横浜映画サークル

サークルメンバーの交流ブログです。

メンバーの鑑賞感想や映画情報など気軽に記述しています。

訃報:映サで講演をお願いした直木賞作家高橋治さんが亡くなりました。

2015-06-15 19:49:29 | メンバーの投稿

高橋さんには1986年6月3日に県政総合センターで「東京物語」を自主上映した後、1時間講演して頂きました。映サの会員5~6人で講演をお願いするために高橋さんの自宅へ伺い、奥様や息子さんとともに小津安二郎や著書「秘伝」のお話を伺ったことを思い出します。また、高橋さんは『バスター・キートンの喜劇は素晴らしい。次回キートン映画の企画があれば喜んで講演をする。』と話していましたが、実現できませんでした。

画像出典:毎日新聞、死去した高橋治さん=共同

 http://mainichi.jp/select/news/20150616k0000m040003000c.html(2015/6/15閲覧)

高橋さんは小津安二郎監督「東京物語」に助監督として参画し、小津安二郎の生涯を描いた『絢爛たる影絵-小津安二郎』を著し、「彼女だけが知っている」などの作品で監督を務めました。

6月13日自宅で亡くなりました。86歳。肺炎。葬儀は近親者で行ったとのことです。ご冥福をお祈りいたします。

尚、自主上映に関しては本ブログの「自主上映の記録 こんなことをやっていました。昔の人はパワーが有りましたね!」参照。

コメント

アメリカン・スナイパー:米軍では戦場で家族と携帯連絡できるか、教えてください。

2015-06-11 15:52:04 | メンバーの投稿

米軍では戦場で家族と携帯で話すことが出来るのか?

兵士が戦場と米国の家族の所との往復を繰り返すことが実際にあるのか?

このブログを見た方で米軍内情に詳しい人がいましたら教えてください。

先日バーベキューの時にアメリカン・スナイパーの話題になり次のように話されました。

Aさん「兵士が戦場と米国の家族の所との往復を繰り返すのが、不自然に感じた。期待が大きかった分だけ少しがっかり。それでもとても面白かった。」

Uさん「戦場で妻から携帯電話がかかってきて、話す場面が、戦場でそのようなことが実際にあるだろうかと違和感があった。全体に面白かった。」

Mさん「米軍人のサラリーマン化した姿がよく表れていてとてもいい映画だった。兵士が戦場と米国の家族の所との往復を繰り返すことや、戦場で携帯電話で妻と話すのも、サラリーマン化した、日常の仕事として戦争を行う米軍人の様子がよく出ていると思う。」

以上です。「コメント」欄でも「横浜映画サークルの紹介と入会希望者窓口」のメールアドレスを活用して頂いても結構です。よろしくお願いします。

コメント