ひとひらの雲

つれづれなるままに書き留めた気まぐれ日記です

岩にしみいる蝉の声

2019-07-21 19:18:52 | 日記

 今年はよく降りますね。こんなに梅雨らしい梅雨は久しぶりです。お日様も恋しいのですが、暑くなるのも嫌なので難しいところです。そろそろ蝉の声も聞きたいのですけれど、今年の蝉は元気に鳴いてくれるでしょうか。

 蝉といって思い出すのは、やはり芭蕉の「閑(しづか)さや 岩にしみ入(いる) 蝉の声」ですね。し~んと静まり返った山中で、蝉の声だけが岩にしみ透るように聞こえてくる静寂の世界。この時鳴いていた蝉は何だったのでしょう。私も立石寺(りゅうしゃくじ)へは行ったことがあるのですが、蝉の種類について考えていなかったので、思い出してもわかりません。一説に、ニイニイゼミだといわれています。

立石寺

 この句が詠まれた立石寺へ、芭蕉は人に勧められて出掛けていったのですが、着いた時は夕暮に近かったんですね。それで麓の坊に宿を借りておいて山上の本堂に登りました。岩の上に更に岩が重なっているような急勾配の山道、松や檜も老木と化し、土や石も苔むしている足元の悪い山道です。ようやく辿り着いた十二院は扉を閉じていて物音一つ聞こえない静けさ。崖のふちを巡り、岩を這うようにして仏殿へ参拝した芭蕉は、あたりの風景の素晴らしさと静寂さ、その中に響いてくる蝉の声を感じ取ります。「佳景寂寞(かけいじゃくまく)として心すみゆくのみおぼゆ」ということで、「閑さや…」の句が生まれてきたわけです。「岩にしみいる」という表現は芭蕉ならではのものですね。

 五街道が整備されたとはいえ、このあたりは宿駅制も道路も完備されていない地方ですから大変だったと思いますね。それでもちょうど夏の時期だったので、最悪野宿も可能だったのかなとは思いますけれど…。この『奥の細道』の旅では、立石寺の少し手前に尿前(しとまえ)の関というところがあって、そこでは国境を守る番人の家に泊めてもらったのですが、「蚤虱(のみしらみ) 馬の尿(しと)する枕もと」という句が詠まれるほどひどいところだったようです。さらにこの山中では風雨に妨げられて出立できず、三日も過ごしました。尾花沢では清風(せいふう)という談林(だんりん)系の俳人の家に泊まりました。芭蕉とは旧知の仲だったので、いろいろもてなしてくれたようです。

 基本的には寺の宿坊に泊まることが多く、宿を貸してくれる家があればそこに泊まったようです。鶴岡では長山重行(しげゆき)という武士の家に迎えられて俳諧をやり、酒田では淵庵不玉(えんあんふぎょく)という医師の家を宿としました。時には漁夫の粗末な家に泊まることもあったようですが、野宿はしないで済んだようですね。いずれにせよ、まだまだ旅が困難な時代に、芭蕉は旅を愛し、何度も出掛けていきました。芭蕉、最後の句です。

 旅に病んで 夢は枯野を かけめぐる

 マイホームページ   おすすめ情報(『栄光のかけら』・『薬子伝』、一般書店からも注文できます)

コメント

お江戸のタクシー

2019-07-07 19:17:43 | 日記

 水の都といえばベネチアですが、江戸にもベネチアに匹敵するくらいの水路がありました。「掘割(ほりわり)」と呼ばれる直線的な水路が縦横に走っていて、人や物を運ぶのに船は欠かせないものだったのです。荷物を運ぶための茶船(ちゃぶね)、荷を上げ下ろしするための荷足船(にたりぶね)などが江戸の水路には行き交っていました。少し遠距離のための大型船として高瀬船などもありますし、舟遊びには猪牙舟(ちょきぶね)、屋根船、屋形船などがありました。船を使いこなせてこそ一人前の江戸っ子といわれたんですね。

両国橋大川ばた

 中でも一番人気は猪牙舟(ちょきぶね)。今のタクシーのようなものです。人が一人か二人乗れるくらいの小さな舟ですが、何しろスピードが出ます。船頭はいなせで着流しの似合う粋な若衆で、ベネチアのゴンドラの船頭さんのように美声の持ち主が多く、小唄まじりに舟を操りました。舟遊びをする客は見栄を張ります。ですから船頭もかっこいい方が良かったようですが、ビジュアルだけでなく、船頭としての腕も確かなものでした。猪牙舟はスピードを出すために船体の幅が狭くなっているのでひっくり返りやすいんですね。また高速性だけでなく、回転性にもすぐれていたので、これを操作するのは腕利きの船頭にしか許されませんでした。猪牙の船頭は名人気質が多く、「船頭は諸侯の如く、客は陪臣に等し」ともいわれました。

 人や物を運ぶ仕事は他にも駕籠舁(か)きや馬子(まご)などいろいろありますが、格は船頭が一番上でした。船を操るのはそれほど難しいんですね。川の底に岩が飛び出していたり、流れの急なところでは渦を巻いていたりしますから、川を熟知していなければ務まりません。駕籠舁きや馬子なら数日特訓を受ければ現場に出られますが、船頭には十年以上のキャリアが望まれるため、ほとんどが世襲制でした。ですから手間賃も良かったようです。中でも猪牙舟(ちょきぶね)の料金は高く、柳橋から吉原あたりまでの往復料金が大工の一日の手間賃くらいになったとか。

 猪牙舟はデートにも使われましたし、深川や吉原へ通うのにもよく使われました。柳橋から猪牙舟に乗って吉原へ行く途中に「首尾の松」というのがあって、遊客たちはこの松に「今宵の首尾のよいように」と祈ったといわれます。「首尾の松 たびたび見たび 不首尾也」、「余の舟で 見ればやっぱり 唯の松」などという川柳が残されています。また猪牙舟には布団が積んであって、朝帰りの客が仮眠をしながら帰れるようになっているのですが、布団は一枚だけなので半分に折って中にくるまりました。その様を見た人たちは、「ほら、柏餅が帰る」などといったそうです。

浅草川首尾の松御厩河岸

 猪牙舟の名の由来には諸説あります。文字通り猪の牙に似ているというもの。長吉という人が考えて作り、その名をとって「長吉舟」と呼ばれていたのが転訛したというもの。小さい舟なので水の上にちょんと乗っているように見えるので「ちょんき舟」が転訛したというものなどいろいろです。いずれにしても猪牙、猪牙といって愛用され、江戸の水路を駈け巡りました。

 マイホームページ   おすすめ情報(『栄光のかけら』・『薬子伝』、一般書店からも注文できます)

コメント

老後2000万円問題と高齢化社会

2019-06-23 18:47:10 | 日記

 先日金融庁が年金だけでは足りなくなるので、老後2000万円の蓄えが必要だという試算を発表しました。それに対して俄かに議論が巻き起こり、与党は火消しに躍起になっていますけれど、この問題はもう国民の脳裏に焼き付いてしまったことでしょう。年金だけでは暮らしていけないという不安を誰もが抱いてしまったことと思いますが、「今更遅いよ」です。もっと早くに試算して、それに対する対策を考えていてくれたらと思わざるを得ません。団塊世代の親世代は結構豊かな年金暮らしをしていた筈です。団塊世代が高齢者の仲間入りをしたらどうなるか、という展望はなかったのでしょうか。

 生活費の内訳を見ても、あの中に例えば家のリフォーム代金やエアコン・給湯器などの買い替え費用は入っているのでしょうか。家も家電も経年劣化していく中で、生活費の確保だけではどうにもならなくなるでしょう。まして夫婦のどちらかが病気になると、一気に困窮してしまうというケースも少なくありません。介護も大きな問題です。老々介護ともなると、どうにもならなくなって夫婦で心中というケースもあります。何故心中しなければならなかったか、ということはニュースにならないことが多いのですが、その辺をもっと掘り下げて、高齢者対策を真剣に考えて欲しいものです。

 介護施設での虐待も問題です。動けない高齢者に暴力を振るうなど、人としてあってはならないことです。介護士などの選定も「人となり」が第一だと思うのですが、人材不足で手が足りないとそうもいかないのでしょう。もっと社会保障に力を入れ、非人道的なことが起きないようにすべきですし、できないのであれば安楽死を認めるべきです。虐待されて死ぬよりも、安楽死の方がずっと人道的だと思います。

 『未来の年表』(河合雅司著)によれば、来年には女性の過半数が50歳以上になり、2021年には介護離職が増大すると予測されています。また、「団塊世代が75歳以上となる2025年頃には、大きな病気を患う人が増え、社会保障給付費が膨張するだけでなく、医療機関や介護施設が足りなくなるのではないかと指摘されている」とあって、ダブルケア(育児と介護を同時に行う)も問題となってくるそうです。団塊ジュニアも50代に突入していきますし、認知症患者も増えていきます。2040年頃には死亡者数が激増するために火葬場も不足するようになるということですから、この高齢化社会をもっと深刻に受け止め、考えていかなければならないのでは。

 最近はまた高齢者の交通事故がやたらと取り上げられ、高齢者ばかりが事故を起こしているような錯覚に陥りますけれど、若い方も事故は起こしています。高齢者の事故ばかりが取り上げられるので、高齢者講習の見直しや免許制度の変更などが検討され、高齢者にとっては益々厳しい運転事情になりそうです。確かに高齢になって運転するのは危ないと思いますし、おそらく本人もさほど運転したくはないでしょう。それでも運転しなければ買い物にも行けない、病院へも行けない、気晴らしもできない等々で運転せざるを得ない事情があると思います。それを解決しようせず(足の確保を考えず)、ただ高齢者に厳しくすることだけが得策といえるでしょうか。高齢者を家に閉じ込め、引き籠りにするような社会であってはならないと思うのですが、皆さんはどうお考えになりますか。

 マイホームページ   おすすめ情報(『未来の年表』のあとは『栄光のかけら』を是非どうぞ!)

コメント

大磯とバカヤローのオブジェ

2019-06-09 19:12:05 | 日記

 前回に続き大磯です。湘南発祥の地・大磯は、鴫立沢の標石の裏に記された如く眺望の素晴らしいところで、宿場町でもありました。鴫立庵の近くに上方見附跡があります。見附というのは宿場を守るために置かれた防御施設で、京都側の出入り口にあるのを上方見附、江戸側にあるのを江戸見附といいます。街道を挟んだ両側に台形状に石垣をもって造られ、高さは1.6mくらいだったようです。本来見附は城下の見張り番所のことをいい、主に城門の外側にあって通行人を監視したところでした。江戸城には三十六見附があったといわれます。今でも四谷見附・赤坂見附という地名になって残っていますよね。

 さてその大磯宿ですが、広重の東海道五十三次にも描かれており、特に「隷書東海道」の海がいいですね。右手に茶店が描かれていますが、このあたりの茶店では盆山石(ぼんさんせき)を売っていたと「名所記」にあります。盆山石というのは盆栽に入れて楽しむための小石で、五色の色をしていました。このあたりの磯でとれたようです。

隷書東海道・大磯

 鴫立庵近くの砂浜は「こよろぎの浜」と呼ばれて、古くは万葉集にも「相模路(さがみじ)の 舎呂伎(よろぎ)の浜の まさごなす…」と歌われ、昔から風光明媚なところとして知られていました。晴れた日には沖の方に大島が見えるのですが、その美しさは今、鴫立庵から見ることはできません。大磯城山公園の中にある旧吉田茂邸の金の間まで行くと眺めることができます。ここに立つと「ああ湘南 清絶地」の意味が理解できそうな気がしますね。この邸は吉田茂が養父から引き継ぎ、晩年を過ごしたところですが、2009年に焼失し、その後再建されました。現在は大磯町郷土資料館別館となっています。

吉田茂邸 金の間からの眺望

 吉田茂は麻生財務大臣のおじいさんにあたる人ですけれど、戦後の内閣総理大臣を務めた方であり、何といっても「バカヤロー解散」で有名な方です。衆議院予算委員会で質疑応答中、吉田茂が「バカヤロー」と呟いた声がマイクに拾われ、問題になりました。追い込まれた吉田茂は衆議院を解散したというわけで、「バカヤロー解散」と呼ばれます。で、この邸宅には「バカヤローのオブジェ」があるのですが、まるで投げ出されたサイコロのように、部屋の片隅にポツンと座っています。旧島崎藤村邸にも同じような「涼しい風だね」のオブジェがありましたけれど、このあたりで流行っているのでしょうか。

バカヤローのオブジェ

 またこの近くには伊藤博文や大隈重信、陸奥宗光など、明治の偉人たちの別邸が多くありました。彼等は競ってこの大磯に別業を営んだようです。万葉、古今に詠われ、西行が秀歌を詠み、明治の偉人たちに愛された大磯、いいところでした。

 マイホームページ   おすすめ情報(『栄光のかけら』・『薬子伝』、一般書店からも注文できます)

コメント

ああ湘南 清絶地(湘南発祥の地)

2019-05-26 19:10:14 | 日記

 先日大磯へ行ってきました。好天に恵まれ、風も穏やかで、海は青く澄み、絶好の景勝地日和でした。何故大磯かというと、以前から西行の「心なき 身にもあはれは 知られけり 鴫立つ沢の 秋の夕暮」という歌を詠んだのがこのあたりだと聞いていたからです。西行が訪れた地で、歌の情趣を味わってみたかったのです。

 「心なき」というのは「物の情緒を理解しない」、「心なき身」というのは「俗世間の感情を捨てた身」となるのでしょうね。西行は出家していましたから、そうした俗世間の感情を捨てた僧の身にも、秋の夕暮に鴫が飛び立っていくこの沢の情趣がしみじみと感じられるよ。感動した!といったところでしょうか。西行が感動したこのあたりの風景は大分変わってしまったと思いますし、秋のもの寂しい風情とは趣を異にすると思いますが(しかも夕暮ではなく、真っ昼間ではありましたけれど)、それでもなかなか趣のある風光明媚なところでした。ただ海沿いを西湘バイパスが走っているので、大磯ロングビーチは見えません。大磯城山公園の旧吉田茂邸まで行くと、金の間から絶景を望むことができます。

 国道1号線沿いに鴫立庵(しぎたつあん)がひっそりと建っています。門前を流れる谷川はやがて沢となり、その水は砂地に吸い込まれて消えるのだそうですが、この鴫立庵に「鴫立沢」の標石があります。江戸時代初期、小田原の崇雪(そうせつ)という人がここに草庵を結び、西行の歌にちなんで標石を建てたのだそうです。果たしてここで西行の歌が詠まれたかどうかは定かではありませんが、このあたり、大磯の鴫立沢なる地で「心なき…」の歌が詠じられたことは確かなようです。

鴫立庵

 そしてこの「鴫立沢」の標石の裏に「著盡湘南 清絶地」という文字が刻まれています。「ブラタモリ」によると「ああしょうなん、せいぜつち」と読み、これが「湘南」という言葉の始まりになるとか。湘南というのはもともと中国の景勝地だそうですが、このあたりがその景色に似ていたのでしょう。ですから「ここは湘南、湘南って素晴らしい」というくらいの意味になるのだそうで、故にここが「湘南発祥の地」といわれ、鴫立庵の近くの1号線沿いに「湘南発祥の地」の石碑も建っています。

 鴫立庵の庭内には佐々木信綱博士の筆になる「心なき…」の歌碑もありますし、西行法師の座像が安置された円位堂、観音堂、芭蕉の句碑などもありますけれど、何よりここは京都の落柿舎、滋賀の無名庵と並ぶ日本三大俳諧道場のひとつなのだそうです。門前を入るとすぐに庵室があり、その隣に俳諧道場があります。江戸元禄の頃から庵主が在庵し、今に至っています。

 鴫立庵から歩いて5分くらいのところに旧島崎藤村邸があります。友人に誘われて大磯の左義長見物に訪れた藤村は、すっかりこの地を気に入り、住むようになりました。小さな冠木門があり、割竹垣に囲まれた三間ほどの平屋建ての民家ですが、藤村はここの書斎を最も気に入っていたようです。「涼しい風だね」の言葉を最後に、この世を去りました。

旧島崎藤村邸

 西行が感動し、藤村が愛したこの地で、私も生涯を終えたい、なんて思わせるようなところでしたよ。

 マイホームページ   おすすめ情報(『栄光のかけら』・『薬子伝』、一般書店からも注文できます)

コメント