横浜映画サークル

サークルメンバーの交流ブログです。

メンバーの鑑賞感想や映画情報など気軽に記述しています。

ジュラシック・ワールド/炎の王国:期待通り。恐竜がリアルでハラハラドキドキです

2018-08-14 21:56:24 | メンバーの投稿

ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018米国、監督J・A・バヨナ、製作総指揮スティーヴン・スピルバーグとコリン・トレヴォロウ 原題Jurassic World: Fallen Kingdom)

前作『ジェラシック・ワールド』(2015)の続編。前作では離れ島に恐竜動物園のような施設を作ったが、恐竜が檻から逃げだし、施設を放棄するまでの話でした。今作のストーリ:施設が放棄され、恐竜が島の中で自由になってから3年後のこと。前作では施設の電力は地熱発電を利用していたので、火山島であることを示唆していたが、今回はその火山が噴火し始める。噴火が激しくなる前に恐竜を救出するプロジェクトが動き出す。下の画像左は、火山が噴火し始めた恐竜の島。噴火の迫力はすごい。画像中は逃げる恐竜ティラノサウルス=Tレックス、背景は噴火している火山。画像右は恐竜の捕獲しようとする人が恐竜と対峙している場面。

画像出典左:The New Jurassic World: Fallen Kingdom Trailer is Here!http://www.comingsoon.net/movies/trailers/937353-new-jurassic-world-fallen-kingdom-trailer (閲覧2018/8/13)画像出典中: 【ネタバレ】映画ジュラシック・ワールド 炎の王国 あらすじと結末と感想 ブルーの赤ちゃん時代かわいいhttps://watchtvprogram.blog.fc2.com/blog-entry-944.html (閲覧2018/8/13)画像出典右:文翼電影光譜:侏羅紀世界-新舊風味http://victorstarmovies.blogspot.com/2015/07/blog-post_4.html (閲覧2018/8/13)

下の画像左は恐竜ラプトルと対峙する主人公左手前。画像右は逃げ回る恐竜たち。背後に噴火の勢いが迫る。

画像出典左:Polygon:Dinosaurs aren’t the biggest problem in Jurassic World: Fallen Kingdom’s final trailerhttps://www.polygon.com/2018/4/18/17252320/jurassic-world-fallen-kingdom-trailer (閲覧2018/8/13)画像出典左:モヤシネマ【ネタバレ無し】「ジュラシック・ワールド/炎の王国」のあらすじ・感想。シリーズ最高に楽しく深い作品!!https://www.moyacinema.com/entry/jurassic_world_fallen_kingdom (閲覧2018/8/13)

有名な恐竜が次々出てきて、恐竜ファンにはたまらない作りになっています。これまでのジュラシックシリーズ4作と同様にハラハラドキドキの連続で、最後まで楽しめました。恐竜を売って儲けようと金に目がくらんだ悪人たちが、恐竜をオークションにかけるところは、こんなことはマスコミがほっとくはずがないと少々現実離れしすぎていると感じましたが、そこはSF作品として目をつぶるところです。オークションがどうなるかは見てのお楽しみ。

映画の最後のエンドロールでスタッフの名前が何人出るか数えようとしたのですが、多過ぎて数え切れず途中で諦めました。1000人以上です。グラフィックエンジニアだけで100人以上の名前です。この映画は最先端技術人々の英知を結集した壮大な総合芸術と言えます。109二子玉川6000円のGエグゼシートで、IMAX3Dの立体画像、迫力サウンドで観ましたが、6000円が惜しくない作品でした。噴火の場面は特に立体映像と音響の迫力が素晴らしかった。

エンドロールの最後に数秒次回作品を暗示させる映像が出てきます。たぶん次回作はカナダの森林に逃げ込んだ恐竜がテーマになるのではないかと思われます。次回作が今から楽しみです。

下の表はジュラシックシリーズ5作の概要をまとめておきました。監督が違うと若干感じが違う作品になっているようです。すべてスピルバーグが係わっています。

ジュラシック5作品

日本公開

監督

製作総指揮

作品のポイント

ジュラシック・パーク

1993

スティーヴン・スピルバーグ

なし

琥珀に取り込まれた恐竜の血を吸った蚊から恐竜をよみがえらせる。恐竜が目の前にいるような臨場感のある映像を作り上げた歴史的記念碑作

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク

1997

スティーヴン・スピルバーグ

キャスリーン・ケネディ

恐竜を見世物にしようとした会社が恐竜の島に乗り込み捕獲を展開する

ジュラシック・パークⅢ

2001

ジョー・ジョンストン

スティーヴン・スピルバーグ

恐竜の島を空から見ようとした少年が事故で島に落ちる。少年を救出しようと両親が画策してストーリが展開

ジュラシック・ワールド

2015

コリン・トレヴォロウ

スティーヴン・スピルバーグとトーマス・タル

恐竜動物園のような施設ジュラシック・ワールドが作られ、檻から恐竜が逃げ出し、ハラハラドキドキになる

ジュラシック・ワールド/炎の王国

2018

J・A・バヨナ(フアン・アントニオ・ガルシア・バヨナ)

スティーヴン・スピルバーグとコリン・トレヴォロウ

今回の作品

以上、STでした。

コメント

横浜映画サークルでは会員を募集しています。

2018-07-21 15:30:42 | メンバーの投稿

横浜映画サークルでは会員を募集しています。興味のある方は、枠の欄の「カテゴリー」の『会員募集』をクリックして入って表題『横浜映画サークルの紹介と入会希望者窓口』をご覧ください。 

コメント

メンバーが選ぶ2018年前半に観た映画で良かった、又は印象的な作品(2/2)

2018-07-21 14:32:43 | メンバーが選ぶ良かった、又は印象的な映画

メンバーが選ぶ2018年前半に観た映画で良かった、又は印象的な作品(1/2)の続き。

Aさん

万引き家族』(2018日本 監督 是枝裕和)

かつてカンヌ映画祭で柳楽優弥(やぎらゆうや)少年が最優秀主演男優賞を受賞した『誰も知らない』(2004監督是枝裕和)の系統の映画。ドキュメンタリータッチで、セリフは少なく、現代の社会問題(万引き、貧困、犯罪、風俗、児童虐待、年金不正受給など)をふんだんに盛り込んでいる。が、大きな違いは、今回は盛り込みすぎだということ。誰が主役ということなく群像劇のようになっているのだが、その分焦点がぼけるし、一人一人の人物の掘り下げが少ない。

疑似家族のようなこの家族に愛があったか? やっぱり疑問符が付く。監督の狙いはどこにあったのか? パルムドール受賞なのだからと思って観たが、期待が大き過ぎた。今回の城少年は無言で訴えるような目がとても印象的もっと少年中心のストーリーにしても良かったのでは

(下の画像左は万引きの常習犯父親役リリー・フランキーと出かける息子役の城桧吏(じょう かいり11歳)、画像右は城のアップ画像、目が印象的な表情を出す)

画像出典左:FASHION PRESS映画『万引き家族』 是枝裕和監督が犯罪で繋がる家族を描く、リリーフランキー×安藤サクラ×松岡茉優https://www.fashion-press.net/news/36215/2 (閲覧2018/7/13)画像出典右:万引き家族の子役の城桧吏が話題だが本名?読み方や名前の意味や由来は?http://memento79.net/manbikikazokukoyaku-11011 (閲覧2018/7/13)

(下の画像左は『誰も知らない』の母親から置き去りにされた子供たち4人。左から3人目が長男の明(あきら)役の柳楽優弥(やぎらゆうや)。学校に通うことを許されず、明以外は外に出てはいけないという母の命令を守っていた。画像右は柳楽当時14歳。電気・ガス・水を止められ困難な生活でシャツはボロボロになっている)

画像出典左右とも:映画「誰も知らない」レビュー。ネグレクト(育児放棄)の闇と子育てについて考える。http://jiik.jp/articles/YSxXr(閲覧2018/7/13)

にっぽん昆虫記』(1963日本 監督 今村昌平)

旅先のフランスの名画座のようなところで偶然に観た映画。この映画のことは知らなかったのだが、今村監督のベストワンとも言われているらしい。

大正7年から昭和半ばにかけて、東北の貧農に生まれた一人の女性の生き様を描く。地主にお金のために三男との足入れ婚(試し婚のようなもの)を強要され、娘を産み、やがて働きに出た東京で売春宿の女中から成り上がり、組織の元締めとなっていく。今村監督はそのエネルギッシュな生と性を昆虫の生命力に例えて観測日記のように描いた。主演の左幸子は、ベルリン映画祭で日本人初の主演女優賞を受賞している。

二時間あまりの映画で、よく一人の女性の数奇な半生を描き切ったものだと感心した。貧困や裏切りや近親相姦や犯罪など、ともすれば暗くなりがちなところを、今村監督はテンポの良さと淡々とした語り口でぐいぐいと引っ張るように見せていく。主人公はどん底に落ちそうでもどこかユーモラスなので救われる。出会った男たちを踏み台にしてのし上がっていくのだが、最後まで純粋な愛を交わしたのは、血のつながらない少し頭の弱い父親だけだった。そのことが悲しくも美しく心に残る。体当たりで演じた左幸子の演技が秀逸である。

(下の画像は主人公を体当たりで演じた左幸子)

画像出典:福岡市総合図書館映像ホールシネラhttp://www.cinela.com/schedule/139html/nikkatsu2.htm (閲覧2018/7/13)

 

Mさん

ウィル・ペニー』(1968米国 監督トム・グライス 原題:Will Penny)

 老練なカウボーイ、ウィル・ペニーが、カリフォルニアをめざして旅をしている女性カザリンと知り合う。ならず者の一団と争ってケガをしたウィルを、カザリンは手厚く看護するうち、ほのかな愛情をおぼえていく。だが50歳になるウィルには、カザリンと一緒に暮らすことを希望することはできなかった……。

主演はチャールトン・ヘストン、名作「猿の惑星」と同じ年に公開。カウボーイの生活が淡々と描かれ、派手なアクションはないが面白く観れました

(下の画像左は主人公ウィル・ペニーを演じるチャールトン・ヘストン。カウボーイは牛の世話請負人で牧場の雑用や遊牧民のように牧草を求めて移動することも請負う。主な舞台は冬には雪が降る牧場。画像中は優しく知的な女性カザリン。画像右は銃を構えるカザリン、後ろに息子がいる)

画像出典左と中:もうオレは50歳だ。家庭なんて持てない------It's too late for me ------「ウィル・ペニー」http://motolovelyboy.hatenadiary.com/entry/2015/05/11/110154 (閲覧2018/7/21)画像出典右:ウィル・ペニー アメリカ(昭和42年:1967)http://kakitubata.hanagasumi.net/kaigaieiga/willPenny/willPenny.html (閲覧2018/7/21)

グレイテスト・ショーマン』(2018米国 監督マイケル・グレイシー 原題:The Greatest Showman)

公開時には自分も恥ずかしながら舞台でミュージカルの稽古中。テーマも「みんな違っていい」。タイムリーでした。公開された撮影風景も拝見しましたが見事なチームワークでした。ブルーレイの発売日には早速、購入しました。

(下の画像左はアメリカで1800年代に見世物ショーなどの実在した興行師PTバーナム役ヒュー・ジャックマン。画像中左は1800年代に実際に出演していたタイ出身の結合双生児のチャン兄弟、一つの肝臓を共有していた。チャン兄弟は生涯結合したまま64歳まで人生を全うした。画像中右は出演していた3本足のレンティーニ。レンティーニは、結合双生児の変形と考えられている。画像右は出演していたひげ女性アニー・ジョーンズ。女性でありながら濃い口髭がある。映画ではひげ女性役のキアラ・セトルが次のように歌う『心の誇りは失わない。居場所はきっとあるはず。輝く私たちのために。言葉の刃で傷つけるなら、洪水を起こして溺れさせる。勇気もある、傷もある、ありのままでいる。これが私。気を付けろ、私が行く。自分で叩くドラムが伴奏。見られても怖くない、謝る必要もない。これが私。心の弾を受け続けた、でも撃ち返す。今日は恥も跳ね返す』)

画像出典左:久しぶりの映画鑑賞!グレイテストショーマンを観たhttp://littleboo.babymilk.jp/me/moved/greatest-showman/ (閲覧2018/7/21)画像出典中左:ウイキペディア『チャン&エン・ブンカー兄弟』(閲覧2018/7/21)画像出典中右:ウイキペディア『フランク・レンティーニ』(閲覧2018/7/21)画像出典右:ウイキペディア『髭女』(閲覧2018/7/21)

焼肉ドラゴン』(2018日本 監督 鄭義信)

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む一家の話。今だに残っている韓国、北朝鮮そして日本の問題。舞台の映画化だそうで雰囲気がわかります。三姉妹の一人、井上真央さんの今までにない大人の演技には感心しました。題材が題材だけに興行的に苦戦しているのが残念です。

(下の画像は一家が勢ぞろいの記念写真。右端に日本軍人として出兵して左腕を失って「焼肉ドラゴン」を始めた父親がいる。左端に母親。母親の二人の連子を中央手前右の井上真央とその後ろの真木よう子が演じる。父親の連子は左端の母親の後ろの桜庭ななみが演じた。井上真央の恋人役に中央手前大泉洋。井上真央は、私は「頭の先からつま先まで韓国人」と話す。中学へ行った長男右から二番目は激しいいじめに会う)

画像出典:焼肉ドラゴンhttps://formerly.jp/442 (閲覧2018/7/21)

 

F.Mさん

よかった映画✳︎『空飛ぶタイヤ』(2018日本 監督本木克英)

池井戸潤氏原作なのと、実際に有った話をモチーフにした点とで、とても興味深く見ました。

我が家でも仕事上、過去その会社のトラック🚚を長年使用してまして・・幸い何事も無かったのですが、そんな事が有ったのか・・と改めて驚き、この映画のお陰で知れてよかったと思いました。

(下の画像は原作者の池井戸潤1963年6月生まれ55歳。三菱銀行に約8年務め、退職して執筆活動へ。銀行の内幕を描く『半沢直樹シリーズ』、中小企業と大企業の技術者の葛藤を描いた『下町ロケット』など。『空飛ぶタイヤ』も池井戸潤が追及する中小企業と大企業のはざまを描く作品)

画像出典:AERA「半沢直樹」原作者「半沢の真似はしない方がいい」https://dot.asahi.com/aera/2013082700007.html (閲覧2018/7/21)

✳︎『万引き家族』(2018日本 監督 是枝裕和)

その時、親の虐待で幼い少女が殺された事件の報道が盛んにされていた時期でも有り、その点だけでも印象に残る映画になりました。安藤サクラさんがとてもよかった❣️と実際に子育て・孫育てに奮闘してる友人の言葉に、深く頷きました❗️

(下の画像は体に傷のある少女左を洗ってあげている安藤サクラ)

画像出典:是枝裕和監督最新作『万引き家族』予告編https://www.youtube.com/watch?v=Vb-a4bmdtOM (閲覧2018/7/21)

✳︎『64-ロクヨン-前・後編』(2016日本 監督 瀬々敬久)

横山秀夫氏原作は、改めて面白いと‼️豪華キャストの映画版よりも、ピエール瀧主演のテレビ版の方が、よかったと思いました。

(わずか7日だけであった昭和64年に起こった少女誘拐事件。下の画像左は主人公県警広報官役の佐藤浩市。画像右はテレビ版で同じ広報官役のピエール瀧)

画像出典左と右とも:Cinema-Fan 64-ロクヨン-映画とドラマ比較してみる(キャスト・ロケ地)http://www.cinema-fan.xyz/entry/2016/04/30/64- (閲覧2018/7/21)

 

H.Eさん

モリのいる場所』(2017日本 監督 沖田修一)

 30年にわたり庭の生きものを観察して描き続けた画家・熊谷守一(くまがいもりかず、通称モリ)をモデルに晩年の夏の一日を描いた作品。モリの山崎務、妻の樹木希林のかけ合いは絶妙。この映画を観るまで熊谷守一という画家を知らなかったので、もっと知りたくなった

(下の画像左は画家モリ役の山崎努と妻秀子役の樹木希林。画像中は囲碁を行っている実際のモリ夫妻。映画でもこの場面がある。画像右は小鳥を手に載せている実際のモリ)

画像出典左:シネ・リーブル池袋上映作品森のいる場所https://ttcg.jp/cinelibre_ikebukuro/movie/0443400.html(閲覧2018/7/29)(閲覧2018/7/29)画像出典右と右:アトリエの画家(7) いい夫婦・・・熊谷守一記事をクリップするhttps://blogs.yahoo.co.jp/atoriemimiran/36488417.html(閲覧2018/7/29)画像出典中:アトリエの画家(7)熊谷守一https://blogs.yahoo.co.jp/atoriemimiran/36522733.html (閲覧2018/7/29)

(下の画像左はモリの若い1918年38歳の時に描いた妻秀子の肖像画『某夫人像』。モリ役の山崎努はモリの作品展を観て「始めの頃の作品は油絵で何度も塗り重ねているが、特に晩年の画は、シンプルな、印象としては、サーと1回だけで塗っているという感じですよね。そういうところがね、僕は、ちょっとこれはこじつけかもしれないけども、演技に似ているような気がする。演技と言うのは1回ですからね。シンプルな勢いのある絵は良いんじゃないかな。引かれるところですね」とNHKの番組で述べている。下の画像中モリ85歳1965年の作品『猫』、画像右は91歳1971年の作品『赤蟻』。モリは87歳の時に文化勲章が内定したが「お国のためには何もしていないから」と辞退した。モリは「私は生きていることが好きだから、ほかの生きものもみんな好きです」と話す)

画像出典左:CINRA.NET『没後40年熊谷守一 生きるよろこび』『某夫人像』1918年38歳 豊島区立熊谷守一美術館https://www.cinra.net/event/gallery/138211/4 (閲覧2018/7/29)画像出典中:熊谷守一「生きるよろこび」展https://note.mu/yusukefujita/n/n8215a5369eb5 (閲覧2018/7/29)画像出典右:〇サンブログ熊谷守一展https://blog.goo.ne.jp/akmaru_2005/e/c1b92d8d7bf6590a9f514cda780158f8 (閲覧2018/7/29)

万引き家族』(2018日本 監督 是枝裕和)

ラスト女の子が、ベランダにひとりいるシーン、目黒の女児虐待と時期が近かった事もあり、何とも言葉がなかった。(下の画像の左の女の子が虐待を受けていたと思われ、傷が体にあった)

画像出典:『万引き家族』出演の11歳。城桧吏は、日本映画の救世主!?https://movie.smt.docomo.ne.jp/article/1137386/ (閲覧2018/7/30)

以上です。

コメント

メンバーが選ぶ2018年前半に観た映画で良かった、又は印象的な作品(1/2)

2018-07-11 21:07:38 | メンバーが選ぶ良かった、又は印象的な映画

メンバーからメールで頂いた2018年前半に観た映画で良かった、又は印象的な作品は次の通りです。作品西暦は日本公開年度です。メンバーが2018年前半に観たもので公開年度や劇場で観たかに拘っていません。TVやレンタルBDなどを含めて選んでいます。

Nさん

 まず、印象に残った作品として『万引き家族』(2018日本 監督 是枝裕和 英題:Shoplifters)です。

 なんと言っても男の子と女の子の子役の存在感が圧巻でした。

 一番印象に残ったところは、刑事に「母親になりたかったのか?」と尋問された安藤サクラが正面カメラアップのまま、表情がだんだん歪んでいく顔です。このシーンが長くて、その長いカット時間で私はこれまで子どもたちに愛情たっぷり注ぐ慈愛ある女性と見ていたのですが、次第に安藤サクラの表情の変化と共に、これは子どもを万引きした?…いや~誘拐ではないか!と我に返った感覚が起こりました。

6人それぞれにそれぞれの思い巡らせられる作品でした。

(下の画像左は近所の団地の陰で震えていた女の子を見かねて連れて帰り真ん中に寝せている。女の子の体に虐待らしき傷があった。右にリリー・フランキー、左に安藤サクラ。画像右は家族全員6人。左端に母親役の安藤サクラ、その右は連れ帰り6番目の家族となった女の子。中央の父親役リリー・フランキーに抱えられているのは父から万引きのコツを教えられる息子。右端におばあちゃん役の樹木希林がいる)

画像出典左右とも:是枝裕和『万引き家族』予告編 リリー、安藤サクラらの「許されない絆」https://www.cinra.net/news/20180418-manbikikazoku (閲覧2018/7/9)

次は楽しめた作品の『帝一の國』(2017日本 監督 永井聡)です。管田将暉他出演。今年TV地上波で見ました。

ストーリーは超名門男子高校の生徒会長選挙をめぐる戦闘コメディです。感想は、どこかの総裁選を彷彿させてとにかく笑い100%で、面白かったです。

(下の画像は生徒会長選挙を争う関係図。イケメン勢ぞろいであの手この手の選挙戦。いずれも20代最高29歳で高校生役を頑張っている。顔写真の右に原作マンガの顔、映画では髪形など原作のイメージを大事にしている。主人公帝一の父親の経産省官僚役に吉田鋼太郎がいる)

画像出典:菅田将暉主演「帝一の國」17年4月29日公開!野村周平、竹内涼真らイケメン俳優ずらり勢ぞろいhttps://eiga.com/news/20161116/2/1/02/ (閲覧2018/7/9)

 

Uさん  

1)『タクシー運転手 約束は海を超えて』(2017韓国 監督チャン・フン 英語題名A Taxi Driver)

この作品は1980年5月18日から27日にかけて韓国光州市を中心として起きた民衆の反政府蜂起デモに対して、当時実権を握っていた軍が市民を敵とみなし銃弾を浴びせ弾圧した光州事件を描いています。映画は、ソウルで1人娘と平凡な毎日を送っていたタクシー運転手と、光州での事件の真実を取材しようとするドイツ人記者を中心に、彼らを取り巻く平凡な市民や学生に起きた悲劇を描いたものです。当時の韓国は全斗煥の軍事政権下でしたが、野党指導者の金泳三や金大中が逮捕されたのをきっかけに、金大中の地元である光州市の民衆が蜂起したのでした。しかし、軍事政権は光州市に通じる道路を閉鎖し、外部への情報統制を敷いて、光州では学生を中心とした暴徒が騒いでおり兵士らが犠牲になっていると、テレビなどで嘘の報道していたのでした。

ドイツ人記者ピーターは真実を知ろうと、言論統制の敷かれた光州に取材に行くために、英語もろくに話せないタクシー運転手マンソプを高額のチップで雇い、検問を通り抜けて光州市に入るのでした。彼らは実際に目撃した光州市内の現実は、無防備の市民を兵士が銃撃している光景であり、市内の病院には犠牲になった若者らがいっぱいの有様でした。

映画は、平凡なタクシー運転手マンソプが学生や親切なタクシー運転手と出会い、真実に目覚めていく姿を通して、光州事件の真実を再認識させてくれるのでした。

韓国では1200万人突破の記録的大ヒットとなっています。韓国の人口が5200万人であるので、なんと4人に1人が見たことになります。このようなタイプの映画が大ヒットするのは日本では考えられないことです。韓国の市民パワーも感じさせられました。

(下の画像左は主人公のタクシー運転手、高額を提示されて喜んでソウルから光州市へ向かう。画像中はタクシーの依頼者ドイツ人記者。画像右は実際の光州市民のデモ)

画像出典左と中:タクシー運転手 約束は海を超えてhttps://twitter.com/taxidriver0421 (閲覧2018/7/7)画像出典右:4033号光州事件http://s.webry.info/sp/hotcroqmaster.at.webry.info/201805/article_14.html (閲覧2018/7/7)

2)『空飛ぶタイヤ』(2018日本 監督本木克英)

 実際にあったM自動車のリコール隠しをモデルにした池井戸潤の小説「空飛ぶタイヤ」はテレビでも放送されていたが、今回初めて映画化されたものです。運送会社のトラックから1トン以上もあるタイヤが外れ、歩道を子供と歩いていた主婦が亡くなった。トラックは大企業グループのホープ自動車であり、原因は整備不良であるとの結論が警察に届けられた。しかし、自社の整備員を信じる運送会社の赤松社長は自ら調査を行い、原因が整備不良ではなく、トラックの部品そのものにあることを突き止め、大企業によるリコール隠しが行われていた現実を知るのでした。

 映画では、赤松社長が従業員や家族の生活を守りながら、真実を知ろうと奮闘する姿がテンポよく描かれていました。ただし、2時間という短い時間内では描ききれないものも多く(ホープ自動車内部でのやり取り、内部告発者の葛藤、報道機関の問題点など)、その点が残念でした。

(下の画像左は三菱ふそうトレーラー。事故の車種とは異なります。事故は2002年横浜市瀬谷区の中原街道でおき、トレーラーの左前方のタイヤが外れた。画像右は映画での整備不良の責任を負わされた運送会社メンバー。左端の茶パツヘアーは自動車整備士役の阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.)、左から2人目は運送会社社長赤松役の長瀬智也、左から3人目は専務役笹野高史、右端は整備課長役六角精児)

画像出典左:三菱ふそう トレーラー 平成17年式 KL-FV50LHRhttp://www.aritou-shouten.co.jp/modules/truck/index.php?action=DataView&data_id=20136 (閲覧2018/7/7)画像出典右:映画ナタリー 長瀬智也「空飛ぶタイヤ」サザンの主題歌フィーチャーした特別予告が劇場で上映https://natalie.mu/eiga/news/280687 (閲覧2018/7/7)

3)『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(2018米国 監督ジェイク・カスダン 原題:Jumanji: Welcome to the Jungle)

 1995年に映画化されていますが、今回の映画はCGによる迫力が大幅に加わって、映像は前作をしのぐ面白さがありました。前作はゲーム盤を置いたメンバーの家や街が舞台だったのですが、今回はメンバーがそれぞれのキャラクターになりきって、テレビゲーム(ジャングル)の中に入ってしまうのが時代の経過を感じさせられて面白かったです。

 ゲームの主人公になった4人がそれぞれの能力を出し、助けあってゲームをクリアしていくのはゲームをやらない私にも楽しめた映画でした

(下の画像左はすべての始まりになるゲームボードJUMANJI、これが題名。画像中は校長から掃除を言い渡された高校生4人が掃除をさぼってJUMANJIのゲームを始めた場面。4人はJUMANJIの魔法の力によりゲームの人になってジャングルの世界へ吸い込まれる。画像右は年齢や性別などが変わってゲームの中の人になってしまった高校生4人)

画像出典左中右とも:我想一個人映画美的女人blogジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル/JUMANJI WELCOME TO THE JUNGLE https://blog.goo.ne.jp/some-like-it-hot/e/e10f3ab242059b5b44b01b4482bfb4e0 (閲覧2018/7/8)

 

STさん

ベスト作品は『リメンバー・ミー』(2018米国、監督リー・アンクリッチ 原題:Coco)

映画の中で、人は2回死ぬ。1回目はこの世で死んで、あの世で生きている。2回目はあの世から姿を消した時に、本当の死を迎える。あの世から姿を消す2回目の死は、この世で1回目に死んだ人をこの世の人が誰も思い出さなくなった時に生じる。下の画像左はあの世で歌う主人公のミゲル少年中央。中央の大きな帽子をかぶった人をミゲルは大叔父さん(ミゲルはひ孫)と思い込んでいる。画像右はこの世でのミゲル少年とミゲルのおばあさんのココ(Coco)。原題のCocoはこのおばあさんの名前。思った以上に内容が深く、思わぬ展開で感動的。映画本編が終わって最後のスタッフなどの名前が出てくる途中でテロップが出てくる「時を超えて、私たちを支えてくれた人々をけして忘れない」という内容。映画は本編が終わってもすぐ帰らない方がいい。このテロップを見落とすと、この映画の重要なメッセージを見落とすことになる。題名の意味がこのテロップからもわかります。また頑張ろうかなと思わせてくれる、生きる力を与えてくれるようなとても爽快な作品でした。

画像出典左:アカデミー賞「主題歌賞」受賞!映画『リメンバー・ミー』より橋本さとしが歌う本編シーン公開https://entertainmentstation.jp/news/189057 (閲覧2018/7/4)画像出典右:#ママココ photos & videos https://www.imgrumweb.com/hashtag (閲覧2018/7/4)

 2番目は火垂の墓(1988日本、監督高畑勲)ストーリー:太平洋戦争中に兄妹が必死に生きていく姿を描く。下の画像左は防空壕に住んで4歳の妹の面倒を見ている主人公14歳の清太。画像中左は清太に甘える妹。画像中右は元気な時の妹節子。画像右は食べるものがなく、栄養失調でやつれていく節子にあめのドロップをなめさせる場面。この後節子が死亡して、主人公は海の砂浜で一人で節子を火葬にして小さな骨をドロップの缶に入れる。あまりに悲しい作品なので、後半はつらくて直視していられないくらい。いつまでも心に残る名作

原作との違い:最も大事な最後のホタルの場面が違う。原作の最後は、ずいぶん前に読んだので多少記憶違いがあるかもしれないが、およそ次のような場面。鉄道線路際の古くなった枕木を立てて鉄条網を付けた防護壁のところに主人公14歳の少年清太は足を前に出し腰を下ろしてしゃがみ、いよいよ死に近づいて水のような下痢便を出しながら意識が遠くなっていき体が前かがみになった時に、ドロップの缶が手から落ちて転がり、缶の中に入っていた少年が火葬にした4歳の妹の白い小さな骨が転がり出て草むらの中に入っていった。そのとき草むらからホタルがぱっと飛び立った。妹の墓はそのホタルが舞った草むらであった。これが原作の題名「火垂の墓」。映画には原作の最も大事なこの場面がない。それでも映画は、少年清太の姿を生き生きと描いている。原作者の野坂昭如は、自分の少年時代の体験を基にした、主人公清太が野坂で、食べ物がなく衰弱してほぼ死の状態になったことや自分の妹が亡くなって一人で火葬しドロップ缶に骨を入れたことなどは、ほとんど実際のとおりと話していた。

画像出典左:高畑勲『火垂るの墓』を読み解く3つのポイントhttps://cinema.ne.jp/recommend/hotaru2018041317/ (閲覧2018/7/5)画像出典中左:「火垂るの墓」実話だった!?裏話が残念すぎるhttps://ghibli-animetoshidensetu.net (閲覧2018/7/5)画像出典中右:アマゾン火垂るの墓 Soundtrackhttps://www.amazon.co.jp (閲覧2018/7/5)画像出典右:火垂るの墓 ドロップやないhttps://www.youtube.com/watch?v=6mdYPBIuhJY&list=PLXU8ndW4uX06ohJ-2ptR0wluvgY98_fME (閲覧2018/7/5)

3番目はザ・サンド(2015米国 監督アイザック・ガバエフ 原題:The Sand)

未知の生物のSFサスペンスもの。ストーリー:真夏の海辺の砂浜に突然生き物を溶かし込む細菌のような未知の微生物が現れる。下の画像左は砂浜に倒れ顔を砂に付けたとたん微生物に溶かし込まれていくサーファー。砂の上に舞い降りた鳥も砂の中に溶かし込まれる。画像右は昨夜どんちゃん騒ぎをしていた学生たち。昨夜人食い砂に溶け込まれていく人を見てドラム缶に逃げ込んだ学生。ドラム缶の外に出られない。ドラム缶の学生は、朝起きて海小屋から降りてきてタラップのところにいる二人に砂に足をつけるな、と叫ぶ。左の車で夜を過ごした学生も起きてくるが、ドラム缶の男は砂に出るなと叫ぶ。感想発想の面白さがいい。海小屋は小さなもので近くに人はいない。さてどうなるか、見てのお楽しみ。残虐場面はあまりなく、楽しめる。

画像出典左右:더 샌드> 머리가 나쁘면 몸이 고생http://blog.naver.com/PostView.nhn?blogId=cradmaser342&logNo=220793603938 (閲覧2018/7/6)

メンバーが選ぶ2018年前半に観た映画で良かった、又は印象的な作品(2/2)へ続く

コメント

映サ会員が参加する『サンハート演劇ワークショップ2018』の公演があります

2018-06-30 10:52:41 | メンバーの投稿

映サ会員が参加する『サンハート演劇ワークショップ2018』の公演が下のパンフのとおり行われます。7月16日(月)祝日海の日、15:00に開演。場所は二俣川駅(相鉄線)徒歩2分旭区民文化センター、サンハートホールです。宜しければ足を運んでみてください。事前に電話かサンハートの受付で整理券を申し込む。詳細はパンフ又は,次のリンクを参照

http://www.sunheart.info/event/サンハート演劇ライブ2018.html

 

以上です。

 

コメント