名古屋・名駅街暮らし

足の向くまま気の向くままに、季節の移ろいや暮らしのあれこれを綴ります。

薬師如来坐像の摸刻

2017年06月22日 | 趣味

↑中川運河

前線が去った後に、晴れ間が戻ると思っていたが、
一日中うす曇りで蒸し暑かった。



木曜日は円空彫刻の稽古日で、荒子観音寺の
教室で過ごした。



阿弥陀如来坐像を彫っているが、ようやく
顔に取り掛かった。

如来は悟りを開いた仏様で、着衣も袈裟だけをまとい
装身具のない質素な姿をしている。

なだらかな曲線の体と穏やかな表情で手を結び、
蓮の台座にゆったりと坐る姿は、多くの寺院で
見かける、なじみ深い仏さまである。


↑荒子観音寺境内の教室

手本の写真の陰影を読みながら彫り進んできたが、
果たして素朴で柔和な如來さまが現れるだろうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名古屋は久々の雨 | トップ | 暑い梅雨の晴れ間 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
如来さま (ryo)
2017-06-23 09:45:14
如来さまは
質素な身なりをされておられるのですね。
柔和なお顔〜むずかしいでしょうね〜。

こちらは雨は今ひとつ降りませんが
豪雨にはなって欲しくないですね〜
質素な姿 (nko)
2017-06-23 11:55:24
ryoさん
お釈迦さまをはじめ、悟りを開いた如來は質素な
衣だけで、装飾品は身につけないようです。
新しく作られたのはそうでもなさそうですが・・・
こちらも今日は晴天で真夏日の暑さです。
梅雨らしい天気が少ないですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL