横浜映画サークル

サークルメンバーの交流ブログです。

メンバーの鑑賞感想や映画情報など気軽に記述しています。

横浜シネマ倶楽部自主上映『孤獨の人』観てきました、現天皇学生時代の様子が分かる青春映画

2018-12-27 08:20:00 | メンバーの投稿

2018年12月24日に横浜キネマ倶楽部自主上映『孤獨の人』(1957日本、監督西河克己)を観てきました。舞台は戦後約10年の皇太子(現天皇)が学んだ学習院高等科3年のクラス。敬称は略しています。皇太子の通学はオートバイの先導車付きの黒塗り高級車で、常に隣に侍従が乗っている。侍従は皇太子の行くところすべてを把握し、アドバイスをする。皇太子の取巻き学友として学習院中等科からのいわば貴族系(旧伯爵など)学友と高等科から入いったいわば新興企業成金系の学友が、いがみ合っている。学習院の内部は他の大学と同様にいじめや喫煙などが横行していた。下の画像は右から3人目に貴族系学友の京極がいる。その左に成金系役津川雅彦、右から2人目に成金系役小林旭当時17歳がいる。小林旭は皇太子に自由がなく、思いを寄せる女子学生と会うこともできないことをかわいそうと思い、何とかしようと、女子学生と会う機会を作ろうとするが情報が洩れ、宮内庁からの圧力で失敗。侍従から離れ、自由に街中を歩くことを計画し実行、これは成功する。学友3人と皇太子が山手線の電車に乗り、銀座を自由に歩き、喫茶店にも入る。この場面は日本版ローマの休日』とも言われた。

画像出典:映画のすべてを記録する白鳥あかねスクリプター人生http://www.laputa-jp.com/laputa/program/shiratoriakane/sakuhin1.html (閲覧2018/12/26)

映画の後に映画評論家高橋俊夫の講演があり、来場者との質疑を含め、撮影背景などが分かり味わい深い作品になりましたので、その話も交えて以下感想を述べます。

原作は当時学友だった藤島泰輔、事実に基づく。撮影協力は学習院高等科4年演劇部だった三谷礼二が行った。三谷は芸名を秋津礼二として学友の舟山役で出演している。撮影中に三谷礼二の自宅が右翼に取り囲まれ、監督河西の自宅にピストルの弾が送られてくるなどで、学習院学長は三谷に撮影協力を止めるように言い、止めなければ退学と迫った。三谷は撮影を続け、退学。三谷は退学後日活に入り『幕末太陽伝』などに出演後宣伝部に移り『キューポラのある街』の宣伝を担当し、その後海外演劇を経てオペラ演出家になり「お蝶夫人」を手掛けた。京極役の青山恭二はこの後日活アクション映画に出演したが直ぐに映画界を去り、奄美大島の漁師の生活に入った。小林旭は2年後に渡り鳥シリーズで日活アクションスターになる。小林旭は現在も健在で80歳になり、今年の12月にも横浜で講演をして、『孤獨の人』の銀座撮影では、自然に振舞っていたせいか周囲の人は撮影に気がつかない人が多かったと話したそうです。津川雅彦はご存知の通り、今年亡くなった。皇太子役は公募で、この作品だけ。皇太子はほとんど白い手袋を映すだけで、顔が出るのは終盤のわずか。

撮影場所は、学習院正門とグラウンドは使ったが内部は使えず、内部は武蔵大学とのこと。

感想:現天皇が来年退位された後、銀座を自由に歩かれた時の思い出をお聞きしたいと思いました。 

横浜シネマ倶楽部自主上映次回作喜劇大風呂敷』2019,3月2日(土)13:00~。講演:娯楽映画研究家.佐藤利明。15:00~16:00。場所:横浜市南公会堂(南区総合庁舎内)。「桂歌丸さん追悼上映」作品とのこと。桂歌丸は上映会場がある南区で育ったハマッコ。前売り1000円、当日1300円。南公会堂は定員500人と大きいので当日でも入場可。皆さん、宜しければ足を運んではいかがでしょう。

以上、S.Tでした。

コメント (2)

『走れ!T校バスケット部』実話の青春映画

2018-11-24 13:23:59 | メンバーの投稿

走れ!T校バスケット部』(2018日本、監督古澤健):弱小バスケチームにいじめに会い強豪校から転校してきた1年生が加わり、全国大会を目指すように変わっていく、実話に基づく青春映画。最後にメンバーが卒業してそれぞれの人生がテロップで出てくるシーンが、実話であるだけに印象的でした。

(下の画像はT校バスケット部員たち、中央に主人公転校生役の志尊淳(しそんじゅん)がいる。その左がマネージャー役の早見あかり)

画像出典:志尊淳、バスケのユニフォーム姿で登壇!映画『走れ!T校バスケット部』キックオフミーティングhttps://www.msn.com/ja-jp/news/entertainment (閲覧2018/11/24)

以上Y.Sでした。

コメント

『日日是好日』俳優樹木希林の人生を味わう

2018-11-24 13:16:01 | メンバーの投稿

日日是好日』(2018日本、監督大森立嗣):樹木希林が最後の出演映画なので、映画より樹木希林を見に行ったようなものです。映画のストーリを味わうのもいいのですが、俳優自身の人生として味わうこともできるように思います樹木希林さんはがんが全身に回っているのにこんな演技をしている、と観ていました。また、以前お茶をやっていたので、お茶の世界をなつかしく見ました。お茶のわびさびと主人公の人生の係わりがないようで、少し物足りなさがあります

(下の画像の右に茶道教室の先生役樹木希林、左に生徒役の黒木華。『日日是好日』(にちにちこれこうじつ)はウィキペディアによれば「文字通りには『毎日毎日が素晴らしい』という意味」ですが、禅語の一つで「毎日が良い日となるよう努めるべきだと述べている」「そもそも日々について良し悪しを考え一喜一憂することが誤りであり常に今この時が大切」「あるがままを良しとして受け入れる」などの解釈があるとのことです)

画像出典:(C)2018「日日是好日」政策委員会:樹木さん、茶道の先生にhttps://www.townnews.co.jp/0110/2018/10/11/452463.html (閲覧2018/11/24)

以上Y.S.でした。

コメント

『プーと大人になった僕』人の温かい心を呼び覚ましてくれる

2018-10-29 19:59:21 | メンバーの投稿

プーと大人になった僕』(2018米国 原題:Christopher Robin:ディズニー作品はテーマが分かりやすく残虐場面や根っからの極悪人が出てこないので安心して観ることができる。この映画もそういう作品。

以下の感想はストーリの相当部分に入り込んでいますので、ストーリが分かるとつまらないと思う人は映画を観てから読むようにしてください。

最初の場面でテーマが明確に出る:主人公ロビンはロンドンの旅行カバン製造会社の中間管理職で、戦争が近づき旅行どころではなくなってきたため旅行カバンが売れなくなり、上司から20%の従業員削減リストラ計画を立てるよう指示される。従業員たちは察して気が気でない。現在の日本でもこのような立場に立たされる中間管理職はたくさんいる。主人公ロビンは冷酷に従業員削減首切り計画を立て始めるところで、庭にクマのぬいぐるみのプーが現れる。プーは森の仲間たちがみんないなくなってしまったので探して、昔ロビン少年がいた木の根の隠れ家に入ったら、ここの木の根元のドアに来てしまったと言う。この場面でプーの出現が失った人間性を取り戻せと出現したことが分かる。冷酷な管理職ではダメだぞと現れた。

庭の木の根元のドアは消えてしまいプーは戻れない。ロビンはやむなくプーを戻そうと列車で少年時代に過ごした森へ行くことになる。ロンドンの駅でプーが風船売りの赤い風船が欲しいと言い、ロビンは買ってあげる。ロビンが「なんで赤い風船が欲しいのか」と聞くと「幸せを感じるから」と答える。しばらくロビンとプーとは赤い風船と共に移動していく。この場面は短編のフランス映画『赤い風船』(1956仏:監督A.ラモリス)と重なる。この短編については後で述べます。

昔の森に戻るとロビンは徐々に少年時代のロビンの人間性を取り戻していく。消えてしまったプーの仲間たちも徐々に現れてくる。

終盤では、プーの仲間の一匹がロビンのカバンの中のリストラ計画書を、ロビンが少年時代に大事にしていた木の枝の方が大事なはずと入れ替えてしまう。しばらくしてプーと仲間たちは書類が大事なものと分かりロンドンまでロビンを助けに行く。知らないロビンはそのかばんを持って役員会でリストラ策を説明しようとするが書類がなく、木の枝や葉っぱが入っている。ロビンは会社のビルの前でプーと仲間たちが持ってきた書類を受け取ろうとするがバラバラに舞い上がってしまう。舞い上がった一枚の書類を見てロビンは旅行カバンの販売対策案が浮かび上がる。役員会でその対策案を説明する。対策案は社会のピラミッド構造図を逆さまに考えて、底辺の従業員に有給休暇を与え、旅行機会を作るというもの、旅行のために旅行カバンを買うことになるという案。役員のボスがロビンの案に理解を示す場面で終わる。首切りリストラは行わないとするこの終盤は、この映画の立場が示されているように思える。

プログラムによれば「クマのプーさん」の原作者のA.A.ミルンは実際の息子クリストファー・ロビンが4歳の時にロンドン郊外の森の中に小屋を購入して休暇を過ごし、ロビンが森の中で遊びまわる姿を観察していた。実際のクリストファー・ロビンも大人になり映画と同様に一人娘がいる。

下の画像左はプーに赤い風船を渡す場面。ロビンの持つカバンにはリストラ計画の書類が入っている。画像中左は森に戻ったプーとロビン、プーの手には赤いフーセンがある。プーは仕事の書類は「風船よりも大事?」と聞く。画像中右は森の仲間たち。左から子豚のピグレット、クマのプー、ウサギの?、カンガルーの子のルー、カンガルーの母親のカンガ、トラのティガー、ロバのイーヨー。画像右はロビンの娘が森の仲間を連れてロンドンへロビンを助けに行く終盤の場面。

画像出典左:クロネコとコスモス2018年9月20日 投稿者: KURO96_MISAKI「プーと大人になった僕」(Christopher Robin)http://www.kuronekocosmos.rulez.jp (閲覧2018/10/29)画像出典中左:「プーと大人になった僕」日本版予告https://www.youtube.com/watch?v=2UT5TQ1829U (閲覧2018/10/29)画像出典中右:ロケットニュース24【こっちにおいでよ】実写版くまのプーさん『プーと大人になった僕』の色彩がダークすぎて「あの世の光景みたい」と話題に! https://rocketnews24.com/2018/06/14/1077212/ (閲覧2018/10/29)画像出典右:Disney Movieプーさんと、大人になったクリストファー・ロビンのロンドンでの奇跡の再会と、そこからはじまる新たな冒険。https://www.disney.co.jp/movie/pooh-boku.html (閲覧2018/10/29)

短編フランス映画『赤い風船』(1956仏:監督A.ラモリス)。下の画像左は赤い風船を持つ少年。少年が雨でずぶぬれになっても、赤い風船に雨がからないようにするなど優しくしていると、風船は少年の後を付いてくるようになる。画像中は少年の後を付いてくる赤い風船。少年が学校へ行くと終わるまで学校の外で待っている。ある日少年がいじめに会い、風船を割られてしまう。するとパリじゅうの風船が少年のところに来る。画像右はパリじゅうの風船が少年のところに来る場面。この『赤い風船』が『プーと大人になった僕』の赤い風船とぴったり重なるように思うが、プログラムをすべて見ても、この短編フランス映画については触れていない。『赤い風船』は昔横浜映画サークルが県立青少年センターで自主上映をしている。

画像出典左:Blog版心フォーラム 映画『赤い風船』を見てきました。編集する全体に公開 2008年08月18日https://blogs.yahoo.co.jp/go_sinzan/23938162.html (閲覧2018/10/29)画像出典中:観照の森 映画:赤い風船https://blogs.yahoo.co.jp/giddy_land/29366653.html (閲覧2018/10/29)画像出典右:「赤い風船」 #映画館のオーナーになったら最初に上映する作品発表https://twitter.com/hsm_57/status/1019224936362098691 (閲覧2018/10/29)

以上、S.T.でした。

コメント

『万引き家族』についての10の設問

2018-08-31 16:41:19 | メンバーの投稿

多くのことを考えさせられる映画ですので以下10の設問を考えてみました。

設問内容でストーリが分かりまが、この映画はストーリが分かっていても十分耐えられる作品と思います。特に警察に逮捕後に急展開をするのでストーリを追いきれないくらいです。急なため重要な場面を見落としてしまうかもしれませんので事前に理解している方が深い味わいがあるかもしれません。「刑事コロンボ」で初めに犯人が分かっていても面白いような感じです。

ストーリが分かるとつまらないと思う方は、映画を見た後にこの設問を考えていただければと思います。

いい映画はじっくり考えると思わぬ発見が出てくることがありますので、この設問をそのようにご利用いただければと思います。セリフが正確でないかもしれませんがご了承ください。

設問1:初枝(樹木希林)はなぜ治(リリーフランキー)を一緒に住まわせたのか。年金目当てと分かったうえで受け入れたのはどう考えますか

設問2:治は信代(安藤サクラ)のパートナー殺害の前科がある。信代は「やらなかったら殺されていた」という。警察に捕まるときに信代は治に「あんたは前科があるから重くなる。あたしが全部やったことにするから」と年金目当てに遺体遺棄を一人でやったと警察に話して治は罪に問われない。信代の治に対する思いはどのようなものだったと思いますか?また「(遺棄した初枝を)捨ててない、拾ったんです。捨てた人は、ほかにいるんじゃないんですか?」と答えたが、一体何を言っているのか分からず見過ごすところです。全体を観てから振り返るとこの言葉で信代と初枝の関係が分かるような気がします。信代は虐待されていた少女ユリを拾ったように助けたが、捨てられた老婆初枝を信代は「拾った」のではないか。信代の初枝に対する思いはどのようなものだったと思いますか

設問3:翔太は赤ん坊のころに、パチンコ屋の駐車場で車の中に放置されている状態のところを治と信代が取ってきて自分の子供にした。虐待を受けていた少女ユリを助けるように自分の子供にするのと似ている。治と信代が自分たちの子供とするのをどう思いますか

設問4:治は翔太に「万引きは持ち主がいないからいいんだ」「学校は家で教える人がいない人が行くところ。翔太は行かなくていい」と話し自分の本名榎勝太の勝太の文字を変えるだけで翔太と名付けた。治はなぜ自分の本名を子供の名前にしたと思いますか?刑事に問われているがちゃんと答えていない。特別な意味はないのか?

設問5:治は刑事に「なぜ子供に万引きを教えたのか」と聞かれて「ほかに教えることがないから」と答えた。治はこれまでに学校に行ったことがないと思われるが、治の少年時代や人生はどんなものだったと思ますか

設問6:信代は警察で尋問を受けている時、静かにじわじわと涙が出てきて止まらなくなる(安藤サクラの歴史的名演技と言える場面)。この涙は何を意味すると思いますか

設問7:翔太が児童施設に引き取られた後、拘置所の信代の面接に治と翔太が行き、信代は翔太にパチンコ屋の駐車場で車の中から取ったことと、その車の車種を話し、本当の両親はきっと見つかると話す。治と翔太はその日は久しぶりに一晩一緒に過ごした。次の日、翔太が乗るバスを治が懸命に追いかけて行ったのはなぜと思いますか?バスの翔太は振り返らずに治を切り捨てたように見える。翔太は治のどのような面を切り捨てたと思いますか?いつか翔太が治を理解する日が来ると思うか?一人きりになった治はどうなるだろうか?

設問8:最後の場面で少女ユリが両親の元に戻り、再び虐待が始まっている。ユリの治と信代の、たとえ万引きをさせたとしても少なくても肉体的な虐待はなく、貧しい中の愛情がある環境での思い出は、ユリのこれからの人生にどのように影響すると思いますか?信代のような人になるか?

設問9:初枝は捨てられるように離婚した過去がある、その夫は別の人と結婚し既に亡くなっているがその子供のところへ、仏壇へのお参りと称して時々訪問してお金をもらっていた、そのお金は初枝の「家族」のために使われた。初枝の「家族」全員は初枝を含め捨てられた人たち、その人たちが支え合って生活しているように見える。初枝の「家族」(万引き家族)を結び付けていたものはお金以外に何があったと思いますか?お金だけだった?

設問10:全体まとめて、この作品が表現しようとしているものは何だと思いますか

以上です。

追記:設問2に関して。映画をよく見ていれば気がつくことですが、治と信代の関係を理解するのにとても重要なポイントですので念のために記しておきます。治と信代は夫婦と称しているが、肉体関係はなかった。映画の中番で信代が求める場面での治の態度からもその時が初めてと思われることが分かる。信代が以前のパートナーの暴力のトラウマから解放された瞬間ともとれる。リリー・フランキーは「ほとんど性経験のない人」と設定と是枝監督に話され(プログラムより)、その通りに治を演じている。治という人物を、また治と信代の関係を理解するためのとても重要な要素になると思います(2018/9/2記)。以上

コメント