絵画指導 菅野公夫のブログ

大好きな絵とともに生きてます

2017年 私の十大ニュース

2017-12-10 | 私の十大ニュース
2017年私の十大ニュース

また、今年をまとめる時期になりました。
今年はどんなことがあったか、振り返ってみようと思います。

1、母が転んで入院手術 (8月から9月)
      私は毎日病院通い(58日連続行った)

2、母のために、バリアフリーの工事。トイレを車いすで入れるようにした。
  床の段差をなくした。

3、家の外装工事 壁の塗装、雨どいの交換、屋根裏の板張替え

4、100号油絵の制作(8月から10月)
   顔のある風景「9」 ライフワークにするつもりの連作2点目

5、喉の締め付け感
    伊藤病院エコー検査(異常なし)
    群大CT検査(異常なし)
    中神医院胃カメラ(異常なし)
    原因がわからず、神経から来るだろうと言われて、半夏厚朴湯を飲む

6、血管年齢80歳と言われる。  EPAを飲み始める

7、絵画指導
   県展指導 9名入選 加須のIさん三年連続入選して会員になる
             浦和から通っている二人が揃って入選する
             反省点(いつも入選していた3名が落選)

   麓原展  7名特選 一位から五位まで独占
  一位麓原賞のMさんと五位麓原奨励賞のAさんは、今年始めたばかりの初心者 
              二位加須のIさんと三位デッサン会のYさんは、二年連続特選)

        会友推挙4名 (加須のIさん、デッサン会のYさん、KSさん、HNさん)

   群馬県展 デッサン会のTさん三年連続入選(80歳からデッサン会に入会した人で現在83歳)

8、審査員  県北展(秩父)、麓原展。中学生作品コンクール、MOA児童絵画展
       
9、通信指導 鹿児島のTさん きりしま美術大賞受賞
       岩手のYさん 岩手県美術展 特選

       東京のKさん、基本デッサン始める
       中学生二人、基本デッサン始める。

10、講座  セルディデッサン講座(11月から12月)4回実施  参加者21名

       NPO本庄ファンクラブ主催写生会実施

       つきみ荘絵画講座3年目
       夢工房デッサン会11年目

11、卒業生の結婚式に出席 時々一緒に食事を楽しむ塚本さんの結婚式

12、小学校の同窓会(埼玉グランドホテル)

13、麓原会の月例デッサン会に参加(裸婦デッサン、コスチュームデッサン)
   麓原会の写生会に参加(群馬の森)
   




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の十大ニュース2016

2016-12-28 | 私の十大ニュース
毎年、一年を振り返って私の十大ニュースを描いています。

今年はどんな年だったでしょうか。

1、腎臓がんの手術を受ける(群大病院の凍結治療)1月

2、母が骨折で入院(退院が決まる)11月から12月

3、100号の油絵を描く。8月から10月

4、通信指導で教えている加須のIさんが、埼玉県展に二年連続入選し、麓原展で最高賞(麓原賞)を獲得する。

5、デッサン会のTさんが、二年連続群馬県展に入選する。

6、毎月通って来る浦和のHさんが、県展に3年連続入選を果たし、さいたま市展では特選になる。

7、MOA美術館の児童絵画展の審査委員長を二年連続で依頼される。

8、セルディの絵画講座を頼まれて10月に3回実施する

9、つきみ荘の絵画講座二年目になる。

10、本庄第一主催、中学生作品コンクールの審査を頼まれる。退職してから10年連続

11、なかまちハローウィンパーティーの審査

12、さわらび展の元顧問のあいさつ文依頼される。退職してから10年連続

13、麓原会、月例デッサン会参加

14、デッサン会のYさんが、麓原展で、特選になる。初めて描いた50号

15、デッサン会のHさんとNさんが会友の賞になる。

16、県展審査員選考会議出席

17、デッサン会のOさん埼玉県展で特選になる。

18、ギャラリー「和可」15周年記念素描展にご招待されて、展示する。

19、デッサン会から埼玉県展入選が7名、その他私の指導で2名入選。


思いつくまま書いてみました。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の十大ニュース 2013

2013-12-13 | 私の十大ニュース
今年も、一年を振り返る時期が来ました。

今年は、自分にとって、どんなことがメモしておくべきことだったでしょうか。
思い出してみます。

1、埼玉県展で、会員賞(高田誠記念賞)をいただく。

   委嘱になって二年目で、会員賞を頂いたことに驚きました。

2、来年の埼玉県展の審査員を依頼される。

   会員賞を取ったばかりなのに、審査員を依頼されたので、驚きました。

3、父が埼玉県展で、永年会員功労賞をいただきました。

   親子で、受賞ということで、埼玉新聞に載せていただきました。

4、本庄市長さんと個人的にメールの交換ができるようになった。

   麓原会の歴史と存在意義について、報告しました。

5、古川先生、堀先生、山田先生の絵を常設できる場所を作りたいと思って、
  麓原会の総意を得て、市長さんに要望を提出しました。

6、旧ローヤル洋菓子店跡地の利用について、パネルディスカッションのパネラーとして
  シンポジウムに出席する。

7、塙保己一先生の銅像建設について、昨年から相談員になっている。

8、麓原展で、デッサン会の杉山さんが特選になる。
  デッサン会の福島さんが、麓原展で、会友の賞になる。

9、通信指導の東京の紫村さんが、二年連続特選になる。

10、通信指導の栃木のTさんが、栃木芸術祭で、特選になる。第三位。

11、県北展で、デッサン会の保泉さんが二度目の特選になる。

12、日本水彩展で、デッサン会の関野さんが、二年連続特選なり、会友に推挙される。

13、今年の通信指導
   栃木のTさん、桶川のHさん、高校生のNさん、東京のSさん、岩手のYさん、
   愛知のHさん、加須のIさん
   狭山のKさん、狭山のS先生、行田のMさん、札幌のMさん、石垣島のNくん
   大学生のAさん

14、顔のデッサンを30枚以上描いた。
   父と私、玄能人、知人、

15、麓原会月例デッサン会に参加

16、来年の県北展(本庄開催)の準備委員会で、洋画の責任者になる。

17、NPO本庄ファンクラブで、まち中展覧会を実施する計画を進める。

18、夢工房デッサン会の今年の県展入選者は9名。(11人中9名入選)

19、福島さんが、県展でリベンジを果たし、三度目の入選になる。

20、私の大事な本庄の伯父さんが亡くなった。伯父さんは塙保己一の直系です。

21、高校の同窓会があった。40年ぶりに初めての同窓会

22、高校時代の担任であった小林先生の古典講座に参加した。
 
23、車を買い替えることにした。

24、麓原展の表彰式で、初めて審査講評を行った。


思い出すまま、書きだしてみました。忘れていることがあるかもしれません。

プライベートなことでは、たくさんの人との、出会いと別れがありました。
特に、おじさんが亡くなったことは、大きいです。麓原会でも境野さんと横堀先生が亡くなりました。ご冥福をお祈りいたします。




   


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の十大ニュース 2012

2012-12-11 | 私の十大ニュース
また、今年を締めくくる時期が来ました。
県北展が終わると、私は今年一年を振り返ってまとめをすることにしています。

今年を振り返るとどんなことがあるでしょうか。

1、県展に無鑑査で出品する(初)

2、県北展で審査員になる(2回目)

3、受験生の指導で、Uさんが武蔵野美術大学に合格する

4、父が88歳で米寿のお祝いをする。父が勲章を受ける(瑞宝双光章)

5、卒業生の羽鳥さんが、埼玉県展で特選になる。(仲間でお祝い会をする)

6、通信指導で、東京のSさんが、40号の水彩画を初めて描き、その絵が麓原展で特選になる。

7、通信指導で、Aさんが、初めて描いた30号を群馬県展に出したら、特選(東京新聞賞)になった。

8、麓原展で、卒業生の吉田君が会員になる。
  谷内田くんが会員賞を取る。
  デッサン会の関野さんが、会員賞を取る。     

9、デッサン会の関野さんが、日本水彩画展で、特選になる。

10、県展にデッサン会から11人が入選する。

11、NPO「本庄ファンクラブ」の理事になる。

12、デッサン会で、初めて1泊の写生旅行に行く。

13、通信指導が8名になる。
    栃木のTさん、桶川のHさん、札幌のMさん、東京のSさん夫婦、大学生のAさん
    沖縄の小学生Nさん、狭山のKさん

14、図書館にある村上春樹の小説を全部読む。

15、本庄第一高校美術部の県展制作指導で、3回行く。(県展入選12名)

16、甥の佳樹が、アフリカ留学より無事に戻る。

17、中村民夫先生の個展DVDを4種類作る。

18、麓原会の月例デッサン会に参加。(裸婦デッサンを6枚描く)

このようなことが、頭に浮かびました。
良いことがたくさんあった一年だと思います。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の十大ニュース 2011

2011-12-11 | 私の十大ニュース
私は、毎年、自分の今年度の十大ニュースをこの時期に書き出してみている。
今年は、どんなことが大きなニュースだっただろう。

1、甲状腺の手術(命がけのつもりだったので、命拾いした気分)

2、県展の特選(三度目の特選で、無鑑査になった)

3、本の出版(西洋美術クイズ)埼玉新聞にも取り上げられた。

4、テレビ出演(世界高校生美術コンクールの関係でBS11に出演)

5、デッサン会が新聞に載る(4年連続埼玉新聞、県展入選12名)

6、通信指導の栃木県のTさんが、栃木県展で特選になる。

7、通信指導が、3人になる。(桶川のHさん、札幌のMさんが加わる)

8、麓原展で、デッサン会のNさんとOさんが特選になり、二人とも会友推挙になる。
  また、本庄第一卒業生の羽鳥さんが会員推挙になり、棚沢君と吉田くんが揃って会友の賞を取る。
  また、デッサン会のNさんが、会員推挙となる。

9、受験生のUさんが、県展に入選し、麓原展で特選になる。

10、県北展で、デッサン会のHさんが、特選になる。

11、新しく二人の方を指導して、一水会展に二人とも入選する。

12、血圧200で、救急車で運ばれる。

13、塙保己一銅像建設委員会の相談役を頼まれる。

箇条書きで、書き出すとこのような年でした。

まだ、終わった訳ではありませんが、大体県北展が終わると、その年の締めくくりの時期になるのです。
昨年は、この時期に本の出版依頼がありました。少し早いクリスマスプレゼントみたいだなと思った物です。
そんな依頼があったらいいなと思います。
昨年は甲状腺の手術を決めて、この時は待っている時期でした。なかなか気分がすっきりしないでいました。
今年はなんとか穏やかに過ごせています。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加