奥井みさき、旅の記録と徒然日記

仕事の合間に旅行、旅行の合間に仕事。
フリーライター・奥井みさきの旅日記と、日々思うこと。
OYOYO美術部所属。

スカイマーク、民事再生に思う … 前

2015-01-31 11:38:40 | 交通
ご承知のように国内第3位の航空会社であるスカイマークが民事再生を申請しました。
エアバス社からの購入契約解除が致命傷になりましたね。

スカイマークは今までに少なくても3回乗ったことがあります。
そしてこのブログでも何回か登場しています。

「スカイマーク、苦境」
   → http://blog.goo.ne.jp/okui-m/e/b181aede2fdba2eec1490b77c25c3cde

ここでは同社のマーケティングのミスを指摘し、倒産の危機に言及している。

「さすが、スカイマーク」
   → http://blog.goo.ne.jp/okui-m/e/59a7ab4317036d886739a40c2f7a013c

ここでは茨城空港でのことを書いています。

ところで「さすが、スカイマーク」の中で、
新千歳―旭川間の路線について3か月の短命に終わったと書きました。

そう、スカイマークにはかつて新千歳ー旭川という路線があったのです。

これは羽田ー旭川間の路線を開設したスカイマークが、
利用率低迷によりそのうちの1便を新千歳経由に変更したもの。

この1便は羽田ー新千歳ー旭川の運航になり、
新千歳―旭川間だけでも搭乗できる路線となりました。

ちなみに羽田ー旭川線は2008年4月に運航開始、
2011年10月に運休となっています。

この新千歳―旭川間の路線について、
私はこのブログではなく他の媒体で書いたことがあります。

長くなりましたので、続くは明日。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小中学校の統廃合

2015-01-30 05:09:31 | 北海道のこと
文部科学省が公立小中学校の統廃合の基準を見直しました。

これは同省が今月19日に公立小学校で6学級以下、
公立中学校で3学級以下の学校は統廃合を検討するよう自治体に求めています。

1学年1学級以下の学校は統廃合しろ、ということですね。

市町村内に小中学校が1校しかないなどの例外措置がありますが、
文科省では経費削減などの思惑がありそういう指針になったようです。

これについて26日、吉村山形知事が県内の実態を明らかにしました。

この基準では県内の小学校267校のうち6割以上の161校が、
中学校103校のうち14校が基準に当てはまるというのです。

27日読売新聞電子版で伝えています。
  → http://www.yomiuri.co.jp/national/20150127-OYT1T50055.html?from=ytop_main8

今までは小学校で4㎞以内、中学校で6㎞以内は統廃合の基準としていました。
その上で、小規模校が好ましい場合があるとしていました。

こんな基準があったのか。

この新しい基準を忠実に守っていると北海道は大変なことになる。
僻地校の大半は存続が難しいのではないか。

山形県の場合は公立学校の6割以上が統廃合という結果になりました。

山形県の各学校区の細かい実情私にもわかりませんが、
その実態は東京の人口稠密地帯に住んでいる人にはわからんだろうな。

北海道の僻地に生まれ育ち在学した小学校も既に閉校になり、
卒業した高校も募集停止になる私としては複雑な気持ちです。

学校は規模だけではないぞ。
とはいうもののねぇ…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

摩周温泉、「ホテルニュー子宝」が倒産していた

2015-01-29 05:47:01 | 北海道のこと
弟子屈町の中心市街地付近に宿が点在する摩周温泉、
そこの「ホテルニュー子宝」が倒産していました。

私は昨日知った。

摩周温泉はかつて市街地に近い弟子屈温泉と、
鐺別川沿いの鐺別温泉に分かれていました。

それを摩周湖の玄関口ということで摩周温泉に統一されました。

その弟子屈温泉側にあった「ホテルニュー子宝」は想い出深い宿。
実は中学校1年の時に友人と二人旅をしたときに泊まったのです。

自分で企画し実行した初めての泊りの旅だった。

当時の弟子屈温泉は宿が何軒も連なる温泉街でした。
白雲荘、摩周グランドホテル、丸米旅館、摩周閣に子宝ホテルなど。

同じ町内の川湯温泉にも引けを取らない賑やかさ。
その中で私は老舗である(多分)「子宝ホテル」に泊まった。

1泊2食付で3,500円程度だった、はず。

時は廻り私が再び摩周温泉に泊まったのは2012年1月。
この時、温泉街は崩壊し残っていた宿は「ホテル摩周」と「ニュー子宝」の2軒のみ。

宿を決めるときどちらにしようか悩んだ末、ホテル摩周にした。
   → http://blog.goo.ne.jp/okui-m/e/b09a408dab4de1169d4704041bff03a3

しまった、こうなるなら「ニュー子宝」に泊まっておけばよかった。

「ニュー子宝」が事業停止したのは昨年11月9日、
2001年1月期には2億6000万円を売り上げていましたが2014年同期はわずか6100万円。

そりゃ、倒産するわな。

この売り上げ減少は「ニュー子宝」の問題なのかそれとも摩周温泉全体の問題か。
また同じような問題は全国各地にあるのだろうな、と思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

道内、37年ぶりに新しい炭鉱

2015-01-28 05:09:32 | 北海道のこと
37年ぶりに新しい炭鉱が栗山町に開かれます。

27日付道新電子版で報じています。
  → http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/588490.html

原発が止まり火力発電に必要な石炭の需要が高まり、
新しい炭鉱を開いても採算が合うからですね。

炭鉱といっても、昔ながらの坑内掘りではなく露天掘りです。

記事によると北海道には現在、炭鉱が8か所あるそうです。
そのうち坑内掘りは釧路(コールマイン)だけであとは全て露天掘り。

それは吉住、東芦別、新旭、空知新、北菱美唄、三美、砂子の7鉱。

このうち今まで私のブログで言及したのは東芦別、北菱美唄、砂子。
この3鉱ともいろいろ思い出されます。

釧路コールマインについては“炭鉱展示館”で少し言及しています。
  → http://blog.goo.ne.jp/okui-m/e/76c224f8ddbb87b936cdce646c471cb8

石狩炭田は今でも豊富な埋蔵量を誇っています。
ですがそれは地中深く眠っていて、今では採算に合わないだけ。

ですが今回の栗山町のように露天掘りの可能性はまだあちこちにある。
これからも新しい露天掘り炭鉱が開発される余地はある。

北海道は国内唯一、石炭生産しておりその生産量は年間130万トン。
そのほとんどが火力発電所に使われており供給先はもちろん北電。

北電が消費する石炭の25%あまりが国内炭。
黒いダイヤ、実はまだ現役なのです。

石炭の露天掘り、今だからこそ記録して置くべきだね。
でないと、かつての炭鉱掘りのようにすぐに忘れ去られてしまうぞ。

※あるときはなんとも思わないがなくなると取り返しがつかないのが産業考古学資料です
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

札幌は厳しい寒さが続くでしょう

2015-01-27 05:26:13 | つらつら思ったこと
毎朝、テレビを付けて朝ご飯を食べ支度をして…。
多くの家庭で同じようなことをしているでしょう。

テレビは真剣に見ていない。
時計の代わりだな。

東京からの天気予報で気になるのが表題の言葉。

「札幌の最高気温は3℃、厳しい寒さが続くでしょう」

などと解説してくださる。

マイナス3℃ならともかく、気温がプラスになると暖かく感じます。
私は昨日などコートなしで近所のスーパーに買い物に行った。

それを東京の感覚で“厳しい寒さ”などといわれると困ります。
このコメントを全国の人が見ているのか。

東京は日本の中心で、それ以外は何があっても関係ない。

沖縄の基地問題や震災の復興などいろいろなことで感じることですが、
何気ない天気のコメントにも同じ感想を持ちます。

そういう私たちも沖縄の基地問題は関心が薄い。
北海道以外に住む方にとって北方領土問題はどうでもいいことでしょう。

日本の縮図がこの中にあります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JR北海道、日高本線の不通区間対策

2015-01-26 05:32:54 | 鉄道
JR北海道の日高本線(苫小牧ー様似間)は、
厚賀ー大狩部間の高波被害により鵡川ー様似間が不通になっています。

運転再開には相当な時間がかかるようです。

この区間はバスによる代行輸送を行っていますが、
必要な台数を確保できず十分な輸送ができていませんでした。

代行バスは鵡川ー静内間は4往復、静内ー様似間は3往復で、
不通前よりかなり本数が少なくなっています。

センター試験では地元高校生が苫小牧に前泊、
ホテルから苫小牧市内の会場に向かったとか。

いろいろなところで影響が出ています。

そこでJR北海道は明日から、
静内ー様似間で列車の折り返し運転を開始します。
  → http://www.jrhokkaido.co.jp/pdf/150120_1.pdf

厚賀ー大狩部間は旅客輸送はできないのですが、
毎日“車両移送”扱いで苫小牧から車両を通過させ静内に送り込む。
その際は現場に都度保線係員を現地派遣し安全確認を行うという。

盛土が流失しているところを、補強しているとはいえ毎日車両を通す。
かなり慎重な作業になりそうです。

これにより静内ー様似間は代行バスの3往復から4往復になります。
鵡川ー静内間の代行バスは4往復で本数に変わりありません。

地元の方は不便でしょうがしばらくの辛抱ですね。

代行輸送の無事と不通区間の早い開通を願っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

“SAPICA”を買いました

2015-01-25 08:07:15 | 鉄道



先日、手持ちのウィズユーカードを使い果たしました。

札幌市内で地下鉄やバスに乗るには非常に便利なカードだった。
なくなると非常に不便なのである。

仕方ないのでICカードの“SAPICA”を買いました。

私は今まで、国内ではICカードを持ったことがありませんでした。
香港のICカードなら持っているのですが。

そんな私もとうとうICカードデビュー。
これで安心して地下鉄に乗ることができる。

ちなみに今のところ、“Kitaca”を持つつもりはありません。
東京駅記念Suicaなら欲しいな、と思っていますが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「北斗星」、8月22日札幌発で運転終了

2015-01-24 07:56:35 | 鉄道



JR各社は春の臨時列車の運転計画を発表しました。

寝台特急「北斗星」は3月で定期列車としての運転を終了、
その後臨時列車として運転されることがすでに発表されていました。

その後はこの発表により東京発は8月21日、
札幌発は8月23日の運転をもって最終運転になります。

1988年の青函トンネル開通以来走り続けてきた「北斗星」、いよいよ終焉。

私は「北斗星」が走り始めてから何度乗ったことか。

ロイヤルからツインデラックス、ソロ、デュエットからB寝台、
そして「夢空間」車両まで乗りました。

「夢空間」では食堂車の個室で朝食をとったこともある。

B寝台では4人一区画を独り占めだったこともありますし、
同級生と偶然乗り合わせたこともあります。

大幅遅延で新幹線に振り替えを経験したり特急料金の払い戻しを受けたり、
大雨の運休で乗れなかったこともありました。

そういえば奥羽線の迂回運転も経験したなぁ…。
長距離列車なだけに、いろいろな想い出がある。

サヨナラ乗車はできそうにありませんが、
最終列車は琴似の線路沿いで見送ろうかな。

廃止までのカウントダウン、開始です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地下鉄専用1日乗車券で“おもてなし”を考える

2015-01-23 05:30:19 | 北海道のこと



昨日は地下鉄沿線でしかもたまたま駅至近に所在する場所を巡っていました。
大谷地、ひばりが丘、二十四軒、豊水すすきの、バスセンターの各駅で乗り降り。

当初は車で移動する予定でしたが、
20日と21日の渋滞に懲りた私は地下鉄で移動することに。

いや~さすが地下鉄、移動がスムーズで車内も快適、時間も早い。
目的の場所が駅至近ということもあり、予定よりも早く仕事を終わりました。

その昔「冬こそJR」という今では信じられないCMがありましたが、
それこそ「冬こそ地下鉄」だと思いましたね。

ということで昨日は“地下鉄専用1日乗車券”を使いました。

このきっぷは券売機で買えますが、それにしても何とも味気ないデザイン。
とてもコレクションしようとは思えない代物です。

地元民はこれでいいでしょうが観光客向けには特別なデザインを用意した方がいい。
それを持ち帰ってもらうことで、旅の思い出がまた増すと思うから。

旅の思い出というのはそういうところにあるのではないか。
そこで参考になるのは東京メトロ。

ここの一日乗車券は当日券と前売り券があります。
   → http://www.tokyometro.jp/ticket/value/1day/index.html#anc01

当日券は券売機でしか買えない味気ないもの。
ですが前売り券はプラ製の特別デザイン、売り場は定期券売り場のみ。

日常使う方は普通に券売機で、
記念にしたい方は特別な売り場でお買い求めください。

さすが東京メトロ、わかっていらっしゃる。

観光が主要産業の北海道、市交通局もこのような細かい対応が必要だ。
コスト面ではマイナスでしょうが、それだけではない。

“おもてなし”とは細部に宿るのではないか。
それが足りない北海道の、一つの例と思えて仕方ありません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大雪

2015-01-21 06:35:41 | 北海道のこと
昨日は大雪でした。

交通機関も乱れ、私も恵庭から3時間かけて帰宅。
疲れたな。

今年は天気に振り回されています。

降るときは大雪、止んだら気温が上がり道路はぐちゃぐちゃ。
降った後に気温が上がるのは大変難儀なこと。

そしてまた大雪で交通機関が乱れまくる。
私もこれに巻き込まれて大変なことになったこと幾たびか。

それでも札幌中心部はまだましで、
石狩やあいの里などは大変なことになっているでしょう。

さて年明けからここまで札幌をうろうろしていた私ですが、
ぼちぼち地方遠征が始まります。

天気によっては普段日帰りしているところでも泊りになるかも。
気を引き締めて、行ってくるぞ。

皆さんも事故にはお気をつけ下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加