ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




Log20121130 10月から設定した「ウェブページ」(イベント情報)へのアクセスが多いように見えます。予告と記録を繋ぐツールとして使っていきたいと思っています。

Twitter も Facebook も未登録者のパソコンから閲覧できる場合はアクセスするようにしています。イベント予告などをツイートされる方も多いので、これらツールの登録ユーザーになるのは来年検討する予定。

11月は新山梨県立図書館の開館やB-1グルメ大会など多彩でしたが、私は Windows 8 導入の準備でパソコン再構築などに没頭し出かける時間がありませんでした。パソコンもインターネットも私が一歩進めた時は既に二歩も三歩も先に行っている、学ぶべき滞貨は増えるばかりです。

大昔のことです、未来学に関心を持っていたことがありました。「日本未来の会」発足のニュースを知って思い出しました。そして久しく忘れていた学習院大学「香山**」さんの名前も浮かんだのですが「**」を忘れている・・・
あの当時と違うのは、今はインターネットが使えることです-「未来学 香山」で検索して Wikipedia 香山健一(こうやま けんいち、1933年1月17日 - 1997年3月21日)、えっ、もう亡くなっておられたとは! でも、香山健一記念未来研究所ブログ がありました。
「未来学」の考え方はどのようなものだったか、既に頭からはすっかり抜けていますので、もういちど基本に戻ってみたいと思っています。

311以来ずっと考えてきたのは、この国はこれからどうなるのだろうかということです。東日本大震災(津波災害)は大変なことでした。宮城県の私の仲間も大きな被害を受けました。でも彼たちは既に立ち直りつつあります。被災体験をむしろバネにして前より強く立っているようにすら思える力強いメッセージが定期的に私の手元にも届いています。

だが、福島原発の人災は、それを教訓にすらできない悲惨なこの国の姿を明らかにしたと思っています。それは情報を確認するたびにどんどん酷くなっていました。福島県の悲劇を感じるだけではなく、国が存続する根幹に関わる部分が腐りきっていたことに気が付きました。どうしてこうなっちゃったのだろう。28日の記事に書いた石原慎太郎さんが引用された歌、『この国のかく醜くもなりぬれば、・・・』 はズシンと胸に響いたのです。

しかし、おそらく誰でも、自分たちが「醜い」と指摘される対象ではないと思っているはずです。何が美しく、何が醜いか、その基準が大きく変ってしまったのは何故だろうか。私としては「武士道とは死ぬこととみつけたり」は最高の美意識がもたらした言葉だと思ってはいるのですが・・・自分がその道を歩むのは難しい。
日本の未来は美醜の感性をどう扱えるかにもかかっているように感じながら、「日本未来の会」から発せられたメッセージを読みました。
私が好きな山梨が「醜い」といわれない地域でありつづけることを願いながら、この記事を山梨情報カテゴリーに置きます・・・「おもてなしの・・」 醜いキャンペーンが不要になることを祈りつつ

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引

【適確な情報に基づいた対応こそが・・・美しい】
東京電力の電力使用状況
・・・だが、操作された情報は醜い
<script src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js" type="text/javascript"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




再び、森ゆうこさんのブログから転載させていただきます。2012年11月29日 記事
未来の党「規約」 はこの記事からPDFファイル(96 KB)にリンクされています。但し、附則には、本規約は設立時における暫定規約であると記されています。

~~~ だれもが希望をもてる未来を ~~~

いま、日本中に将来への不安や、政治への不信、失望がうずまいています。
この不安を安心に、不信を信頼に、失望を希望に変えなければ。
わたしたちは、国民のみなさんの「今のままでは選ぶ政党がない」「本当の第三極を作ってほしい」という声に応え、新しい党をつくりました。
わたしたちの名前は「未来の党」(日本(にっぽん)未来の党)です。
このままでは、わたしたちの日本は、国としての品格を失います。
世界は我々の動きを見ています。
そう、あのふくしまの原子力発電所の事故です。
終わっていません。
これを確実に終わらせて、着実に原発から卒業できる道を示さなければならないのです。
わたしたちは、世界に、地球に、未来を、希望を発信しなければなりません。
そう考えて、わたしたちは、この理念の下に、多くの仲間たちと新しい党をつくりました。
国民のみなさんの政治への信頼を取り戻すためです。
未来をつくる政治、希望を見いだすためです。
政治には未来をつくる力があります。
政治は未来をつくるものです。
ご一緒に未来をつくっていきましょう。

日本未来の党
平成24年11月27日


「世界は我々の動きを見ています。そう、あのふくしまの原子力発電所の事故です。」 これに関連して既にニュースがあります。
【世界が注目】11.26 福島の子どもたちの人権侵害に対し国連人権理事会が見解を表明 、私は未だマスコミサイトは未確認ですが、おそらく紙面では大きく取り上げただろうと思います。
「住民の意見も必要」、原発事故後の健康問題で 国連報告者(国際ニュース : AFPBB News 2012年11月27日) この記事が丁寧に報じていましたので追記しておきます。

それともう一つ、第三極ではなく、本当の第二極、二大政党で政権交代可能な日本を想定するなら、その片方になるのが森ゆう子さん達の政党だとアピールしてよいのです。すなわち(民主+自公+維新) vs (国の品格をもたらす政党) ということ。
別ページで 「日本未来の党 政策要綱」 を保存しました。


2007.10.30 公共事業中止、滋賀県栗東市、という記事を書いていたことを思い出しました。

にほんブログ村 ITニュース←ITについて情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




首都圏反原発連合 「脱原発 『あなたの選択』 キャンペーン」 原発の無い未来のために あなたはどの政党を選択しますか?

フライヤー第3版 2012年11月28日 現在・・(掲載画像はチラシの一部分です)
首都圏反原発連合

赤い ○ と ◎ の違いについては、政党の文言を確認して判断したほうがよいと思います。「即時」と書かれているから二重丸になるものではありません。2012年1月に甲府市で開催された小出裕章さんの講演を聞かれた方ならご存じのように、原子力発電所(原子炉)は発電を止めたら即時に冷えて取り壊せるものではありません。石炭ストーブの火を消して翌日には物置に収納できるのとは違います。
現存する全ての原発で発電は終了する、再稼働も新設もしない、まずそこから始まるのが脱原発の意味だと私は理解しています。その停止原発を襲うかも知れない自然災害、人的攻撃に対しては多額の税金を投入して防御する施策をとり続けつつ、無事に撤収が完了した*十年後には「ここに**原子力発電所があった」と石碑が建てられるかも知れない、そういうことじゃないですか。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js" type="text/javascript"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




森ゆうこさんのブログ記事、2012年11月28日 びわこ宣言と未来の党政策要綱 でアップロードされていた「日本未来の党 政策要綱(PDFファイル 145 KB)」 をWebページとして編集しました。(原文の体裁はソースをご確認ください)

以下は、「日本未来の党 政策要綱」 の項目です。別ページ 「日本未来の党 政策要綱」 として全体を掲載・保存しました。


原発のない再生可能エネルギー社会へ
 卒 原発 原発稼働ゼロから全原発廃炉の道筋を創ります。

全員参加型社会へ
 活 子ども・女性 子どもや女性の声なき声をきちんと政治に反映させます。 

安心・安全を実感できる社会へ
 守 暮らし みなさんの生活に対する不安を取り除きます。

家計の復活へ
 脱 増税 消費増税法は凍結します。

行政・司法の抜本改革の断行へ
 制 官僚 国民・地域の立場に立った行政・司法に改めます。

主権国家としての権利を堅持へ
 誇 外交 食品の安全・医療制度を守り、品格ある外交を展開します。


この記事を編集しながらも気になったのですが、最近、「消費増税」という言い方をよく見かけます。消費税が増税されるのだから 「消費税増税」 と書くべきだと私の国語の知識は囁きます。
試みに、Google 「消費増税法案」 検索してみたら驚きました。「ら」抜き言葉があるのは知っていますが、「税」抜き言葉を使うのは何か国民を惑わせたい下心があるのだろうかと思ってしまうのです。

財務省-第180回国会における財務省関連法律、「社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法等の一部を改正する等の法律案」 という長い名前を一部のメディアは「消費増税法」と書いているようです。
この言い方(略し方)が日本語として正しいのかどうか、私にはわかりませんが、もし、これが国を愛し国語を大切にする観点から見て不適切な表現であるなら、そういうメディアこそが亡国の徒でしょうね。
もし私のこの感覚が正しいなら、日本未来の党は「マスコミ話法」に惑わされることなく、要綱の修正をなさっていただきたいと思います。

にほんブログ村 ITニュース←ITについて情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




新潟日報の記事 2012年11月28日 『震災がれき返却検討 新潟市』
受け入れに反対する市民らの抗議活動を受け、新潟市が試験焼却の延期を表明した岩手県大槌町の震災がれきについて、新潟市は27日、市外に運び出す方向で岩手県と協議する方針を示した。岩手県は新潟県外の自治体に焼却を代行してもらうことや、岩手県に戻すことも検討する。これにより新潟市での年内の試験焼却はほぼ不可能となった。 新潟市によると、がれきの運搬や焼却先の判断は基本的に搬出元の岩手県が行うという。篠田昭市長は27日の会見で「他の受け入れ自治体でも(がれきの)コンテナを使う。(試験焼却する)めどがつかないのにずっと置いておくわけにはいかない」と述べた。

ここに至る経過は、同じ新潟日報で、『新潟市「震災がれき焼却当面せず」 市民が江南区施設への搬入阻止』 2012年11月27日記事があります。
子どもの健康を守る会@亀田 (今回確認していて気が付いたサイトです)
 「新潟市 明日の試験焼却中止へ」、この記事のコメント欄に注目してください。
新潟市 明日の試験焼却中止へ 公害防止協定を順守 2012-11-26

このようなケースでは、直ちに搬入妨害停止の仮処分申請が出て即日決定、機動隊配備の中で市民が見守るだけのうちにトラックは粛々とゲートを入っていく・・・という地域もありそうな。(こういうものかどうか法律は知らないけど)
10月21日に再選された新潟県知事のスタンスを分かっている新潟市行政ですから、そこまではできなかったのかも知れません。
トップリーダーの選択はどのようにすべきか、総選挙に向けて力強いメッセージが新潟県民、市民から発せられたような気がします。

ところで、山梨県内の各地焼却施設で震災がれき焼却の技術的な点も検討するという話のその後? 例によって仲間内での情報交換だけ? 震災がれき引受け止めました宣言が出てこないが、県内中間業者経由での明野処分は進行中?
山梨県議会は震災がれき広域処理引受けの継続審議を密かにしているのかな? 定例議会の日程まで変更して国政選挙応援らしいが。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




2012年11月28日夕刻、山梨県甲府市で日本維新の会、石原慎太郎氏の講演があったそうです。
来る衆議院議員選挙で山梨県第一区から日本維新の会で立候補を予定されている候補の応援に来られたとのこと。

石原慎太郎公式サイト (「宣戦布告」とタイトルされていて URL もそれを使われています、URLだけで偽サイトと判断しないように) 先日はトップページに書かれていた記事ですが再確認したら、「暴走老人の決意」というメッセージがあります。この冒頭から引用します・・・全文はサイトでご確認ください・・・

私がこの度都知事を辞職し、有志の仲間たちと一緒に日本の政治をなんとか造り変えたいと決心したのは、さまざま理由はありますが、今年はすでに九十二になるある戦争未亡人の歌を聞かされたことも強い引き金になりました。
『この国のかく醜くもなりぬれば、捧げし命ただ惜しまるる』

総選挙が公示されてすぐに12月8日が来ます。この時、石原さんはじめ、日本維新の会の候補のみならず、全ての候補者が何を語るか、それに注目したいと私は思っています。
石原さんがこの戦争未亡人の歌に強く心を動かされたことは私も分かります。私は甲府に来て知った山梨縣護國神社や甲府連隊のことを何度かブログに書いてきました。今年は、鎮魂 山梨縣護國神社 8月15日でした。この時に知った玉砕の史跡についてもWebページで書きたいと思いながら未完です。山梨県出身の若林東一大尉と『後に続くものを信ず』についても知りましたが、この言葉に強く心を動かされました。若林大尉の遺志は戦時から戦後に続くものに違いないと思ったのです。

日本国がかくも醜くなったのは何故か。それを復興させるために将来再び「捧げし命ただ惜しまるる」と詠まねばならない人々を生むような国体に戻したいのか。
ここに書かれた石原さんのメッセージからは、それはわかりません。しかし石原さんがこの歌を契機として「宣戦布告」されたのなら、宣戦布告した相手、現行体制に勝利を得ようとする日本維新の会と、今後それに協働するであろう全ての政治組織が、どのようにベクトルの一致があるかどうかは、きちんと公表され、有権者も理解しておかねばならないと思います。子どもや孫の命がかかっているのです。

とかく「そもそも論」を避けて「そうは言っても現実は・・・」となるように私は感じるのですが、それではいけないのです。現実に合わせた部分最適化を続けたシステムは必ず破綻します。それに気付いたときに、新規蒔き直しで全体最適化から考え直したほうがよい、それはネットセキュリティとWebのあり方を学びつづけようとしている私がいつも感じていることです。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




首都圏反原発連合 「脱原発 『あなたの選択』 キャンペーン」 原発の無い未来のために あなたはどの政党を選択しますか?

フライヤー第二版できました。 2012/11/25
首都圏反原発連合

12月4日の総選挙公示までに政党の再編成があると思いますので引き続き改訂を確認して更新する予定です。
地域を再生し活性化させようと思えば、まず国政を改革せねばならないのは自明のことです。山梨をどうする・・・も大事とは思いますが、まず、日本をどうする・・・から考えたいと思います。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




原発・エネルギー問題の嘘と真実
オープンカレッジ2012 パルシステム山梨50周年記念講演会
日時 : 2012年12月2日(日)13:30~15:30
会場 : 敷島総合文化館 甲斐市島上条1020
講師 : 長谷川幸洋氏 東京新聞・中日新聞論説副主幹
ジャーナリスト 長谷川幸洋氏がテレビや新聞では報じられない”真実”に迫る!
※ どなたでも無料で入場できます
※ 保育有り(要申込み) 申込み締め切り11月30日(金)

山梨県では紙面の購読が出来ない東京新聞ですが、ネットでは特に311以後、記事も社説も高い評価を得ています。
パルシステム山梨ホームページからこの講演会についてPDFファイルが読めます。

【社説】 原発・自主避難 救う方途はないものか 2012年11月27日
「脱原発 国民8割支持」 生活・小沢代表 衆院選へ決意示す 2012年11月27日 朝刊
このような社説や「生活」を記事にする新聞です。「生活」の動向を報じるマスメディアは少ないように思います。選択肢が民主、自公、維新しか無いかのようなマスコミ情報に汚染されてはいけないと思っています。この内部ひばくは地域を滅ぼす。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




明野処分場に県外ゴミって本当?
日時 : 2012年12月2日(日)  13:30~16:00
会場 : 高根環境改善センター 1階 多目的ホール
コーディネーター : 川村晃生さん(慶応大名誉教授 みどり・山梨 代表)
アドバイザー : 梶山正三弁護士
主催 : 明野廃棄物最終処分場問題対策協議会

県環境整備センター:北杜最終処分場問題 反対グループの搬入停止求める要請書、県から拒否回答 /山梨 毎日新聞 2012年11月10日が報じていますから、山梨県の皆さまはご存じと思います。NHKもニュースで流した(記事が出た)のですが、今は見えません。
(震災がれき広域処理については、特に福島県の廃棄物処理について福島県外業者も参入して持ち出しているはずなので、国が定めた線量以下ならナンデモアリの状況になっていると思いますが、手元にメモしていたデータを忘失したので探し出せたら追記します。)

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




外務省・原子力安全に関する福島閣僚会議の広報ページが出ています。このページは外務省ホームページ > 外交政策> 軍縮・不拡散> 原子力の平和的利用に置かれています。
会期は、2012年12月15日(土曜日)~17日(月曜日)・・・・(国際行事ですから早くから決まっていた―平成24年2月17日外務省記事― Noだ!氏一派はこの日程も考えながら衆院選投開票日を予定し解散したのかも知れないと、毎度のことですが揣摩臆測)
以下、記事から引用・・・(改行は編者)・・・委細は記事からどうぞ。

開催目的 国際的な原子力安全の強化に貢献することを主な目的としている。
 東京電力福島第一原子力発電所事故から得られた更なる知見及び教訓を閣僚及び専門家レベルで国際社会と共有し,更に透明性を高め,
 そして,放射線からの人及び環境の防護のための措置並びに国際原子力機関(IAEA)行動計画の実施を含む原子力安全の強化に関する国際社会の様々な取組の進捗状況を議論する機会とする。
 また,福島の復興に向けた確かな歩みを国際社会に発信するとともに,
 福島県とIAEAとの協力を強化する契機とし,福島の復興にも資する機会とする。

◇ IAEA の広報記事が-The Fukushima Ministerial Conference on Nuclear Safety福島県とIAEAとの協力を強化し、オーストラリアのウィーンにあるIAEA本部を福島に移転してもらうのが最高の安全安心広報になる。日本国政府としてはこの誘致を強力にアピールすべきだ。もしそういう活動が出来ないならその理由に世界中の目が注がれる。そう言えば9月に新設された原子力規制庁本庁はなぜ福島に置かれなかったのかな? 事務所しか無い? 原発安全の聖地に置けばよかったのに。

「さようなら原発1000万人アクション」は、12月15日~16日に東京・日比谷と福島県郡山で多彩なイベント を開催します。

「首都圏反原発連合」は、2012年12月15日(土)に日比谷公園出発のデモを担当するとのことです。

新聞、テレビは総選挙一色に染まるはずですが、日本国民は期日前投票を活用して、子供たちの未来を守る大事な一票を放棄することなく行動の自由を確保できます。地域自治体・選挙管理委員会の投票所広報にご注意ください。
(福島会議の最終日に玄葉光一郎氏の落選を報じるニュースが流れるかな・・・)

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




「リニアを国民の立場で検証する集い」 を開催します。 <リニアは誰のために走るのか?>
日時 : 2012年12月16日(日) 13:00~17:00 (受付 12:30~)
会場 : 「主婦会館」 9F スズラン 東京四ツ谷駅麹町口1分
定員 : 150名、参加費 : 1,500円・・・・(申込などはリンク先広報ページをご参照ください)
【ゲストスピーカー】
 橋山禮治郎氏(千葉商科大学院客員教授)
 広瀬 隆氏(作家)
 Q&A : 講師と参加者との質疑応答タイム…45分間。

広報ページは、 Women's Action Network に置かれています。私はこのサイトを初めて知りましたが、時間がある時に一通り確認しておきたいのでリンクしておきます。
What's New で広報されることは、このサイトに参加されている全国の方々の目にも留まるということです。イベントなどに参加はできなくとも情報をそしゃくし問題は把握することができる、自前のサイトがあっても、このようなポータルサイトを上手に使っておられると感じました。
主催される 「南アルプスの自然を愛する会」 は、おそらく長野県大鹿村ご関係者の方々で、サイトは koufuusou.jimdo.com かと思います。

こんな脆い地質・地層に、JR東海はリニアトンネルを造っていいのか!? というページに書かれた内容は、2012年9月30日の甲府集会で紹介されたことを覚えています。
「美しい村」の議員日記(前にもリンクしましたが、大鹿村議会議員の河本明代さんのブログ) 2012年11月06日の「議会報告会」記事で、村内でのリニア問題にも触れておられますが、2012年11月16日「飯舘村へ農産物支援」の記事は単なる視察ではありませんでした。原発事故から全国激震人災化したのが如何なる人々か、よく見えてくる記事です。


リニア・市民ネットの情報です。「リニア中央新幹線」計画の凍結を求める署名が始まっています。第1次集約 : 2013年3月30日とのこと。
◇ 「リニア新幹線沿線住民ネットワーク」結成総会の開催予定。2013年2月10日(日)午後の予定、会場は神奈川県相模原市「ソレイユさがみ」、広瀬隆さんの講演もある。(予告広報ページ


全く別件ですが、やまなし Free Wi-Fi プロジェクト にNTTデータが参加して、2013年度に予定されていた外国人観光客向けのプロジェクトが前倒しで始まっています、一通りソースが確認できたので記事を更新公開しました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




首都圏反原発連合 「脱原発 『あなたの選択』 キャンペーン」 原発の無い未来のために あなたはどの政党を選択しますか?

首都圏反原発連合

今回の総選挙は「脱原発」にとっては正念場! いまこそ連携・団結して脱原発議員を国会へ送りこもう! どの政党、どの議員が本当に脱原発を果たしてくれるのか、資料となるフライヤー(チラシ)とポスターを作りました。
配布のご協力を宜しくお願いします。ひとりひとりできることをやりましょう!

・・・ということなので、チラシの一部だけ切り出して掲載させていただきます。首都圏反原発連合が分析した各政党の主張・政策については 「2012年11月20日現在」 とPDFファイル(1,893 KB)には記されています。
ポスティングされた紙のチラシがゴミになるより、ネットさえ使えれば自分の意思でソースを確認して判断できる、そういう時代です。

『総選挙は国民目線でいえば、消費税、原発、TPP,オスプレイなどが争点になるべきだが、財務省や米国とともに既得権益にしばられた大手メディアも争点隠しの世論操作に邁進するに違いない。野田総理の「自爆テロ」解散の背後にある、官僚主導による日本の談合体質は、実に危険な時代の予兆である。・・・「コンクリートから人へ」の政策は再び「人からコンクリート」に暗転する・・・・』 【岡留安則の「東京-沖縄-アジア」幻視行日記 2012年11月16日記事から引用しました。その後の11月21日の記事も個人的にはお勧めです。11月25日は三島由紀夫さんご命日】

山梨県内でも既に多くの方々が気付いておられると思いますが、リニア中央新幹線問題は、311以前の原子力発電事業と同じ程度に沿線地域外の国民は無関心(認識されていない)と私は感じています。リニアに批判的立場にある方々の新たな活動については別記事にします。


疎開裁判がふくしまの子どもを守る、2012年11月26日に「仙台高等裁判所」 第二回審尋です

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おおやけの発表情報としては多分2例目になると思いますが、Google 「直ちに2次検査」 検索 して出てくるメディア記事が、山梨県地元紙でも掲載されて話題になっているようです。
最初の発表とその後の問題は既にブログに書いていましたが、今回はマスコミ情報を見ていなかったので後から知りました。

「甲府の給食を考える会」-11/22(木)10時より 甲府市議会民生文教委員会で参考人として質疑を受けます。 との記事が出ています。
これらの問題は地下茎で根っこがつながっているものですから、「無関心」はいずれ我が身に降りかかるでしょう。

2012年11月19日-ヘレン・カルディコット医学博士の衆議院第一議員会館における会見記録

会見を司会された木下黄太さんのブログ記事で書かれていましたが、「きのうのカルディコット博士の記者会見は、記者も議員関係者も極めて少なかった」  と、そして、『質問の中身が、一般講演の参加者よりも、はるかに低いレベルのものだったり、あきらかに推進側の視点しかない質問もあって、日本の記者や政治関係者がほぼ全部、「何にもわかっていないし、いまだに見ようとしていない」状況を再認識させられました。』とのことです。
おそらくそういう実状を見ているのでしょう、カルディコット博士は、『福島の結果どんな影響が起きて日本に今なにが起きているのかということを、広く一般の人に知らせる責任がメディアにはあると思いますが、今のところ全体的にみてその責任は果たされていないように見えます。』と語られていることが書き下ろし記事から読めます。

チェルノブイリを診てきた方々から発信されていることを、311以後の我が身に降かかっているリスクだと考えて、まずはその方々から提言されている安全サイドで対応する。「総合的に判断します」とは「とにかく政府に従います」宣言に過ぎないのです。
そこには「組織益本位の姿勢(市政)立場」はあっても「国民本位の立場」は無いことを語っています。震災がれき引き受け宣言の時に既に分かっていたことですが・・・・なんの反省・自省・自立心もない人々が甲府市行政を牛耳っておられるのか。ことに教育委員会は民主党幹事長の輿石東氏を送り出した組織らしいので、輿石氏の言動はこの組織の実態を映す鏡かも知れないと私は感じています。

放射能、放射線、外部被曝、内部被曝、ベクレル、シーベルト・・・・分からないことを勉強するのはまず安全サイドで対応してからで良いと、私は考えてきました。そのように身内の子育てママ達に伝えてきました。「だろう運転」ではなく「かもしれない運転」が自分も他人も守れるものだと。
今度の衆院選での選択については、これから話をしに出かけねばならない、ちっちゃな子ども達を膝にのせて、この子たちの為に何を選ぶべきかをママ達とじっくり語り合いたいと思っています。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2012年11月16日 一般社団法人 日本経済団体連合会「衆議院解散に関する米倉会長コメント」、が出ていましたので残します。

与野党間の信頼関係を維持し、政治を前に進める観点から、野田総理の決断を評価する。

目下わが国は、震災復興、デフレ脱却と経済再生、エネルギー政策の見直し、社会保障制度改革、外交・安全保障問題など課題山積の状況にある。
これらの重要政策を前進させるためには、政治の強いリーダーシップが求められる。
各党には、政策本位の選挙戦を通じ、わが国の進むべき道筋を国民に明確に示してもらいたい。

参議院でいずれの政党も過半数を持たない状況に鑑みれば、総選挙の結果がどうであれ、与野党の協力なしに法案を成立させることはできない。総選挙後、与野党が、国益・国民生活本位の立場から、力を合わせて重要政策を推進することを強く期待する。

以上

「国益・国民生活本位の立場」 「国益」と「国民生活本位」 この言葉は単純に並列して使えるものではないことは、3.11以来(私のように分かっていなかった人間としては)はっきり分かったことでした。
「国益」 という言葉はこれまでも様々な場面で使われてきました。それがどういうことを意味するものなのか、私は理解不足です。
それとも、「国益本位と国民生活本位との合意形成をする立場」 との意味でしょうか、それなら分からなくもない。

「地球にやさしい」 というキザな言葉があります。今、自分としては一番楽な方法も否定せねばならないことを意味するものだと、私は理解しています。タバコのポイ捨て、一番楽です、でもそれは地球にやさしくない、というような。

「国益・国民生活本位の立場」 は両立し併存するものかどうか、そのことをじっと見ていきたいと私は思っています。
これを敷延して考えれば、「組織益」 とは何のために守らねばならないものなのか、それを考えることに繋がると思っています。
弱いから群れるのではない、群れるから弱いのなら、組織の強さとは何か。誰が何のために組織の強さを求めるのか、そこの部分でしょうか。「一将功成りて万骨枯る」 そんな言葉をふと思い出します。

見栄え良い単語を並べられて騙される、まるでオレオレ詐欺に引っ掛かるようなもの、そんな自分から抜け出したい。

葉隠聞書にある言葉ですが、「人は生きるほうが好きだ、好きな方に理屈がつく」 と。すなわち、二つの道があれば自分が生き延びる有利な方にもっともらしい理屈をつけて自分を守る道に進むものだが、武士道というものは自分が死ぬ方を選ぶものなのだと言うのです。 私の判断、行動はいつも 「武士道とは死ぬこととみつけたり」 にのっとりたいと思っています。

衆議院議員選挙 公示 12月4日、「ウェブページ」に設定したページで山梨県での立候補予定者と報じられている方々のサイトリンク集を置きました。私は単細胞ネティズンです。候補者とそれを支援する「組織」に関する落選サイトはこれから検討します。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




国土交通省関東地方整備局に置かれている 首都圏渋滞ボトルネック対策協議会 が実施主体です。
2012年11月18日(日)迄・・・『今後の渋滞対策を効率的・効果的に進めていくために最新の交通データを用い、「渋滞箇所の候補」を選定しました。 この「渋滞箇所の候補」が皆様が日頃から感じている実感に合っているかお聞かせ下さい。 また、抽出されていない渋滞箇所があればお聞かせください。』
渋滞に関するアンケート これがアンケートページです。

首都圏渋滞ボトルネック対策協議会
【首都圏渋滞ボトルネックについて[PDF:6166KB] 】から抜粋

◇ 2012年11月07日、関東地方整備局記者発表-教えてください! あなたの地域の渋滞(首都圏) が今回アンケート本筋のプロジェクトです。対象は首都圏の1都3県(埼玉、千葉、東京、神奈川)

1都3県以外の関東整備局管轄地域各県でもこのアンケートが実施されていますが、、山梨県では
◇ 甲府市-渋滞に関するアンケートを実施します(更新日:2012年11月9日) 甲府市都市基盤整備室道路河川課道路係
今後の渋滞対策を効率的・効果的に進めていくために最近の交通データを用い、「渋滞箇所の候補」を選定しました。この「渋滞箇所の候補」が皆様が日頃から感じている実感に合っているかお聞かせください。また、抽出されていない渋滞箇所があればお聞かせください。
■アンケート対象
 ・対象エリア: 茨城県、栃木県、群馬県、首都圏(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)、山梨県、長野県における高速道路・首都高・一般道の主要渋滞箇所に関するご意見
 ・実施対象: 各家庭で所有する車両を主に運転される方で、普段移動するルートの中で特に渋滞していると感じる箇所を中心にご回答ください。
■募集期間  ・平成24年11月9日(金曜日)~平成24年11月18日(日曜日)

◇ 山梨県-教えてください! あなたの地域の渋滞(更新日:2012年11月9日)
○甲府河川国道事務所と山梨県では、山梨県内の渋滞を解消し、円滑な交通流を確保するため、「山梨県道路交通円滑化・安全委員会」を設立し、地域のご意見を伺いながら検討を進めているところです。
○今回は、最新の交通データから抽出した渋滞箇所の候補について、皆様のご意見をお伺いするため、アンケート調査を行ないます。
アンケートに関する問合せ・・・山梨県道路交通円滑化・安全委員会事務局(国土交通省関東地方整備局甲府河川国道事務所計画課)
○関連資料--案内広告(PDF:597KB)  【編注・ちなみに同様なPDFファイルは甲府河川国道事務所や、各地の関東地方整備局の事務所・管理所にもあるようです】
○関連リンク--あなたの地域の渋滞 http://www.ktr.mlit.go.jp/jutai/jutai.html 【編注・これは上記の 「渋滞に関するアンケート」 ページにジャンプします】

このアンケートページから読み出せるのですが、山梨県内で指定予定の渋滞箇所63地点の一覧表です。
これについて、1都3県の地点公表データ 【協議会第2回-主要渋滞箇所の候補リスト[PDF:220KB]】 と比較すると分かりますが、指定される理由(データ解析結果)が不明です。単なる地点一覧表です。
この事に疑問を感じたので、ブログに書いておく事にしました。
ちなみに、同じ一覧表で 長野県は交差道路も表記されていて分かりやすいです、地域性の違いかな。

以上の考察(ここに書きませんが他県の情報を含め)から、山梨県内のアンケートは首都圏渋滞ボトルネック対策協議会によるアンケートと同期して、1都3県以外の茨城、栃木、群馬、長野と同時に実施されているものです。甲府市の広報ページでは県内の実施主体が不明ですが、山梨県庁が知らせているのが・・・・
甲府河川国道事務所-山梨県道路交通円滑化・安全委員会事務局
このページで、【第11回 山梨県道路交通円滑化・安全委員会、資料2 委員会資料(本編)[PDF:2259KB] 】の 10/19 ページが一般道路の主要渋滞箇所の候補の選定データです。

しかし、9/19 ページに書かれている「渋滞箇所選定の視点」は、首都圏渋滞ボトルネック対策協議会【第2回(平成24年7月26日) 指標の考え方(参考)[PDF:510KB] 】 と比較すると、全く意味不明です。山梨県ではどんな状況を指して渋滞と言うのか私にはわかりません。会議録を全部読んでみれば、どこかに書かれているかもしれませんので後日。
「指標の考え方」も私には難しいですが、「損失時間 80万人・時間/年」 などの理論的な事が理解できれば、数値的にも理解できるかも知れません。

平均速度 20km/h が渋滞査定の閾値とは知りませんでした。これでは東京中心部では常時渋滞と査定されるでしょう。私は都内走行では 4km/15分(16km/h) を想定して時間を読んでいました。外へ出るときはその倍速で想定してほぼOK、100キロなら3時間。

・・・ということで、首都圏(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)以外でも実施されている渋滞アンケートは、それぞれの地域で行政と国土交通省が組んで遂行する施策を推進するためのアリバイ工作だと私には思えました。山梨では新山梨環状道路北部区間=国道20号線の渋滞解消というメインテーマに関わっているでしょう。
そもそも、こういうアンケートで 「渋滞の定義」 を説明することなく問いかけている点からして税金の無駄遣いだと私は思いました。普遍的に「定義された渋滞」と、地域性が反映された「渋滞の実感」、その比較も大切だと私は思います。(私は山梨県内を走行していて「渋滞」を感じることはほとんどありません、交差点の通り方が下手だなぁと感じることの方が多いです、これは山梨県外でも同じです。)
それにしても、甲府市や山梨県のこの分野の広報記事には十二分に用心してかかる必要があると、今回も感じることになったのは残念です。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引


アンケート終了告知

茨城県移動性・安全性向上委員会事務局 国土交通省関東地方整備局常陸河川国道事務所計画課
道路行政マネジメントを実践する栃木県会議事務局 国土交通省関東地方整備局宇都宮国道事務所調査課
群馬県域移動性(モビリティ)・安全性向上検討委員会事務局 国土交通省関東地方整備局高崎河川国道事務所計画課
首都圏渋滞ボトルネック対策協議会事務局 国土交通省関東地方整備局道路部
山梨県道路交通円滑化・安全委員会事務局 国土交通省関東地方整備局甲府河川国道事務所計画課
長野県移動性・安全性向上検討委員会事務局 国土交通省関東地方整備局長野国道事務所計画課

<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ