教えて!TOSHIさん:ブログ版

ライブハウス<T☆ROCKS>のオーナーTOSHIによる、音楽や音楽以外・・のお話!

T☆ROCKS:TOSHI

小田急相模原ライブハウス <T☆ROCKS>のオーナー「TOSHI」です。 音楽の話、音楽以外の話・・などなど色々!HPの 「教えて!TOSHIさん」も更新中! t-rocks@jcom.home.ne.jp

メタルTシャツ

2012-07-31 | 日記

え~、先日行った町田某所・・に売ってるメタルTシャツ。

昔はよく着てたしライブ会場に行くと必ず購入してたし、今もたくさん持ってるけど、今はほとんど着ないなあ・・・。

コレクション化してるな。スタジオ練習などのときはテンション上げるために着るのもいいけど、

ステージでは着ない。メタルTシャツ云々ではなくて、Tシャツ1枚でステージで演奏するのがちょっと・・って

ことで。きちんとしたライブ限定の場合だけどね。

でも、この辺のアーティスト公認ではないやつ(たぶん)、は凄くいいよねえ。凄くかっこいいしデザインも

わかりやすくていいぞ(笑)色も派手でいいね。一番欲しいと思われるであろうCDジャケとか、顔がよく

映っている・・とか。

オジーにクラッシュ、メタリカ、AC/DC、モトリー、ジューダス、モーターヘッド、キッス・・・などなど。

特に80年代のケバい初期モトリー(シャウトアットザデビルの頃ですな)、ジーンシモンズのソロアルバムの顔のアップ

などは着てたら赤面もので楽しいね(笑)。勇気がある方はぜひ!逆に70年代~80年ジャストくらいまでさかのぼって

クラッシュだのAC/DCなんかだと全然かっこいいんだけど、80年代のヘアメタルはなぜ今、こんなにダサいんだろう(笑)

めっちゃかっこいいのに(笑)

それにしてもオジーの1枚目、ブリザードオブオズのジャケはかっこいいよね~。エクソシストも彷彿とさせない?

させないか(笑)

 

俺も好きなアーティストのメタルTシャツはいっぱいあるなあ・・。大体コンサート会場で購入してたんで、同じアーティストの

デザイン違いがたくさんある。それとよく背中にそのツアーの日程と会場が書いてあってそれはその年しか

販売されないわけだから結構貴重なんだよね。1984/2/12/Budokan Tokyoとか書いてあったりして・・。

ご想像通り、スージークアトロ、ポールマッカートニー、ナイトレンジャー、チープトリック、キッス、モトリー、ジューダス・・

アイアンメイデンもあったかな・・。

あ、オリビアニュートンジョンとかイルカもあるな(笑)ビートルズもある。ライブ会場で買ったわけではないけど(笑)

それとは別枠(?)で、同じようにプロレスTシャツも多いんだよなあ・・・・(苦笑

一番多いのは長州力だな・・・。さすがにもう着れない(笑)北斗晶もあるぜ!しかもサイン入ってるぜ。こちらもさすがに・・(笑)

コメント

T☆ROCKS周辺

2012-07-29 | 日記

なんかこの前、夜中に民放じゃないチャンネルで新選組のアニメやってた。

「まさかこれ新選組のつもりじゃないだろうなあ・・」って思ってたら、ビジュアル系みたいのが「近藤さん・・」とか言ってて(苦笑

もう全員ビジュアル系。髪青かったり赤かったり灰色だったり・・・(苦笑

芹沢鴨もかっこいい。沖田は前髪を落としてるはずなのにしっかりフサフサ。

また見れるかな。偶然見たやつだからまた遭遇できるかわからないな。ま、偶然見れたら見よう。

 

T☆ROCKS周辺。

物凄く見にくいですが(ってか見えませんが)↓、ここの中華レストラン・・・みたいなお店、凄く美味しい!本格的!

普通の日本人の凄く親切な対応してくれるご夫婦(そろそろ初老か?)がやってる食べ物屋さんなんだけど、

T☆ROCKSで掃除とかミックスの仕上げとか一人で仕事してる時にたまに食べに行く。

駅から商店街を歩いてきて、1個目の信号、斜めに道があるコインパーキングがある交差点。

名前は忘れちゃった・・・。ごめんなさい。

左方向が駅、右が病院。信号の左奥です。

ちなみにT☆ROCKSを出て右にまっすぐ歩いて信号のところ、HAPPYって居酒屋さんも

安くてとてもおいしいです。バンドの人やスタッフもたまに行ってます。

コメント (4)

色々なブログ

2012-07-27 | 日記

最近どんなブログが流行ってるのか適当に見てたら精神世界のこととか鬱のこととかのブログなども

結構人気があって、若干オカルトチックになったりもするんだけど、俺は結構好きなんで「くだらん」と

思うこともあるけど「ほほう、なかなか・・」と思うこともある。

地球規模で見れば男性の性の方が多いので、結局この世は攻撃性が強く、戦争や争いが絶えない・・、とか

でも国規模で見ると国民性の違いで穏やかな国もあるし、それも変わりつつある・・とか・・。

なかなか面白いかもね。

ちなみに俺はユリゲラーと清田君は信じてるぞ(笑)

宇宙人が地球にいる・・ってはどうなんだろうなあ・・。一説によると住民票も持ってるらしいけど(笑)

それからやっぱりストレス社会ってことで鬱日記みたいのも多いし、「こうすればいいんです」的なのも

多いね。本当につらいんだろうなあと思うよ。そこまで自分の心が変わっちゃう(?)ってのは

俺にはわからないから。憂鬱になることはもちろんたくさんあるけど、楽しいことがあればやっぱり

元気にはなるなあ。でもよく書いてあるけど「がんばらないでいい」とか「ゆっくりあせらず」・・・などは

そうだろうと思うけど、「無理に働かなくてもいい」ってのは確かに理想だろうけど、働かなくても大丈夫な人は

鬱にならないような気もする。ストレスで鬱になったのに仕事をなかなか休めないからつらいんだろうなあと思うけどね。

色んな所でパワハラもあるよなあ~・・・全然子供だけの話じゃないよな。いい大人が権力を笠に着て他者を攻撃するとは

稚拙だねえ・・。

コメント (2)

レコ&ランチ

2012-07-24 | 音楽的アドバイス

レコーディング。

9時間のお得プランで、4人組のロックバンド、4曲予定。

正直ミックスダウンまで入れて4曲は厳しいかな・・と思っていたけど、

バックが一発録り、クリックなし・・とのことでかなりの時間短縮、加えてベースもドラムも差し替えなしで、

進み、ギターも一部直しただけ。ギターのかぶせに少し時間がかかったけど、なんとその後のVo録りが

まさかの4曲、ワンテイク!それも「これじゃどうしようもない・・・」方のワンテイクじゃなくて(笑)、ハイクオリティの

ワンテイク。ま、もちろんバンド演奏も含め、超完璧なレコを目指していたわけではなく、細かいところ云々より

勢いを重視したレコなのでこの曲数が可能だったわけだけど、それにしてもメンバーさんが事前にアレンジや

自分がやるべきことをきちんとしてきてくれたことが大きいですな。現場で迷っていると大幅な時間ロスに

なるからね。ま、もちろんそれも含めて実験することも楽しんでレコするつもりならそれで一向に構わないけどね。

曲数を多くしたいなら実験してるヒマはないと言うか、時間を多くとらなければ色々試せない。

4分の曲なら、4分で終わらないからね。聞き返すのに最低4分、迷って話し合うのにさらにかかるので

大目に考えないといけない。

それにしてもあのクオリティで4曲仕上げたのはバンドも俺も上出来ではないかと自画自賛(笑)

出す音もいい音を出してくれていたんで、レコしながらちょこちょこ音質補正も同時に進めて行くんだけど、

それほど大変ではなかったのでミックスも早く出来たってのも大きいね。

 

さて、やっと休めたのでつかの間の休息・・・。ランチはここ。自分が座ってるところから見下ろした風景がこれです。

よく見るとすぐわかると思う。

あ、それとT☆ROCKSで、新メニューです。

飲みやすいライトビールと、これまた飲みやすいハイボールです。ハイボールの方はシトラス&レモン味なので、

それほど苦味もなく美味しいです。この夏限定・・・かも知れないのでチャンスをお見逃しなく!ドリンクチケット+200円。

2杯目以降は400円よん。

コメント (4)

スイーツ

2012-07-22 | 日記

ローソンのスイーツ「ぎゅっと」シリーズ?かな。

それぞれ10回以上は買っているかもしれない。

味が濃くていいんですよ。チーズ好き、チョコ好きにはたまらない。

ライブの仕事などが終わってどっと疲れた後はこれを買って、缶ビール(350ml)も買って、

チューボーとか見ながら食事をするのが楽しみ(笑)

ちなみにビールは半分しか飲まない。ってか飲めない。350を全部飲むと急性アルコール中毒で

倒れる。体に赤い斑点が現れる。寒くなる。顔が真っ赤から真っ青になる。

ので、半分飲んでそのまま冷蔵庫に入れておいて次の日飲む。なんて安上がりなんだろう。

次の日なんてアルコールも炭酸も抜けてるんだけどねえ(笑)

ビールや発泡酒、第3のビール・・・の味が違うのはわかるが果たしてどれが美味しいのかは自分では

わからない。正直言うとどれも美味しくはないね。苦いんだもん。お子様か!でもなんか飲みたいんだよねえ。

労働したあとは。

あとスイーツとしてはセブンイレブンの白玉とあんこのやつも好き~。でもあれ結構高いんだよね。

あとはコーヒーゼリーですな。たらみのナタデココ入りゼリー(かな?)もいいね。

ビールを半分飲んでスイーツも食べる男、TOSHIさんでした。

コメント (4)

Starman

2012-07-21 | 日記

金麦の壇れいの砂を蹴るシーン、特に最後の一蹴りのあまりにイっちゃってる姿がシュールで怖い今日この頃ですが(笑)

暑い夏、いいかも知れないですね。背筋がゾっとします(笑)

ユーチューブをCheapTrickだのThinLizzyだのBoomTownRatsだのSweetだのT-Rex・・・だの見てて、

デビットボウイのスターマンまで行き着いたのですが、デビットボウイは俺が気づいたころにはダンス系に行ってて

スーツ着てて文字通り♪Let's Dance!とか歌ってたんでいまいちピンと来なかったんですが、高校生くらいの

ときに「StarMan」を聞いてその後プロモを見て、ヤられました。こんなかっちょいい曲で、ぶっとんだボウイが

最高です。ぜひ下をご覧あれ。

http://www.youtube.com/watch?v=4B5zmDz4vR4&feature=related

なんだかんだ言っても結局この曲が一番好きだな・・。

 

コメント

水中バレエ

2012-07-21 | 日記

懐かしの水中バレエの話題が出たので、便乗します。

若い子は知らないだろうし、退屈かもしれないけどごめんね。ま、その前に地域も限定される気がするけど・・。

これまた向ヶ丘か、よみうりランドのどちらかにあった気がするんだけど(どうもごっちゃになる)、

文字通り、水中でバレエ・・・と言うか、芝居をやる。

映画館のような劇場に大きな水槽があって、その中で芝居をするんだけど、大体縦7~8メートル・・横はもうちょい

短い・・・かなあ。すいません、かなりあやしいけど、まあつまり中には人間が10人くらい潜っていても全然余裕が

ある広さ。奥行きはあんまりないのかもしれない。

物語は忘れたけど、たぶん人魚の話とかそう言った類の話ではなかったかと思われる。これまた適当でごめんなさい。

もしかしたら本当に踊りだけだったかも知れない。でも衣装着てたな・・。

男の子があまり好んで見るものでもないので俺もそれほどワクワクしてみたほうではなかったと思うが、何回か

見てるのでたぶん遠足か何かでスケジュールに入っていたのだろう。小学校の頃、遊園地に遠足って結構あったんだ。

今はないのかな。チケットを2~3枚もらえて、好きな遊戯に乗れる。ま、それで恐怖のびっくりハウスに入っちまった

わけだけど(笑)。ミラーハウスなんて絶対入りたくなかったね。だって動かないじゃん。スリルがなきゃ。

ま、それで恐怖のびっくりハウスに入っちまったわけだけど(2回目)。

で、その水中バレエなんだけど、なかなかダイナミックな芝居が繰り広げられる。なんたって水中なわけだから、

無重力状態みたいに自由に動き回れて回転も出来るからね。

で、団員(?)はボンベなどと言うヤボなものはつけていない。本当に体一つでその深さ8メートルくらいある水槽の

中を上へ下へ行くわけだけど、たぶん水圧も相当なものだろう。で、当然人間なので息継ぎをしなければいけない

のだけど、それが下の隅っこの方にホースみたいのが出ててそれで息継ぎをするわけ。もちろん演技には

支障のないようにコソっと行い、何事もなかったのようににっこり笑って芝居に戻る。

ま、そんななかなか涙ぐましい努力の賜物の水中バレエなわけだけど、プログラムが終わった後にさ、

一人のオバ様が出てきて、ひとしきり水中バレエの説明をするんだよね。

それが「これだけ苦労してます」とか「これだけの水圧が団員にはかかっています」とか「目もよく見えていません」

とか、どんだけ大変かを真剣に切々と訴えるのが、ちょっと切なくもウザくてさ(苦笑

見た後、少しだけこっちが罪悪感を感じる(笑)。「そんな大変な思いをしてお客さんのためにがんばっているんだあ」

って子供心にちょっと胸が痛んだ。ま、大変なことをプロ意識を持ってやっているのは事実なんだけど。

残念ながら水中バレエ自体はその数年後になくなってしまったが、なんというか、こういうのを生業として生活している人が

もっとももっと普通に暮らせる日本にならないかなあと思う。いろーーんな職業があってもいいじゃない。

あんまり淘汰されすぎちゃうと夢がない。こういう仕事やサーカスとか小人プロレスとか芝居小屋とか、ちょっと怪しいんだけど、

それで普通に暮らしていけるような夢のある日本だと面白いのになあ・・・と子供みたいなことを思う(笑)

コメント

びっくりハウス

2012-07-20 | 日記

皆さん、遊園地のアトラクションで一番怖かったやつってなんですか?

俺はよみうりランドにあった・・・(向ヶ丘遊園だったかな・・?)、びっくりハウスってやつです!

ジェットコースターでもお化け屋敷でもなく、びっくりハウス!(笑)

いやー、マジで怖いのよ、これ。

なんで急にこんな話をしたかと言うとT☆ROCKS文庫に紹介した本があって、その著者も一番怖かったって

記述がある。同じだ!(笑)ま、確かに小学校低学年で体験したから物凄い恐怖だったんだけど、大人になって

体験してもそうでもない。

こんなオシャレな外見じゃなかったと思うが、とにかく中へ入ると、普通の洋風の部屋がある。

で、テーブルをはさんでソファーが向い合せにあって、そこに座る。するとブザーがなって、

部屋がゴトンゴトン動き出す・・・。ソファーが尋常じゃなく前後に揺れる・・・ゆりかごに揺られてるみたいな感じね。

するとありえないとわかっているけど、ソファーが天井までせりあがって行って、まっさかさまになって床を

上からさかさまに見てる構図になるのよ。もうパニックで必死でソファーにしがみついて落っこちないように

するんだけど、何回転も天井と床を行ったり来たりして凄く怖いんだよね。ソファーがゆりかごのように揺れて

壁も動いてるからそういう方に錯覚するんだろうけど、いやあ、子供心に物凄いトラウマ体験でした(笑)

あと、大きなカプセルだかロケットみたいのに入って(たぶん2人乗り)、それがプロペラが回るみたいに縦方向に

グルグル回る乗り物があってそれも物凄く怖かった。反対側もカプセルがついていて片方が下の時は

片方はてっぺんにいる。地味な乗り物だったけど怖かったなあ。カプセルも回転した気がする。頭打ったもん(笑)

 

そういえばよみうりランドでフィンガー5観たなあ。ステージがあるんだよね。今もあるのかな。

コメント (3)

地下は涼しいよ(笑)

2012-07-17 | 音楽的アドバイス

今日はレコーディング!

アコースティック系アーティストね。アコギは最近はコンデンサーマイクのみで録ることが多い。

逆にAGでインストやったり、ハーモニクス多様・・・なんて人はラインにプリアンプで音をがっつり作って・・なんてのが

多いけどね。

今日は歌ものなんで自然なアコギの響きを重視すべく空気感も求めて、マイクでネック側とブリッジ側2本で録る。

バンドとか他の楽器がこのほかに入る場合は何も2本も使う必要もないしかえって邪魔なんだけど、今回は

かぶせもないし、ほぼコードストロークのみなので2本で狙って、なおかつステレオで振る。

利点は一つの楽器なのに広がりがでてゴージャスになる。欠点はプレイヤーが動くと2本のマイクのかぶりが

かわってくるので音が左右に振れてしまって不自然になる。ので、プレーヤーとの信頼関係も出てくる。

と言うか、「この人は大丈夫そうだ」とか「こりゃ、あぶねーな」ってこっちでも判断しなければあぶなくて

使えない(苦笑)ちゃんとバミってこの位置で演奏してってお願いするんだけど、みんな自然に動いちゃうからね。

忘れずに常に気を付けていられるのは、相当録音慣れしてる人だね。クリックを常に聞ける人もそう。

性格によるかもね。俺はドライなんでレコーディングに気持ちいいも悪いもないし、いいテイクが録れれば、

なんでもいいんだ。精神状態なんて音には出やしない・・・と言ったらさびしすぎるか(笑)

でも今日もいい作品が出来たよ。ちょこっとハモリとか俺もアレンジしたんだ。

CD発売が楽しみ!ジャケットと歌詞カードが出来たものをもらうと感慨一入なんだよね。

 

そうそう、土曜日もレコだったんだけど、スリーピースのロックバンド。ギター&ベースはPOD使用。

なので直接プラグイン。ギターPODにノイズがあったので音量を上げてノイズを小さくする方向で対処。

音量とは関係ないノイズだったんでね。クリックを使わず全員一発で演奏。だからOKテイクまで

結構時間がかかった。実は前半と後半はテイク違いのやつをつなげてる。

これもいい作品が出来たよ!

コメント (2)

解散ライブとプロレス

2012-07-16 | 日記

今日は3組中、2組が解散ライブと言う奇跡のようなイベント、さすがボブ(笑)

いや、後からそうなったんだけど。でも逆に全バンド、気合が感じられて凄く良かった。

空回りしてる部分もないこともなかったけど、全員集中して真剣なライブをやっていたように思う。

お客さんもみんな盛り上がってたね。俺も客席に出て見てた。

 

ところで名物の、話は180度変わりますがコーナーですが、昨日の深夜はたまたま新日本プロレスを見た。

ここ10年くらい・・・もっとか?はほとんど追っかけなくなって今現在いったいどうなっているのかよく知らない。

昔はよくドームにも行っていたんだけどねえ。で、昨日TVで見たらなんと船木 誠勝が出てた!

いやーびっくり!昔は強かったけど今は歳を考えれば昔のように俊敏に動けないだろうと思っていたら、

それほど衰えも見えず右、左と綺麗にハイキックを永田に決めていた。ま、どっちかって言うと、ショー的な

プロレスを否定して新日本を飛び出した船木だけど、結局はいわゆるプロレスをやっているわけだが、

それでも努力して身体は昔と同じように鍛え上げられているし、エキシビジョンではなくしっかり現役で

やっているのは凄いと思う。ま、6メンタッグマッチだったけど。ぶよぶよ太って「昔の名前で出ています」でも

おかしくはないんだけどね。永田はいつものようにしっかり負けてた。どうも好きになれん、彼は(苦笑

大体、船木も永田も高田もケンドーカシンも総合格闘技者に秒殺されすぎ。あれほどガッカリしたことは

なかったぜ。気絶しちゃうんだもん。ハイキック決められて失神して腰から崩れ落ちちゃうんだもん。

一番やっちゃいけないでしょう、レスラーが。戦い方が違うからしょうがないのはわかるし、それでも

日々努力して鍛え上げられているのもわかるんだけど、格闘技素人の俺達でも「いつものように行ったら

ガード甘すぎて危険」って思っていたのに、その通り行くんだもん。相手はレスラーじゃないですよ(笑)

ま、さすがにヒクソンとやった船木と高田はガードしまくりで行ったんだけど無様に負けたけど。これは

仕方ないな。これは力の差がありすぎたな・・。何年前の話してるんだ、俺(笑)。

 

最近好きなレスラーは中邑 真輔です。 

コメント (2)