座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

◆迷い出る道・悟りの道

2016年08月19日 07時35分33秒 | 労働法

悟りの道から迷い出る者は、
死者の霊たちの集会の中で休む。  (箴言二一16)
 
孔子は「四十にして惑わず」と言いましたが、現代日本の有名な小説家は、「四十にして初めて惑う」「四十初惑」と言いました。人生に迷いは、つきもののようです。今のあなたはどうでしょうか。
迷いには、いろいろの理由があると思います。
第一に、人生には多くの分かれ道があります。以前私の住んでいたところは駅から近く、歩いてたった七、八分でした。ところが、私の家の前まで来る道がいろいろありすぎて一本道でないので、多くの方が迷ってしまいました。右に行ったらよいのか、左に行ったらよいのかを選択しなければならない多くの場合に、私たちは迷います。
第二に、私たちにいろいろ違った助言がされます。親はこう言うが、友人はああ言う。そして、自分の心の欲求はまた別なことを言う場合もあります。「船頭多くして舟山に上る」式で、いったいだれのことばに聞き従ったらいいのか分かりません。
第三に、私たちの判断力には欠陥があることです。何がよいことなのか、ほんとうに益になるのか、一番幸せなことなのかを判断する力が、多分、罪深いエゴイズムにさえぎられて鈍くなっているのです。
迷っている初めのうちは、ほんとうの道と大してへだたりがないように見えます。「悟りの道」と「迷い出た道」の間に、そんなに差はないように思われるのです。逆らう道を歩いて、平気でいます。ところが聖書は、その終点は大違いだと語ります。「死者の霊たちの集会の中で休む」=地獄に定住するようになる、とでも意訳できましょうか。
迷い出ることから何とかして免れる方法はないものでしょうか。参考になるような聖書のことばをあげておきます(マタイ六22―24、七13―14)。これらはみな、イエス・キリストのみことばです。
 
 
コメント

労働時間規制外し残業代ゼロ/安倍「雇用改革」(下) ・・・

2014年06月06日 07時44分21秒 | 労働法
「ただ働き合法化」と「解雇自由化」/安倍「雇用改革」(上) ・・・「赤旗」日曜版記事 http://blog.goo.ne.jp/uo4/e/e642a46c17143c71a693139241964176

コメント

生涯賃金

2014年04月22日 06時57分45秒 | 労働法
コメント

安倍内閣は業界の代弁者か/派遣会社の要求そのもの、法案要綱

2014年03月03日 18時50分57秒 | 労働法

コメント

雇用

2014年01月29日 07時46分58秒 | 労働法
コメント

派遣

2014年01月29日 07時45分46秒 | 労働法

コメント

資格不得で降格

2013年10月23日 16時48分08秒 | 労働法

コメント

マタニティーハラスメント

2013年10月23日 09時34分55秒 | 労働法
コメント

派遣切り

2013年10月06日 07時33分34秒 | 労働法
コメント

過労死

2013年10月06日 07時31分40秒 | 労働法
コメント

ブラック企業・賃金奴隷制の恐怖

2013年09月13日 10時45分47秒 | 労働法
コメント

マタニティーハラスメント

2013年09月05日 16時50分39秒 | 労働法

コメント

不当解雇

2013年08月22日 08時07分07秒 | 労働法

 

コメント

コース別雇用管理制度

2013年07月29日 13時25分16秒 | 労働法

コメント

●有期雇用契約に関する法律規定(その5)●

2013年02月08日 08時56分54秒 | 労働法

 雇止め法理(解雇権濫用法理の類推)の適用に関して、次のような解釈通達があります。
 「いったん、労働者が雇用継続への合理的な期待を抱いていたにもかかわらず、当該有期労働契約の期間満了前に使用者が更新年数や更新回数の上限などを一方的に宣言したとしても、そのことのみをもって直ちに」雇止め法理の適用が否定されるわけではない、としています。
 これに関連する裁判例では、不更新条項に関する説明をし、それを認識させた上で、不更新条項付きの契約書に署名押印していること、この契約に意義を述べるものはいなかったこと、契約終了を前提に有給休暇の消化率が100%になったこと、次回更新が無いことを前提に、雇用保険の被保険者となるよう労働時間を増やしていた、などの事実を挙げて、
 不更新条項付きの契約は適法に成立しているとして、雇用継続への期待があったとは言えないから、雇止め法理の適用の余地は無い、と結論付けています。
 通達の文言でも「一方的に宣言」するだけではだめで、きちんとした合意があれば、当然その合意が尊重されるわけです。

コメント