座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

◆主は……

2014年05月31日 16時47分44秒 | 聖書

あなたのすべての病をいやし……。(詩篇一〇三・三)

この聖句は控え目に述べているが、しかし事実ははっきりしている。私たちはみな、多かれ少なかれ罪の病にかかっている。私たちの病気をいやすことができ、また喜んでそうしてくださる偉大な医者をもっていることを知るのは、なんという慰めであろう。
今夜しばらく主について考えよう。主のいやしは迅速である。主を一目見るだけでも力づけられる。主のいやしは完全である。主は病の根源を断たれる。だから主のいやしは確実である。主は決して失敗されることなく、病は決して再発することはない。キリストがいやされるならば、病がぶり返すことは決してない。主は患者に一時的な治療をされず、全く新しい人間に造り変えられるのである。主はまた、人々に新しい心を与え、彼らのうちに正しい霊を置かれる。主はあらゆる病の治療に熟練しておられる。医師にはそれぞれの専門があり、一つの病について、特に詳しく研究している。しかし、イエス・キリストは人間性のすべてに精通しておられる。主はどの罪人についても、その状態をよく知られ、決して治療の困難な例外的な場合に遭遇されることはない。主は、非常に複雑で奇妙な病を扱われなければならなかった。しかし主は一目見ただけで、どのような治療を施せばよいかをお知りになるのである。主は唯一の万能医師であり、主が与えてくださる薬は、すべての病をいやすことのできる唯一のものである。
私たちの霊の持病がどのようなものであっても、私たちはただちにこの医師である神に相談すべきである。イエスがいやすことのできない心の悲しみはない。「御子イエスの血はすべての罪から私たちをきよめます。」
主がちょっと手を触れられただけで、数えきれないほどの人があらゆる病からいやされた事実を考えてみよう。そうすれば私たちは、喜んで自らを主の御手にゆだねるであろう。私たちが主にゆだねるならば、罪は死ぬ。私たちが主を愛するならば、恵みは生きる。主を待ち望むならば、恵みは強くされる。私たちが主を目のあたりに見るならば、恵みは永遠に全うされる。

 

コメント

「わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っているからだ…

2014年05月31日 16時46分47秒 | 聖書

それはわざわいではなくて、平安を与える計画であり…」(エレミヤ29:11)

ジグソーパズルをした事があるだろうか。
一つ一つのピースは、断片でわけがわからない。
しかし、それぞれのはまるべき場所に埋めて行くと、素晴らしい見事な絵が完成する。
一つのピースとして無駄なものはない。
全ピースが必要なのだ。
そのように、私達の日常に起こる一つ一つの出来事も、なぜ?どうして?と思う事が多い。
わけがわからない事がある。
しかし、一つ一つの出来事に神の計画と意図がある。
全体が見えて来ると、主のお心がわかって来る。
教えようとして下さっている事がわかる。
一つ一つを、後で考え合わせた時に、ピタッとはまって解き明かされる事を経験した事があるだろう。
一つとして無駄な出来事はない。
今、困難があるか。理解は出来ないが、主の御手から来ている。
一羽の雀さえ父のお許しなしには地に落ちない。
神のなさる事は時にかなって美しい。
最善だと、信仰によって受け入れよう。
--------------------
主は完全な、そして愛の御手で養い育てて下さっている。
あの事があったから、今の自分がある、あの事が益となり、このようになった。
今までの軌跡を考えるとパズルが埋まるように、思い当たる。

コメント

「ただ働き合法化」と「解雇自由化」/安倍「雇用改革」(上) ・・・

2014年05月31日 07時57分28秒 | 聖書
許してはいけません。全労働者・全国民の反対で、安倍のよこしまな企みを粉砕しましょう!!

コメント

◆利 益 と 欠 損

2014年05月31日 07時54分13秒 | 聖書

すべての勤労には利益がある。
おしゃべりは欠損を招くだけだ。   (箴言一四23)

石油ショック以来、いろいろの国や国民や会社が石油問題で苦しんでいます。
ところで三年近く前のこと、ある産油国の様子をテレビで見ました。採掘や精製に使う設備が保全や修理がされないで、ほったらかしになっています。そこで、自分の国で使う灯油にまで事欠いて輸入しなければならない情況になるだろうと、くさったりさびたりした設備の写真が映し出された時には、心を刺されました。産油国であるその国にも、いろいろむずかしい複雑な事情もあることでしょう。しかし、石油でもうけて、なまけていて全く働かなかった結果を見せつけられたような気がしました。
勤労と労働は、人間に神が与えてくださった祝福です。
「働かざる者は食うべからず」(Ⅱテサロニケ三10参照)も、聖書のことばです。働くことをいやがったり憎んだりするのではなく、神からの贈り物とすることは、どんなに大切なことか分かりません。こう考えて、社会が必要とするものを骨身を惜しまずに生み出し、社会が必要とする仕事につく時、人は、自分の値打ちを認識できます。
そこには、働く喜びが伴います。自分のしていることが、教えることであれ生産であれ商売であれ、神の任命によっていることが分かり、生きていく力が与えられます。経済的な収入面ばかりではなく、目に見えないその他の点や目に見える多くの面で、利益・収益を得るのです。勤労と労働を尊ばない時、人生に必ず何かの欠損が生じるでしょう。
愛してくださる神のもとで、神から与えられ預けられた人生を、神から与えられた仕事のために労する勤労は尊いのです。

 

コメント

◆王はキデロン川を渡り……。

2014年05月31日 07時53分00秒 | 聖書

(Ⅱサムエル一五・二三)

ダビデは裏切りの子アブシャロムに追われ、悲しみのうちに部下とともに陰気な川を渡った。神のみこころを求めていた彼は、困難から除外されていたのではなく、むしろその生涯は患難に満ちていた。彼は主に油注がれた者であると同時に、主の悩みを負う者であった。それなのにどうして私たちが困難を免れることを期待できるだろう。悲哀の門の前で、最も気高い人々が灰をかぶって座していたのに、私たちは困難に際して全く予期しないことが起こったかのように不平を言うことができようか。
王の王も楽しい立派な道を歩まれなかった。エルサレムの汚物が流れているキデロンの濁流を渡られたのである。神は罪のない子をただ一人もっておられたが、むちを加えられない子は一人ももたれなかった。イエスがすべての点において私たちのように試みられたことを信じるのは、私たちにとって大きな喜びである。
今朝私たちの渡るべきキデロンは何か。不信の友か。悲しい死別か。中傷か。暗黒の前兆か。私たちの王はこれらのすべてを渡られた。肉体の苦痛、貧困、迫害、侮辱か。私たちの王は先に立ってこれらすべてのキデロンの上を行かれた。私たちの試練が特珠なものであるとの考えは、ただちに、また永遠に捨てなければならない。なぜならすべての聖徒のかしらなるお方が、そのご体験により、私たちが特別なものと考えているその悲しみを知っておられるからである。すべてのシオンの民は、インマヌエルがかしらであり隊長である名誉ある哀悼者の群れに加わらなければならない。
ダビデは一時卑しい身分に下ったが、やがて勝利を得て都に帰り、またダビデの主は勝利を得て墓からよみがえられた。だから私たちも勇気を奮い起こそうではないか。なぜなら、私たちもまたいつの日にか勝利を得るからだ。今しばらくの間は罪と悲しみの汚れた流れを渡らなければならないが、やがて喜びにあふれて救いの井戸から水をくむのである。十字架の兵士よ。勇敢であれ。王ご自身がキデロンを越えて勝利を得られた。あなたもまた同様に勝利を与えられる。

 

コメント

第1サムエル記25章18-22節

2014年05月31日 07時51分20秒 | 聖書

25:19 自分の若者たちに言った。「私の先を進みなさい。私はあなたがたについて行くから。」ただ、彼女は夫ナバルには何も告げなかった。
25:20 彼女がろばに乗って山陰を下って来ると、ちょうど、ダビデとその部下が彼女のほうに降りて来るのに出会った。



 主人に仕える若者から事情を聞いたナバルの妻アビガイルは、びっくりしました。

そして自分の夫が不正を行ったということを知った時、彼女は、自分でダビデの下に行って謝ろうと思いました。

 そこで彼女は、パン200個、葡萄酒の皮袋2つ、料理した羊5頭など、いろいろな物を準備して、若者達を先に進ませダビデの所に急ぎました。

このことは、夫には何も知らせませんでした。

そして彼女が進んでいった時に、このナバルに報復の思いで向かっていたダビデの一行に出くわしました。

 彼女は夫の愚かさを、自分で補おうとしました。

ですから、一生懸命、持てるものを準備して、ダビデの下に急いだのです。

夫の誤りを認め、ただ夫を愚か者というのではなく、自分でその夫に代わって対処をしたのです。


コメント

マルコによる福音書9章29節、詩篇31篇

2014年05月31日 07時47分13秒 | 聖書

 ★  するとイエスは言われた。「この種のものは、祈りによらなければ、何によっても追い出せるものではありません。」

■O:今日のコラム

悪霊に憑かれている人を見たことがありますか?

日本ではこの18節にあるようなひどい症状を引き起こす悪霊憑きは稀のように思われるかもしれませんが、アフリカなど魔術のはびこっているところでは、こういう悪霊の働きが今でも沢山あります。

日本でも実は、口をきけなくする霊や、耳を聞こえなくする霊も見えないように働いていています。自殺に追い込む悪霊の働きが活発なのはお分かりだと思います。

癒しの祈りをして聞かれないのは、受け取る側の信仰もありますが、
悪霊が入り込んで病気の源となってるケースも多く、こういう時は、癒しと同時に悪霊に命じて追い出さなければなりません。

イエスを主と告白し心から信じてその救いを受け取っているクリスチャンであるなら、弟子たちが追い出したように、イエスの御名を行使して、悪霊を追い出すことができます。その権威がクリスチャンには与えられているからです。(マルコによる福音書16章17節)

ではここで言ってる祈りによらなければ何によっても追い出せない「この種のもの」とは何でしょうか。

それは悪霊でも階級の高い悪霊です。
この悪霊を追い出すことのできる祈りとはどんな祈りでしょう?

聖霊による祈り、つまり「異言」の祈りです。

私たちが肉の力で祈る時、そこには限界があります。
イエス様が受難の前にゲッセマネで祈られたとき弟子たちも共に祈るのように2度も言われたのに、3回も寝込んでしまい祈り続けていることができなかったように。

この時、弟子たちがこの悪霊を追い出せなかったのは、聖霊がまだ
下っていなかったので、この祈りができていなかったからでしょう。

異言は霊の賜物の中でも一番最後に書かれている小さな賜物のように思われがちですが、神様は小さいものを使って大きなことをなさるお方。

小さな賜物を求めて、頂き、それを忠実に使いこなす時、次の霊の扉が開いて行きます。異言の祈りは天にある全ての霊的祝福を解き放つ小さな鍵なのです。

私たちはこの祈りをないがしろにしてはなりません。

何故なら、リバイバルが始まっている今、敵も攻撃の手を強めており、霊の世界で激しい戦争が起こっているからです。私たちが異言で祈る時、霊の力が強められ、天使の援軍がドンドン送られてきます。
   
異言で祈ることを辞めるなら、モーセが手を下してしまったとき
敵が優勢になったように、悪霊の力が優勢になってしまうのです。

去年の夏、富士山噴火をとどめる祈りをするため、シャロームの祈り部隊が行って、山頂、7合目、5合目においてそれぞれチームごとに分かれ、激しい祈りと賛美を深夜から翌日昼までの12時間行ったとき、私は5合目で10数人で賛美しつつ大声で異言の祈りをしていたら、一瞬ですが、主が霊の目を開いてくださいました。

それは肉の目では見えないけど、目の前で起こっている天使と悪霊の戦いでした。私たちが大声で祈り賛美をしていると、天使が次から次へと送られてき、目の前の敵を撃ち落していました。その時は、物凄い勢いで天使達が優勢でした。

これで、富士山の噴火はとどまるとはっきり確信した出来事でした。

ラストスパートに入った今の時、主は私たちに超スーパーナチュラルな出来事をたくさん体験させたいと思ってらっしゃいます。

肉の目に見える世界だけの認識ではなく、霊の世界で起こっていることを意識しながら、その領域で生きてほしいと願われているのです。

そこに私たちを導くのが聖霊による祈り「異言」なのです。

■A:考えてみよう

まだもらっていない人は熱心に求めるなら必ず与えらえると聖書に約束されていますから、(ルカによる福音書11章13節)この瞬間から求め始めましょう。

すでにもらっている人は、1日最低1時間の御言葉をむさぼり読む時に+して、1時間は異言で祈ることを始めてください。(すでにできている人は更にもう1時間。)そして、御霊に導かれるなら断食にも従いましょう。

そうすれば、「この種のもの」さえも追い出すことができるようになります。

これから私たちは、自殺の霊を追い出さなければならず、病を引き起こしている悪霊をドンドン追い出していかなければならなのです。

それはイエス様がされていたことで、私たちイエス様の弟子に与えられているミッションだからです。

■P:祈り

宮を離れず、昼も夜も、断食と御霊の祈りによって神に仕えていた女預言者アンナのように、私もあなたに仕えることができますように。
   
イエス様の御名前によってお祈りします。アーメン。

コメント

◆私たちがもはやこれからは罪の奴隷でなくなるためである……。

2014年05月30日 17時20分10秒 | 聖書

(ローマ六・六)

クリスチャンよ。あなたは、罪をどうしようと言うのか。あなたはすでに高価な価を払ったではないか。やけどをした子どもよ。また火遊びがしたいのか。あなたはこうかつな蛇に、もう懲りたはずではないか。その蛇は、あなたの全部の血管に毒を入れたのに、それでもあなたは蛇の穴の上でたわむれ、再び毒蛇の穴に手を入れようというのか。
おお、愚かなことはやめよ。罪が一度でもあなたに真の喜びを与えたことがあるか。そこにあなたは真の満足を見いだしたであろうか。もし見いだしたとすれば、再びあなたの古い奴隷のころに帰り、鎖でつながれるがよい。しかし、罪は決してあなたに約束したものを与えずに、虚言で惑わすのみである。だから、こうかつな猟師のわなに再びかかることのないように注意せよ。自由の身になっても、昔の捕われの経験を思い出して、再び網にかかることのないようにせよ。それは永遠の愛のご計画に背く。その計画のすべては、あなたの純潔と聖潔を目的としている。
さらにもう一つの考えが、あなたが罪に走るのをとどめる。クリスチャンは決して安易に罪を犯すことはない。彼らは、自分のした悪に対して大きな代償を支払うことになるからだ。咎は心の平和を破壊し、イエスとの交わりを曇らせ、祈りを妨げ、たましいに暗黒をもたらす。だから罪の奴隷になってはならない。
さらに大きな理由がある。「罪の奴隷となる」たびに、あなたは主を新たに十字架につけてさらしものにしているのである。このような思いに耐えられるか。
おお、もしあなたが今日何かの罪に陥っているならば、ひどくならないうちにあなたを引き止めようと、主が今夜、私を通してあなたに語られたのではないだろうか。イエスに帰れ。主はあなたに愛を注ぐことを忘れられず、その恵みは変わらない。涙と悔い改めをもって、主の足もとに来れ。主は再びあなたを心の中に受け入れ、あなたは千歳の岩の上に置かれ、あなたの行く道が定まるであろう。

 

コメント

「わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っているからだ…

2014年05月30日 17時19分16秒 | 聖書

それはわざわいではなくて、平安を与える計画であり…」(エレミヤ29:11)

ジグソーパズルをした事があるだろうか。
一つ一つのピースは、断片でわけがわからない。
しかし、それぞれのはまるべき場所に埋めて行くと、素晴らしい見事な絵が完成する。
一つのピースとして無駄なものはない。
全ピースが必要なのだ。
そのように、私達の日常に起こる一つ一つの出来事も、なぜ?どうして?と思う事が多い。
わけがわからない事がある。
しかし、一つ一つの出来事に神の計画と意図がある。
全体が見えて来ると、主のお心がわかって来る。
教えようとして下さっている事がわかる。
一つ一つを、後で考え合わせた時に、ピタッとはまって解き明かされる事を経験した事があるだろう。
一つとして無駄な出来事はない。
今、困難があるか。理解は出来ないが、主の御手から来ている。
一羽の雀さえ父のお許しなしには地に落ちない。
神のなさる事は時にかなって美しい。
最善だと、信仰によって受け入れよう。
--------------------
主は完全な、そして愛の御手で養い育てて下さっている。
あの事があったから、今の自分がある、あの事が益となり、このようになった。
今までの軌跡を考えるとパズルが埋まるように、思い当たる。

コメント

認定結果が届いたらケアマネを選ぶ/介護保険 わかる介護入門(4)・・・

2014年05月30日 07時19分16秒 | 介護

 

要介護認定の流れとポイント/介護保険 わかる介護入門(3)・・・「赤旗」日曜版  http://blog.goo.ne.jp/uo4/e/908286e138d5589a457c8abf0f5ed9f2

知っておきたい9のポイント/介護保険 わかる介護入門(2)・・・「赤旗」日曜版 http://blog.goo.ne.jp/uo4/e/c19aa54bc888459445148e92eaa6ac4f

その時になる前に知っておこう/明日は我が身の時代 わかる介護入門(1)・・・「赤旗」日曜版 http://blog.goo.ne.jp/uo4/e/0780ca8c713f93219422823b906c0682
コメント

◆隣人をどう見るか

2014年05月30日 07時17分01秒 | 聖書

自分の隣人をさげすむ人は罪人。
貧しい者をあわれむ人は幸いだ。   (箴言一四21)

何年か前、カンボジアの難民の有様を視察する日本人視察団が派遣されました。女の方が団長さんでした。その報告の第一声として、「こんなひどいことが、隣の国にあるのに、日本人は行って助けていない。日本人も、お金だ政策だと言うより、まず第一に行って助けるべきです」と話されました。ほんの数えるほどしか、日本人は行っていないとのことです。
その報告がのった次の朝、新聞の漫画を見ました。「ルック」とか「ヨーロッパ二週間の旅」の旗をたてて、毎年何十万と出かける日本人旅行団が、旗を塗り替えて、「カンボジア難民を助ける旅」を組織して出かけるところでした。
日本人には、自分の家庭・職場・会社を守り、他人に迷惑をかけなければそれでいいという考えがあるのかもしれません。しかしほんとうの愛は、利害関係を越えて、隣人に助けの手をさし伸べないでしょうか。日本人の親は、関係のない人、いいえ、あなたの兄弟姉妹である世界の、国内の同胞たちに、無条件で愛の手をさし伸べる模範を、子どもたちに示していないのではないかと、私自身も反省しています。
三浦綾子さんは、長い病床の苦しい経験の中から、同じく病床で苦しんでいる病人の方たちに慰めの手紙をせっせと書き始められました。そして、このように言われたのです。「他人を慰めようとすること以上に、自分自身が慰められることはほかにない。」こうして具体的に隣人に愛の手をさし伸ベさせるものは、自然に心からわき出るものです。ほんとうの愛の行為は、ほんとうの愛の心から出てくるのです。そんな愛は、無条件で愛し、すべての人のためにいのちを捨てられた神を知り神に従うへりくだった心に、神から注がれます。そして、そのような人はことばで表せない幸せを経験するのです。

 

コメント

◆私たちのために、

2014年05月30日 07時14分56秒 | 聖書

ぶどう畑を荒らす狐や小狐を捕えておくれ。(雅歌二・一五)

小さなとげが大きな苦痛を与え、小さな雲が太陽を隠すことがある。小狐がぶどう園を荒らし、小さい罪が柔らかい心に害を与える。小さい罪がたましいの中に巣を作り、キリストの憎まれるもので満たすので、キリストは私たちと親しい交わりを続けるのをやめられる。大きな罪はクリスチャンを滅ぼすことはできないが、小さい罪は彼をみじめにすることができる。
イエスは、その民が身に覚えのあるすべての罪をことごとく捨てなければ、共に歩まれない。主は言われる。「もし、あなたがたがわたしの戒めを守るなら、あなたがたはわたしの愛にとどまるのです。それは、わたしがわたしの父の戒めを守って、わたしの父の愛の中にとどまっているのと同じです」と。
あるクリスチャンは、ごくまれに救い主のご臨在を経験するにすぎない。これはなぜか。たしかに弱い幼児が父親から離れているのは苦痛に違いないのに。あなたは神の子でありながら、父の顔を見ないで満足していられるのか。おお、あなたはキリストの花嫁でありながら、一緒でなくても満足していると言うのか。たしかに、あなたは悲しむべき状態に陥っている。なぜならキリストの貞節な花嫁ならば、夫が去ってしまえば、鳩のように嘆き悲しむはずだからである。
それゆえ、なぜキリストが去られてしまうかを考えてみよ。主はあなたの罪の塀の背後に身を隠された。塀は大石でも小石でも作れる。海は一滴の水が集まって、岩は砂の集まりによってできたものである。あなたを主から隔てている海も、あなたの小さな罪が集まったものかもしれない。あなたの船に致命的な大損害を与えた暗礁は、あなたの小さな罪というさんご虫の日ごとの働きによって造られたものかもしれない。
もしあなたがキリストと共に生き、共に歩み、キリストを見、そして交わりたいと願うなら、花盛りのぶどう畑を荒らす小狐に注意せよ。イエスは、共に狐を捕えに行こうと言われる。主はサムソンのように、ただちに狐を捕えられるだろう。主と共に猟に行け。

 

コメント

第1サムエル記25章14-17節

2014年05月30日 07時14分04秒 | 聖書

25:15 「あの人たちは私たちにたいへん良くしてくれたのです。私たちは恥ずかしい思いをさせられたこともなく、私たちが彼らと野でいっしょにいて行動を共にしていた間中、何もなくしませんでした。
25:16 私たちが彼らといっしょに羊を飼っている間は、昼も夜も、あの人たちは私たちのために城壁となってくれました。」



 ダビデから遣わされた若者達が帰った後、ナバルに使われている若者の一人が、ナバルの奥さんに告げました。

ダビデとその周りの人々は、自分たちに大変良くしてくれ、自分たちの羊などを盗むようなことをしないばかりか、自分たちが困難に遭遇した時には、自分たちを守るために城壁になってくれました。

ところが、あなたのご主人はそんなダビデをののしって、侮辱を加え、使いの若者を追い出してしまいました。

こんな事をしたら私たちは、ダビデによって滅ぼされてしまいますと伝えたのです。

使用人の彼は、ナバルが誠実ではないことを知っていました。

しかし婦人は違うと思いましたから、自分の思っていることを伝えて、善処を求めたのです。

良いことが無視されるのを、彼は黙視出来なかったのです。

コメント

マルコによる福音書8章 (詩篇30篇)

2014年05月30日 07時12分38秒 | 聖書

 ★  イエスは言われた。「まだ悟らないのですか。」

■O:今日のコラム

私は毎日、祈る祈りがあります。それは「今日も知恵と啓示の御霊で満たし、主の御言葉の悟りを与えて下さい。」と言う祈りです。

主は霊ですから私達の肉の性質によっては主に属する事を悟る事は出来ません。主の事は御霊によって悟るのです。

主イエスの弟子達は聖霊を受ける前までは絶えず人間的な基準によって物事を判断していました。その為、彼らは主イエスの奇跡を見ても、御言葉を聞いてもそこから真理を悟る事が出来ない状態にありました。

今日の箇所において主イエスがパリサイ人のパン種について話した時、彼らはパンを持って来なかった事について議論をし始めました。

主イエスはそれは弟子達が「目がありながら見えず、耳がありながら聞こえない。」状態にあると言う事を指摘されました。

この「悟る」と言う言葉は、「思いと結び付く」と言う意味があります。御言葉は信仰と結び付く時に私達にとって生きたレーマとなるのです。

彼らの信仰と結び付ける為に、主イエスはパンの奇跡をなされた時、あえて弟子達の手を通してその奇跡を解き放たれました。ここには、弟子達と私達に対する重要な信仰のレッスンがあります。
   
   
それは、裂かれたパンは、主の手から弟子達の手に渡され、人々にその恵みが及んで行く、と言う事です。つまり裂かれたパンとは生ける真のパンなる主イエスの十字架を意味し、その十字架の救いの福音は弟子達に委ねられ、そして今は信じる私達を通して人々に救いと癒しと奇跡、主の御国が運ばれて行くのです。
   
後に聖霊を受けた弟子達は、主イエスが言われた一つ一つの言葉の意味を悟る様になり、彼らを通して主の御業がこの地に解き放たれ、福音が全世界に宣べ伝えられて行く事となりました。

私達も主の御言葉を悟る事が出来る様に、今日も祈りを持って聖霊様を求め、御言葉を開きましょう。

■A:考えてみよう

「エッサイの根株から新芽が生え、その根から若枝が出て実を結ぶ。その上に、主の霊がとどまる。それは知恵と悟りの霊、はかりごとと能力の霊、主を知る知識と主を恐れる霊である。」(イザヤ書11章1-2節)   

これが主イエスの内にあった霊性です。私達も神の子どもとして、この霊性を受ける事が出来ます様に。共に飢え渇いて祈り求めましょう。

■P:祈り

主よ今日も新たに知恵と啓示の御霊によって私を満たし、主の御言葉を悟る事が出来る様に導いて下さい。
   
父なる主よ。私はあなたの心を深く知りたいです。あなたの仰せ、あなたの戒め、あなたの御言葉を心から愛します。

イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

コメント

◆この町エリコの再建を企てる者は、

2014年05月29日 16時51分25秒 | 聖書

主の前にのろわれよ。(ヨシュア六・二六)

エリコの町を再建する者がのろわれるならば、まして私たちの中に間違った教えを再建しようとする者は、どんなにのろわれることであろう。私たちの先祖の時代に、その巨大な城壁は、先祖たちの信仰の力、忍耐強い努力、彼らの福音のラッパの響きに、あえなく崩れ去った。しかし今、その古い土台の上に、のろわれるべき組織を再建しようとする者がいる。おお主よ。彼らの邪悪な企てをくつがえし、彼らが積み上げる石を崩してください。
異なる福音の精神を助長する傾向をもつ一切の誤謬を一掃することは、私たちに課せられた重大な任務でなければならない。この国で根絶に成功したならば、さらに、あらゆる手段を尽くして、世界中に急速に拡大しようとしているこの思想に反対すべきである。これは、熱心な密室の祈りと断固たる証しによって成し遂げることができる。その誤謬に傾いている人々に対して、私たちは裁判官のような大胆さをもって警告しなければならない。若い人々に福音の真理を教え、昔間違った教えを信じる人々がした暗い行為を彼らに語らなければならない。私たちは、光をさらにすみずみまでこの世に広めなければならない。
私たちはイエスのため、福音のために、最善を尽くしているだろうか。そうでなければ、怠慢のため私たちはつけいられる。私たちは聖書を広めるために何をしているのだろう。聖書は、間違った教えを信じる者にとって毒である。私たちは、良い健全な福音の著書を広く世に供給しているだろうか。ルターはかつて「悪魔は『鵞ペン』を憎む」と言った。もっともなことである。聖霊の祝福を受けた良い著者は、悪魔の王国に対して大損害を与えつつあるからである。もし、今夜この文を読んだ幾千の人々が、こののろうべきエリコの再建を妨げるために最善を尽くすならば、主の栄光は、人の子たちの間に急速に広がるであろう。
読者よ。あなたは今何をすることができるか。そして何をしたいと思うのか。

 

コメント