奥井みさき、旅の記録と徒然日記

仕事の合間に旅行、旅行の合間に仕事。
フリーライター・奥井みさきの旅日記と、日々思うこと。
OYOYO美術部所属。

あとはいろいろなこと

2013-11-30 06:13:03 | 北海道の旅日記
ということで、道東の旅日記でした。

ここまでで書かなかったことを3つ。

帯広では知り合いから手作りのパンを頂きました。
なかなか美味しかった。





阿寒湖畔で休憩しましたが、観光客も少なくのんびりしていました。
本当はこういうときに泊まると誰に気兼ねすることもなくゆっくり出来るのに。

温泉に行くならオフシーズンがお勧めです。





最後に滝上の道の駅で売っていた残り一つだったシフォンケーキ。
滝上産のハーブが入った、紅茶味のシフォンです。
600円、安くて美味しい。





それにしても“月のチーズ”はよく売れますな。
この閑散期にも関わらず個人で何個も買っている方がいた。
いつもあっという間に売り切れなのも頷ける。

年内の旅は打ち止め、今年もあちこち行ったな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

滝の上発電所(ほくでんエコエナジー・滝上町)、発電再開へ

2013-11-29 06:53:49 | 滝上町



滝上町には「濁川」と「滝の上」の2つの発電所があります。
詳しくはコチラをどうぞ。
   → http://blog.goo.ne.jp/okui-m/e/d385ddeb3f371a61be025b04a7108b4f

「滝の上発電所」は大正14年に発電を開始しています。
それから今年で88年経ちます。

実は去年4月26日、水車軸受部を損傷し発電停止になっています。

そこで発電所を運営するほくでんエコエナジー(株)は水車・発電機等を全て更新し、
発電所出力を112kWから250kWに倍増し再開することになりました。

発電開始は12月末、それと同時に名前も「滝上芝ざくら発電所」に変わります。

そうですか、発電できていなかったのですね。

以前ならそのまま廃止になっていたかもしれませんが、
このご時世だからか出力を倍増し再開となりました。

エコだからね。

また今までは水の排出口が滝になっていましたが、
これはなくなるということです。

ところで発電所の年間発電量は約166万kWhになりますが、
これは家庭用としては約500軒分ほど。

滝上町全体では約1500世帯なので、その1/3ほどになります。

それがここの発電量として多いのか少ないのか判断できませんが、
ほくでんエコエナジーの中で一番少ないことに変わりはない。

何であれ発電所が残ることは喜ばしいこと、
これからもエコなエネルギーを生み出していって欲しいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大鵬相撲記念館(旧・川湯相撲記念館)

2013-11-28 05:15:25 | 北海道の博物館




“巨人・大鵬・卵焼き”、なのである。
高度成長期を象徴する流行語で、子供の好きなものとして語られた言葉です。

この中にかつての名横綱・大鵬の名がある。
個人の名前が流行語として後世まで語り継がれることなどなかなかありません。

“大鵬”はそれほど偉大な方だった、ということですね。





川湯温泉は大鵬が少年時代に住んでいた場所、
その縁で建てられた大鵬のための博物館です。





展示は大鵬のことだけではなく、相撲のことも広く紹介されています。

廻し(まわし)の長さや下がり(さがり)の本数(必ず奇数だそうです)、
化粧廻しの材質や天皇杯の事など、細かく解説されている。

これだけでもここに寄る価値があるというものです。

また32回を数える優勝の、その全ての優勝額が飾られています。
間近に相撲の優勝額を見ることもあまりない機会ですので、これも注目。

最後に、15分ほどのビデオを見ることができます。
大鵬の戦いの軌跡ですが、これがまた面白い。

何が面白いかというと、昔の大相撲が今の大相撲と違って本当に面白い。
がっぷり組んで力と技がぶつかり合うその様は、
今の大相撲とは全く違う迫力があります。

今もあのような相撲が続いていたなら、相撲人気も衰えなかったろうに。

“巨人・大鵬・卵焼き”といわれたことも納得、
当時の大相撲の横綱は今とは違うスターであり神だったのだなと思いました。




*大鵬相撲記念館

住    所:川上郡弟子屈町川湯温泉2丁目1-20
開館時間:6月1日から10月20日は5:30~21:00、それ以外は9:00~17:00
入 館 料:高校生以上400円、小中学生190円
休 館 日:無休
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

“泊食分離”の川湯温泉

2013-11-27 05:36:37 | 北海道の旅日記
“泊食分離”とは、温泉地などで宿泊と食事を別なところにすること。
一般的な1泊2食付きではなく、夕食を地元の飲食店などに任せます。

これで個人旅行客の多様なニーズに応えることができますし、
地元の飲食店が賑わうことにより温泉街としての魅力も増します。

ただこれをやるには温泉街に魅力のある飲食店がないとできません。

北海道の温泉街は大箱の大ホテルが林立し街の飲食店はあまりない、
というところがほとんどで“泊食分離”をするにはかなり無理がある。

ところが川湯温泉は居酒屋や寿司屋などが10軒ほどある。
北海道でこのような温泉地は非常に珍しい。

今回は川湯温泉在住の知人と夕食を共にすることにしていたので、
ホテルは1泊朝食付きにし夜は地元の居酒屋に行くことにしました。

知人お勧めの居酒屋は残念ながらお休み、別な居酒屋へ。

お店の名物だという「どでかザンギ」他数品とお酒を嗜みつつ尽きることのない四方山話。
値段はちょっと高めかと思いますが仕方なかろう、味はちょいと不満。

残念だったのは地元産の豆腐を使った冷奴がなかったこと。
これでは観光客をひきつけるのは難しかろう。

メニューが少ないですな。
「これを食べてみたい」というものがない。
メニューを見ても食指が全く動かないのです。

あぁ、これでは“泊食分離”も難しかろうな。

私は生粋の道産子なので、
観光地で食事をするからといって海鮮だ地元グルメだと騒ぐつもりはありません。
しかし、普通の食事くらいはしたい。

ましてや本州からの観光客を考えるとこれでは全くダメ。

“泊食分離”の料金設定はホテル側で簡単にできますが、
受け皿となる地元の居酒屋がこれでは困る。

たまたまこのお店が私の口に合わなかった、というだけならいいのですが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川湯観光ホテル

2013-11-26 04:37:28 | 北海道の旅日記



川湯温泉での泊まりはココ。

1泊朝食付でお願いし、夕食は知り合いと一緒に外で食べました。

客室は和室でしたが畳ベッドがふたつあるお部屋。

12畳の部屋に4名分の寝具がありましたので、
普段は4名定員で使っているのでしょう。

畳ベッドがある部屋は5部屋しかないそうですが、広く使えて寛げます。

温泉は男女別大浴場に露天風呂、
温度も低温から中温、高温まであり選べるのがいいですね。

泉質は川湯温泉なので文句なし。

館内1階には「懐かし横丁路地裏」というところがあり、駄菓子を売っています。





この駄菓子がねぇ、懐かしい感じでいい味を出している。

温泉宿はこういうい演出があると楽しいですね。

駄菓子屋の横はラーメン屋台、いかにもという感じでこれまたいい。

売店のお土産コーナーには地元のメーカーが作っているお菓子を集めた一角が。
やっぱりお土産にお菓子を買うなら地元で製造しているものでなければ。
こういうところもココは上手。

朝食はバイキング、これまた地元産の豆腐などがあり美味しく頂きました。

全体としては、客室もリニューアルを進めているようでもありキレイな館内です。

また駄菓子屋などにもあるように、
細かいところにも客を楽しませようという意図は感じます。

あとはホテルとしての基本を大事にすれば、もっとよくなりますね。

※夕食の「地産地消ブッフェ」が気になる
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

道東、3泊4日

2013-11-25 05:05:38 | 北海道の旅日記
19日から22日まで、毎年年末恒例の道東方面へ行って来ました。
今年は積雪がなく、楽でした…。

今年のコースは次の通り。

19日  札幌ー広尾ー帯広ー芽室ー音更ー帯広
20日  帯広ー(足寄ー阿寒湖畔)-川湯温泉
21日  川湯温泉ー北見ー雄武ー滝上
22日  滝上ー滝川ー札幌

4日間で走行距離は1,210km、燃費は18.9km/L。

相変わらずいい燃費だ。

19日は自宅を出たのが何と3時44分、そこから日高経由で広尾へ。
その後は帯広に入り近辺をまわって今宵の宿、パコ3へ。

せっかく帯広にいるなら温泉にでもと思いましたが、
さすがに疲れて温泉には行かずさっさと晩ご飯を済ませて就寝。

川湯温泉では密かに狙っていた「公衆浴場」が定休日でしたが、
念願の「相撲記念館」を見学できたのでよしとしましょう。

川湯温泉では川湯観光ホテルに泊まり。

屈斜路湖の砂湯ではいつものように、白鳥が飛来していました。

雄武ではホテル日の出岬の大浴場が改修中で温泉に入れませんでした。
これには参った。

そして滝上では実家に泊まり札幌へ。

これで年内は泊りがけの出張はない予定。
あとは年末までゆるゆると札幌にいます…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャンボクリスマスツリー

2013-11-24 06:29:46 | イベント



毎年恒例、

サッポロファクトリーのジャンボクリスマスツリーです。

点灯時間は16:00~22:00、12月25日まで。

いよいよ年末ですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日から出かけます

2013-11-19 04:00:00 | つらつら思ったこと
今日から出かけます。

今日は帯広、明日は川湯温泉、明後日は滝上に泊まり、
金曜日に帰ってきます。

出かけている間はいつものようにネット環境にないので、
ブログの更新は少なくても土曜日まではしません。

その間に何かあれば携帯へご連絡ください。

それでは、行ってきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

札幌ドーム トレーニングルーム 運動教室

2013-11-18 06:14:52 | イベント
これから本格的な冬になり、野外での運動もなかなか大変になります。
札幌ドームも野球とサッカーが終わり、暇になるらしい。

ってことかどうかはわかりませんが、
今月から札幌ドームで運動教室が開かれています。

概要などはコチラ → http://www.sapporo-dome.co.jp/news/dm_sports_school.html

場所はドームのトレーニングルームで、料金は1教室1,000円。
料金にはトレーニングルームの利用料金も含まれています。

トレーニングルームの利用は通常1回500円なので、1教室1,000円は格安だ。
ロッカーもシャワーも完備でっせ。

また教室の一覧を見てみると、これまたいろいろあります。
初心者向けの体操からストレッチ、ダンス系、筋トレ系まで選び放題。

日時さえ合えば一度行ってみたい…。

ところで森谷先生の「タオルを使って簡単体操&ヨガ」は、
私の住むマンションで似たようなことをしてもらったことあるなぁ。
さすが森谷先生、あのときは楽しかった。

これからの季節は運動不足になりがち。

気に入った教室を見つけてドームで体を動かしてみては?
初心者でも楽しめるメニューもありますので、お気軽に。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「オホーツク観光物産フェアinチ・カ・ホ」

2013-11-17 09:14:40 | 滝上町



今日から明後日まで、チカホでオホーツクの観光イベントが開かれます。


「オホーツク観光物産フェアinチ・カ・ホ」


●日 時 11月17日(日)~19日(月)10:00-17:00
      ※最終日19日は16:00まで

●場 所 札幌駅通地下歩行空間(地下鉄大通駅側から入ると便利です)
     
      ※18・19日北洋大通ビッセ1Fロビーではポスター展も同時開催


滝上町からはゆるキャラ「ピコロ」も駆けつけ撮影会などが行われるほか、
月村さんの「月のチーズ」、ハーブガーデンの「シフォンケーキ」なども売られます。

ちなみに「ピコロ」は今日は16:00から、明日は12:00と15:00、
明後日は12:00と15:00にステージに登場します。

街中へお出かけの際はお立ち寄りください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加