奥井みさき、旅の記録と徒然日記

仕事の合間に旅行、旅行の合間に仕事。
フリーライター・奥井みさきの旅日記と、日々思うこと。
OYOYO美術部所属。

北紋バスの時刻表

2018-01-09 05:58:06 | 滝上町
  


滝上のバスターミナルで配布していたのでいただいてきました。

昔の北紋バスの時刻表は小さかったですが、これはA3です。
我が家のスキャナーではスキャンできないのでA4×2で片面だけです。

時刻表は開いて左側、滝上町関係路線をスキャンしました。

紋別―滝上間は結構本数があります。
昔の渚滑線より本数が多い。

滝上ー27線(本流線)には“茂瀬”“松本橋”という停留所名が。
そうか、あそこのお子さんは学校に行く年か。

右側は広告となっています。

お菓子の“喜信堂”、懐かしいですね。
ずっと続けてほしい。

「乗ろうよ バスの会」というものがあるのですね。
年会費1000円で会員証発行、700円分のバス乗車券の他に各種特典付き。

試しに入会するのも“アリ”だな。

ちなみに反対面は紋別から遠軽、興部・雄武、藻別方面への郊外路線で、
紋別市内線(北循環、南循環)の時刻はありません。

※いい資料が手に入りました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018年 滝上町応援大使ポスター

2018-01-06 05:38:14 | 滝上町



北海道日本ハムファイターズは毎年179市町村の応援大使を任命しています。

今年は滝上町にも応援大使が任命されました。
    → http://blog.goo.ne.jp/okui-m/e/e6a9894b8c8e0238b21f74230f8d4aa1

有原投手はご存知ファイターズのエース、
玉井投手は佐呂間町生まれ、東農大オホーツク出というオホーツク人。

素敵なおふたりが応援大使になってくれました。

帰省した時、町内各所にポスターが貼られていました。
私が写した場所は栄町にある文化センター(図書館、バスターミナル)。

町ではファイターズ滝上後援会と連携し様々なイベントなどを行う予定です。

さて、どんな仕掛けをしてくるのやら。

※画像が不鮮明で申し訳ない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファイターズの「北海道179市町村応援大使」、来年は滝上町も!

2017-11-28 05:51:09 | 滝上町
北海道日本ハムファイターズは選手が道内全市町村で交流やまちおこしなどのため、
毎年「北海道179市町村応援大使」を任命しています。

先日は月形町に応援大使の大谷選手が訪問したと大騒ぎでした。

11月26日のファンフェスで来年の応援大使の抽選を行い来年の応援大使が決まりました。

その結果来年は2市15町1村で37選手の応援大使が決まったのですが、
そこでオホーツク管内からは小清水町と共に滝上町の応援大使が決まりました。

その応援大使は有原航平投手と玉井大翔投手となりました。

有原投手はもちろんファイターズのエースで解説の必要はありませんね。

玉井投手は佐呂間出身で旭川実業ー東農大オホーツクー新日鐵住金かずさマジックを経て入団、
今年はルーキーながら24試合に登板し1勝2敗1ホールドの成績を残しました。

あら、両選手ともいい感じではないですか。

特に玉井投手、同じオホーツクなのですから滝上町と一緒に頑張ろうね。
有原投手はもちろん、ファイターズのエースとして活躍してくれるでしょう。

さてこれを生かすも殺すも地元次第、関係各位、どうする?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

陽殖園(滝上町)の園主・高橋武市さん、ラジオ深夜便に

2017-11-07 08:42:28 | 滝上町
北海道でよりも道外の愛好家に親しまれている庭園があります。

それが「陽殖園」(滝上町)で、園主の高橋武市さんが50年以上かけてひとりで、
こつこつと整備し続けている庭園(という言い方がいいのかどうか)です。

真鍋庭園、紫竹ガーデン、上野ファームなど、道内には有名な庭園があります。
ここはそれらを見尽した愛好家が最後に行き着く庭園といわれています。

毎年、ここだけを見学するために全国からツアーが組まれていますが、
札幌からツアーが組まれたという話は聞いたことがない。

そういうところです。

園主・高橋武市さんのインタビューがNHKのラジオ深夜便で流されました。
7月6日でしたが、私はそれを聴いていた。

その評判が良かったらしい、再放送されます。
    → http://www4.nhk.or.jp/shinyabin/x/2017-11-08/07/73940/3740884/

深夜というか早朝というか、そんな時間です。

普通は聴くことができない時間でのオンエアーですが、
NHKの“らじる☆らじる”で聴くことができます。

ご興味のあるガーデナーは聴いてみてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

同窓会、有り難うございました

2017-10-16 04:55:17 | 滝上町
14日はホテルノースシティで同窓会を行いました。

当日の参加は30名、遠くは東京からも駆け付けてくれ、
大変盛り上がった同窓会となりました。

2次会もそのまま同じ会場で行い通しで4時間、旧交を温めました。

今回の同窓会では会場を紹介してくれたA女史、
私たちの同窓会を担当してくれたホテルのY氏の両名には大変お世話になりました。

特にY氏にはこちらからかなり無理なお願いをしたにもかかわらず、
それにお応えいただき大変有り難うございました。

お陰で宴もそうですが宿泊もスムーズに事を運ぶことができました。
参加者を代表してここにお礼を申し上げます。

また何かあればお願いするとしよう。

そして私から無理やり幹事を押し付けられたH女史、
あ~たのお陰で予想通り盛り上がったぞ。

我ながらいい人選だった(笑)

最後に参加してくれた皆さん、有り難うございました。
次はまた滝上で会いましょう。

では、そのときまで!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『滝上町ハッカをめぐる旅』、催行決定!

2017-09-21 05:37:54 | 滝上町



いつも書いていますが日本で唯一、産業ベースでハッカを生産している滝上町。
1年に2日だけ、ハッカの蒸留を行っています。

その蒸留を見学するツアーが行われると、先日書きました。
    → http://blog.goo.ne.jp/okui-m/e/83c83de056b5f337f869d87f976737dd

正直、無謀なツアーだと思ったよ。
催行できるのかいな?

主催の道新観光のHPを覗いてみました。
そうするとそこには“出発決定”とあるではないか!

最低催行人員は20名となっていたので、そこに達したのだな。

ご参加の皆さま、日本唯一の大規模なハッカの蒸留をお楽しみください。
きっと、いい思い出になるはずです。

それにしても、ここに来るまでいろいろあったなぁ。
何とか実を結んでよかった。

あとは天気だけが心配です。
いい天気になりますように!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

S53年度滝上中学校卒業の同窓会を行います【随時更新します】

2017-08-20 08:29:06 | 滝上町
案内状の発送以来更新してきたこのブログですが、これが最後となります。
今まで有り難うございました。



10.16更新

14日はホテルノースシティで同窓会を行いました。

当日の参加は30名、遠くは東京からも駆け付けてくれ、
大変盛り上がった同窓会となりました。

2次会もそのまま同じ会場で行い通しで4時間、旧交を温めました。

今回の同窓会では会場を紹介してくれたA女史、
私たちの同窓会を担当してくれたホテルのY氏の両名には大変お世話になりました。

特にY氏にはこちらからかなり無理なお願いをしたにもかかわらず、
それにお応えいただき大変有り難うございました。

お陰で宴もそうですが宿泊もスムーズに事を運ぶことができました。
参加者を代表してここにお礼を申し上げます。

また何かあればお願いするとしよう。

そして私から無理やり幹事を押し付けられたH女史、
あ~たのお陰で予想通り盛り上がったぞ。

我ながらいい人選だった(笑)

最後に参加してくれた皆さん、有り難うございました。
次はまた滝上で会いましょう。

では、そのときまで!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

滝上町「和ハッカと香りの里ハーブフェア」

2017-08-19 05:35:47 | 滝上町



日本で天然ハッカを生産しているのは滝上町と北見市だけ、
そしてそのほとんどが滝上町での生産となっています。

その滝上のハッカを紹介するイベントが札幌で開催されます。


※滝上町「和ハッカと香りの里ハーブフェア」

日時:8月21日(月)10:00~18:00
会場:道新プラザDo-Box(中央区大通西3、北海道新聞社1F道新プラザ内)

イベント

☆生産者と専門家による和ハッカトーク
 ①11:00~12:00 ②14:00~15:00(各回先着50名)
 ・とんたん農園 佐々木渉 ・風工房 田中陽子 ・コーディネーター 奥かおる
☆ハーブハンドケア体験、ハーブ石けん作り(各500円)
☆その他、ミントティーやハーブティーなど試飲・試食、映像・展示など


和ハッカの蒸留を見学するツアーの発表もあるみたいです。

ハッカの蒸留を産業ベースで行っているのは滝上町だけ、
それも1年に2日だけという貴重なもので、実際に見ると大変迫力のあるものです。

それをいよいよツアー化するってんですから、これは必見だ。

それはともかく、生産農家さんのお話を直接聞く機会は滅多にありません。
天然ハッカやハーブ、滝上町にご興味のある方はぜひご参加ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

滝上町の記念碑

2017-06-08 05:39:17 | 滝上町
ここ4日間、滝上町に残る“記念碑”のことを書いてきました。
それ以前にもここでは時折、滝上町の記念碑でブログをアップしています。

私のブログで取り上げた町内の記念碑は、数えてみると18か所でした。

そうなのだな、もう18か所も町内の記念碑を紹介しているのか。
でもね、まだ紹介していない、私が確認できた記念碑が8か所あります。

その他に存在は把握しているものの現認できない記念碑が数か所、
また存在が把握できていない記念碑もあると思われます。

知らない間に記念碑が増えていて、確認作業が追い付かない。

滝上町、町中のあちこちにいろいろな記念碑があるのです。
市街地だけではありません、今は無人の原野になっている山中にも建っている。

町全体ではどれほどの記念碑が建てられているのであろうか。

さて、完全制覇はできるかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

滝上町商業発祥の地碑

2017-06-07 05:49:03 | 滝上町
  


開拓当初は町には商店がなく、紋別まで買い出しに行っていました。
泊りがけでかつ共同購入のようなもので、大変だったのではないか。

1905年、52線に入植した西森亦吾は農業の傍ら日用品や雑貨を販売。
滝上に最初に入植した西森氏、いろいろなところで名前が出てきますなぁ。

1909年、斎藤伊太郎が元町で食品や雑貨を販売、これが商業の始めとされています。
場所はNTTのところ、プラザの湯の入り口です。

市街地設定が成されていなかった1909年といえばこの地は奥地へ向かうただの通り道だったのではないか。

そこに商店ができたということは開拓者は何かを買うときはここに来るということ。
その吸引力は絶大なものがあったに違いありません。

これをきっかけとして翌年から元町に商店が集積してきました。

1911年に市街地区画設定を出願、1913年に市街地区画設定されました。
それまでに駐在所や郵便局、病院などができ市街地が形成されていきます。

その市街地が形成されるきっかけになったのが商店の立地だったような気がします。

1914年末の市街地の戸数と人口は、43戸163人でした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加