教えて!TOSHIさん:ブログ版

ライブハウス<T☆ROCKS>のオーナーTOSHIによる、音楽や音楽以外・・のお話!

T☆ROCKS:TOSHI

小田急相模原ライブハウス <T☆ROCKS>のオーナー「TOSHI」です。 音楽の話、音楽以外の話・・などなど色々!HPの 「教えて!TOSHIさん」も更新中! t-rocks@jcom.home.ne.jp

2011年12月31日

2011-12-31 | 音楽的アドバイス

ここのところ忘年会に色々お呼ばれしてもらったり、仕事も忙しかったり、

あまりゆっくり出来なかったんですが、今日31日はなんと一日中家の中で

過ごしました。今年は風邪ひいて寝込んだのが一日くらいあったと思うけど、

家から出ない日ってまずなかったと思うなあ。で、じゃあ、大掃除でもしたのかって

言うと、実は何もしていない・・。なんか・・気が抜けた・・。ちょっと疲れた・・。

眠いよ・・パトラッシュ・・。

さてさて先日の忘年会で普段全然会えない人たちと会って来たんだけど、

チャリティCDも持って行った。本当は自分のCDも合わせて全部プレゼントとして

あげたんだけど、「チャリティの性質も持ってる」とわかって、みんな寄付してくれたよ。

酔ってるからね・・幾分多めに(笑)。これはまた休みの日に郵便局に行って、寄付して

こようと思います。

「あした」の方は在庫が2枚しかなくてさ、持っていけなかった。

しかし今年はやっぱり「災害」だな。今年の一字に「絆」だったっけ?選ばれたの。

「災」だろ、やっぱり。あれ?去年もそうだったっけ?

今、紅白見てるんだけど、凄いね、これに関連付けた「がんばれソング」。

いいと思うけど、ちょっとお腹いっぱいかな(苦笑)雰囲気や演出がって意味だけどね。

ま、チャリティはT☆ROCKSでもこれからも細々と長々とコツコツと続けていくぜ。

しかし、「T☆ROCKSは音楽が好きな人が多い」って言われたんだけど、

そりゃライブハウスだから当たり前かも知れないけど、でも本当にそう思うよ。

他は俺も出てたときに思ったけど、いいかげんなアーティストも多いなあって

思ったもん。お客さんの立場に立って考えられないやつが多いんだ。

これ、致命傷。T☆ROCKSは純粋に「いい音楽」「いいパフォーマンス」を

追求してる人が多いなあって思うね。これからもいつでもアドバイス、ダメだし

するぜ(笑)!なんでも相談事OK!

ステージに立って経験を積めば絶対自分の身につくから。

やりたいことをやりたいときに計画を立てて準備して、すぐ行動に移したほうがいい。

いつかやろう・・・ではずっと出来ない。

来年もよろしく!

コメント (5)

メリーレコーディング!?

2011-12-26 | 音楽的アドバイス

世間は3連休だったのですね。ほぼ仕事してました。

皆さんクリスマスは、いかがお過ごしでしたか?

25日はT☆ROCKSでクリスマスレコーディング!(笑)

な~んと、ベースのR君がケーキとかシャンパンとか持ってきてくれた!

他のメンバーも色々持ち寄って来てくれた!よし、この曲のギターソロを録ったら、

ケーキ入刀だ!違うか。

がんばった甲斐もあって、ほぼ終了したね。あとは細かい調整を残すのみ・・。

それとアルバムの題名だね。ジャケットや曲順や、色々悩むのもまた楽し・・・。

コメント (2)

まだら狼

2011-12-24 | 日記

別名、金狼とも呼ばれてたね~

「上田 馬之助」職業プロレスラー。

12月21日、亡くなりました。

長州、藤波世代よりもうちょい前、猪木なんかと抗争を繰り広げてて、やっぱり

誰もが一番印象に残ってる姿はタイガー・ジェット・シンとのタッグ。特に登場シーンじゃ

ないかな?

あ、この左の狂ったインド人風の人がタイガー・ジェット・シンね。

サーベルを咥えて観客席になだれ込みながら入場するんだけど、そんなシンと肩を組みながら、

うま~い具合になだめてリングインさせる・・と。それが非常にうまい・・・ってレスラーの部分

全然褒めてないじゃん(笑)

いや、実は相当強かった。身体も相当デカいし、ナチュラルに強かったなあ。猪木やシンとも

身長はあまり変わらないんじゃないかな?このナチュラルに強いって結構重要だよね。

凄みが違うよ。どうしても長州や藤波は身長があまりないんで「がんばってる」感が強いんだよね。

ジャンボ鶴田や前田日明とかキラーカンとか、やっぱり特別な凄みがあるもん。

前に新日本プロレスの正月公演を東京ドームまでよく見に行ってたって言ったけど、

地方の体育館関係もたまに行ってたよ。どっかの駐車場とかさ、基本的にリングが

組めればどこでも興行を打つんだ、プロレスは。

で、当然、こういった体育館系は観客席に平気でレスラーがなだれ込んでくるの!

場外乱闘ね。懐かしい響きだな(苦笑)で、逃げながらもカメラで写真撮ったり、レスラーに

触ったり、わざわざ乱闘してる側まで行って襲われそうになったり・・・ドームとは違った楽しさもあるわけです。

特に入場のときは赤コーナーと青コーナーに分かれて出てくることが多いんだけど、

前の試合が終わった途端に、すぐに各コーナーの側まで行ってカメラ片手にスタンバイ。

天山、長州、蝶野、曙、タイガーマスク・・ね。すまんね・・。興味ない人・・。

全日本の相模原総合体育館の写真もあったんだけど、それはとりあえずデジカメでは

ないので、データ化してないのでまた今度(笑)。鶴田やファンク兄弟とか馬場さんとか

写ってるんだぜ!すげーだろ?テリーファンクは復活した後だけど・・。残念ながらハンセンは

来なかった・・。俺、ハンセンとブロディは生で見てないんだよなあ・・・。

ブロディと言えば、レッドツェッペリンの移民の歌・・・多分ツェッペリンのレコード聴くより

先に入場のテーマ曲で聞いたと思うよ。未だにあの曲聞くとブロディが鎖をぶん回しながら

「アウッ!アウッ!」って言いながら入場してくる姿を思い出すもん(笑)

猟師が履くみたいな毛皮のついたブーツ履いててさ、その後、渋谷でヤマンバギャル(?)系が

よく履いててブロデイみたいだな・・・って思った(笑)

コメント (2)

承知しました

2011-12-22 | 日記

・・・・のミタさん、終わっちゃったね。人気あったみたいだねえ、このドラマ。

うん、確かに面白かった。半分くらいしか見てないかも知れないけど・・。

ちょっとウルっときたね。

それにしても家がでかいな・・。凄い稼ぎだな。会社クビになって子供4人も育てて、家政婦を

雇えるって設定が腑に落ちないけど(苦笑)いいドラマだった。まさか笑顔で泣けるとは・・。

 

TVはそれほど真剣に見ないって前も言ったかも知れないけど、たまには見ますね。

あと、2時間ドラマはたまに俳優目的で見ながら仕事してることも多いです。

正直中身はどうでもいいの。推理物でも、人情物でも、コメディでもなんでも・・。

好きな俳優が適当に絡んで、あまりどぎつくない内容で、ほのぼのしてて、

最後はお約束で一件落着、めでたしめでたしで終わればいい。

あらすじがよくわからなくても別にいいの。まったく真剣に見てないから・・。

水谷豊だの、片平なぎさだの、中村雅俊だの、小林 稔侍だの、キンキンだの、渡瀬恒彦だの・・・

見てて安心する、決して悪人役はやらない人たちが人情を絡めてやさしく、ときには昭和的な

クサいコメディタッチを混ぜながら、犯人も決して大悪人ではなく・・・・みたいな、そんな

ぬるいドラマで満足です(笑)。別に刺激を求める歳でもないんで・・。もう水戸黄門でも満足だよ(苦笑

コメント

ジョンの命日

2011-12-13 | 日記

・・・にブログ書こうと思ったけど、忙しくて出来なかった・・。

亡くなった当時のことは前に書いたね。俺は高校生だった。

そのときダブルファンタジーが出たばっかりで、その直前に積極的に各雑誌のインタビューに

答えていて、それも物凄く興味深く読んだよ。中でもプレイボーイ誌に答えたのが凄かったんだ。

だって新アルバムのことはもちろんだけど、ビートルズの楽曲に関して、「この曲は僕が書いた。

この曲はサビ前までポールで、サビはホテルで僕が書いた」なんて今まで言ったことがないことを

しゃべってるからさ。ミッシェルのサビをジョンが作ったなんてジョンが言わなければ絶対誰も

わからない事柄だったよ。100%ポールの曲だと思うよね、普通。

そんなビートルズの秘密みたいなことや、当時のポールとの確執とか赤裸々に語ってて凄く

興味深かった。ヨーコがちょっと微妙だけど(笑)

 

ところでジョンレノンスーパーライブ・・毎年武道館でやってるのかな。ヨーコには会いたいね。

でも他のアーティストは別に見たくないと言うか、関係曲を歌う姿はあまり見たくない。

でも今年、桑田圭祐が出たんだって!ちょっとビッグすぎるだろ!(笑)いや、そりゃ、吉井和哉とか、

斉藤和義とか奥田民夫なんてのも相当凄いけどさ。桑田さんじゃ・・凄すぎ・・の気がする。

 

話はまた変わりまして、去年ジョンレノンミュージアムに行ってきたんだよ。

閉館になることがわかってたから、その前に一度は・・ってね。あれ?去年だったっけ?その前・・?

ま、いいや。同じくビートルズファンのT☆ROCKS出演アーティストのM君と一緒に(笑)。

場所は埼玉スーパーアリーナの横っちゅーか上か?

いやー、アガるねえ・・・ん?使い方間違ってるか?(笑)

丁度この日はアリーナでメタリカのコンサート。黒ずくめの御仁が多数(笑)。僕らはノホホンと

のんきにミュージアムへ。

入ってすぐに、この写真に写ってるジョンの初期の愛器リッケンバッカーが飾ってあって、

超興奮だよ、もう(笑)。サイドに紙が張ってあって最後のライブのセットリストが手書きで書いて

あるんだよ。いやー、行って良かった。

記念撮影・・・・。これ有名なNYで撮ったやつをマネしてみたんだけど、ピースする手が

逆だったね。

↓ウーマンのプロモあたりの写真ですな。

買ってきたT-シャツやWAR IS OVERのステッカーはT☆ROCKSに貼ってあるよ。

探してみてね。

そうそう、亡くなる直前のインタビューで「このアルバムは僕と同じ40代の人に向けて、

よくがんばってきたね、つらいことも多いかもしれないけどこれからも生きていこうぜって、

メッセージを込めて作ったんだ、もちろん若い人にも聞いて欲しいけどね」って言ってて、

当時、そんなもんかなあ・・なんて17歳のTOSHIさんは思ったけど、今はわかる・・・気がする(笑)

コメント

ムスタング

2011-12-07 | 日記

・・・とTOSHIさんが言えば当然フェンダームスタング・・と思うでしょ?

ま、ジャガーに似たシェイプ(同じか?)のギターね。でも違うんだな。

跳ね馬の方のムスタング(マスタング)です。

俺の愛車・・・ではなく、WildJap's、現NITE-RANGERのギタリスト、kyo-chanの

超愛車で18年乗っていたそうです。そう、知り合って少ししてから購入したんだっけかな。

赤いギター、赤い靴、赤い車・・と赤が彼のトレードマークって感じかな。

で、このマスタングでよくツアーに・・・いや、実際にはこの車では行ってないな。

機材積んで、メンバー全員はとても乗れないんでね。ってか2人乗りか?

ライブしに行くのは大体、俺の車だったな。この車でよく行っていたのは新日本プロレスの

東京ドーム大会。1月4日に毎年やってたの。今もやってるのかな。いつもA席1万円の席で

「いけー!橋本ー!!」とか応援してたっけ(笑)。で、帰りは16号線沿いの牛丼屋でよく

食べて帰ったな。

あ、で、何でこの車を紹介したかと言うと、ついに歯医者・・もとい、廃車にするそうです。

彼は凄い器用で大抵のことは自分で直しちゃう。それも部品などは個人輸入して。

それでもそろそろ限界が来たのかな・・。車検が通らないって言ってた。

そんなにたくさんはこの車に乗ってないけど、WJのCDが出来たとき、一番初めに

この車のカーステで聞いたり、乗るとほぼ間違いなくナイトレンジャー関係のCDが

流れてたりと、色々思い出もあります。

それにしてもすげーナンバーだな(笑)。空も飛べるのかしら。

 

ちなみに俺は車はまったく詳しくなく、この前、オイル交換とオイルフィルターも交換したんだけど、

オイルの方はわかるけどフィルターの方は全然わからなくて、1万円くらいかかるのか、

数千円で済むのか・・それすらもわからないほど(苦笑

そう言えばフェンダームスタングとジャガーって両方、車の名前だな。

コメント (3)

色んなライブ!

2011-12-06 | 音楽的アドバイス

ユロゾー、RE/TAKE、あみfrom aomori、Elmer、零style・・・のライブ!

「ユロゾー」得意分野だからね、良かった。あれだけの声をよく最後まで持つよなあ・・。

オケに合わせてメタル系を歌うんだけどね。昔ほど力まず、いい具合にシャウトしてた。

蝋人形・・で「お前も蝋人形にしてやろうか!」で、「やろうかあ!」「かあ・・かあ・・かあ・・」

みたいにエコーが欲しいとのことで(笑)、ま、当然ここはタップディレィでバッチリ要望に答えました!

♪130~140くらい・・かな?(笑)。オケもうまく作ってあったな。あ、マイク握りこむと声がこもるし

ハウりやすくなるから出来ればやめたほうがいい気がする。

「RE/TAKE」ギターの音がだんだん歌物&ロックバンドのいいとこどりみたいになってきてて

いい音だと思ったな。ドラムがいる場合と打ち込みの場合とでやはり変えるべきだよな。

新曲、雪って方はどことなくラルクみたいなコード進行があるような気がした。

バラード曲のイントロってジェフベックとクラプトンがギター弾いた曲・・ってなかったっけ?

その曲にフレーズが似てた・・気がする。でも凄くいい曲だ。彼らはいい曲を書く。

ベースラインもかなりいい。

「あみfrom aomori」青森から急遽参加してくれました!始めはちょっと緊張してたかな。

でも澄んだ歌声は健在。たけなか氏の曲をピアノで歌&演奏、ギターとはイメージがちょっと

違って若干きらびやかになるかなあ。ギターはもうちょっとしっとりする感じだね。

オリジナル曲も良かった。変拍子っぽい方、かっこよかったね。

「Elmer」いつもクオリティの高い歌を聞かせてくれる二人。前は6/4くらいの比重だった

ハモリ具合が、比重はそのままにたけなか氏が少し控えめにしていい感じにヨネ君を

前に出すようになって完成度も上がったね。「この二人はハモリが綺麗で当たり前」的な

見方をされるプレッシャーもあると思うけど、半分くらいは自分たちも楽しもうって気持ちで

気軽に続けたほうがいいね。新曲もElmer節なんだけど、これまたいい出来の曲だ。

「零style」どうしてもVoゆき*の存在感が強いイメージだったけど、最近はかなり演奏陣も

いい感じにアピール出来て、なおかつ「自然」になってきている。これはやはり経験ですな。

この日はステージでの動きが自然で良かった。きちんといつも誰か「主役」がいるステージ。

これ大事。Voもライブでは合格点でしょう。細かいところを気にしすぎても仕方ない。

立ち振る舞いも自然にビシっと決まってきたね。お客さんに向けての歌いかけも良く出来てる。

最後は帝王B木村氏がドラムを叩いて、盛り上がって終了!

 

違うアーティストを見に来たお客さんも各アーティストのステージはどれも良かったので、

結構満足して見れたと思うよ。

コメント (2)

メンテナンス

2011-12-03 | 音楽的アドバイス

メンテナンス・・・機材関係のチェックとか各端子に接触不良がないかとか、スプレーして

拭いたりします。なかなか面倒なんですけどね。一番大変なのはミキサーのチャンネルが

やはりおかしくなってくることだね。これ、結局ヤマハに修理に出すしかないので、

大きいし、値段も高いし、大変なのよ(苦笑)。値段的には新たに買うよりはそりゃ安いけど、

かなり近い額なんだぜ(笑)。暴利だぜ・・ヤマハ・・。

んで、それ以外は店全体の補修と言うか、色々直したり、飾り付けたり・・。

エアコンのフィルターも定期的に掃除をする。通常の店内の掃除はもちろんスタッフに

やってもらってるんだけど、こういうお客さんが居ては出来ないことなんかは空いてる

時間に俺がやってる。

脚立に乗ってあの高い天井に付いてるフィルターを外すんで結構怖いんだけど、

十分に気をつけつつ、外して埃を掃除機で取ります。

自分の部屋の掃除も出来てないんだがな・・(苦笑

ま、前にも書いたけど、ダイソンでフローリングを掃除してるんで汚くはないけど、

物の生理整頓が出来てないね・・。散らかりすぎ・・。「TOSHIさんがいっぱい」のCDを

作ったときの資料もまだ整理したいのでそのままだし、レコーディングしたCDなんかも

山済み・・。この辺がダメなんだな。

コメント

流行語大賞

2011-12-01 | 日記

「なでしこジャパン」だそうだ。言葉ではないよな・・名詞?ま、なんでもいいのか。

確かに素晴らしい、元気になれる言葉だね。あんまり詳しくはないけど(苦笑

「こだまでしょうか」ってのも上がったらしい。「ぽぽぽぽ~ん」もね・・。これは

やっぱりちょっと怖いトラウマ的なイメージがあるよね。あのとき見ていた物や

聞いていた音楽とか映画などあったらずっと思い出しちゃうよね。

俺は停電で昼間仕事にならなくて寒くてベットにもぐりこんで、そのとき読んでいた

文庫本を思い出すなあ。5時近くなると暗くなってくるので、懐中電灯点けてね(苦笑

で、あの頃、地震酔いしたよね。いつも揺れてる気がして・・。

あれ以来大分、人生観変わった・・と言うか、考えるようになった・・って感じかね。

HPにも書いたんだけど、3月はほぼLIVEイベントが無し。銀行にお金振り込めなくて、

引き落としが全部出来ず、請求書の嵐!(苦笑)しばらくノイローゼ気味だったよ・・。

それでも少しずつ上向きになってきて、新たなブッキングマネージャーが決まったり、それにより

いいバンドやイベント、チャリテイや、素晴らしい仲間やアーティストが集まってきてくれて、

音楽に携わる自分としてもやっぱり拘って続けて行きたいと強く思った一年でもあったかな。

やっぱり人は一人ひとりに出来ることや、やるべきことがあるんじゃないかなあ・・って

思って、俺はもうこれしかないでしょって感じだよね。みんなもこと音楽に関しては

相当好きだよね(笑)。自分の拘りのやり方で付き合って、続けて行けば素敵な

人生になる・・ことの手助けになると思うよ。我慢するだけの人生でもないでしょ。

ひとつくらいは自分のこだわりで好きなことしようよって思う。

全部は勝てないと思うんだ。全てがうまくいくのはかなり難しいけど、「ここは譲れない」って

ところは自分のやりがいや満足出来るような活動を続けていいと思うんだよね。

逆に言えば、正直例えみじめでも「ここは我慢だ」って部分は仕方ないと割り切って

生きていくしかないだろう。何度も言うけど全部の勝負に勝てる人は滅多にいないんでね。

コメント