かわせるのだろうか...!



     早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨットで梅雨前線を追う

2016年06月28日 05時50分13秒 | 読書







 1997年、まだ

東京の知事に就任する前、

自分がまた政治家に戻るなど

毛頭も考えていなかった頃、


春先沖縄に運んでおいたヨットに乗って

梅雨明けの沖縄から北上している

梅雨前線を追うように

南からの追っ手の順風に乗って

ホームポートまで帰ってきました。


このコースの途中には、私が言い出し、

日本外洋帆走協会が

沖縄の本土復帰を記念し創設した

日本で最大最長のヨットレース中での

難所中の難所、トカラ列島があります。



  「老いてこそ人生」
          石原 慎太郎 著
     









 梅雨明けの沖縄から

自分のヨットで梅雨前線を追っかける

なんと素晴らしい夢のような体験


海の好きな人にはたまらない光景が

まぶたに浮かんでくる


海の怖さも知っているが故に

航海する喜びがこたえられない

自分のクルーザーを

持てるなどというのは夢のような話である


僕も小型船舶操縦士の

免許を持っていたのだが

還暦を過ぎてもう乗ることはないと

更新するのを断念してしまった

筆者のこうした夢のような話を読むと

更新だけはしておけばよかったと

悔しい思いがする


でも筆者はヨットが

人生そのものだったのだから

老いても海と共にあればいいし

僕は海を仕事の対象としていたけれど

海を見て暮らしたいと思うほど

憧れがあったわけでなない


とは言え、一度でいいから

クルーザーに乗って日本一周をしてみたい



     早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仲間の大方は死んでしまった...!

2016年06月27日 04時39分12秒 | 読書







 私はこの章を

始めから終わりまでただただ

ノスタルジーだけで綴っていますが、


それを敢えて自分に許して

かかるだけの意味合いを

この写真は私にとって持っているのです。


まあ誰にとってもそうしたものが

一つや二つあったっていいでしょう。

どうせ誰も、どう逆立ちしたって

時間を遡ることなど

できはしないのだから。


で実は、

この写真に写っている仲間の大方は

死んでしまったのです。



  「老いてこそ人生」
          石原 慎太郎 著
     









 青春の思い出の写真

そんな写真の一枚や二枚

だれにも残っていそうだが


僕にはなぜか、

そんな写真が残っていない

とても残念なのだが

頭の記憶の中には確かに残っている

若かりしあの頃

なぜそこまで熱くなれるのか

今考えると不思議の何物でもない


そんな熱かった頃

写真に一緒に写っている友

その友のほとんどが死んでしまったとある

筆者は長生きの部類

あれだけ酒を飲んで

不摂生をした割には長生き(笑)

長生きをする人の

ノスタルジーとはいかなるものなのか


長生きをしてみないとわからないけど

昔を懐かしく思うノスタルジーを

長く味わって生きられるのだから

幸せだろうか...?

晩年を元気で過ごせたらいいけど

病床に伏せる晩年だけはゴメンである



     早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ついに、ついに、ついに俺たちは...!

2016年06月26日 06時21分23秒 | 読書







 海に臨む逗子の家のレースで

獲得したトロフィーや記念の写真を飾った

サロンにこの写真もかけてあります。


その下に私自身の書き込みがある。

レースのはるか後になっても

いまだに興奮が続いていたのか、英語で


「ついに、ついに、ついに俺たちは

この憧れの海を走るのだ!」

とあります。

その言葉の実感は今でも強烈にある。


14日間に及ぶ航海の中で日本と同じ海ながら、

いったいどれほど数多く

生まれて始めのものごとを

味わい目にしたことだったろう。


  「老いてこそ人生」
          石原 慎太郎 著
     









 筆者のまさに青春時代の象徴が

このトランスパック・レース


処女航海にでる興奮というのが

どんなものなのか計り知れないけれど、

自分のクルーザーが持てたとして

これから進水し処女航海に出る興奮

それはもう夢心地であるに違いない


さらにその航海が

世界でもっとも権威のある国際レース

日本代表として臨むのである

その興奮たるや

筆者の感動が伝わって来る


素晴らしい青春時代の記憶が

その後の人生でどれだけ力強く

励ましてくれるかしれない


きっとその喜びと同じくらいの、

試練がそのレースで体験されたに違いない

二週間にも及ぶ4000キロのレースなら

快晴の凪の日もあれば、

ハリケーン並みの暴風雨にも

遭遇したに違いないが

いやはやなんとも言葉が思いつかない


そして迎えるゴール、

成績を度外視して

これほど満ち足りた青春を

表現する情景はないだろう...!



     早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加