ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




竹中英太郎・労 父子展
湯村の杜 竹中英太郎記念館の企画展です。

日時 2013年04月11日~2013年07月15日 開館時間 10:00~16:00
会場 湯村の杜 竹中英太郎記念館 山梨県甲府市湯村3-9-1 電話:055-252-5560
入館料 300円(高校生以上)、200円(小・中学生)・・・企画展でも同じです。
 4月7日(日)と8日(月)は準備のため臨時休館、9日(火)、10日(水)定休日で、4月11日(金)から開催です。
 (企画展期間中も火曜日と水曜日は定休日ですが、事前に予約されれば入館可能だと思います。)
4月8日、竹中英太郎画伯のご命日にこの記事を発信しておきます。

「ミュージアム甲斐ネットワーク」 という山梨県内でアートのキーになるサイトがあります。
竹中英太郎記念館さんもこれに参加されていますが、参加館にはそれぞれに参加館専用ページ があります。・・・竹中英太郎記念館専用ページ
その中で館長の 金子 紫 さんが <父子展に寄せて> とメッセージを発信されています。
 私がここで書くよりも、このメッセージと竹中英太郎記念館の館長日記 をご参照ください。

私はこの数年、竹中労さんがご存命なら、この時代をどのように論じられるか、そればかり考えています。
今回の竹中英太郎記念館の企画展が、このブログをご覧いただく方々によって広く世間に知られる事を願っています。

ご案内ハガキをいただきましたので画像を差替えました
竹中英太郎・労 父子展

2013年6月15日~30日に山梨県立美術館で開催されるやまなしの美術館大全 『水をめぐる旅』については館長日記 2013.05.24 やまなしの美術館大全打ち合わせ・・・・・・ を読んで気が付きました。
湯村の杜 竹中英太郎記念館サイトに2009年 やまなしの美術館大全展ページがありましたのでご紹介しておきます。期間中の館長日記もリストされています。併せてお読みください。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js" type="text/javascript"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




若松孝二監督、2011-02-14ワークショップにて 「想う」とタイトルはしても私には何も書けない。若松さんのお話を直接伺えたのは、山梨県甲府市の湯村温泉郷で行なわれたワーショップの時、一度だけで、その時に知った映画 「キャタピラー CATERPILLAR」 も未だ見ていない。甲府でも機会があったのだが、311でそのチャンスは消えてしまった。

若松さんのご逝去を知ったのは、いつも見ている「湯村の杜 竹中英太郎記念館の館長日記」からだったし、10月24日に告別式が行なわれたことも24日の館長日記から知った。

私が若松孝二監督のお名前に注目するようになったのも、竹中英太郎記念館からだった。それは映画 「戒厳令の夜」 で竹中労さんと共に製作者の名前として記されていたからだが、若松さんには「あのポルノ映画の監督?」という程度の認識しかなかったのだから・・・過去の私の関心空間は全く別方向だった。

鈴木邦男さんが10月22日に「残念です。悔しいです。若松孝二監督が亡くなられました」とお書きになった。「悔しいです。」という言葉は全くその通りだと私も思う。
若松孝二公式ブログでも、スタッフの方が記事をお書きになっている。

「映画監督 若松孝二 公式サイト」を読み作品に触れながら、「またお目にかかれる時まで、未熟ながら私も日本の姿について考え続けていきます。」 と申し上げてお送りしたい。
「湯村の杜」を軸にして大きな世界が広がっていることに気付いたからこそ私は甲府に居続けているのだから考える材料も多く空間も広い。それを活かせるかどうか、あちらに着いたときに竹中労さんや若松孝二さんに胸を張って会えるかどうかは私自身の問題だ。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




道の手帖・「竹中 労」 河出書房新社から KAWADE道の手帖シリーズの一冊として「竹中 労」 が刊行されました。
竹中 労(1930.5.30~1991.5.19)さんは今年没後20年になり、ご命日の5月19日には沖縄で 竹中労を偲ぶ会「語やびら島唄」 も開催されました。

道の手帖「竹中 労」 も 「没後20年・反骨のルポライター」 とサブタイトルされており、河出書房新社は月命日の7月19日を発売日に設定されています。

湯村の杜 竹中英太郎記念館サイトに本書の紹介ページがあります。館長日記にもお書きになっていますので、ご参照ください。 竹中英太郎記念館

私は今次大戦の最中、とにかく理屈抜きにこの本を読みたいと思っています。幸いなことに竹中英太郎記念館でも入手できるようです。
尚、竹中英太郎記念館は7月24日(日)と25日(月)は臨時休館とのことです。通常休館日は火曜日・水曜日です。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




竹中英太郎記念館

12月に竹中英太郎記念館を訪問された方が日記をお書きになっていて、運良く拝読できました。そこには、富士山を背に小さな記念館は、たくましく在る。 と書かれていました。
掲載した写真は私が12月の初めに湯谷神社から記念館に向かう湯村山遊歩道から撮ったものです。富士山を背にして屹立と存在する記念館(の屋根)をデジカメに納めました。日記を読んで心に響き写真を思い出してここに掲載することにしました。

竹中英太郎記念館

この年末年始に記念館の営業はどうなさるのかと思っておりましたら、大晦日までは休館で、1月1日~3日(土日月)は平常通り開館とのメッセージが出ています。

毎日欠かさず続けられている館長さんの日記を拝見していると、今年は湯村温泉に来られて宿のご案内などから記念館を知って立ち寄られた方々のご訪問も多かったように思えます。そういうお客様のなかには労さんをご存じでも竹中英太郎画伯が父親だと初めて知られた方もおられたようです。私などはそのどちらも知らないままに過ごして甲府に来て初めて知ったのですが、遅過ぎたと後悔してもはじまらない・・・・来年こそは竹中労さんと格闘してみたいと思っています。なにしろ記念館の資料庫は宝の山ですから。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引

山梨 文学シネマアワード 2011年2月13(日)~15日(火)】

<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




竹中英太郎記念館 湯村の杜 竹中英太郎記念館は5月16日(日)~17日(月)は臨時休館されるとのことです。火曜日と水曜日は定休日ですから4連休になります。今年のゴールデンウィークは4月29日から休み無く5月10日(月)まで連続開館でした。おそらくこれだけ長い無休営業は開館以来初めてだったのではないかと思います。

このところずっとゴールデンウィークも関係なく、朝と夕方をとッ違えたような生活が続いていましたが、今朝は久しぶりに朝日を見ています。そろそろ人間らしい正規の生活時間に戻さないといけない。湯村山を仰ぎ見られる地域も新緑が眩しい良い季節になります。
今年こそは湯村山を征服できるだろううと思っているのですが、先日、緑が丘にある「塩部寿のフジ」を見てきましたのでホームページに載せました。盛りは過ぎていたので場所の確認だけでしたが可哀そうな姿に「絶句」という以外に言葉があるとすれば「落涙」でしょうか。

今日15日はこのブログで書いておいたイベントが重なりました。内藤いづみさんについて検索していたら教育委員会に関連した記事がいくつかあり驚きました。その問題とは関係無いはずですが 「いのちは希望である─ホスピスケアから学んだこと」 の講演会の方に出かけてみたいと思っています。・・・それにしても山梨県にも甲府市にもさまざまな姿があることを私はまだ理解できていない、塩部の藤の記事を編集しながらキーを叩く手を停めて考え込んでしまいました。私はここではやはり東京がふるさとの異邦人に過ぎないなぁ・・・

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




湯村の杜 竹中英太郎記念館のサイトに1月1日(金)~6日(水)は休まず開館しますとのメッセージが出ています。
三が日の甲府の天気予報は晴れです、湯村温泉郷でお正月を過ごされる方々もおられるでしょう、元旦から平常通り(10:00~16:00)開館している竹中英太郎記念館は温泉宿からまさに目と鼻の先にあります。ご訪問をご予定に入れておいていただきたいと思います(^o^) 竹中英太郎記念館

武田神社の初詣は例年20万人程になるそうですが、この新年は景況の影響から更に増えるだろうという予測もあるようです。武田神社に行かれたら東門から出て武田氏館跡大手門東史跡公園をぜひご覧ください。ここは甲府市民の皆さんでも未だ行ったことがない方が多いと思います。さらに武田通りをぶらぶら歩きながら武田二十四将屋敷跡の表札を見つけて確認したり・・・きっとお正月ならではのゆったりした時間が流れます。

甲府駅ビルのエクランや駅南口前の山交百貨店は1日から営業、岡島百貨店は2日からとアナウンスされています。
かいてらす(甲府地場産業センター)の初売りは2日から。甲府駅北口のレンタサイクル(直通 055-254-6300)はお役所ですから三が日は休業です・・・(^o^)

遊亀公園附属動物園は2日からです。動物園に行くなら稲積神社の初詣も。

湯村温泉郷を拠点にお天気さえよければ昇仙峡はもちろん、夫婦木(みょうとぎ)神社(055-287-2020)、金櫻(かなざくら)神社(055-287-2011)にも。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




本日2009(平成21)年4月10日、湯村の杜 竹中英太郎記念館は開館5周年を迎えられました。心からお祝いを思い上げます。

今朝掲載された日記で館長さんは「開館5周年・・・感謝して」とお書きになられています。
私は甲府に来るまでは竹中英太郎画伯を知りませんでした。竹中労にも関心がありませんでした。いかにインターネット・オタクであっても私のキーワードに含まれない記事をクリックして読むことはありません。平成16年の今日、甲府市に竹中英太郎記念館が開設されたことで英太郎・労親子の生き方を学ぶことができ、私は大きな影響を受けたと今は考えています。私は「竹中英太郎記念館に感謝して・・・」の意味を込めてこの記事を残します、竹中英太郎記念館を支えておられる皆様にも「ありがとうございます」、と。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」 人気ブログランキング
ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




湯村の杜 竹中英太郎記念館の館長日記で 2009.03.19 に「昭和町の文化施設巡りに・・・・・」がありました。昭和町教育委員会・生涯学習課で実施されている「フィールド・ワーク教室」の見学で記念館に15名の方々が訪問されたとの事で驚きました。NPOつなぐさんの「湯村温泉湯けむりレトロ文学ツアー02」があったのは知っていました、これは2006年3月26日で私が記念館を知る前のこと、私が記念館を訪問するようになってからは、こういう企画は初めてだと思います。

驚いたのは、こういう企画がされたということにとどまらず、昭和町教育委員会が作成されたリーフレットです。日記に掲載されている画像をクリックして開いたらビックリ! ここに使われたのは竹中英太郎生誕百年記念として平成18(2006)年9月15日(金)~12月25日(月)に開催された妖美と幻想の挿絵展の案内葉書なのです。昭和町教育委員会のご関係者がこういう葉書を保存しておられ、このような企画をなさったことに、記念館ファンの一人としてとても嬉しく思いました。

甲府に漂着して隣町に「昭和町」という地名の町があることを知った時、ちょっと違和感を感じたことを思い出します。命名の由来などは未だ知りませんが、新しい町なのだろうとは思いました。
東京で昭和通りといえば、私は文字どおり北から南、隅から隅まで走り回った主要道路です。池袋、新宿、原宿、渋谷を通る明治通りは有名で平成通りというのもありますが、これは知る人ぞ知る東銀座から京橋方面の地域道路で昔の名前を思い出せませんがいつの間にか名前が変えられたもの。
東京の想い出はともかく、山梨県中巨摩郡昭和町については大型ショッピングセンター計画と甲府中心市街地活性化との関連で私はいろいろ書いていました。昭和町を訪問したのは「やまなしICT利活用研究会」主催の2008年5月24日学習会が最初でしたが、その後はご無沙汰しています。しかし竹中英太郎記念館を「フィールド・ワーク」訪問先にする昭和町にとても関心を持ちました。山梨のこと、未だまだ知らない事が多すぎる私です。

ちょっとお茶しながら館長日記で仕事疲れを癒していたら、びっくりしてブログに書きたくなりました。で、甲府市地元の皆さま、竹中英太郎記念館をご存じですか?(^o^) 日本のルポライターの草分け、あの竹中労が竹中英太郎の長男で甲府中学出身だとご存じですか? 私は甲府に来るまでそれを知りませんでした(^_^;)

4月からは労さんの事を書こう、それも私の滞貨のひとつなんです

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2008年11月26日に竹中英太郎記念館の館長日記で「甲府湯村温泉のおはなし」という小冊子のことが紹介されていました。ちょうど出かけるついでがありましたので、これを求めに湯村温泉郷に立ち寄りました。
Yumulatale66 Yumulatale67 表紙と裏表紙をスキャンしておきます。
本文49ページの内容は14の「おはなし」で構成されていて、これは「湯村温泉新聞」に掲載されたものを収録して作成されたとのことです。

平成20(2008)年は808年(平安時代初期の大同3年)の弘法大師開湯から1200年の記念の年になり、この冊子も7月に刊行されました。

甲斐の国の歴史は県立博物館にでも出かけてしっかり勉強しておきたいと思っていますが、湯村の昔の名前、志麻の里について調べた時に地理的な事はおおよそ分かりました。でも当時の人々の生活については知りません。その生活の姿がこの「おはなし」からもうかがえるように思いました。公文書(編纂された史書)は支配者の歴史であり、語り継がれる話はそこに生きた人々の歴史だという考え方もあります。

湯村の石切り場の跡地に接して竹中英太郎記念館があるのですが、その石切り場のおはなしで、「やまむらの ここきんきんと けさもまた いしきるおとの やどのめざめよ」 という短歌が紹介されています。『石を割る時は「コ、コ」と二つ小さく打って楔をさし入れて、あと大きな槌でその楔の頭を「キィーン、キィーン」と打つと割れたそうです。』 とこのおはなしに書かれています。なるほど、それで「ここきんきん」、宿に泊った朝の目覚めのイメージになんだか懐かしい想いがしました。

この冊子は活字が大きくてモニター作業で疲れた目にも読みやすかったです。製作された方々のお気持ちがあらわれているように思います。お年寄りから語り聞かされる昔話には聞く人々をそれとなく諭すような意味をもつものがあります、この「おはなし」の中にも今に通じるものが潜んでいるようです。湯村温泉郷の各旅館さんで300円で販売されています。いつもの私ならWebページで全国の人々に読んでもらいたいと書くところですが、この冊子にそれは申しません、どうか甲府市湯村に来てこれをお求めください(^o^)


にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




竹中英太郎記念館の館長日記を拝読していたら 2008.07.03の日記 『嬉しいおハガキ・・・』 で通信販売で画集をお求めになられた方からのお葉書が掲載されていました。

『チラシ、はがき、湯村の散策マップなども同封されていて、驚きました・・・』 という文章で私も驚きました!
チラシは竹中英太郎記念館をご紹介するリーフレットでしょう。「甲府市観光案内所@甲府駅」をはじめとして各所に置かれていますので、是非一度手にとってご覧ください。「はがき」とは竹中英太郎の作品を絵葉書にしたものです。これは1枚100円で記念館内だけで販売されています。通信販売にはありません。

「湯村の散策マップ」は湯村温泉旅館協同組合が制作し頒布されておられる甲府湯村温泉郷の案内リーフレットのことでしょう、これにはさまざまなバージョンがあり、各地の観光施設などに置かれています。

Yumura_map01 私もいくつか集めていますがスキャンしてホームページでご紹介するのもなかなか難しいサイズですから、一部分をご紹介しておきます。

紙の媒体でアピールするものを、そのままの形でWebページに載せることは、時に逆効果になると私は思っています。

Webページにはそれなりの作り方があり、PDFファイル化してダウンロードしていただくというのは一つの方法ではありますが・・・(この話題はここではやめておきます(^_^;)

今回は、画集通信販売というひとつのビジネスモデルをそれだけで終わらせずに、地域の活性化にも役立てようとなさる竹中英太郎記念館のスタンスが、こんな事からも見えたことを勝手なサポーターの私はとても嬉しく思いました。

湯村温泉郷についてはこのブログでも6月21日に、はじめる・つづける・健康あっぷ、湯村温泉郷を書いています。その他、竹中英太郎記念館、湯村温泉関係のブログ記事は別サイトのブログ索引として整理してあります。

ちなみに、「つなぐNPOまちミューブログ」の7月3日記事で、湯村と昇仙峡とで合同で活性化事業に取り組むとの一報が書かれています、これも凄い! 開湯1200年の湯村温泉郷が燃えています!!

にほんブログ村 山梨情報←山梨の色々な情報が読めます 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先に記事にしましたが、まんだら堂さんのブログで6月17日付け、「竹中英太郎記念館 再び」が掲載されました。 私が記念館を訪問した時に感じる以上に、「場」の雰囲気を見事に描き出されていると感じました。館長さんの日記を拝読していると、同じ「氣」が感じられると私は思っています。仕事に疲れると日記を開いて癒されます。

私の記事とは15日の「山梨県立文学館、好評です」がそれです。

にほんブログ村 山梨情報←山梨の色々な情報が読めます 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




沖縄が日本に復帰した日が5月15日でした。1972(昭和47)年のことです。私はすっかり忘れていて大工哲弘さんのブログ、見なり聞きなり~ 島唄コラム ~を拝読して気が付きました。(参照検索

別サーバーで作っている「竹中英太郎と竹中労をご存じですか(湯村温泉と竹中英太郎記念館)」を再編成していて、そのリンク集を確認しながら大工哲弘さんのブログも開いたのです。

5月19日は竹中労さんのご命日です。寺田さんが作成された「竹中労・年譜」に詳しいですが、1930(昭和5)年のお生れで1991(平成3)年5月19日に逝去されました。

大工さんはブログの最後の方に、『全国的になった沖縄の音楽とミュージシャン。歴史的に苦悩の沖縄は時代の変遷と共に芸能文化は元気だ。』とお書きになっています。このことについて大きな仕事をなさったのが竹中労さんだと、私は理解しています。しかし勝手にサポートを気どってホームページを作ってはいても、私は未だに竹中英太郎さんについても労さんについても知らないことが多過ぎてWebページの更新は進みません。

竹中労が文字どおり命を懸けて沖縄・琉球にこだわったのは何故か、その事をいつも考えています。映画 『休暇』 のキャッチフレーズ、「生きることにした。- -人の命とひきかえに。」 が私の心にグサリと突き刺さったのも、なにがしか他のイノチと引き換えに自分が生かされていることが、目には見えなくても念頭から離れないからです。琉球・沖縄の歴史から生れたものを得て私はそれに支えられてきたという事もあるのです。

それじゃあ、どうすればいいのさ・・・その答えを求めながら私はインターネットに埋没している・・・竹中英太郎さん、労さん、そしてお二人にご縁の深い方々にめぐり逢ったのはインターネットがあったからこそ、私にとってその事が実に大切なのです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




甲府市観光案内所 改築された甲府市観光案内所の写真が撮れたので追加しておきます。改札口を出て左側、露出失敗で暗い画面ですが、乗車券売り場の隣にあります。現在は北口が工事中のために臨時通路になっていますが、北口整備が完成した時には、南北両方を案内する拠点としてこの位置は最適かと思えます。改札を出た時にオヤッ?と目につくようなワンポイントアピールがあるともっと良いかもしれません。(2008年10月13日追記)


甲府市観光案内所

大爆笑! 2008年04月01日の山梨日日新聞記事によると 「JR甲府駅の市観光案内所一新 1.3倍 開放感あるデザインに」 だそうで、この記事は3月30日の取材です、念の為。新案内所は後で確認に出かけます(^o^)--4月1日追記。

甲府市観光案内所

JR甲府駅にお着きになったら改札口を出て右をご覧ください。

観光ポスターパネルの先に「甲府市観光案内所」のテントがあります。

4月4日(金)の前夜祭から始まる「2008年第38回信玄公祭り」の公式ガイドブックはこちらで手に入ります。

信玄公祭公式ガイドブック

そして窓際のスタンドから沢山の観光案内資料もお持ちください、

湯村温泉郷の案内パンフレットと「湯村の杜 竹中英太郎記念館」のリーフレットもお忘れなく!

竹中英太郎記念館

確認しなかったのですが、この案内所はいつまで開設されているのかわかりません。
甲府駅構内には観光案内所が常設されていますので信玄公祭期間だけの臨時かも知れません。あるいは山梨デスティネーションキャンペーン期間の3ヶ月かも。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




4月10日は竹中英太郎記念館の開館4周年記念日です。今年は木曜日ですが2004年(平成16年)のこの日は土曜日、信玄公祭で甲州軍団出陣の日でした。この日の開館を予告する山梨日日新聞の記事が湯村温泉旅館協同組合サイトの記事、「湯村温泉に竹中英太郎記念館が出来ました。」に引用されています。

更新が進みませんが、ICT甲府のサポートページ、「竹中英太郎と竹中労をご存じですか(湯村温泉と竹中英太郎記念館)」もご参照ください。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




山梨市の「横溝正史館」2007年3月25日の開館からちょうど1年目の3月25日に記念講演会が開催されました。私は時間がとれずに残念ながら参加できませんでしたが、竹中英太郎記念館の館長日記に「夢のような出会い・・・」と題して写真付きで掲載されています。ぜひご覧ください。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ