ICT甲府
世の中が左になびけば右に立ち、右に行くなら左を観る、へそ曲がりの天邪鬼




【追記 2011-11-30】 公聴会の中止 『新山梨環状道路北部区間の緑が丘アクセス道路(新環状・緑が丘アクセス線)の都市計画変更に関する公聴会は、意見書の提出がなかったため開催を中止します。』


都市計画公聴会 甲府都市計画道路(新環状・緑が丘アクセス線)の変更 のタイトルで開催日時、会場、計画案が公開されています。PDFファイルの最新が2011年11月14日作成なのでその日の公開と思えます。
公聴会の予定は 既に甲府市広報で知っていたので2011.11.01 新山梨環状道路、緑が丘アクセス線計画原案 に書いていますが、
 平成23年12月13日(火)午後7時00分~
 甲府市北部市民センター(甲府市湯村3丁目5番20号)
意見書の提出期限は、平成23年11月28日(月)午後5時15分です。

計画図(PDF:3,027KB) を見るのが道路計画は分かりやすいです。と言っても私はネットのMapfan地図などと見比べながら、やっと分かりました。地図で示したあたりが塚原インターチェンジになるようです。塚原橋が地図で確認しやすいポイントです。
ここから南西にほぼ直線で、甲府昇仙峡線と交差して「和田町公会堂」の北側を抜け、延長約250mのトンネルとなり、抜けると緑が丘公園野球場と船出広場の間の道が拡張される形で現在の道路に繋がります。全長約2,100mの計画です。

私は2011.10.10 新山梨環状道路北部区間、塚原ICの構造 にインターの構造が分からないと書いていたのですが、参考図(PDF:4,672KB) で環状道路も描かれています。図面が文字で潰れているので環状道路との出入りがどういう構造なのかは私には正確に読み取れませんが、立体交差と同様な形かと思えました。計画図とこの参考図はこれまで地元の説明会で使われていたものを10月27日に一般公開用に作り直したものかも知れません。
武田通り(甲府山梨線)と連絡する道路はどうなるのかわかりませんが、塚原ICを使って武田神社、護国神社、あるいは積翠寺、要害温泉などを訪問される利用者もおられると思えますので、その為のICアクセス道路は別に整備されるかも知れません、市道になるのでしょうか。
甲府市緑が丘公園は19m道路で分断されますので、野球場、プールを含めて設計変更・再構築ということになると思えました。甲府市大型公共事業の誕生です。

ちなみに、環状道路北部区間の 「都市計画案公告・縦覧(都市計画法第17条)及び環境影響評価準備書の縦覧」 に関係する公聴会の意見に対する見解は未だ公開準備中のようです。意見書の提出期限は平成23年11月21日(月)ですが、この事態をどのように理解すべきか私にはわかりません。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js" type="text/javascript"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ブログタイトルを略しましたが、正確には「東日本全域における、天然核種による空間線量率の平均値」です。これは山梨県の航空機モニタリング結果発表、11月11日 で書いたように、「文部科学省による、岩手県、静岡県、長野県、山梨県、岐阜県、及び富山県の航空機モニタリングの測定結果、並びに天然核種の影響をより考慮した、これまでの航空機モニタリング結果の改訂について(平成23年11月11日) というPDFファイルに書かれているものです。

3.11東日本大震災後の日本 をいつも拝読しているのですが、「11/12 岩手県、長野県などの航空機モニタリングの結果、まとめての発表です。」 の記事で今回の測定結果について取り上げておられました。私は「東日本全域における、天然核種による空間線量率の平均値」のソースをご存じなら・・・とコメント欄でお尋ねしたのですが、日本の自然放射線量 (地質学会の説明) をご教示いただきました。

不勉強な私にはなかなか理解できないものですが、日本地質学会TOP  >  地質災害調査  >  2011年  >  東日本大震災  > 日本の自然放射線量 のページは上記のページを含めて詳しい解説になっていると思います。
文部科学省の 「天然核種の影響をより考慮した、これまでの航空機モニタリング結果の改訂」 というのが新潟県の地質による影響を考慮したことは地質学会のページに掲載された地図からも理解できます。
11月11日の文部科学省PDFファイルで、3/37 から該当箇所を引用しておきます。

減衰補正の手法としては、空間線量率については、測定時の空間線量率の測定値から、東日本全域における、天然核種による空間線量率の平均値を除いた上で、測定時から特定の時点までのセシウム134、セシウム137 の物理的減衰を考慮して、算出している。また、セシウム134、セシウム137 の沈着量については、測定時から特定の時点までのセシウム134、セシウム137 の物理的減衰を考慮して、算出している。

そうすると疑問を感じるのは私だけではないと思うのですが、「平均値の魔術」です。よくある事ですが、年収平均は500万円だと言われた時に平均を算出した集団では年収の分布がどうなっているかでその平均値の捉えかたは異なります。10人の平均が500万円、総額で5千万円でも、一人2千万円の人がいて、残り9人で3千万円なら、平均500万円には違和感があります。
東日本全域の天然核種による空間線量率は新潟県や岐阜県のあたりで高いのは図から分かりますので、それを含めた平均値を山梨県の測定値から差し引かれたのだとしたら、山梨県測定結果として出されたものに違和感はありませんか?

山梨県の自殺率が高いというニュースに対して、それはおかしい、県外から来て樹海で亡くなられる方がおられるからだということを私は確認しました。それを考慮したら山梨県の自殺率は全国平均なのです。
山梨県の線量は低かった、安心だ、でも生データから差し引かれた値は新潟県の高い自然放射線量も含めた平均値だということなら、生データを知りたくなるのは当り前じゃないかと私は思います。

これから先は山梨県行政がどうなさるか見ているしかありません。 文部科学省に平均値について問合せ、合わせて生データについても受け取る、その全てが県民に開示されることを私としては期待していますが・・・
私は文部科学省にコネは無いし、この平均値について電話やメールで問合せるお節介をする気も無い。この航空機測定結果は実状を示すものでは無い「かもしれない」と思い続けるだけです。
しかし、私がなにか大きな勘違いをしていて、データの解釈を間違えているのかも知れません、最近の私の脳細胞はしっちゃかめっちゃかになっている自覚があります。私の間違いをワンフレーズではないコメントでご指摘、ご教示いただけると幸いです。



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )