ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




昇仙峡 仙娥滝ライトアップ
期間:2017年8月4日(金)~8月15日(火) 21:00 まで
場所:昇仙峡仙娥滝(しょうせんきょう せんがたき)
主催:昇仙峡観光協会・昇仙峡魅力づくり協議会
開催期間中は、毎日ライトアップを点灯しています。
注意事項:
 1.ライトアップ終了後は真っ暗になるので注意が必要です。
 2.駐車場から仙娥滝前は真っ暗です。懐中電灯やヘッドライトをご用意ください。
 3.足元は滑りやすいので、ご注意下さい。
 4.時間や気持ち・心にゆとりを持って、ゆっくりとお帰り下さい。御協力をお願いします。

昇仙峡観光協会ホームページ
昇仙峡観光協会ブログのライトアップ案内記事です
昇仙峡観光協会Facebook

昇仙峡 仙娥滝ライトアップ

昇仙峡 仙娥滝ライトアップ 昇仙峡仙娥滝ライトアップツア-開催(湯村温泉旅館協同組合公式サイト)湯村温泉にお泊りのお客様限定の無料ツア-。お申し込みなどはお泊りのお宿にてご案内いたします。

一般の方々は・・・
昇仙峡観光協会ブログの地図ページ
 駐車場は(甲府市営)無料駐車場があります。
バスは 甲府駅バスターミナル4番のりば通過時刻表(甲府駅南口乗り場です)(駅前広場新設による変更があるかも知れませんので確認してください
 但しライトマップ見物はバスでは不可能です。
やまなしバスコンシェルジュ で出発点を昇仙峡、到着点を甲府バスターミナルとして調べると、昇仙峡口最終は17時51分のようです。

にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 甲信越 ←このテーマで情報を探せます


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




不老園割引券

甲府で梅の名所と言えば奥村不老園(公式ホームページ) 055-233-5893、2月1日~3月31日開園 09:00-17:00 個人入園料500円(大人 中学生以上)、小学生以下200円、ホームページから割引券を印刷できます。【画像は2017年2月追記しました】

地図でご確認ください-マーク位置が入口です 駐車場は80台分、地図や係員のご案内もあります
最寄り駅はJR中央本線の酒折駅です。

2月1日のUTY県内ニュースより---『例年ですと寒紅梅が見ごろを迎えていますが、今年は1月の冷え込みで開花が大幅に遅れています。不老園によりますと、10度から15度くらいの気温が続くと開花が進むということで、最も多くの種類が咲くのは今月下旬からになりそうです。』

 明治30年、甲府市内に住む呉服商の七代目が別荘として開園しました。不老園の名は、中国の故事「不老の門を入り奇岩・名木の間を逍遙して長生の庵に至る」から付けられました。紅梅、小梅、夫婦梅、ブンゴ梅や珍しい中国産の紅核梅、緑核梅など20種類以上・約3,200本の梅が園内を彩り、甲府盆地に春の訪れを告げます。(甲府市観光情報「四季の花・果実」より)
【公式サイト】不老園HOME > 園内のご案内 > 生い立ち・由来

奥村不老園の近くにあるのは、連歌発祥で有名な「酒折宮」(サカオリノミヤ)、「第九回 酒折連歌賞」100選が発表されています。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2010年2月13日~14日、厄地蔵さんの日が間近ですがブログに書く手間を省いて私のホームページ記事にリンクしておきます・・・「塩澤寺の厄除け地蔵尊祭り」、今年の交通規制についても書きました。今年は土日になるので賑わうことと思います、お天気に恵まれるとよいですね。(2010-02-10)


毎年2月13日正午から14日の正午まで、甲府市湯村温泉郷にある塩澤寺のお地蔵様の耳が開いて願いを聞いてくれるというお祭りが厄除け地蔵祭りです。

今年もお天気に恵まれて13日の午後に出かけてきました。湯村温泉通り一帯が車両通行止なのは分かっているのでチャリや徒歩の方が多いです。(この交通規制の情報は塩澤寺甲府警察署がホームページで知らせています)
塩澤寺厄地蔵 湯村橋から歩行者も一方通行になり往路はNAC湯村前を通る裏道からお寺に向かいます。写真は門前に到着地点からの撮影です。
途中にはホテル・旅館の駐車場もありほぼ満車状態でしたが、車がどうやって此処まで来たのか不明、帰りはどうするのだろう? おそらく湯村温泉組合などが通行許可証のようなものを準備されているのだと思いました。

今年の目的はお参りというよりお地蔵様の覆堂の斗栱(ときょう)というのをこの目で確認の為。これはホームページに書いています。

更に二つの樹木を確認したかったこと。
塩澤寺シラカシの林 塩澤寺シラカシの林


塩澤寺には甲府市指定の天然記念物、シラカシの林があります。東南アジアが原産地というシラカシが数十本群生しているのは甲府盆地ではここだけとのことで、しかも、シラカシ育成の北限を示しているという事です。昭和63(1988)年に建てられた甲府市教育委員会の立て札はクタビレていますが何とか判読できました。

もう一つは塩澤寺を訪れたどなたにも目につく松の大木です。「舞鶴の松」と呼ばれているようですが、クロマツで高さはたいしたことは無いのですが見事な枝が東西に張っていて東は14メートル、西は15メートルあるそうです。それは鶴が両翼を開いて舞い上がる姿に似ている事から「舞鶴の松」。昭和40(1965)年5月13日、山梨県指定有形文化財、天然記念物に指定されています。

舞鶴の松

厄地蔵さんの日には、参詣の戻り道はこの松の枝の下をくぐる道になります。西側に伸びている枝の様子は撮影できましたが、東側は未だ確認したことが無い、どの位置から見えるのか、いつか平日に出かけて確認したいです。

13日に撮った写真を添えて湯村関連ホームページの塩澤寺記事を更新しました。風邪が抜けないので今年は夜の部に出かけるのは中止しました。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




一蓮寺の礎地蔵へお参りすることは出来ませんでしたが、7日の新聞で多くの行事があった事を知りました。

山梨日日新聞は、
中学校では平和集会が開かれ、生徒が恒久平和への思いを新たにした。
甲府・県民情報プラザでの「甲府空襲戦争と平和・環境展」で語り部を務めた女性は、空襲で家族が犠牲になり「あの日のことは、悲しくなるから本当は話したくない。でも伝えていかないと…」。悲しみを乗り越え、次世代に伝承することの大切さを強調していた。
など。

朝日新聞は、
約140人がちょうちんを片手に甲府市内を行進し、平和を祈りながら核廃絶や戦争反対を訴えた。行進は毎年7月6日に行われ、今年で32回目。
県民情報プラザ地下展覧会場では、「甲府空襲 戦争と平和・環境展」も開かれている。25回目。甲府空襲の内容をパネルなどで紹介している。10日まで。

毎日新聞は、
甲府空襲のあった6日に合わせ「第25回甲府空襲 戦争と平和・環境展」(同展実行委員会主催)が、甲府市丸の内1の県民情報プラザ地下展覧会場で開かれている。10日まで。同会は82年、子供たちに戦争は世界の遠くの出来事ではなく、身近なものだと感じてもらおうと甲府空襲に焦点を当てた展示を始めた。会場には、甲府空襲の爆弾投下直後などを映した写真のパネル、当時の衣類などの生活用具、実寸大の焼夷弾(しょういだん)の模型など約1000点が展示されている。今年は、大月、吉田の空襲も取り上げた。

ICT甲府としては、これらの情報を事前にキャッチすることはできなかった。仕事に追われているのでホームページや掲示板の巡回なども滞りがちでした、駄目ですねぇ(^_^;)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




甲府大好きまつり が今年から8月開催とのことです。

甲府市の広報記事
◎開催日時:平成18年8月19日(土) 午後5時から
◎開催場所:中央商店街・舞鶴城公園

舞鶴城公園や中央商店街をメイン会場に、音楽隊、きやり・みこしや山車による「祭りパレード」が繰り広げられます。
その後には、大好き音頭が街中を練り歩 き、いよいよ「ビートtoビート」が登場。踊りの輪が広がっていき、祭りムードも最高潮!
クライマックスは甲府の夜空を焦がす大輪の花火。
その他にステージイベントや祭り屋台も登場します。ご家族そろって楽しんでください。

月遅れのお盆休暇、帰郷が20日(日)までなら、甲府の子供たちも夏休み中ですし、これは愉しいイベントになりますね。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




この記事のカテゴリーがなんで「アート・文化」なのか? 祭りは文化でありアートでしょう、「お祭り」というカテゴリーは設定しない予定です。

5月3日、甲府エイリアンが正ノ木さんに出かけたのは今回が初めてです。甲府の三大祭りという節分の大神宮、2月13日~14日の塩澤寺厄除け地蔵はクリアーしていましたが(^o^)、正ノ木さんだけは5月の連休、いつも時間がありませんでした。

初訪問に場所は交通規制の記事を書いたので見当はついていましたが、それ以外は事前の準備無く、遊亀通りで進行して総合市民会館方面に折れて、人が入っていく道を覗いたらどうやら参道らしいから行ってみようという事でした。

とにかく驚くほどの屋台の数と、甲府に来て初めてと言ってもよいくらいの人、人、人の波でした。
北参道から入ったことになると方向感覚を研ぎ澄ませて社殿を確認、お参りして、正門(表参道)が分かり、そこから出てみる事にしましたが、その先が何処になるのか不明なまま、屋台の間を人波に逆らうように歩き、目の前に開けた緑の空間・・・

おっ、これは遊亀公園に入ったのだ、なるほど神社と地続きなんだ、しかし、なんと人が多いこと、子供たちも多い、天気も良く、まさにゴールデンウィークではないか!

一蓮寺

公園を一回りしてふと目に入った大きな建物、あれは何だ? 近寄ると一条道場・一蓮寺・・・そうか、あれは此処か!名前だけは頭に入っていて、訪問先リストにも入れてあります。思いがけずに現場に着いてしまいました。

一蓮寺の事は別に書きます。
正ノ木さんも日程や行事の確認をせずにお神輿渡御を見る事が出来ませんでした。来年のテーマになりそうです。

ICT甲府-正ノ木祭り

帰って関連ホームページを調べて記事を書きながら気が付いた、「伝統の植木市」、何処にあった? すっかり忘れていました(^_^;)  



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )