博士の異常な模型愛

異常な模型愛やら異常なクルマ愛やら。

カモンライディーン

2013-04-22 06:58:56 | 126C2 tameo
ご無沙汰でございます。前歯の調子もなかなか良好となってきた昨今、皆様いかがお過ごしでしょうか。ただし前歯は3本は仮歯、ポリカーボネイト製(って、それはもう仮歯が山のように入っている仮歯ストック箱にかいてあったよ)ですがね。軽くて良いね。1/10な香り。でもグラスホッパーはスチロール製のボディだよ。ちなみにちょっと曲がるぜ。傾き者だね。前歯傾き者。やかましい。
ヨメハンの実家が旧更埴、現千曲市で、ちょいとご挨拶に寄ったときにあんずの花というのを見て参りました。あんずは背丈的にはリンゴの木くらい(160位かなあ)で、こじんまりとしており、盆栽然としたたたずまいで一木一木が完結してみえますが、これがわっさーと立ち並ぶ姿は壮観、時期は少しはずしていたそうですが、なかなか良い物を拝見しました。冬の間サムイ、雪深い場所で、春に咲き誇るために小さい体でじっと耐えていたんだなあと思うと父さんちょっと涙目(基本的にいつでもどこでも涙腺弱いです)。

そんなことを書き連ねていましたが、忙殺され上記下書きは一週間放置、ほんで昨日どか雪が降ると。ようやくしまいかけたヒーターに灯油満タン、キャップオッケーロックオッケー、ぶわんぶわん唸るヒーター、おっちゃんはクルマの雪下ろしで靴下びちゃびちゃと。父さんもう本気でイヤになってくっそー厄払いじゃと家族で焼き肉を食いに行きました。美味しかったですがナニも解決しませんでした。子供達がばくばくと高い肉をありがたみも感じずに食べまくるので父さんはキムチをずっと食べてました。じっと手を見ながら・・・ああカライ、でもいろいろサムイなあ、と。
あとどうでもいいですが、小二の娘の授業参観に行ったのですが、娘の同級生(初対面)から「ももクロ歌って」と言われるのは何故でしょう。しょうがないなあとれにちゃんの咳から始めた「黒い週末」は聴かずにどっか走っていってしまいましたがね(←歌ったのね)。

でいろいろ思いつくままに模型はやっておりますが、まとまりなくとっちらかり、一つ明らかなのは「ワタシサフ関係の作業嫌い」という事実、サフ吹き待ちのBGP001およびF2003GAおよびRB7およびフジミF10はうっちゃり、何か手は動かしたいのと目にとまる126C2。ウェイストゲートをどーしょーかとほかってあったのですが、地味に作ります。さきっぽの目立つアルミ削りだし(みたいな)部分は、アドラーズネストの何かよく知らんけどザクとかの動力パイプに使う奴?の外径2.5mm(アーマーカラー;SSというらしい)を二つ削って使います。で外周の出っ張りですがこれをよう作らんので去年の8月からほったらかしになっていたようですが、このたびHi-Qパーツのメタルリング2.5mmなるパーツを買いまして、もう細い棒ヤスリ一丁で根性で出っ張りっぽく削り倒しまして、芯に真鍮パイプを通して、むう、こんなモンじゃろか・・・と妥協(ひとつひとつの出っ張りの幅をもっと小さくしたいのですが、そうすると多分否等間隔が目立つようになるので勇気ある撤退)。ヒートシンクは、プラペーパーを皮用のポンチで打ち抜いた奴を何枚か重ねて作りました。やっぱりプラ良いね。
仮組みしてみましたが、これタメオの指示通りだと、ウェイストゲートが少し左にオフセットしてますがそんなモンなんでしょうか。人間ずれがあると違和感を感じてそこを注目してしまうので、自作ウェイストゲート(どうせ頑張っても処理荒いわよ)は出来ればど真ん中に置いて目立たないようにしたいのですが・・・・
コメント (2)