博士の異常な模型愛

異常な模型愛やら異常なクルマ愛やら。

いいわけ

2013-03-27 06:32:13 | RB7 POTAMO KIT 1/43
43模型の難しいところはディテールの取捨選択にセンスが必要なところだと思います。何をどうしたいのか、プラス、(ワタシは)何をどこまで作れる、塗れる、仕上げられるのかを一緒に考えなければいけないので、どっちも良く解らない人間には敷居は高く感じます。「どう作るか」は結構やっていて楽しいのですが、そこで燃え尽きてしまう事が多く、またサフを吹くのがブラシじゃないとモールド埋まってしまうのでそこでもメンドクサクなり、つかブラシでサフ吹いてもなんで埋まったりざらざらになったりびしゃびしゃになったりするのでしょう、研いで研いで下出てまたサフかいまたブラシださなあかんのかい、で知らん間に死ぬ気で掘ったスジボリが埋まってて、彫り直したらスジボリのエッジのサフが剥げてガタガタになりました。オッサンは現実的には平日仕事終わりのへろへろ状態でしか模型いじれんのじゃブラシとかやらすな!あ途中から脱線しましたが、そういった43無間地獄から抜け出せず、鬱っぽくなり戦車に思いのタケをぶつけますが、でも43独特のスケール感:神の視点には不思議な魅力を強く感じるのです。
じゃあいろいろせんと普通に何もしないで作ったらええやんけ、とか自分でも思いますが、物が小さいだけに適当なところは激しく目立つのです。こんなごぶといスジボリとかこんな分厚い翼端板、ないよねー、ですよねー、ですよね言うたらあかんがな、せめて翼単板だけ薄くしよっかな、あれここってこんな単純な翼単板だっけ、でしげしげとFモデを見てガーンとなった赤ベコ2011です(この赤ベコとかそういう言い回しがなんかイチマンエンを一諭吉とか言ったりのネット独特言語のナンダカナー感がしていやです。どうでもいいですね)。翼単板はキット通りの分厚い一枚板のはずもなく出来る範囲で横穴とそこから覗くメインプレーンを掘るだけ掘って見ましたが、フロントウイングの元々のパーツ構成が基本2008以前の縦板に横板が二枚くっつくようなクラシカルな形状で、レベルのMP4-25(1/24)や最近のタメオのF2012のような、水平から垂直へ3D曲面を作りながら張り出すメインプレーンに、上から横からはまるように翼単板が付いてくるパーツではない以上、どっかに無理は生じる物、造り直す?無理です。掘ります。ちっぽけな自分ラブ。さわんなきゃ良いのに・・・
基本薄々以外はしないと誓い、タイヤをはめてみました。レーキ角もサスアームとアップライトとの接着次第でどうとでもなりそうな事が確認できましたのでちょっと安心。サフイヤイヤで冬の間いじってたらBGP001やらF2003GAに追いついてしもた(結局どっちも不具合あり修正、またサフ待ち状態になっているのでした。いいかげん自分の心の狭さにもあきれます)。我が家には、サフ色の模型がいっぱいありますョ。よっし明日3台まとめて吹くぞこんちきしょう。
コメント

春の嵐

2013-03-21 23:23:44 | 模型愛
やーやーようやく春ですか!今年の冬は死ぬほど寒かった。松本の冬は冷蔵庫の中で生きて行くようなものかと思っていたら間違いでした冷凍庫でした。と気づいたのは松本生活のべ16年とかそんな感じの私めでございます。最近忙しいです。あF1開幕しましたな。なんでつまんなかったんだろう。
ずっとHDDに残してあった2008最終戦ブラジルGPとか2011イタリアGPを消してまでももクロ男祭りとモモクリ2012をとってしまった私は救われますか神様。あそういえば今日青山ワンセグ最終回だ。とらな。
真面目に最近忙しくあまり模型さわれてません。ちょっと前にスコップとか色塗ったのではっつけておきます。とりあえずカーキドラブを塗れたのでもうお腹いっぱい。何に塗ってもそれっぽくなって卑怯な色だ!つーかブログにわざわざアップするほどのクオリティでは無いな。そんなん言うとネジとか差し歯の話ばっか書くぞ。あとももクロ。
コメント

それでも、生きていく

2013-03-08 06:59:32 | 妄想
上顎骨という骨がありまして、(外)頭蓋底、眼窩底を形成しているいくつかの骨の一つ、歯牙が植わっている骨の上パート、いわゆる上あごです。上の階は鼻腔やら眼窩やら。

わたし中学校の時に自転車二人乗りしてましてこけまして、上の前歯が一本は折れて差し歯、もう一本は神経処理し変色しております。以来かれこれ数回のシビアーなダメージを前歯に受けており(駅前で喧嘩したとかそんなワルっぽい話ではなく自動ドアが開く前に激突したとかそういうの)、2回ほど前歯は造り直したりしておりますが、ついこの間下の子の頭からくるかち上げがいい角度で入りTKO、数日後にぽろりと上前歯の差し歯落ちました。おっさんはヨメハンの知り合いという歯医者さんに行ったのですが、その先生曰くなんか良く解りませんがどうもアンマリ良い状態ではないらしく要約すると「おまえの歯は相当根本まで折れてしまっているのでこのままでは差し歯を作ろうにも型が取れない。1ミリか2ミリか引っ張りださんとどしょもない」とのこと。ほえー歯がそんなに出し入れ自在とはしらなんだ、カンナみたいに後頭部を金槌でこんこんやりゃでてくんのかしらん、なんてのんきに構えて言われるがママに歯根の治療など(あんまりよくわかってない)にまめに通っておりまして、いよいよ歯を伸ばす治療をするとのこと、ばっちこいヘルメットくらいしてくれるんじゃろかと頭どつかれる気まんまんで行きましたところ、診療台の上にアルファロメオの盾の中の蛇みたいな形をしたバネと、タッピングビス一本。先生曰く、ひと月くらいかけて引っ込んでる歯根を手前に引っ張り出す、いわゆる矯正をすると。ただ客商売のオッサンが矯正ブリッジかけてると目立ちまくりなので、良い方法があると。
このネジを上あごの裏の所にねじ込んで、そこを土台にしてバネで押せば前歯が延びてくると。チタンなので大丈夫と。
マジか。
こんこんやってくれんじゃないのか。
つかチタンとか真鍮とかどうでもいいけど。ネジどうみてもタッピングビスだけど。径1x長さ10mm位あるけど。上顎骨に下穴明けないでぐいぐいネジ込むんかいな。感染したら頭アホになってしまうんじゃなかろうか。前歯なしで髄膜炎で死んでしまうんかいな。
オッサンはオッサンなりに小さな胸を痛めましたが、なにせお知り合いの先生の仰ることなのでいつもこういったときに出てくるスタンド:クレーマーは発動せず、おまかせします、けっこうすごいっすね、とちゃらい感じでビビってない風を演出しましたが、先生は我が精一杯の虚勢など意に介さず「ああ、けっこうやってますよ」と主語が誰だか良く解らない慰めの言葉をかけてくれました。

先生が途中で気が変わって前歯埋没したまま型どり、ああug12さん、外注したら普通に歯形とれました、RCベルクってすごいっすねー、などと朗らかに談笑して前歯が治るというハッピーエンドな夢から覚めた朝、父さんストレスで下痢です。憂鬱に受診しますとオッサンの悩みなどお構いなしにさっさと局麻(電動インジェクション)されてネジをねじ込まれます。ああ術野消毒とかしないのね、ああやっぱり下穴無しなのね、ああ麻酔してても局麻だから上顎のゆがみは認知されるのね、ああねじ穴ナメチャッタノネ我が上顎骨硬いんかいな、などと閉眼しつつ神経をチョンチョンにとぎすまして(迷惑だろうなあ・・)受けた施術は、所要時間10分くらい、見事にネジ入りました。アゴの裏にネジ、相当シュールです。見方によってはボディーピアスの一種みたい、こんなん見せたら西橋内中の3年もビビルだろうという位の気合いの入り方です。当日は相当痛かったですが翌日以降はアンマリ気にならなくなりました。ただねじ山なめたせいでしょうか、ざらざらしてベロが痛いです。前歯は大事にしないとね、と子供達に切々と説くお父さんなのでした。

コメント (2)