奥井みさき、旅の記録と徒然日記

仕事の合間に旅行、旅行の合間に仕事。
フリーライター・奥井みさきの旅日記と、日々思うこと。
OYOYO美術部所属。

1泊4日のちょっとのんびり東京旅 … 謎のバスと「北海道鉄道博物館」

2013-04-30 05:19:36 | 道外の旅日記
19日

函館駅前のバスターミナルに降りるとそこに謎のレトロ調バスが停まっていました。





函館バスではボンネットバスがあるのは知っていましたが、
ここで見たこのレトロ調バスはノーチェックだった。

帰ってきていろいろ調べても素性がわからなかったところ、
Oさんより鎌倉の京急バスで使われていたレトロ風観光車両であるとご教示いただきました。

Oさん、ありがとうございました。

その後は駅前WAKOビル6Fにある「北海道鉄道博物館」へ。





運営は鉄道用品販売の「カラマツトレイン」で、
「カラマツトレインMEGA函館店」もこの中にあります。

HPはコチラ → http://www.karamatsu-train.co.jp/hokkaido-tetsudohakubutsukan.html

中は、鉄分濃すぎ。

だいたい「カラマツトレイン」というだけでも鉄分てんこ盛りなのに、
そこに鉄道博物館の要素も入り込んだ上に“昭和40年代駅前商店街”などもある。

私は短い滞在時間の中でこの濃さを消化しきれませんでした。
もっと時間のあるときにゆっくり見ることにしましょう。

ところでこの博物館があるWAKOビルは駅前再開発により建て替えられる予定です。
近々取り壊しが始まり再オープンするのは新幹線開業に合わせた2016年。

そうなるとこの博物館はどうなるのか?
もしかしたらこの鉄分の濃い風景を見ることができるのもあと少しかもしれません。

津軽海峡フェリーへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

1泊4日のちょっとのんびり東京旅 … 函館特急ニュースター号

2013-04-29 05:15:51 | 道外の旅日記
19日

自宅を出てJR琴似駅へ。
8:53発札幌行きニセコライナーで札幌へ。

まずは函館で用事があるので高速バスで向います。

函館までの高速バスというと中央バスなど3社が共同運行している「高速はこだて号」でしょうが、
私にはもちろんそんな常識は通用しません。

私が乗ったのは北海道バスの「函館特急ニュースター号」の3便、
札幌駅前出発は9:27(始発は大通バスセンター前)です。





ニュースター号は3列シートか4列シートの車両で運行しています。
そして4列シート車の場合は2席分を一人で使うことができるという太っ腹。

私はこの乗り方は、3列シート車より楽なのではないかと思っています。
荷物もトランクに入れる必要がなく手元に置いておくことができる。

私が乗ったのはその4列シート車、2席を一人で使いのんびりとしたバス旅。

札幌駅前までで6名乗車、すぐ札幌北ICに入り真っ直ぐ函館に向います。





途中の樽前SAと八雲PAで15分ずつ休憩、定刻より15分ほど早く函館駅前に着きました。

さて、「高速はこだて号」と比べてどうなのか。

片道運賃はニュースターが4,200円ではこだて号は4,680円。
車内設備はテレビ、ラジオ、映画、スリッパ、フットレスト、おしぼりがあるはこだて号の方が快適。

実際に乗っていると音楽も映画もないバスで5時間以上の道のりは一般人には辛かろう。
私のようにそんなものどうでもいい人はともかく、これでは勝負にならない。

この設備の差は運賃差以上に乗客がバス会社を選ぶときに大きな要素と見ました。

北海道バスはどうせ空いているのだから、片道3,300円で運行したらどうだ?
運賃差がそこまで出ると勝負になると思うよ。

函館市内に続く
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1泊4日のちょっとのんびり東京旅 … はじめに

2013-04-28 05:21:05 | 道外の旅日記
始まりは4月14日にかかってきた1本の電話。
東京の知り合いから、仕事のお話でした。

ちょっとやそっとの用件では東京なぞには行きはしない。
費用対効果をシビアに考えないと、私だってそんなそんな…。

サラリーマンではないので交通費などの経費は全部自腹だ。

ですがこのお話は費用対効果などと言っていられない大事なこと。
それは行かねばなるまい。

急いでスケジュール調整、20日と21日に東京滞在ということに決定。

行き帰りの交通機関の手配、東京でのホテルの予約、
その他諸々の調整など。

準備期間が少ない中、ほぼ満足できるスケジュールになりました。

この際せっかくなので、かねてから考えていたあの交通機関を使おう。
そしてこれも以前から気になっていたお得なきっぷも。

4月19日に出かけて22日に帰る、1泊4日の旅。
弾丸ツアーではありますが、どことなくのんびりした日程となりました。

では出かけるとしますか。

続く
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JR北海道、木古内ー江差間廃止を届出

2013-04-27 06:50:37 | 鉄道
JR北海道は26日、国土交通省に江差線・木古内ー江差間の廃止を届出ました。

同社のプレスリリースはコチラ → http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2013/130426-1.pdf

この区間はかねてから地元3町と協議を重ねていました。

もともと地元では廃止やむなしとの雰囲気が強く、
廃止協議もすんなりまとまったようです。

廃止予定日は来年5月12日(月)なので、
春の大型連休最終日の11日(日)を以って営業が終わることになります。

私はこの区間に2009年8月17日に乗りました。
そのときも乗客はわずかでしたが今はもっと減っているのだろうな。

ちなみに輸送密度は1987年度が253人だったものが2011年度は41人。
うち通学定期利用者は4人というのですから、これは廃止やむなし。

来るべきものが来た、というだけですね。

さて、廃止前に乗りに行かなければ。

廃止直前は落ち着いて乗れないでしょう。
冬季は気象状況などを考えると避けたい。

となると乗りに行くのはこの夏しかあるまい。

さて、いつどうやって行って帰ってくるか。
今から考えておかなければ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ヤツは突然やってくる

2013-04-26 05:10:10 | つらつら思ったこと
ご無沙汰しております。
金曜日から火曜日まで、東京に行っていました。

土日の東京はとても寒く、気温は札幌並み。
その上雨模様で私はすっかり風邪をひいて帰ってきました。

それも落ち着き、体調が回復したと思ったら…。

今朝、それらしい“ヤツ”がやってきました。

起きたら鼻水、くしゃみ…。

去年はほとんど症状が出ず快適な春を過したのに、
今年はまだ寒く桜も咲かないうちから兆しが現れた。

今年の飛散量は去年の何倍もあるといいますし、
症状が出るのは仕方ないこと。

でももう少し、後にやってきてくれてもよかったのでは?

さてこれから1ヶ月ほど、辛抱するとしますか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日から出かけます

2013-04-19 05:20:10 | 道外の旅日記
今日から出かけます。

行き先は東京、帰りは月曜日になります。

いつものように帰ってくるまでネットの環境にいないので、

コメントなどにお返事はできません。

更新も少なくても火曜日まではお休みします。

出かけている途中に私がどこで何をしているかは、

ツイッターでご確認ください。

東京までの行き帰りはかなりマニアックな行程となっています。

では、行ってきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

支笏湖のいとう温泉、「金谷ホテル観光」が買収

2013-04-18 06:47:32 | 北海道のこと
支笏湖畔にあるいとう温泉を栃木県の金谷ホテル観光が買収します。

いとう温泉は丸駒温泉のすぐそば、私も去年泊まりました。

「平日限定!山菜ご膳プラン」

これに惹かれて泊まったわけです。
素晴らしい料理でしたが、詳しくはそのときのブログをご覧下さい。
    → http://blog.goo.ne.jp/okui-m/e/c210b94452cbaff879375323153be540

そのいとう温泉を、鬼怒川で同業を営む金谷ホテル観光が買収しました。

日光の「金谷ホテル」は箱根の冨士屋ホテルと共に老舗として有名なところ。
このニュースを見て私は日光の金谷ホテルかと思いましたが、鬼怒川?

調べてみたら、鬼怒川の金谷ホテルは日光の「金谷ホテル」の支店としてオープン、
後に分社化したのだとか。

その後地元地銀・足利銀行の破綻により経営が傾き、
産業再生機構の支援により再建したという経歴を持ちます。

このホテル、前身が日光の金谷ホテルなだけに…高級です。
それが支笏湖に進出してくる。

支笏湖畔の各温泉は北海道にしてはちょっと高めだなという印象があります。
道民からすれば何もない、これといった特徴もない観光地なのに。

でもそれが本州の方には受けるのかもしれません。
それがこの買収の元になったのかもと考えたりします。

残念なのは、これではもう「山菜ご膳」を食べることができないということ。
あれは秀逸な夕食でした。

今年も同じプランで泊まろうと思っていたのに、どうなることやら。

しかしいいお宿は、いいところが目をつけるのだな。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ETCカード

2013-04-17 05:32:59 | つらつら思ったこと
先日、ETCカードが届きました。

何を今更、という感じですが…。

私はETCの必要性を全く感じていませんでした。
札幌からだと旭川も帯広も、高速道路と一般道の時間差は1時間ほどしかない。
だったら高速道路に乗ったつもりで美味しいものでも食べた方がいい。

仕事を終えて刺身で一杯などは、至福の時。

一般道だと途中でいろいろな寄り道も出来いて楽しいですし…。

ですがこの冬で懲りた。

今年は大雪の影響による交通障害で高速道路に乗るしかないという状況が頻発。
一冬で高速道路に普通料金でいくら払ったことか。

こんなことならETCに設備投資してもすぐ元が取れる。

とうとうETCカードの申し込みをしたよ。
あとは機器を据えつけるだけ。

出張から帰ってきたら、イエローハット(でなくてもいいのですが)に行こう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

北紋バスのHPが更新されて…

2013-04-16 05:38:19 | 交通
北紋バスのHPがいつの間にか更新されていました。
   → http://www6.ocn.ne.jp/~hokumon/

ナント時刻表と運賃表に、
今までないがしろにされ掲載されていなかった滝上町内3路線が…。

滝上町内3路線とは「本流線」「札久留線」「滝上市内線」です。
今まではこの3路線の時刻表と運賃表が載っていませんでした。

これで北紋バス全路線がHPに揃った(はず)。

そんな僻地のどうでもいい路線なんぞどうでもいいと思っていたのか…。
確かにどうでもいい、観光客が乗るようなことはない路線なのですが。

地元民が知っていればそれで誰も困ることはない。

でもやはり、私としては気になっていました。
どうやら今月から載るようになったらしい。

まずはめでたい。

本流線・29線までの所要時間は約30分、運賃は870円。

他の2路線も停留所が増えていますし経路も結構複雑だ。

ところで札久留線は水曜日だけ奥札久留に行きます。
どうしてそうなっているのか、ご存知の方は教えてください。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

札幌市電新型低床車両、5月3日に内覧会

2013-04-15 06:43:14 | 鉄道
札幌市電では来月5日から、新型低床車両の運行を始めます。

この車両はA1200形といい、全長は約17mで定員は71名。
出入口の床面高さは350mmで乗降時の段差がなくなります。

その運行開始に先立ち、3日に内覧会が開かれます。
時間は13:00~16:00で場所は西4丁目の停留所。

私はこのタイプの路面電車には函館と豊橋で乗ったことがあります。

函館市電は「らっくる号」、豊橋鉄道は「ほっトラム」の愛称がついています。
どちらも限定運用で時刻表を見ればいつ走っているかわかるようになっています。

その時間に合わせて乗ることができるのは、観光客には有り難い。

札幌市電もそうなるのかな?

A1200形は現在試運転中、もしかしたらご覧になった方もいるかもしれません。
私も一瞬、すれ違ったことがあります。

写メできなくて残念でした。

どちらにしろ来月早々には運転開始になります。
新型車両が話題になって乗客が増えるといいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加