横浜映画サークル

サークルメンバーの交流ブログです。

メンバーの鑑賞感想や映画情報など気軽に記述しています。

『喜劇・大風呂敷』と上映された南区公会堂近くの看護学校女子寮宿直の思い出

2019-03-04 21:19:05 | メンバーの投稿

喜劇・大風呂敷』(1967日本 監督中平康):南区公会堂での横浜キネマ倶楽部自主上映で3月2日に観た。

映画は大阪的i喜劇の残念な面、わざとらしい、表面的で深みがない笑いが多かった。例えば黒人がただ大阪弁を話すことで笑いを取ろうとするところ、何が面白いのか不明。当時は珍しかったとは思う。珍しいことの色物と言われるのと喜劇とは違う。四国を独立国にするという野望にまい進する造り酒屋の息子(先代の円楽)が出てきて、失敗破産するが、なぜ独立しようとするのか理由らしい理由は一度も出てこない。円楽に途方もない夢を語らせればいいのに、その場面がなく、ヨナヨナした御曹司役で笑いを取ろうとしているが中途半端で笑えない。主人公藤田まことは、バクチ運が良く、建設会社の社長の夢は運良く実現する、運が憑いている男であるが、ただ運がいいだけで笑いを誘うところはない。台風が近づきライバル建設会社社長の家が壊れないように縄で屋根を支える場面があるが、私なら藤田まことが間違えて縄を張り家が壊れてしまうようにするが、そのようなドタバタはなく、家は壊れない。ドタバタ喜劇としても中途半端な作品。終盤で四国独立の野望が破れ、家をヤクザに取られ、あばら屋住まいの先代の円楽と夫婦になっていた憧れの女性芦川いずみのためにヤクザから家の権利書を奪い、権利書をあばら屋にそっと置いて去っていく。私ならここで先代の円楽が感謝して涙するアップの感動的な場面を入れ、円楽の出番を作り盛り上げるが、その場面はない。人情話としても中途半端な作品になっている。この映画は懐かしい出演者を見るという範囲で楽しむ作品に思える。映画に桂歌丸はあまり出てこない。

下の画像左は左端が建設会社社長役の花沢徳衛。左から2番目に社員役の桂歌丸と柳家小痴楽後の春風亭梅橋がいる。右端は雇われることになる藤田まこと。その隣の女性は社長の娘役の木の実ナナ。画像右は四国独立の話に乗る役の先代の円楽。隣は藤田まことがあこがれていたが、円楽の嫁になった役の芦川いずみ。

画像出典左と右:アパッチの映画EXPRESS喜劇大風呂敷https://ameblo.jp/bareras/entry-11568257582.html(閲覧2019/3/4)

映画の後の講演佐藤利明氏の話が興味深かったので、要点と思うところを以下に記しておきます。

桂歌丸は南公会堂のすぐそばの真金町に当時の郭(売春宿)がありその一つの富士楼の息子として生まれた。富士楼には柳家金語楼が弟子を連れて来たことがあるとのこと。歌丸は春風亭柳昇の落語を聞いて感動し落語家になることを決め、15歳の時に5代目古今亭今輔に弟子入りした。「笑点」の名称は立川談志が当時有名になっていた『氷点』(1966年監督山本薩夫、TVドラマ化もされた)のパロディーで名付けられ、歌丸は1966年の今から53年前の1回目から笑点メンバー。

落語を映画にした落語映画はあるが、落語家が出ていることは少ない。落語映画としてまとまった作品は『幕末太陽伝』(1957監督川島雄三、主演フランキー堺)『運が良けりゃ』(1966監督山田洋次、主演ハナ肇)の2本。

他に長屋3部作(熊さん・八っつぁんもの)『長屋は花盛り』など。『金語楼の大江戸千両祭』『落語天国紳士録』など東宝が年1本のペースで制作していた。

 以下は、直接映画には関係しないが、南区公会堂近くの看護学校女子寮宿直のアルバイトの思い出

私は学生の時、学費生活費はすべて自分で稼ぐ生活をしていて、警備会社に宿直の仕事の登録をしていた。宿直の仕事は夜間に見回りをすることをしっかりやっていれば、勉強時間が取れるので学生の私には都合がいい仕事だった。県立商工高校の宿直が先生の負担を減らすということで、警部会社に任さられるようになり、私に回ってきた。しばらくすると看護学校もやってくれと言われ南公会堂近くの看護学校寮の宿直を行うことになった。そこで印象的な次の3つの出来事に会った

1、寿町の兄弟入浴作戦

夜の11時過ぎに見回りをしていると、会議室で10人近くの人が会議をしている。こんな夜に何の会議と聞くと、寿町に小学生くらいの兄弟がいて、昼間居るから学校に行っていないらしい。服は汚れ、髪の毛もごわごわで風呂に長い間入っていない。会議はどうやってその兄弟を寮の大浴場の風呂に入れるか、というものだった。理由なく風呂に入れれば、両親が怒るかもしれない。そこで寮生が考えた方法は、一緒に遊ぶふりをして、わざと兄弟に泥水を掛けて汚し、申し訳ないので風呂に入れた、というストーリにしよう、と言うものだった。

ある日寮生たちは実行する。兄弟を風呂に入れ、服を洗濯機で洗ってあげて帰した。両親からの苦情があったかどうかは聞いていないので、たぶんなかったと思われる。

寿町は東京の山谷、大阪のあいりん地区と並ぶドヤ街で、昼間から酒を飲んでいる人がいるなど、独特の怖い雰囲気があり、私もつい避けて通る地区であった。看護師の卵たちの勇気ある行動は、今でも忘れられない出来事です。看護師には点滴に毒物を混入するような人がいるが、圧倒的に多くはこの寮の人たちのように魅力的な人たちです。

2、門限過ぎの看護学生

看護学校は高校卒業後2年間の学校。地方から来ていて貧しい家庭の人が多い。ある日門限10時だけれども、11時頃に内緒で門を開けてほしいという寮生がいた。伊勢佐木町付近のバーでアルバイトをして、どうしても10時前には帰れないとのこと。酒はウイスキーと称してウーロン茶を飲むのだそうだ。守衛室は建物の裏側の1階にあり建物に入らないでも窓のところには来られる。以後守衛室の窓を11時ころになると叩く人がいて、そのたびに正門入り口のドアを開けてそっと入れてあげて、規則違反をしていた。あの人は立派な看護師になったに違いないと、勝手に思っている

3、寮自警団の強力さ

寮は160人ほどの寮生がいて、寮生たちで自警団が組織されていた。ある日の夜、2階の窓伝いに男の人が寮生の部屋に入ったことがある。寮生の悲鳴で、自警団が暴漢対策の道具をもって動き、侵入男性はボコボコにされた。この話は私が宿直担当ではなかった時のことで、詳細は不明。また、自警団がどのようなものか私が直接聞いたことはなく、実態は自治会のようなものだったかもしれない。それにしても自警団は宿直員よりよっぽど頼りになる

 映画「喜劇・大風呂敷」を観た後で南区公会堂の近くの看護学校寮のところを見に行った。いろいろ変わっていている。後で調べると横浜市立大学付属病院(市大附属病院)は金沢区へ移り、看護学校は市大医学部の看護学科に吸収され金沢区へ一緒に移っている。移る前に南区公会堂のすぐそばに在った市大付属病院跡地は現在市大付属市民総合医療センターと言う名称で以前と変わらない医療の中心的施設になっている。看護学校寮の跡地は横浜中央病院付属看護専門学校になっているところではないかと思うが、横浜市立中村特別支援学校があるところかもしれない。いずれにしても寮はなくなっている。

以上、S.Tでした。

コメント

F.Iの映画鑑賞ノートから:その1:5作品

2019-03-01 20:55:33 | メンバーの投稿

映画鑑賞大学ノートが6冊になりました。その中から今回は5作品について掲載しました。題名左のAAAA~Dは映画の良かったものをAにしてランク付けしていますが、観た時の雰囲気で記していて、厳密なものではありません。面白くなかったというのもあります。以下ノート抜粋。

AAA’死刑台のエレベーター』(1958監督ルイ・マル原題Ascenseur pour l'échafaud、英:Elevator to the Gallows直訳:絞首台へのエレベーター)

セリフが、気が利いている。主人公の女がひたすら格好良く、話もリアリティあふれている。登場人物(特に女)の表情が良く、白黒画面が効果を上げている。短時間の経過を描写しつつ大人の男と女、若者の男女、刑事の世界をちょっと洒落た言葉で綴っている。クールな夫もかっこいい。

(下の画像左は主人公の女役のジャンヌ・モロー。画像中は女の夫を殺害したあと女に連絡をする恋人役モーリス・ロネ。画像右は殺害後逃げる途中にエレベーターが停止、閉じ込められ、脱出を試みている場面)

画像出典左:翡翠のブログ;フランスの女優ジャンヌ・モローさん死去 89歳 数々の名作https://ameblo.jp/2667/entry-12297752658.html (閲覧2019/3/1)  画像出典中:映画.com死刑台のエレベーター(1958)https://eiga.com/movie/45147/ (閲覧2019/3/1)  画像出典右:シネマトゥデイ死刑台のエレベーターhttps://www.cinematoday.jp/movie/T0009076 (閲覧2019/3/1)

AA駅馬車』(1940米 監督ジョン・フォード 原題Stagecoach直訳:乗合馬車)

単純なストーリであるが、人物描写が鋭く、音楽がいい。医者の表情、強気な女、弱気な酒商人が魅力的

(下の画像左。左側のチェックの服の男が医者。馬車から体を乗り出している女が強気な酒場の女。酒商人、賭博師、将校夫人などいろいろな人が乗り合わせている。右端が脱獄囚で逃げるために乗り合わせた役のジョン・ウェイ。画像右は駅馬車がアパッチ族に襲われ逃げている場面)

画像出典左:- STAGECOACH -「駅馬車」これぞ、西部劇の様式美-追跡の美学http://widewestweb.world.coocan.jp/WstStagecoach.htm (閲覧2019/3/1)画像出典右:シヌマDEシネマ/ハリー東森;西部劇といえば「駅馬車」だなhttp://harry-higashimori.blog.jp/archives/10976926.html (閲覧2019/3/1)

A’ロシュメールの恋人たち(1967仏 監督ジャック・ドゥミ原題Les demoiselles de Rochefor直訳;ロシュフォールの若い女性)

セリフがウイットに富んでいる。踊りがハッキリ、ピリッとしていて、唄や楽器をうまく取り入れている。ロマンチック過剰な感もあるが、嫌味なく楽しめる

(下の画像のトランペットを持っているのがカトリーヌ・ドヌーヴ、その左が姉のフランソワーズ・ドルレアック、右端はジョージ・チャキリス。画像右はカトリーヌ・ドヌーヴ。ロシュメールはフランスの街の名前。ミュージカル作品)

画像出典左:French cinema worldwideロシュメールの恋人たち https://japan.unifrance.org/ (閲覧2019/3/1) 画像出典右:Deskgramカトリーヌ・ドヌーヴhttps://deskgram.net/explore/tags/ (閲覧2019/3/1)

Cアンナ・カレーニナ』(1998米 監督バーナード・ローズ 原作トルストイ)

余り面白くない。主人公の描き方が小説よりおとなしく、魅力がない

(下の画像の左に主人公アンナ・カレーニナ役のソフィー・マルソー)

画像出典:「観たい」にこたえるシネマNAVIアンナ・カレーニナhttps://www.cinemanavi.com/film_detail/film (閲覧2019/3/1)

B↓『悪魔のしたたり』(1974製作米 監督ジョエル・M・リード原題;BLOODSUCKING FREAKS直訳:吸血狂信者

天地茂の明智シリーズの雰囲気に似ている。(音楽)ストーリがひたすらくるっていて気分が悪くなる。ラストで、ザマドゥーと女3人が死ぬのは、予想通りだが、安心した

画像出典:アマゾン;DVD外国映画ホラー『悪魔のしたたり』表紙

以上。F.Iでした。

コメント

横浜映画サークルでは会員を募集しています。

2019-01-31 15:09:52 | メンバーの投稿

横浜映画サークルでは会員を募集しています。興味のある方は、左の枠の欄の「カテゴリー」の『会員募集』をクリックして入って表題『横浜映画サークルの紹介と入会希望者窓口』をご覧ください。

コメント

横浜シネマ倶楽部自主上映『孤獨の人』観てきました、現天皇学生時代の様子が分かる青春映画

2018-12-27 08:20:00 | メンバーの投稿

2018年12月24日に横浜キネマ倶楽部自主上映『孤獨の人』(1957日本、監督西河克己)を観てきました。舞台は戦後約10年の皇太子(現天皇)が学んだ学習院高等科3年のクラス。敬称は略しています。皇太子の通学はオートバイの先導車付きの黒塗り高級車で、常に隣に侍従が乗っている。侍従は皇太子の行くところすべてを把握し、アドバイスをする。皇太子の取巻き学友として学習院中等科からのいわば貴族系(旧伯爵など)学友と高等科から入いったいわば新興企業成金系の学友が、いがみ合っている。学習院の内部は他の大学と同様にいじめや喫煙などが横行していた。下の画像は右から3人目に貴族系学友の京極がいる。その左に成金系役津川雅彦、右から2人目に成金系役小林旭当時17歳がいる。小林旭は皇太子に自由がなく、思いを寄せる女子学生と会うこともできないことをかわいそうと思い、何とかしようと、女子学生と会う機会を作ろうとするが情報が洩れ、宮内庁からの圧力で失敗。侍従から離れ、自由に街中を歩くことを計画し実行、これは成功する。学友3人と皇太子が山手線の電車に乗り、銀座を自由に歩き、喫茶店にも入る。この場面は日本版ローマの休日』とも言われた。

画像出典:映画のすべてを記録する白鳥あかねスクリプター人生http://www.laputa-jp.com/laputa/program/shiratoriakane/sakuhin1.html (閲覧2018/12/26)

映画の後に映画評論家高橋俊夫の講演があり、来場者との質疑を含め、撮影背景などが分かり味わい深い作品になりましたので、その話も交えて以下感想を述べます。

原作は当時学友だった藤島泰輔、事実に基づく。撮影協力は学習院高等科4年演劇部だった三谷礼二が行った。三谷は芸名を秋津礼二として学友の舟山役で出演している。撮影中に三谷礼二の自宅が右翼に取り囲まれ、監督河西の自宅にピストルの弾が送られてくるなどで、学習院学長は三谷に撮影協力を止めるように言い、止めなければ退学と迫った。三谷は撮影を続け、退学。三谷は退学後日活に入り『幕末太陽伝』などに出演後宣伝部に移り『キューポラのある街』の宣伝を担当し、その後海外演劇を経てオペラ演出家になり「お蝶夫人」を手掛けた。京極役の青山恭二はこの後日活アクション映画に出演したが直ぐに映画界を去り、奄美大島の漁師の生活に入った。小林旭は2年後に渡り鳥シリーズで日活アクションスターになる。小林旭は現在も健在で80歳になり、今年の12月にも横浜で講演をして、『孤獨の人』の銀座撮影では、自然に振舞っていたせいか周囲の人は撮影に気がつかない人が多かったと話したそうです。津川雅彦はご存知の通り、今年亡くなった。皇太子役は公募で、この作品だけ。皇太子はほとんど白い手袋を映すだけで、顔が出るのは終盤のわずか。

撮影場所は、学習院正門とグラウンドは使ったが内部は使えず、内部は武蔵大学とのこと。

感想:現天皇が来年退位された後、銀座を自由に歩かれた時の思い出をお聞きしたいと思いました。 

横浜シネマ倶楽部自主上映次回作喜劇大風呂敷』2019,3月2日(土)13:00~。講演:娯楽映画研究家.佐藤利明。15:00~16:00。場所:横浜市南公会堂(南区総合庁舎内)。「桂歌丸さん追悼上映」作品とのこと。桂歌丸は上映会場がある南区で育ったハマッコ。前売り1000円、当日1300円。南公会堂は定員500人と大きいので当日でも入場可。皆さん、宜しければ足を運んではいかがでしょう。

以上、S.Tでした。

コメント (2)

『走れ!T校バスケット部』実話の青春映画

2018-11-24 13:23:59 | メンバーの投稿

走れ!T校バスケット部』(2018日本、監督古澤健):弱小バスケチームにいじめに会い強豪校から転校してきた1年生が加わり、全国大会を目指すように変わっていく、実話に基づく青春映画。最後にメンバーが卒業してそれぞれの人生がテロップで出てくるシーンが、実話であるだけに印象的でした。

(下の画像はT校バスケット部員たち、中央に主人公転校生役の志尊淳(しそんじゅん)がいる。その左がマネージャー役の早見あかり)

画像出典:志尊淳、バスケのユニフォーム姿で登壇!映画『走れ!T校バスケット部』キックオフミーティングhttps://www.msn.com/ja-jp/news/entertainment (閲覧2018/11/24)

以上Y.Sでした。

コメント