博士の異常な模型愛

異常な模型愛やら異常なクルマ愛やら。

がちゃぽんがちゃぽん

2018-06-19 17:57:55 | Ma.K.
スノーシーズンは終わりじゃあスケートシーズン到来じゃ、と短絡思考でけがの元凶のわがスケボーを引っ張り出してきてベアリングに油などさしてみるのですが、これが、長い事(今年の秋で三年)乗っているからってうまくならないのが困りもの、転倒の頻度はだいぶ下がりましたがまったくオーリー(ジャンプみたいなやつね)が出来ず、かちゃぽんかちゃぽんとひきつけのように上下動を繰り返すさまはまるでうまく縄跳びが飛べない幼稚園児のよう、しまいにあっちこっちがだんだん痛くなり、日本スケートボード協会がオリンピック日本代表としてワシを見つけるのが早いか左膝が壊れるのが早いか、あるいは嫁ちゃんに強制的に辞めさせられるのが早いかなかなか見もののレース状況となっておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか。いや前よりうまくはなっているんです、ですがそれは3年弱で「補助輪がついたままペダルが漕げる」から「ペダルをこぎながらチリリンと鳴らせる」くらいの進化レベルなので周りから見ると全く変わっていないように見えるそうです。でもおじさんは厚顔無恥なのでうまい若者たちが空中戦を繰り広げているスケートパークとかに行ったりできるのでした。ふふん。でパークでもやってることは隅っこでオーリーの練習なんだが何か問題ありますか?
で模型なんですが、ナスホルンは丁寧に箱にしまい、ウェーブの1/20ラプーンをぐいぐいと作って塗ってみました。



結構お気に入りですがやっぱりケーブルついてなかったりで足りないのよね。あとはエアブラシと筆を持たせればMa.K.モデリングブック表紙みたいなもんですが、あれって1/18なのでちょっとスケール違うかも。
あとMFHの1/20ランチャD50に手を出してみたりしていますが、何でもかんでもメタルで形成されてやがるので精密感がいまいち、落としどころで悩み中です。

ラジアスロッドのねじとかが結構もったりしてまして、アドラーズネストのナットと線材で作り直せなくもない感じですが、そういう模型じゃないような気もしますしむむむ、CMCの1/18はどうなってんだと思ったらあっちこっちに思いっきりプラスねじとか使ってあってえーそんな感じでいいのと狼狽中です。しょうがないので現実逃避にエッチングで形成されているリーフサスのリーフの断面にあるバリを一枚一枚ヤスっています→めっさぐねぐねになりました。

あいかわらずバランスの悪い模型人生、Ma.K.しか完成しないです。
コメント

かなしいときは

2017-06-07 06:16:32 | Ma.K.
でまんまと二年連続で試験に落ちがっくり来ている今日この頃皆様いかがお過ごしでしょうか。もういやになりました。
そんなときはMa.K. 

ファイアボールをガイアのアンチフラッシュホワイトで筆塗しつつ、泡が出るなあなんて言いながらスポンジやすりで削りつつ、なんかその辺にあったサイレントグレーでケバくチッピングしてからのー、アンチフラッシュホワイトブラシ塗り。

ほんでまたサイレントグレーでスポンジチッピング、今度は控えめに。あれ控えました?

でまあこれで基本は良しとしつつ、バーニアをどうするか。

スペースシャトルやサターンVロケットのバーニアを参考にしているつもりなんですが、奈良京都みやげの金剛力士像みたいになっちゃうのはなんででしょうか。Mrメタルカラー同士を混色したりしてみましたが、なかなか塗ってて面白かったです。



コメント

もっと泥濘にやんなさい

2016-01-25 00:37:58 | Ma.K.
えー、チッピングを広範囲にやるのが面倒くさくなり、スポンジでやっつけチッピングなどしまして、まあ予定通り失敗しますが、おお、ファレホ水で落とせてちょっと感動、でもつまんなくなりまして、アルコール落としやったろうかいとタミヤのアクリルバフを適当にガイアアクリルシンナーで薄めてブシブシ、まあなんでかよくわかりませんがまだらになります。でアルコールで落としますが、うーむ、私のグロフンの足、真っ白です。輝く白さ。部屋干しでも。多分吹き付け濃度が濃すぎたんかなあ、久しぶりに感じる非可逆的やっちまった感でちょっと覚醒、アルコールでゴシゴシこすりますがあんまり変化なし。しまったアクリル塗料の塗膜なめて見過ぎた結構ああ無情。指でこすると少しマシにはなりますが治らんものは治らんので、まあええか泥塗ってまえと、タミヤ謹製情景テクスチャーペイントの泥と草を混ぜてべちゃべちゃ塗ったくりますが、ヨーロッパ戦線のイメージなんですがなんでか4月末あたりに近所でよく見る田植えやってるおばあちゃんに見えてきてしまいやっちまった感は募るばかり、シュトラールの最新鋭無人田植えロボ、過疎農村にいかが。
コメント

あけましておめでとうございます

2016-01-18 06:26:09 | Ma.K.
うふふもう一月も半ば過ぎ、おかげさまで順調に疲弊しておりますが皆さんいかがおすごしでしょうか。今日は大雪です。はよ出勤せな。
寒いときはマシーネンです。絶賛制作中のグロフンですが、もう飽きたので(身もフタもない)、パーツをばばばと付けてコーションデカールを貼りました。はよコートしてはよウェザリングしたいね。おっちゃんはボークスで1/144のバッシュを通販したついでにファレホの錆すすセットっつーのをかったので鼻息が荒いですぞ。三重の実家で一瞬Tank art4も見たしね。クレオスのMrウエザリングカラーがめっさ調子がいいということをこっそり作ったミレニアムファルコンで体験済みだしね。
でちなみにバッシュはランナーについてるガレキみたいなクオリティなので早速頓挫していますうふふ。パーツをじっとみててもヒケはなおりませぬ。

どうも冬にクルマ模型はいまいちできまへん。テンションあげて真面目にやらんきゃいかんのでねえ。
コメント

失礼します

2015-07-02 06:04:01 | Ma.K.
ほんでWS43さんのアドバイス通りエアブラシのキャップをはずしてじゃーじゃー紙に吹いてみたところ、おお、細い。書き初め位の太さしか吹けなかったのがロットリング、まではいかないにしてもマッキーの極細くらいには吹けるようになりました。不思議―。でイケルと意気込んで境界ボカシリトライなのですが、むう、ジャバーと吹きこぼれてしまいます。紙などの吸水性に優れる媒体に吹く分にはあまり気にしなくて良い「濃度」が薄すぎると、模型塗面などのつるつる弾き面ではすぐに水たまりになってしまうようで(近いしあまり塗料が揮発してないしね)。ムズイ。こんなのエアモデラーはちょいちょいとやってまうんかすげえ。まあブラシカップ内でどんぶり勘定で濃度調整している私には永遠に解決できない問題かも知れませんな。
でもMa.K.なのでアンマリ気にしません(つかMa.K.でエアブラシは禁じ手のような気がするのですが考えすぎでしょうかそうですか)。そもそも、WWII末期のキングタイガーの迷彩とか超適当だし(ナチス負けまくってヤバイ感)、迷彩なんてかーんじでいいんです多分かーんじで。ということでひとまず迷彩塗装は完了したことにしようかと思います。ただそろそろ肩アーマーとか付けると、あれ、なんか、ここに13て書いた方が良いような気がしてくるのはなぜでしょうか。オリジナルは書いてないけどオリジナルよりかなりアーマーが巨大化し何もないと間抜けに見えてしまうのでした。地元のDQNなら間違いなく「One soul」と緑のステッカーを貼りたくなるスペース感。

NDロードスターを試乗させてもらいました。190cmのおじさんが乗っても頭がつかえないのが一番びっくりしました(クローズ時)。シートのフィット感素晴らしい。ハンドル軽すぎですが最近の風潮といわれると納得せざるを得ないくらいのレベル。フェンダーの峰から入る視覚情報が思いのほか多くびっくり。見た感じはだせえブレーキですがフィールすこぶるいいです(踏めば踏んだだけ効く)。MTは少々のアラも隠す柔軟性(エンジン含む)+節度良く決まるイイモノ感で好感触。加速感自然でどっからでも出足快調、アンダーパワードな感じは全くなし。エンジン音は精密な、高級な感じでまったくがさがさガラガラ言いません。ソフトトップがジャンプ傘くらいの勢いで開け閉めできるのが驚き。マツダコネクトってそもそも名前がだせえ。
とインプレです。凄い車でした。どうせ松本、ほとんどの道は単車腺で前のプリウスはぬけねえしと最近クルマは最高速120Km/Hまで出りゃいいような気分、こういう選択肢もありではないでしょうか奥様、え、マツダの車ですが、ええ、あの、カープの、こう、赤い、はい、ベース投げたり、いえ、智徳はニーズに答えているだけで軟派になったわけでは、あ、そうですか。はい。すみませんでした。失礼します。
コメント

どしゃー

2015-05-28 06:33:18 | Ma.K.
意地になって毎日更新しております。イガイガがキツすぎるので、エアブラシでぼかしてみました。わたしエアブラシは車模型塗装の為の「ミニスプレー」としてしか使わないもんで細吹きなんてほとんどやったことない(ティーガーI塗ったのは何年前だ?)、こんなパターンくらい0.2のブラシを使えば楽勝なんだろうと思ったらとんでもないごんぶとの線しか引けません。離し過ぎなんでしょうそして圧高過ぎなんでしょうでも解っていても離してしまう(ブラシと対象物が近すぎてドシャーとか音が鳴り出すと恐くなるのでした)。書き初めみたいになっても全く動じないのは我がメンタルの強さかMa.K.の懐の深さか。はみ出しの多いところはスポンジヤスリでがっしがっし削ってほら大丈夫。大丈夫か?
何かどっかでみたことのあるようなぼけっぷり、あそうかと昔のMG誌に載ってた飛燕を少し思い出しました(クオリティはともかく)。ああれも横山さんか。
コメント (2)

いがいが

2015-05-27 06:58:16 | Ma.K.
じっくりと以前のグロフンと比べてみると、どうも迷彩パターンが塗り重ねの影響で単純化してきている様子。メルジの塗装カードもかなり小さなぐねぐねが入り組んだパターンなので、思い切って塗り直しました。もう大変。イガイガしすぎて妙ですかそうですか。今晩濃色をエアブラシでぼかしてみます。

いけねメルジを映りこますの忘れてた。
コメント

ぶつぶつ

2015-05-25 06:26:28 | Ma.K.
9歳の娘の機嫌が悪くだるいくらくらするとずっと言うので医者に連れて行ったりしてもどうもはっきりと原因がわからず、むう、父さんお手上げ、まーそのうち元気になるさなんて軽薄な励ましに全く無反応のわが娘、だるいだるいとずっと言っておりました。その内父さんも「だるいのは解るが元気出せよ」と矛盾した根性論で陰鬱な我が家の雰囲気を打破しようとしますが(まあ当然無視ですわ)、そうこうして数日、我が娘両頬が真っ赤になり田舎物のようズラ、あれよあれよという間に四肢中心に所謂レース様紅斑出現して、なんとリンゴ病だったというオチで。ともあれ原因もわかって一安心、妊婦への接触だけ気をつければどうということはないとのことでチャンチャンという話、であればよかったのですが、あれれ、日曜日の日直あがりの父さんどうもだるくてだるくてしょうがない、立ってるとふらふらするのでモデルグラフィックスの立ち読みができない、ヤスリを掛けても平面が出ないなど日常生活に大きな支障を来すレベルでの倦怠感、こりゃあれだあいつだ、とかやってるうちにどんどんと病状が悪化、ついにダウンしてしまいました。幸いダウンは4/29で休日だったのでよいのですが(病気で動けないの久しぶり)、4/30は重要な仕事が入っているので休めません、レッドブルのデカイヤツのみながら出勤、さらに仕事直前にデカビタCも飲んでビタミンパルス療法→カフェイン多すぎで目ぇちかちかするわ、とまれどうにか無事に仕事は終了、子供がみてもわかる死に体で帰宅からのーダウン。5/1は職場の創立記念日でお休みですがダウン、2~3もダウンで連休終わり、家族の視線が痛いです。それでもブツブツが出始めたGW後半頃には倦怠感も大分収まり、ちょっと43は難しいにしてもでか物なら思うとおりヤスリもかけられるようになってきましたので、Ma.K.をやっていた次第でございます。いやー、きつかった。娘にすみませんでしたと謝り倒したのは言うまでもございません。リンゴ病なめたらあかんで。
グロフンさんの迷彩は、モデリングブック1を見る限りドットのような濃色のスポットがちりばめられているようですが、これがどうやってもちゃちい感じになってしまいます。でメルジーネに入っている塗装カードをみると同じようなDCU風味の迷彩発見、こちらは濃色ドットの他に基本色のドットも入ってまさに光と影迷彩、こっちのがえんじゃなかろうかと真似しました。ただ基本色2色の明度差があんまり無いので目立たなくなってしまって困りましたな。まあいいやカーキドラブのフィルタリングですべて無に返す予定。
ちなみに遠景はすっかり治って元気な娘。
コメント

砂漠感

2015-05-19 06:57:39 | Ma.K.
ご無沙汰しております。色々で今はマシーネン中でございます。
とりあえずご報告まで。大分茶色くなったよ。前は青々として植物みたいだったけどね。
コメント

脱力力

2014-07-02 06:57:33 | Ma.K.
第三のビールなどという要はビール版のカストリみたいなんをごぶごぶのんで酩酊しつつ筆でべちょべちょとグロフン様に、我が儘意のままに全く思いつきで色付けておりますとヒーリング効果がテキメンで非常に楽しく、こりゃ要するに幼稚園児の落書きと一緒じゃな、非生産的だが本人は幸せじゃなとご満悦、自己啓発本でも書いてPHPあたりに持ち込みそうな勢いなのですが、翻って我がメインフィールドたる(ホントか?)車模型は塗装時に筆などほとんど使わず、かなりの気合いと緊張を強いられまする。深呼吸三回、心臓を拳でどんどんと二回叩き袴は尻端折りにし手に唾を吹きかけ長尺バットにぶーと酒しぶきの後、やおらエアブラシを持ち出しジャーとシンナー試し吹き、しかるに気合い一閃目を三角にしてジャージャーブシャー、少し弛緩しどうせいつもだめねと半笑いで埃をピンセットでちまちま取り、ふたたび水戸泉ばりの塩撒きッぷりで時間いっぱい待ったなし、どどどどっせーいと水戸泉のはずがいつの間にか五所瓦角の物まねになっても気にせずドシャーブシャー、縦横ナナメ塗り残しないことを日常動作で使わない首の可動域を一杯までフル活用し確認しつつ、オッケーばっちしと思っても、大体いつも色が薄いので何も考えずマシーンのように3回追加重ね吹きして、やったー塗れたーっつって次の日朝冷静に見るとだいたいムラムラの埃ブツブツになってるんですが、まあ基本的にはぴしっときっちりした人がきっちりやって綺麗に塗れるカテゴリーだと思うのであります。私のようなカストリ芸人がヨダレ垂らしながら車模型を作ってもやっぱりヨダレ完成品にしかならないのがツライ。もっと気軽にステキなクルマ模型を完成させたいのですが、塗装済みキットなんてなんだか登山つって五合目まで車で行くみたいなインチキ感がやだし、完成品は違うカテゴリー、だからって筆塗りでムラムラがびがびのフェラーリをタミヤエナメルのカーキドラブでウォッシングして喜べるほど変態でもなく、ストレイシープストレイシープと今夜も逡巡、このグロフンの腰アーマーの筆ムラはアレだね、味だね、テクスチャだねなんてMa.K.にちょっと引きこもっております。

ちなみにどなたも興味ないかも知れませんが、グロフン塗りのシンナーはクレオスラピッドうすめ液です。リターダーはいっているシンナーだといつまでも乾かないので、うかつに生乾き部に塗り重ねると最下層までどろどろに溶けてせっかくのタッチが消えてプラ地が見えたりしていやだったのですが、こちらは当たり前だがすぐ乾きますので、ある程度下は泣きますが溶けるほどではなく筆塗り重ねには調子いいですよ。どうしても残る筆あとはエアブラシを重ね吹きするかヤスリをかけるかタッチと割り切るかの3択ですな。
コメント (2)