博士の異常な模型愛

異常な模型愛やら異常なクルマ愛やら。

ひえびえ

2011-02-17 18:29:14 | F2007 タメオ 1/43
自慢じゃないですが思い切りの良さは自信あり。本体側のたまった塗膜をタガネでガリガリいきました。ピカピカのメタルが寒々しいですな。過度の緊張で三回くらい気絶しそうになりましたが、うまくいった、のか?塗料ハゲは、気付きません。まだ。

クビサは三回目の手術も終わったとのこと。変なタイミングでICU入ったのは肺梗塞疑いだったんじゃないかと気を揉み続けている私。ロニーも多分肺梗塞だったんじゃなかろうかと思う私。
コメント (2)

持てる物、持たざる物

2011-02-14 06:53:26 | F2007 タメオ 1/43
エヌエフさんのおみやげのチタンパイプをグラインダーでガガガと4mm 長位に切り飛ばし、磨いて仮組み、案の定缶サフ+カーボンブラックマット厚塗り+つや消しクリアー数回塗り(艶が消えないのでトホホ)のエグゾースト近傍パネルにはどう頑張ってもはまりません。のでこれまたリューターでゴゴゴゴと干渉部を削り飛ばしました。わたし自分では繊細な人間と思っていたのですが文章にすると絶対繊細な人間がしないことばかりしていますな。不思議。
まあ、チッピングをいろんな所に作りつつも「・・・味だ」と声に出して言うとココロが落ち着きます。夜中の一人部屋。皆さんも是非やってみて下さい。んでパイプは収まるようになったので、バーナーとかイカスもんは持ってないので、ターボライターでパイプに焼きをいれてみましたゴルァ。加減は良く解りません。「んー、赤くなるばっかりだなあ」と思っていたら冷えたら青くなりました。びっくり。おお、すげえ。
こんなもん純正のアルミマフラーだったらまた2ヶ月くらいあーでもねーこーでもねーやってただろうに。これ以上リアルな表現は無かろうかと。加工は容易、問題はマテリアルが入手困難な点でしょうか(大問題)。エヌエフさん有り難うございます。ちなみに金属通販?みたいなところで入手されたそうです。
でで。よろこんで件のエグゾースト近傍パネルを本体に組もうとしたら、はまりません。缶サフ+カーボンブラックマット厚塗り+つや消しクリアー数回塗り VS 缶サフ+件のメタリックレッド数コート+ウレタンクリアー数回塗り 勝負あった!
コメント (2)

月並みながら応援してますよ

2011-02-11 22:30:44 | クルマ愛
クビサの事故を知ったのは日曜日の夜中だったような気がします。結構な事故だったらしく月曜日の時点では「7時間の手術が無事終わった」程度の情報しか無く、挙げ句に漏れ出てくる情報は2.5L失血したとか車内で1時間閉じ込められたとかいやな情報ばかりでナニーニやらオベアンダーソンやらコリンマクレーのことやらが頭の中でごっちゃになってとても陰鬱な気分でしたが、翌日麻酔から覚めたとのこと(抜管したっちゅーことでしょうな)でとりあえずほっとしました。親戚でもないあったことも無い兄ちゃんのことをこんなに心配したのは人生で初めてかも知れません(w。たぶん隠れクビサファンの今宮純さんも安心して泣いているでしょう。涙もろいからあの人。
イタリアの手の外科の権威の何チャラ先生が執刀したとの事、知り合いの整形外科医に「何チャラって言う人知ってる?」と聞いたら「まあ何チャラって言う手の外科医はいるんだろうねえ」とつれない返事でした。まあいいや。
R31、前方排気というもう意味よく解らん取り回しで、挙げ句にあのカラーリング、かつドライバーがクビサともうツボ押されまくり(ちなみにペトロフはじゃりんこチエに似ている気がする)、去年の勢いのまま行けば今年はひょっとしたら何回か勝つんじゃねいか、つかチャンピオンとったりしてと妄想著しかっただけにファンとしては大ショック、ただホントにクビサ死ななくてよかった。復帰できれば良いなあと心からお祈り申し上げます。

以下無断転載。みんな待ってるぞ。ワタシは泣きました。




彼はF1界から引きも切らず訪れる見舞客に感謝を述べた。

「ブリアトーレに会えて良かったよ。彼は特別だ。それからアロンソ、ロペス、ペトロフ、アレジ、リウッツィ――サーキットではみんなの本当の顔ってなかなか見られないんだね。うれしかった」
コメント

諸事情

2011-02-08 06:43:58 | F2007 タメオ 1/43
ヒートテックだけでは寒くて死んでしまうのでワッフル素材のヒートテックを上に重ね着、これすなわちダブルテック。ヒートテック股引は入浴時以外は完全装着でもう皮膚のよう、おまけにジーンズまで「Made in Japan」とかいうのを通販で買ったりで完全にユニクロにおんぶにダッコでございます。ワタシ実はジーンズオタクでもあったりするのですが、このメードインジャパンというのが存外にヨロシイ。スタイルも501より洗練されておりモダーンな感じ、色落ちやダメージ加工も適切で非常にヨロシイ。デニムもかなり高級感(高級なデニムというのもよくわかりませんが、ここではイイモノ感として受け取って欲しい)ありコリャ良い買い物だ。ディテールもぬかりなし、これで8000円だ。マジか!ジャパネットか!(ユニクロだって)
ユニクロつぶれると給料3倍くらいイルね、とは実兄の名言で、我が一族はユニクロ以外の衣服は考えられないのです。今日なんて時計と上着と靴以外はベルトもなんもかも全部ユニクロだ!もう制服だ!
まあユニクロ事情はおいといて、模型事情は、カーボン事情ですよ。なにやってるって、研ぎ出しですよ、カーボンの。びしっと平面が出ればカッコイイのですが、でませんので(出せよ)、オモチャっぽくなるかもなあ。でもそん時は必殺タミヤウェザリングマスターのサンドかスートで汚しまくる予定なので無問題。カーボンはグロス派。はぐれ刑事純情派。
コメント (4)