ひとひらの雲

つれづれなるままに書き留めた気まぐれ日記です

スカイツリーと亀戸天神

2011-11-30 18:49:04 | 日記
 リアルタイムからずれてしまいましたが、11月に入って亀戸天神へ行ってきました。江戸時代の版画家たちが競って描こうとした風景を見たかったからです。本当は梅か藤の咲く季節に行きたかったのですが…。

 まず錦糸町の駅で降り、「仁」で有名になった錦糸公園を抜けると、何かと話題のスカイツリーが見えてきます。遠くにあるのに間近に見えるのは、やはり大きいからでしょうね。いい目印になります。あの付近の人たちは迷子にならなくて済みますね。

 太平四丁目交差点付近から見たスカイツリー   亀戸天神入り口



 亀戸天神は少し早い七五三の人たちで賑わっていました。梅や藤には間に合いませんでしたが、菊花展が開催されていて、珍しい菊の花や菊の花で作ったスカイツリーもありました。

 広重や北斎が描いた太鼓橋はそれほど大きいものではありませんでしたが、江戸情緒の名残が境内には残っていました。何より亀が気持よさそうに後ろ足を伸ばしていた姿が印象的で、都会の喧騒を忘れられる空間が広がっていました。

 太鼓橋から見た亀戸天神  亀



 マイホームページ
コメント   この記事についてブログを書く
« 長瀞ライン下りと川越大師喜多院 | トップ | 秋見つけた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事