座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

◆ミカエルと彼の使いたちは、竜と戦った。

2017年11月30日 16時20分41秒 | 聖書
それで、竜とその使いたちは応戦したが……。(黙示録一二・七)
二つの大いなる主権の間には絶えず戦いがあり、どちらかが打ち滅ぼされるまでこの戦いは続く。善と悪との間には平和はあり得ない。平和が来たように見えるならば、それは実際には、やみの力が勝利しているのである。ミカエルは常に戦う。彼の聖なる霊は罪を憤り、罪を許さない。
イエスは常に竜の敵であられる。イエスは静的な意味においてではなく、積極的に力強く、悪を根絶しようとする決意に満ちておられる。
すべての主のしもべは、天にある御使いでも、地にある使者でも、戦うのであり、また戦わなければならない。被らは戦士として生まれてきた。――十字架の下で、彼らは決して悪と休戦しないことを誓った。彼らは勇敢な仲間である。守る時は堅固であり、攻める時は勇敢である。主の軍隊のすべての兵士の任務は、日ごとに、全心全霊全力を傾けて竜と戦うことである。
竜とその使いたちは戦いをやめない。彼らは絶えず猛襲をくり返し、武器も手段も選ばない。私たちがもし何の反対も受けずに神に仕えることを期待しているとするならば、それは愚かである。私たちが熱心であればあるほど、必然的に地獄の軍勢の攻撃にさらされる。教会は怠慢になるかもしれない。しかし、教会の大敵サタンはそうではない。彼の気持ちは落ち着かず、決して戦いをやめない。彼は女のすえを憎み、教会をむさばり食うことを願っている。サタンの手下どもは、常に活動的である。戦いは至る所でなされ、平和を夢見ることは危険であり、無益である。
しかし、栄光神にあれ。私たちは戦いの結末を知っている。巨大な竜は投げ落とされ、永遠に滅ぼされる。主と主に伴う者は冠を受ける。
今夜、私たちの剣をとぎ、戦いのために腕を強くされるように聖霊に祈ろうではないか。この戦いほど重要な戦いはなく、この冠ほど栄光に満ちた冠はない。十字架の戦士よ。部署につけ。遠くないうちに、主がサタンを足下に踏みにじってくださいますように。
 
コメント

「それから彼らは、

2017年11月30日 16時19分27秒 | 聖書

アジヤでみことばを語ることを聖霊によって禁じられたので、フルギヤ・ガラテヤの地方を通った」(使徒16:6)

私たちは人生の大切な進路や、また、日常の信仰生活の些細な事でも、どの道を選べば良いのか、わからなくなる事がある。
私たちには、未来はいっさい見えず、少し先の事すら見えない。

先が全く予測できないので、不安や恐れを感じる。
しかし、主は共におられるので、必ず私たちの進むべき道を示し、導いて下さる。
「神の御霊に導かれる人は、だれでも神の子どもです」とあるように、つまり神の子どもは、御霊が導かれるということだ。

パウロはアジアで宣教しようと考えた。しかし、御霊はこれを止められ、マケドニヤへ行くよう導かれた。
この間、パウロは状況を見つつ、祈った事だろう。
その祈りの中で「神が私たちを招いて・・確信した」の通り、「確信」が与えられた。
更に大きな御心があり、神はヨーロッパ宣教へと導かれた。

私たちもここで学ぶ事ができる。状況的に目の前の門が閉ざされたなら、導きが別の方向にあるという事だ。
まずよくよく祈ろう。自分の思いを明け渡し、祈るなら、目の前に御心の門が開かれる。
そこで尚も祈り「確信」が来たなら、その道へ進もう。

不安があるなら、急がずに、平安が与えられるまで待ち、祈り続けた方がよい。
平安による確信が来たなら「ただちに」行動しよう。
又、目前で門が閉じられた場合も、別の更に大きな御心の道がある。
-----------------
計画通りに事が運ばない時は、何度でも導きを祈り求めてみよう。
それは神が閉ざされていると捉え直す道かもしれない。
日常の些細な選択にも御霊の導きがある。
主の導きのままに日々を歩もう。

コメント

おはようございます。

2017年11月30日 06時11分32秒 | 日記

今日1日感謝の一日をありがとうございます。

合掌

コメント

今日の聖人の記念日

2017年11月30日 06時10分47秒 | キリスト教

聖アンデレ使徒

1世紀

 アンデレは、ガリラヤのベツサイダの漁師であった。初め洗礼者ヨハネの弟子であった彼は、イエスが通りかかったとき、ヨハネが「見よ、神の子羊を」(ヨハネ1.36)と言ったのを聞き、その晩はイエスと過ごした。翌日、兄弟シモン・ペトロ(聖ペトロ)をイエスのところに連れていった。その後、ペトロと網を打っていると、イエスに呼びかけられ、2人は従った(参照 マタイ4.18-20、マルコ1.16-18)。

 イエスは、その後12人の弟子を選び、アンデレもその中に入った。聖書の中でアンデレが登場するのは、イエスが行なったパンを増やす奇跡の場面(ヨハネ6.8-10)などで、地味ではあるが、思慮深い性格が現われている。

 伝承によれば、イエスの昇天後ギリシャのパトモスで宣教し、そこでX型の十字架にかけられて殉教したといわれている。

 彼は漁師の保護者、またスコットランドの保護者とされている。特に東方教会では、特別な保護者として敬われている。

コメント

◆思  い  や  り

2017年11月30日 06時08分13秒 | 聖書

正しい人は
寄るべのない者を正しくさばくことを
知っている。
しかし悪者はそのような知識をわきまえない。(箴言二九7)
上に立つ人・人を治める人に欠くことのできない資格の一つは、人への思いやりです。
自分に反対する敵に対してさえ、王は、思いやりがなければならないと聖書は言うようです。イエス・キリストは、こう言われました。「わたしはあなたがたに言います。自分の敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい。それでこそ、天におられるあなたがたの父の子どもになれるのです。天の父は、悪い人にも良い人にも太陽を上らせ、正しい人にも正しくない人にも雨を降らせてくださるからです」(マタイ五44―45)。
私たちは、目に見える区別にばかり気をとられます。金持ち・教養のある人・知恵のある人・力のある人、こんな人ばかりに注目します。そして、年寄り・女子ども・貧しい人・力のない人・知恵のない人を、見くだしたり無視したり忘れたりしやすいのです。
養わなければならない子どもを、やっかいがってはなりません。次の世代を構成する人たちです。老人――それは、何年か後のあなたなのです。
発想を換えてみてください。
死を前にして、神のさばきの前に立って考える時、私たち一人一人は何とむなしく弱くけがれた者でしょう。金や肩書きや免状などは、何でもありません。すべてが平等です。死よりも強い神の愛・神の力の前に、自分を置いてごらんなさい。一羽の雀すら野の一本の花すら、神のみこころによって歌い、美しく咲いています。まして、神に愛されていない人は一人もいないのです。上に立つ者は、すべての人に公平な思いやりがなくてはなりません。
 
コメント

◆アマツヤは神の人に言った。

2017年11月30日 06時07分20秒 | 聖書
「では、イスラエルの軍勢に与えた百タラントはどうしたらよいのか。」神の人は答えた。「主はそれよりも多くのものをあなたに与えることがおできになります。」(Ⅱ歴代二五・九)
この質問は、ユダの王にとって非常に重要なものと思われる。また試練に会い、誘惑にさらされているクリスチャンにとっても、おそらく、さらに重要なものであろう。金銭において損することは、どのような場合でも快いものではない。正しい目的の場合でも、肉はその犠牲をいつも喜んでささげるわけではない。「有効に使用できるものをなぜ失うのか。真理の価はあまりにも高すぎるのではないか。あの金を失えば、私たちはどうすればよいか。子どもたちや、少ない収入のことを考えたらどうだ」と。このようなことがクリスチャンを誘惑して、正しくないことに手を出させるのだろう。あるいは、重大な損失をもたらすことが明らかな時、良心的な行動をちゅうちょさせるのだろう。この問題を信仰の光に照らして見ることは難しい。イエスに従う人々にとってさえ、「私は生きなければならない」という原則が大きな比重をもっている。
「主はそれよりも多くのものをあなたに与えることがおできになります。」これは私たちの心配への完全な解答である。私たちの父は全世界の財宝の管理権をもっておられる。そして私たちが主のために失うものを、千倍にもして返される。主のみこころに従うのが私たちのなすべき分であり、従う時、主は必ず私たちのために備えられるのである。主は何びとに対しても債務者の地位には立たれない。
聖徒たちは、一粒の平安が一トンの黄金よりも尊いことを知っている。真実な心は、たとえ牢獄であろうと、神のほほえみさえあれば満足する。祝福に満ちたたましいは、宮殿にあっても神の不興にあえば地獄にいるように感じる。最悪の事態がやってこようと、すべての金銭を失おうと、私たちは自分の宝を失うことはない。神の右に座するキリストのもとにあるからである。現在においても、主は柔和な者に地を相続させ、正しく歩む者に良いものを拒まれることはない。
 
コメント

詩篇78篇32-39節

2017年11月30日 06時05分52秒 | 聖書


78:38 しかし、あわれみ深い神は、彼らの咎を赦して、滅ぼさず、幾度も怒りを押さえ、憤りのすべてをかき立てられはしなかった。
78:39 神は、彼らが肉にすぎず、吹き去れば、返って来ない風であることを心に留めてくださった。


私たちは、イスラエルの民のように、苦しい時には主に助けを求めますが、願いが聞かれますと、あたかも何もなかったような思いになって、主に対する感謝をせず、さらなる信仰へ進もうとしない時が多くあります。

主はこうしたあり方に、時には厳しい裁きを行われます。

しかし、その裁きを継続してはなさいません。

それは、人が愚かな者であり、またすぐこの世のことのみに目と心を向けてしまう、信仰の弱い、罪ある者であることを神がご存知であられたからです。

イスラエルの民のみではなく、罪深いこの私たちが生かされているのも、それは主の一方的な憐れみと恵みに寄っているのです。

そのことを覚えて少しでも、感謝の誠を示すことが出来るよう、祈り願っていきたいと思うのです。

コメント

ダニエル書3章25節

2017年11月30日 06時03分39秒 | 聖書


★すると王は言った。「だが、私には、火の中をなわを解かれて歩いている四人の者が見える。しかも彼らは何の害も受けていない。第四の者の姿は神々の子のようだ。」


■O:今日のコラム
3人は燃える火の炉に投げ込まれることからは救われませんでしたが、燃える火の炉の中で救われました。ここから、モーセが見た柴を思い出します。

「すると主の使いが彼に、現れた。柴の中の火の炎の中であった。よく見ると、火で燃えていたのに柴は焼け尽きなかった。」(出エジプト3:2)

この柴のように彼らは焼け尽きなかったんです。

この火の炉というのは、試練に例えることができます。試練というのは、人間の目からは火の炉の中に投げ込まれ、辛い、苦しい、悲しいものに見えます。私たちは、その試練からは逃れることができません。この試練という火の炉に投げ込まれることからは救われないでしょう。しかしこの試練という火の炉の中で、私たちは救われるのです。

私たちが試練に会うとき、神様に祈ると思うんです。「どうか、この試練を乗り越えることが出来ますように。私をここから救い出してださい!」

神様は、私たちを救うことが出来ます。また救う方です。しかし、どのように助けてくださるのか、どのタイミングで助けてくださるのか、私たちの考える形で助けてくださるのか、それは分かりません。ただ言えることは、私たちを救うことの出来る、助け出すことの出来る神様であるということです。

私たち人間が考えるのは、炉の中に投げ込まれる前に神様が助けてくださるのが本当の助けだと思ってしまいがちです。炉に投げ込まれたら、もう溶けてしまって、終わりじゃないですか!って思ってしまいます。しかしここでは、彼らは実際に投げ込まれてしまいました。しかし、結果的に神様は彼らを救い出されたんです。

彼らは偶像を拝みませんでした。不利な環境、不利な立場に置かれても、私の神様は私を助けてくださるお方だという信仰がありました。私たちは、炉の中に投げ込まれてしまったらおしまいだと思ってしまいますが、しかし、死からよみがえられたイエス様は、私たちに語られるではありませんか。ですから、死んでおしまいではないんです。

イエス様を例にして、死んでおしまいではないんです。このお方に自分を預けたら、神様は必ず最善な道へと導いてくださいます。神様は私たちにとってどうでもいいようなことをするようなお方ではないということを覚えましょう。このお方が私たちの神様であることを感謝します。

「あなたが水の中を過ぎるときも、わたしはあなたとともにおり、川を渡るときも、あなたは押し流されない。火の中を歩いても、あなたは焼かれず、炎はあなたに燃えつかない。」(イザヤ43:2)

この約束を受け取ります!



■A:考えてみよう
試練の時だからこそ、火の炉の中で救われることを信じ、神様に委ねていきましょう。



■P:祈り



イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

コメント

11月29日(水)のつぶやき

2017年11月30日 02時38分31秒 | 仏教
コメント

◆そそぎの油とかおりの高い香のための香料……。

2017年11月29日 16時00分35秒 | 聖書
(出エジプト三五・八)
この注ぎの油は律法の下で多くの用途をもち、福音の下でも最も重要なものを代表している。もし私たちが受け入れられる奉仕をしようとするならば、すべての聖い奉仕のために油を注がれる聖霊は、私たちにとって欠くことができない。聖霊の助けがなければ、私たちの信仰上の奉仕はむなしい儀式にすきず、私たちの内なる経験は死んだものである。聖霊の油を注がれない時、私たちの伝道はなんとみじめなものになることだろう!
私たちの祈り、賛美、黙想、クリスチャンとしての個人的努力においても同様である。聖い油を注がれることは、敬虔への道のたましいであり、いのちである。それを欠くことは、すべての不幸のうち最大の不幸である。油注ぎを受けないで主の御前に出るのは、あたかも普通のレビ人が祭司の務めをするようであり、それは奉仕というよりむしろ罪である。どうか、私たちが聖なる油注ぎを受けずに、あえて神聖なるわざに携わることのないように。油は私たちの栄光のかしらなるお方から、私たちの上にしたたる。主に油が注がれることにより、主の衣のすそである私たちも、その豊かな油注ぎにあずかる。
精選された香料は、薬剤師の巧妙な技術によって調合されて注ぎの油となり、私たちに聖霊の感化の豊かさを示す。すべてのよいものは、神である慰め主の中に見いだされる。たぐいない慰め、誤りない教え、不滅のいのち、霊の力、神の聖潔、これらのすべてが、他の高貴なものと結合されて、聖霊の天来の注ぎの油の中に見いだされる。これを注がれる人は、その品性の上に快い香りを受ける。富む者の財宝の中にも賢者の知恵の中にも、これに比すべきものは見いだされない。それは模倣できるものではない。それは神のみから来て、イエス・キリストを通して、すべての待ち望むたましいに無代価で与えられる。
私たちは、それを求めようではないか。なぜなら私たちはそれをもつことができるからである。今夜でも、おお主よ。あなたのしもべに油を注いでください。
 
コメント

「あなたは自分の心を神の心のようにみなしたが、

2017年11月29日 15時59分27秒 | 聖書

あなたは人であって、神ではない」(エゼキエル28:2)

私たちの信仰生活から、平安と喜びを奪うのが、プライドという罪だ。
隠れているのでわからないし、気づかない。種々の問題の根にプライドがある。

エデンの園で、アダムとエバは、サタンに誘惑されたが、その誘惑はプライドに触れて来た。
それを食べると、あなたがたが神のようになり、善悪を知るようになると、神は知っている。
神はそれが嫌なのだとのニュアンスだ。

何で、神に言われなきゃならない?命令されなくてはならない?
サタンは挑んで来た。あなたが神になれば?
神になど命令されずに、自分の事は自分で決めたらよい。
プライドだ。プライドは人の上に立ちたい、支配したい。
自分が上でないと気が済まない。

サウルは、女たちが歌った言葉に、プライドがひどく傷ついた。
「サウルは千を打ち、ダビデは万を打った」「サウルは千を打ち」だけなら良かった。
何もどうもなかった。
「ダビデは万」が入ったことで、比較となり、自分が一番でない事に、自分が劣ることに、まして女たちに、それも笑いながら言われた事に、激高

プライドが赦さない。妬みは激しい憎悪となり、実際に殺害行動へと発展して行く。
あなたの怒り、妬み、憎しみ・・よく心を御霊に照らされるなら「プライド」へと行き着く。
根にプライドの問題がある。まず自分の姿を知る事が平安への一歩だ。
それを認めて悔い改める時、自由にされる。
---------------
あなたの心は自分の美しさに高ぶり、その輝きのために自分の知恵を腐らせ・・・わたしはあなたを地上の灰とした。と続いて記されている。
私達の中に高慢な自我が強く生きている。
何に満足しているのかを神様によく示されますように。


コメント

おはようございます。

2017年11月29日 06時41分16秒 | 日記

今日1日感謝の一日をありがとうございます。

合掌

コメント

今日の聖人の記念日

2017年11月29日 06時40分13秒 | キリスト教

聖セルニン殉教者(トゥールーズ)

3世紀

 セルニンは、ローマで生まれ、245年ころ教皇ファビアノからスペインのパンプローナに派遣された。彼は、そこからフランスのアルスに渡り、司教のもとで宣教に従事した。

 その後トゥールーズの司教に任命され、説教によって多くの人びとを信仰に立ち返らせた。しかし、トゥールーズのキリスト教でない神殿の祭司たちは、人びとがセルニンの建てた教会にお金を寄付することで、彼に反感を持つようになった。そして、ついにセルニンは、祭司たちに殺された。

 今日、トゥールーズの聖セルニン教会は、フランスで最も大きいロマネスク建築の教会である。セルニンの遺骨は、1746年に作られた墓のブロンズの雄牛の上に安置されている。

コメント

◆喜びの三条件

2017年11月29日 06時38分53秒 | 聖書

悪人はそむきの罪を犯して自分のわなをかける。
しかし正しい人は喜びの声をあげ、楽しむ。(箴言二九6)
世の中のあらゆる罪は、背きの罪です。神はあなたを愛し、あなたのために最善の計画を立て、あなたに最善のことをしてくださろうというのに、それを踏みにじり、自分勝手な恥ずかしいつまらないことをしてしまうエゴイズム。――それが罪であり、背きです。また、罪の大部分は神の愛への背きであるばかりか、人の愛・信頼・期待への裏切りなのです。罪こそは、人間関係を壊すナンバーワンの元凶です。
ところが、神に対しても隣人に対しても正しい関係にある人、つまり正しい人は、「喜びの声をあげ、楽しむ」といわれます。「喜び」は、楽しみとか幸せとかいう以上に、生き生きした健全な生き方のシンボルみたいなことばです。幸せは、めぐり合わせのよい時のもの、楽しみは、楽しいことをしている時のものです。しかし、貧しい時・病む時・苦しい時も、そして楽しくない時にもわきあがってくるものこそ、「喜び」です。
人生の最も深い喜びの土台に、三つのものがあると思います。
・ 愛し愛されている、受け入れられ受け入れているという確信。
・ 進んで喜んで語り合うコミュニケーションの道が、まっすぐ開けていること。
・ 自分のためでなく、相手のために仕えるという心の姿勢があること。
この三拍子がそろえば、「喜びの声をあげて楽しむ」ことのできる人間関係に太鼓判が押されます。まずキリスト・イエスを通して、私たちに対して三つの条件を整えてくださった神は、私たちを待ち構えていらっしゃいます。私たちがその愛に応答していくところに、何ものにも侵されない「喜び」の人生の出発があるのです。
 
コメント

◆人々の間を歩き回って、人を中傷してはならない。……

2017年11月29日 06時38分00秒 | 聖書
あなたの隣人をねんごろに戒めなければならない。そうすれば、彼のために罪を負うことはない。(レビ一九・一六、一七)
人の悪口を言う者は三重の毒を流す。悪口を言う者と、聞く者、話題に上っている者を害するからである。その悪口が真実であるかどうかにかかわりなく、私たちはみことばによって、それを禁じられている。
主の民の名声は非常に尊いものである。私たちは悪魔を助けて教会を辱しめ、主の御名を汚さないように心しなければならない。ある人々の舌には、拍車よりもむしろくつわが必要である。多くの人々が、兄弟を引きずり下ろすことによって、あたかも自分の地位が高められたかのように思って得意になっている。
ノアの賢い息子たちは、裸の父に着物をかけた。そして、父の裸を暴露した子どもは恐ろしいのろいを受けた。私たち自身この暗黒の時代に住んで、自分たちの兄弟が寛容であり、沈黙を守ってくれることを望んでいる。私たちも喜んで、今それを必要とする者に同様の態度をとろうではないか。人の悪を語るな。これを私たちの家憲とし、誓いとしよう。
しかし聖霊は、私たちが罪をとがめ、それに対して適当な処置をとることを許しておられる。だが、それは陰で兄弟をあざ笑うのではなく、相対して戒めることによってなされなければならない。これは雄々しく、兄弟愛に満ちた行いであり、キリストと同じ方法である。これは神の祝福を受け、効果を上げるであろう。
肉はそれを恐れるか。それなら私たちはさらに良心を励まし、ぜひともそれを実行しなければならない。それは友人の罪を見過ごすことにより、私たちが共犯者とならないためである。誠実な牧師や主にある兄弟たちの時宜を得た、賢明な、愛のある警告によって、幾百という人々が重大な罪から救われている。私たちの主イエスはペテロに警告を与え、またそれに先立って祈り、彼が高慢にもそれを無用だとして拒んだのに、優しく耐え忍ばれた。そして、罪を犯した友をどう扱うべきかという、いつくしみ深い模範を示されたのである。
 
コメント