Indoor airplane world
 



 インドア・プレーンは軽さが命。それには搭載する機材の軽さも大変重要です。

 自ら軽量な受信機を組み立ててインドア・プレーンを楽しんでいる一部の人たちを除き、多くの人たちは完成品の受信機を搭載してインドア・プレーンを楽しんでいます。

 今まで最も軽い赤外線受信機はIRX261Sの0.24gです。0.24gでも十分に軽いのですが、軽さへの要望は高まるばかりです。

 そこで基板のパーツ実装密度を上げるためにパーツ・ライブラリを描き直し、今までにない軽量な赤外線受信機を作りました。


基板サイズ7.5mmx9mm、重量160mgの2チャンネル赤外線受信機IRX262




 こうして7.5mmx9mmととても小さくて160mgと今までにない軽量な赤外線受信機IRX262が完成しました。現状で発注できる最も薄い0.5mmの両面基板を使っています。

 基板の端子に直接1mmピッチコネクタをはんだ付けして使うこともできます。バッテリモニタも搭載しています。金メッキに赤色レジスト仕上げがなんとも新鮮です(いままでどおり緑レジストでも良かったんですけどね)。

 あまりにも基板が小さいため端子には極性表示がありません。くれぐれも電池端子の極性に注意してください。

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )


« R4J NANO FM受... 日程 第110回... »
 
コメント
 
 
 
素晴らしい! (たかはし)
2008-08-15 05:41:48
以前記事で紹介されていた、A-6用に鬼のように軽量化した261受信機が0.11gだったことを考えると、バッテリモニタも載って、しかも量産完成品で0.16gというのはホントすごいことですね。このようなデバイスを手軽に入手して利用できるとは素晴らしいです。いつもながらありがとうございます。
 
 
 
プロポについて (Unknown)
2012-02-27 20:11:19
インドアプレーン初心者なのですがこの赤外線受信機は他のプロポでも大丈夫でしょうか?ちなみに持っているのは京商の4chのプロポなんですが・・・。
 
 
 
対応プロポについて (toko)
2012-02-28 10:39:56
Futabaのプロポが使えます。
ただしトレーナー端子のあるものに限ります。
トレーナー端子に赤外線送信モジュールをセットして使います。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。