ひとひらの雲

つれづれなるままに書き留めた気まぐれ日記です

芭蕉と弟子の庵

2018-10-28 19:29:21 | 日記
 前回「京都御所」の話をしましたが、京都では他にも伏見稲荷や西本願寺、二条城等々いろいろ見て参りました。あちらこちらに台風の影響が残っていて西本願寺の唐門(日暮しの門)は見ることができませんでしたし、二条城の二の丸御殿の屋根に取り付けられていた菊の御紋も剥がれていました。菊の御紋が剥がれたあとに、葵の御紋が取り付けられていた跡が見つかったというのでニュースにもなりましたね。歴史を感じます。

 さて今回はもう一度嵯峨の落柿舎(らくししゃ)へ。ここは芭蕉の弟子向井去来(きょらい)の草庵(別荘)ですが、芭蕉もここで『嵯峨日記』を書いているんですね。「元禄四年辛未(しんぴ)卯月(うづき)十八日、嵯峨にあそびて去来ガ落柿舎に到(いたる)」で始まるこの日記は、四月十八日から五月四日までの半月あまりのことを記したものですが、ここに滞在しながら嵯峨野を散策したり、弟子たちが訪ねてきたりして楽しく過ごしたようです。

 落柿舎

 去来は芭蕉を滞在させるにあたり、障子の破れを直したり、庭の葎(むぐら)を引きむしったりして準備をし、草庵の一間を芭蕉の部屋としてくれました。部屋には机を用意し、机の上には硯、文庫、『白氏文集』、『本朝一人一首』、『世継(よつぎ)物語』、『源氏物語』、『土佐日記』、『松葉集』などを置き、重箱にはいろいろな菓子や酒の肴(さかな)を盛り、さらには銘酒一壺(いっこ)に杯まで添えてあるという歓待ぶり。芭蕉は清閑の境地を心ゆくまで楽しみました。

 そもそもこの落柿舎の名の由来ですけれど、去来の『落柿舎ノ記』によれば、草庵の庭には40本の柿の木があったそうです。ある時、都の商人が庭の柿を一貫文で買いたいといってきました。去来は承知し、代金を受取りましたが、その夜嵐が吹いて柿が全部落ちてしまったのだそうです。翌日訪ねてきた商人は呆然とし、不憫に思った去来は代金を返しました。以来、去来はこの草庵を落柿舎と称したようです。

 芭蕉がここを訪れた頃には近くに小督(こごう)屋敷跡があったようで、「松尾(まつのを)の竹の中に小督屋敷と云有(いふあり)。…彼(かの)仲国(なかくに)ガ駒をとめたる処とて駒留(こまどめ)の橋と云、此あたりに侍れバ…」と記しています。小督というのは『平家物語』に出てくる高倉天皇の寵姫。高倉天皇の正妻は清盛の娘徳子ですから、清盛は小督に婿殿をとられたといって怒るわけです。そこで小督は難を避けるために嵯峨へ隠れ住むことになるのですが、高倉天皇は笛の名手源仲国(みなもとのなかくに)に命じて小督を探させます。昔小督と仲国は琴と笛を合わせたことがあったので、その音色がわかるからです。

 嵯峨のあたりに馬を進めていると、やがて琴の音が聞こえてきます。それは紛れもなく小督の奏でる爪音だったのです。この場面の文学的描写は、後に黒田節にも使われています。「峰の嵐か松風か 訪ぬる人の琴の音か 駒をひきとめ立寄れば 爪音高き想夫恋(そうふれん)」。年配の方には馴染のある歌詞だと思いますが、想夫恋というのは曲名です。文字通り「夫を想って恋う」という曲なんですね。

 竹林


 話が少し逸れましたが、芭蕉は『平家物語』を愛した人ですから、小督の墓といわれるところまで行き、「うきふしや 竹の子となる 人の果(はて)」と詠んでいます。一時は高倉天皇の寵愛を得た人が、こんな藪の中の塵芥(ちりあくた)になってしまったと憂いているんですね。本当に人の命など、はかないものです。


 マイホームページ   おすすめ情報(『栄光のかけら』・『薬子伝』、一般書店からも注文できます) 
コメント

京都御所

2018-10-14 19:34:27 | 日記
 大分秋めいてきましたけれど、もう台風は来ないで欲しいですね。この間の台風24号の影響で、近くの公園の木が随分倒されました。未だに雑木林の中は通行止めになっています。


 さて先日行った京都旅行の続きです。昔は宮内庁へ申し込みをしないと参観できなかった京都御所が、通年で参観できるようになったので行って参りました。京都御苑の一角に、築地塀(ついじべい)で囲まれた御所が厳かに、そして静かに佇んでいます。ここから、来年の即位式で使う高御座(たかみくら)と御帳台(みちょうだい)が東京へ運ばれたというニュースもありましたね。歴史の重みを感じられる空間です。現在の建物で王政復古の大号令が出され、小御所会議が行われ、五箇条の御誓文が発布され、明治・大正・昭和の天皇の即位式が行われました。まさに維新を見てきた、「西郷どん」の世界を見てきた建物ともいえますね。

 現在の京都御所がある所は、平安京内裏のあった場所ではありません。里内裏であった土御門東洞院殿(つちみかどひがしのとういんどの)があったところです。紆余曲折を経て、元弘元年(1331年)に光厳(こうごん)天皇が即位されて以降、東京遷都が行われるまでの約500年間、天皇のお住まいとされてきました。その間幾度となく火災に見舞われ、その度に再建されてきたのです。敷地も豊臣秀吉や徳川幕府による造営によって次第に拡張されました。


 天明8年(1788年)の焼失による再建時には紫宸殿や清涼殿などを平安の古制に戻し、嘉永7年(1854年)に焼失したあと安政2(1855)年に再建された時もその様式は受け継がれました。それが現在の京都御所です。維新を見てきた御所ですね。平安京内裏と全く同じではありませんが、御所としての体裁は整えられています。正門である建礼門や正殿(せいでん)である紫宸殿(ししんでん)、天皇の日常のお住まいである清涼殿(せいりょうでん)など、ほぼ平安の昔に倣ったものといえましょう。

 紫宸殿

 右近の橘・左近の桜

 ですから紫宸殿の前庭(南庭)には右近の橘、左近の桜が植えられていますし、清涼殿の東庭には漢竹(かわたけ)と呉竹が植えられています。母屋の中央には昼御座(ひのおまし)といわれる天皇の御座があり、御帳(みちょう)が立てられています。ふと、薬子もこんなところで暮らしたのかと思いを馳せてしまいました。

 清涼殿前の漢竹・呉竹

 清涼殿・昼御座


 薬子が暮らしたのは平安初期ですけれど、それから千年の時が過ぎ、都遷(うつ)りが行われました。ここは京都での最後の御所。今や即位の礼も東京で行われるようになりましたし、だんだん人々の記憶にも残らなくなるのでしょうか。ちょっと寂しいですね。


 マイホームページ   おすすめ情報(『栄光のかけら』・『薬子伝』、一般書店からも注文できます
コメント