売上の創り方はココに聞け 事業プロデューサーTopdasの視点

3つの重点分野
・新しい売上をひたすら創ること
・東南アジアで商売を創ること
・事業を企画実行できる人材を創ること

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第3の解:クリエイティブチョイス

2009-09-29 | アイデアブレスト視点

あなたは「保守派」を応援しますか?それとも「改革派」を応援しますか?

 


この質問に、あなたはどちらかの答えを選択しましたか?

私の場合、「改革派」を直感的に選びました。

しかし、ここでちょっと考えてみましょう。
私は、改革派を選んだからと言って、保守を全否定しているわけでも、改革が全てと思っているのでもありません。

どちらか選べという質問に、感覚的に従ってしまっただけなのです。

が、実はこれだけの質問で、あいつは改革派だと決めつけてしまう質問者も存在するのです。そう考えると、こういう質問の繰り返しで、自分の知らない間に、勝手にイメージが作られてしまっていたとしたら、ちょっと怖い。


われわれの日常は二者択一(としか思えない)問題であふれています。

あなたが今、決断を迫られている二者択一には、それ以外の選択肢はないのでしょうか?

転職や
結婚、そして市場進出といった大きなイベントは「するか、しないか」であって、「半分だけする」とか「するが、同時にしない」といったような「第三の解」はないと思いがちです。

一見すると「イエスかノーか」でしか答えようのない問題にも、第三の解はないのかと、よく考えてみるということも大切ではないでしょうか?

 

新しい取り組み 答えは挑戦者だけが知る Topdas

ジャンル:
スキル
コメント   この記事についてブログを書く
« 日本のロボット技術で出来な... | トップ | おもしろ農業!広がりを見せ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アイデアブレスト視点」カテゴリの最新記事