座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

◆主は……

2017年05月31日 17時04分30秒 | 聖書
あなたのすべての病をいやし……。(詩篇一〇三・三)
この聖句は控え目に述べているが、しかし事実ははっきりしている。私たちはみな、多かれ少なかれ罪の病にかかっている。私たちの病気をいやすことができ、また喜んでそうしてくださる偉大な医者をもっていることを知るのは、なんという慰めであろう。
今夜しばらく主について考えよう。主のいやしは迅速である。主を一目見るだけでも力づけられる。主のいやしは完全である。主は病の根源を断たれる。だから主のいやしは確実である。主は決して失敗されることなく、病は決して再発することはない。キリストがいやされるならば、病がぶり返すことは決してない。主は患者に一時的な治療をされず、全く新しい人間に造り変えられるのである。主はまた、人々に新しい心を与え、彼らのうちに正しい霊を置かれる。主はあらゆる病の治療に熟練しておられる。医師にはそれぞれの専門があり、一つの病について、特に詳しく研究している。しかし、イエス・キリストは人間性のすべてに精通しておられる。主はどの罪人についても、その状態をよく知られ、決して治療の困難な例外的な場合に遭遇されることはない。主は、非常に複雑で奇妙な病を扱われなければならなかった。しかし主は一目見ただけで、どのような治療を施せばよいかをお知りになるのである。主は唯一の万能医師であり、主が与えてくださる薬は、すべての病をいやすことのできる唯一のものである。
私たちの霊の持病がどのようなものであっても、私たちはただちにこの医師である神に相談すべきである。イエスがいやすことのできない心の悲しみはない。「御子イエスの血はすべての罪から私たちをきよめます。」
主がちょっと手を触れられただけで、数えきれないほどの人があらゆる病からいやされた事実を考えてみよう。そうすれば私たちは、喜んで自らを主の御手にゆだねるであろう。私たちが主にゆだねるならば、罪は死ぬ。私たちが主を愛するならば、恵みは生きる。主を待ち望むならば、恵みは強くされる。私たちが主を目のあたりに見るならば、恵みは永遠に全うされる。
 
コメント

おはようございます。

2017年05月31日 05時31分19秒 | 日記

今日1日感謝の一日をありがとうございます。

合掌  大西

コメント

聖人の記念日

2017年05月31日 05時30分41秒 | キリスト教

聖母マリアの訪問

 

 聖母マリアのエリザベト訪問を記念する日。マリアが、天使から受胎告知を受けたころ、彼女の親族であるエリザベトも懐妊した。エリザベトは、長年子どもができず年老いていたので、マリアはエリザベトの懐妊を聞き、神の偉大な力に驚き賛美し、さっそく山里にあるエリザベトの家を訪ねる。マリアの訪問を喜んだエリザベトは「あなたは女の中で祝福された方です。……わたしの主のお母様がわたしのところに来てくださるとは、どういうわけでしょう……」と感動した。マリアは、神に感謝して祈った。この祈りが有名な「マニフィカト」である。

 「わたしの魂は主をあがめ、わたしの霊は救い主である神を喜びたたえます。
  身分の低い、この主のはしためにも 目を留めてくださったからです。……」
     (ルカ 1.46~55)

 エリザベトを励まし手伝うマリアの行為は、神と隣人に対する愛の業である。


コメント

◆利 益 と 欠 損

2017年05月31日 05時29分41秒 | 聖書

すべての勤労には利益がある。
おしゃべりは欠損を招くだけだ。   (箴言一四23)
石油ショック以来、いろいろの国や国民や会社が石油問題で苦しんでいます。
ところで三年近く前のこと、ある産油国の様子をテレビで見ました。採掘や精製に使う設備が保全や修理がされないで、ほったらかしになっています。そこで、自分の国で使う灯油にまで事欠いて輸入しなければならない情況になるだろうと、くさったりさびたりした設備の写真が映し出された時には、心を刺されました。産油国であるその国にも、いろいろむずかしい複雑な事情もあることでしょう。しかし、石油でもうけて、なまけていて全く働かなかった結果を見せつけられたような気がしました。
勤労と労働は、人間に神が与えてくださった祝福です。
「働かざる者は食うべからず」(Ⅱテサロニケ三10参照)も、聖書のことばです。働くことをいやがったり憎んだりするのではなく、神からの贈り物とすることは、どんなに大切なことか分かりません。こう考えて、社会が必要とするものを骨身を惜しまずに生み出し、社会が必要とする仕事につく時、人は、自分の値打ちを認識できます。
そこには、働く喜びが伴います。自分のしていることが、教えることであれ生産であれ商売であれ、神の任命によっていることが分かり、生きていく力が与えられます。経済的な収入面ばかりではなく、目に見えないその他の点や目に見える多くの面で、利益・収益を得るのです。勤労と労働を尊ばない時、人生に必ず何かの欠損が生じるでしょう。
愛してくださる神のもとで、神から与えられ預けられた人生を、神から与えられた仕事のために労する勤労は尊いのです。
 
コメント

詩篇39篇12-13節

2017年05月31日 05時28分59秒 | 聖書


39:12 私の祈りを聞いてください。主よ。私の叫びを耳に入れてください。私の涙に、黙っていないでください。私はあなたとともにいる旅人で、私のすべての先祖たちのように、寄留の者なのです。


ダビデは、自分は旅人であり、また寄留者であると語っています。

この地で旅人であるという事は、自分の故郷はこの地にはないということです。

しかし彼が、自分はこの地で旅人であると語る時、自分は一人でこの地を旅しているのではなくて、「あなたと共にいる旅人です」と語っています。

主と共に歩んでいる者だというのです。

つまり、たえず物事を主の御心を思って見、また主の導きと励ましに従って歩んでいると言っているのです。

 この地上を旅人として過ごしていましても、時に苦しみや悲しみが訪れる時があります。

その時に、ダビデは神様に助けを求めて、「私の叫びを耳に入れて下さい」と叫ぶ、というのです。

主と共に旅をすることは、いつも主のみことばに聞き、みことばに教えられ、希望を与えられつつ、歩むことです。

これが、私たちの人生なのです。

コメント

◆王はキデロン川を渡り……。

2017年05月31日 05時27分01秒 | 聖書
(Ⅱサムエル一五・二三)
ダビデは裏切りの子アブシャロムに追われ、悲しみのうちに部下とともに陰気な川を渡った。神のみこころを求めていた彼は、困難から除外されていたのではなく、むしろその生涯は患難に満ちていた。彼は主に油注がれた者であると同時に、主の悩みを負う者であった。それなのにどうして私たちが困難を免れることを期待できるだろう。悲哀の門の前で、最も気高い人々が灰をかぶって座していたのに、私たちは困難に際して全く予期しないことが起こったかのように不平を言うことができようか。
王の王も楽しい立派な道を歩まれなかった。エルサレムの汚物が流れているキデロンの濁流を渡られたのである。神は罪のない子をただ一人もっておられたが、むちを加えられない子は一人ももたれなかった。イエスがすべての点において私たちのように試みられたことを信じるのは、私たちにとって大きな喜びである。
今朝私たちの渡るべきキデロンは何か。不信の友か。悲しい死別か。中傷か。暗黒の前兆か。私たちの王はこれらのすべてを渡られた。肉体の苦痛、貧困、迫害、侮辱か。私たちの王は先に立ってこれらすべてのキデロンの上を行かれた。私たちの試練が特珠なものであるとの考えは、ただちに、また永遠に捨てなければならない。なぜならすべての聖徒のかしらなるお方が、そのご体験により、私たちが特別なものと考えているその悲しみを知っておられるからである。すべてのシオンの民は、インマヌエルがかしらであり隊長である名誉ある哀悼者の群れに加わらなければならない。
ダビデは一時卑しい身分に下ったが、やがて勝利を得て都に帰り、またダビデの主は勝利を得て墓からよみがえられた。だから私たちも勇気を奮い起こそうではないか。なぜなら、私たちもまたいつの日にか勝利を得るからだ。今しばらくの間は罪と悲しみの汚れた流れを渡らなければならないが、やがて喜びにあふれて救いの井戸から水をくむのである。十字架の兵士よ。勇敢であれ。王ご自身がキデロンを越えて勝利を得られた。あなたもまた同様に勝利を与えられる。
 
コメント

5月30日(火)のつぶやき

2017年05月31日 01時23分34秒 | キリスト教
コメント

◆私たちがもはやこれからは罪の奴隷でなくなるためである……。

2017年05月30日 16時06分12秒 | 聖書
(ローマ六・六)
クリスチャンよ。あなたは、罪をどうしようと言うのか。あなたはすでに高価な価を払ったではないか。やけどをした子どもよ。また火遊びがしたいのか。あなたはこうかつな蛇に、もう懲りたはずではないか。その蛇は、あなたの全部の血管に毒を入れたのに、それでもあなたは蛇の穴の上でたわむれ、再び毒蛇の穴に手を入れようというのか。
おお、愚かなことはやめよ。罪が一度でもあなたに真の喜びを与えたことがあるか。そこにあなたは真の満足を見いだしたであろうか。もし見いだしたとすれば、再びあなたの古い奴隷のころに帰り、鎖でつながれるがよい。しかし、罪は決してあなたに約束したものを与えずに、虚言で惑わすのみである。だから、こうかつな猟師のわなに再びかかることのないように注意せよ。自由の身になっても、昔の捕われの経験を思い出して、再び網にかかることのないようにせよ。それは永遠の愛のご計画に背く。その計画のすべては、あなたの純潔と聖潔を目的としている。
さらにもう一つの考えが、あなたが罪に走るのをとどめる。クリスチャンは決して安易に罪を犯すことはない。彼らは、自分のした悪に対して大きな代償を支払うことになるからだ。咎は心の平和を破壊し、イエスとの交わりを曇らせ、祈りを妨げ、たましいに暗黒をもたらす。だから罪の奴隷になってはならない。
さらに大きな理由がある。「罪の奴隷となる」たびに、あなたは主を新たに十字架につけてさらしものにしているのである。このような思いに耐えられるか。
おお、もしあなたが今日何かの罪に陥っているならば、ひどくならないうちにあなたを引き止めようと、主が今夜、私を通してあなたに語られたのではないだろうか。イエスに帰れ。主はあなたに愛を注ぐことを忘れられず、その恵みは変わらない。涙と悔い改めをもって、主の足もとに来れ。主は再びあなたを心の中に受け入れ、あなたは千歳の岩の上に置かれ、あなたの行く道が定まるであろう。
 
コメント

「しかし、人が主に向くなら、

2017年05月30日 16時05分18秒 | 聖書

そのおおいは取り除かれるのです」(Ⅱコリント3:16)

人が自分でなく、主に向いて行く時、つまり自分のために生きることを止め、神のご計画に従って生きて行く事を決心した人は、御霊によって本当の自分の姿を見せられて行く。

御霊によって自己中心のおおいが取り除かれる。
その時初めて、「自分、自分・・」でなく、自分の栄誉、自分を良く見られたいと思う思いより、主を知りたいという思いに変えられて行く。
主に従って行きたいと思うようになる。

「主は御霊です。そして、主の御霊のあるところには自由があります」かつてこの世の虚しいものを求めていた者が、この世の物に支配されない、欲望満足の喜びではない、御霊の喜びが与えられる。

欲望で縛られていた心が解き放たれ、本当の自由を味わうことができる。
関心と興味が自然に以前と違って来る。御言葉を喜び、主との交わりを喜び、霊的なものに食欲が湧いて来る。

「私たちはみな、顔のおおいを取りのけられて、鏡のように主の栄光を反映させながら栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられて行く」

主が喜ばれるものを、喜ぶように変えられる。主の視点で状況や事態を見るように変えられ、発想や価値観が変えられる。

自分の損得や欲望のためでなく、主に喜ばれるよう生きるように変えられて行く。
愛、喜び、平安、寛容・・の実を結ぶ者とされる。主に向いて行く時に。
これらすべて御霊の働きだ。

-----------------
以前とは、確かに変えられている。
価値観や発想が変えられ、自分だけのために生きていた者が、主の御心を行なおうとしている。
目が自分に向いている時、気づきが与えられるように。
御言葉は何と言っているか。主のみ思いは?

コメント

おはようございます。

2017年05月30日 07時36分42秒 | 日記

今日1日感謝の一日をありがとうございます。

合掌  大西

コメント

今日の聖人の記念日

2017年05月30日 07時35分57秒 | キリスト教

聖ジャンヌ・ダルクおとめ

1412年-1431年

 「オルレアンの少女」と呼ばれたフランスの国民的英雄であるジャンヌは、ドレミという貧しい農家の娘として生まれた。当時、フランスでは英仏百年戦争が始まり、国内は王族が分裂して危機の状態にあった。ジャンヌは、幼いながらも祖国の危機に心を痛め、毎日祈っていた。

 ある日、彼女は「フランスを救え」という神からの啓示を受ける。13歳のときだった。しかし、フランス軍の司令官は彼女の言葉を信じなかったので、フランス軍はオルレアンの近くで敗北するだろう、ということを彼女は予言した。そのとおり、フランス軍は敗北。神学者たちは、ジャンヌが神から啓示を受けたことを認め、彼女はフランス軍を率いる許可を得た。彼女は白い軍服を着て馬にまたがり、イギリス軍に包囲されたオルレアンに進撃して、解放した。第2、第3と勝利を得て、皇太子をシャルル7世として王位につかせた。

 しかし1430年、対立していた軍に捕えられ、イギリス軍に引き渡された。宗教裁判にかけられたジャンヌは、魔術によって神を冒とくしたという罪をきせられ火刑の宣告を受けた。燃えさかる炎の中でも、彼女はイエスとマリアのみ名を呼び、息絶えたといわれる。その25年後、教皇カリスト3世によって、宗教裁判のやり直しが命じられ、無罪の判決をうけてジャンヌの名誉は回復された。




コメント

◆隣人をどう見るか

2017年05月30日 07時34分57秒 | 聖書

自分の隣人をさげすむ人は罪人。
貧しい者をあわれむ人は幸いだ。   (箴言一四21)
何年か前、カンボジアの難民の有様を視察する日本人視察団が派遣されました。女の方が団長さんでした。その報告の第一声として、「こんなひどいことが、隣の国にあるのに、日本人は行って助けていない。日本人も、お金だ政策だと言うより、まず第一に行って助けるべきです」と話されました。ほんの数えるほどしか、日本人は行っていないとのことです。
その報告がのった次の朝、新聞の漫画を見ました。「ルック」とか「ヨーロッパ二週間の旅」の旗をたてて、毎年何十万と出かける日本人旅行団が、旗を塗り替えて、「カンボジア難民を助ける旅」を組織して出かけるところでした。
日本人には、自分の家庭・職場・会社を守り、他人に迷惑をかけなければそれでいいという考えがあるのかもしれません。しかしほんとうの愛は、利害関係を越えて、隣人に助けの手をさし伸べないでしょうか。日本人の親は、関係のない人、いいえ、あなたの兄弟姉妹である世界の、国内の同胞たちに、無条件で愛の手をさし伸べる模範を、子どもたちに示していないのではないかと、私自身も反省しています。
三浦綾子さんは、長い病床の苦しい経験の中から、同じく病床で苦しんでいる病人の方たちに慰めの手紙をせっせと書き始められました。そして、このように言われたのです。「他人を慰めようとすること以上に、自分自身が慰められることはほかにない。」こうして具体的に隣人に愛の手をさし伸ベさせるものは、自然に心からわき出るものです。ほんとうの愛の行為は、ほんとうの愛の心から出てくるのです。そんな愛は、無条件で愛し、すべての人のためにいのちを捨てられた神を知り神に従うへりくだった心に、神から注がれます。そして、そのような人はことばで表せない幸せを経験するのです。
 
コメント

◆私たちのために、

2017年05月30日 07時34分11秒 | 聖書
ぶどう畑を荒らす狐や小狐を捕えておくれ。(雅歌二・一五)
小さなとげが大きな苦痛を与え、小さな雲が太陽を隠すことがある。小狐がぶどう園を荒らし、小さい罪が柔らかい心に害を与える。小さい罪がたましいの中に巣を作り、キリストの憎まれるもので満たすので、キリストは私たちと親しい交わりを続けるのをやめられる。大きな罪はクリスチャンを滅ぼすことはできないが、小さい罪は彼をみじめにすることができる。
イエスは、その民が身に覚えのあるすべての罪をことごとく捨てなければ、共に歩まれない。主は言われる。「もし、あなたがたがわたしの戒めを守るなら、あなたがたはわたしの愛にとどまるのです。それは、わたしがわたしの父の戒めを守って、わたしの父の愛の中にとどまっているのと同じです」と。
あるクリスチャンは、ごくまれに救い主のご臨在を経験するにすぎない。これはなぜか。たしかに弱い幼児が父親から離れているのは苦痛に違いないのに。あなたは神の子でありながら、父の顔を見ないで満足していられるのか。おお、あなたはキリストの花嫁でありながら、一緒でなくても満足していると言うのか。たしかに、あなたは悲しむべき状態に陥っている。なぜならキリストの貞節な花嫁ならば、夫が去ってしまえば、鳩のように嘆き悲しむはずだからである。
それゆえ、なぜキリストが去られてしまうかを考えてみよ。主はあなたの罪の塀の背後に身を隠された。塀は大石でも小石でも作れる。海は一滴の水が集まって、岩は砂の集まりによってできたものである。あなたを主から隔てている海も、あなたの小さな罪が集まったものかもしれない。あなたの船に致命的な大損害を与えた暗礁は、あなたの小さな罪というさんご虫の日ごとの働きによって造られたものかもしれない。
もしあなたがキリストと共に生き、共に歩み、キリストを見、そして交わりたいと願うなら、花盛りのぶどう畑を荒らす小狐に注意せよ。イエスは、共に狐を捕えに行こうと言われる。主はサムソンのように、ただちに狐を捕えられるだろう。主と共に猟に行け。
 
コメント

詩篇39篇7-11節

2017年05月30日 07時33分00秒 | 聖書


39:7 主よ。今、私は何を待ち望みましょう。私の望み、それはあなたです。
39:8 私のすべてのそむきの罪から私を助け出してください。私を愚か者のそしりとしないでください。


人はこの世における栄誉のことや、財産のことなどを大事にして追い求めます。

しかしダビデは、自分が待ち望むものはこの世が与えるものではないと語り、神御自身を指して、「それはあなたです」と言っています。

彼にとっては、神に罪を赦され、受け入られて、神と共に歩むことが出来ること、それが自分の真の望みであると言うのです。

これは神と共にあることが、永遠に生きることが出来る道であるから、ということのみではありません。

神は、誠に生ける方、義と聖とに満ちておられる方であられるので、このお方を神としてあがめ、このお心に従うことが、人としてどれほど大事なことであるかと知るからです。

彼は、人として真の喜びと生きる意義は、誠の神を知り、その神と共に歩むことにあることを、深く知らされていたのです。


コメント

エゼキエル書29章2節

2017年05月30日 07時30分56秒 | 聖書


★「人の子よ。顔をエジプトの王パロに向け、彼およびエジプト全体に預言し、

第一コリント1章2節
★コリントにある神の教会へ。すなわち、私たちの主イエス・キリストの御名を、至る所で呼び求めているすべての人々とともに、聖徒として召され、キリスト・イエスにあって聖なるものとされた方々へ。主は私たちの主であるとともに、そのすべての人々の主です。

18~19節
★十字架のことばは、滅びに至る人々には愚かであっても、救いを受ける私たちには、神の力です。それは、こう書いてあるからです。「わたしは知恵ある者の知恵を滅ぼし、賢い者の賢さをむなしくする。」


■O:今日のコラム
しゃろーむ!5月30日の朝です。今日1日も主によって御言葉を受け取り、御言葉を宣言していきましょう。主が僕らを用いてくださるからです。

僕らはどんな立場であっても、イエス様の十字架の血潮と復活の勝利を信じる信仰によって、永遠のいのちをいただき、救われました。そして、神様の子供としての特権(権威)を持つ者とされました。天のお父さんから、王であり祭司として任命を受けた者となりました。聖徒として召され、キリスト・イエスにあって聖なる者とされたのです。だからこそ、この地に神の御国とその義とを第一に求めていき、御国とその義とを解き放つ者となっていきましょう。

王に預言することは、その土地全体に預言することになります。また、自分自身に対しても御言葉を宣言することによって、自分の霊的状態に必要な預言のことばを得ることができます。僕らが行く所に主の祝福と平安が満ち溢れるのです。この日本に、アジアに、世界に、御言葉を宣言していきましょう。

僕らは自分の無力さを見て嘆く時があるかもしれません。世の人の方が上手に物事を行っているように見えてしまうことがあります。しかし、十字架のことばは滅びに至る人々には愚かであっても、救いを受ける僕らには神様の力です。自分を誇る必要はないのです。主を誇ることが、僕らのやるべきことです。信仰さえも主が僕らに与えてくださったものです。

僕らは自分を明け渡して、主に委ねていきましょう。そして、御言葉を預言として宣言していきましょう。



■A:考えてみよう
御言葉を受け取り、預言として宣言していきましょう。


■P:祈り



イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

コメント