ひとひらの雲

つれづれなるままに書き留めた気まぐれ日記です

王朝人(おうちょうびと)の雪

2016-01-22 18:38:26 | 日記
 1月18日、関東でも積雪がありました。ちょっとした雪でも都心では交通マヒ状態になったりして大変ですけれど、若い頃は朝雪が積もっていると大喜びしたものです。主人もスキーの板を持ち出して滑ろうとしたことがありましたね(笑)。

 1月18日の積雪

 初積雪ということで写真を撮ってみたのですが、コンクリート上の雪には何となく風情がありませんね。

 『枕草子』の二百四十八段に雪が降り積もった時の有名な話があります。中宮定子が「香鑪峯(こうろほう)の雪はどうであろう」と清少納言に問いかけると、少納言は御簾(みす)をするすると巻き上げました。すると中宮はたいそうお喜びになったという、それだけの話なのですが…。

 香鑪峯ならぬ丹沢山系

 白楽天の詩の中に「遺愛寺(いあいじ)の鐘は枕をそばだてて聴き、香鑪峯の雪は簾(すだれ)をかかげてみる」という一節があります。これを知っていないと御簾を巻き上げるという動作が出てこないわけですね。機転のきく少納言は、中宮の問いかけに見事に応えたということになります。まあちょっとした自慢話ですね。

 一方、清少納言のライバル紫式部の詠んだ歌にはこんなのがあります。
 ふればかく 憂さのみまさる 世を知らで 荒れたる庭に 積もる初雪

 式部にとって現世は憂き世、つらいことばかりの世の中だったのでしょう(ここではそう捉えています)。そんな世の中とは知らずに降ってくるなんて、という思いで雪を見つめているんですね。

 また雪は花に見立てられることがありました。枯れ木に雪が積もると、花が咲いたように見えますものね。
 雪ふれば 冬ごもりせる 草も木も 春に知られぬ 花ぞ咲きける(紀貫之)
 雪ふれば 木ごとに花ぞ 咲きにける いづれを梅と わきて折らまし(紀友則)

 雪はまたいろいろな思いを人に抱かせます。
 沫雪(あわゆき)の ほどろほどろに 降り敷けば 平城(なら)の京(みやこ)し 思ほゆるかも(大伴旅人)

 大伴旅人(おおとものたびと)は家持(やかもち)のお父さんですが、山上憶良(やまのうえのおくら)とともに大宰府で筑紫歌壇を形成しました。『万葉集』に収められた旅人の歌は大宰府時代のものが多く、特に酒好きで知られます。その旅人も淡雪を見て都を懐かしんだのがこの歌。王朝時代の人は花が咲いたといっては都を恋しがり、月を見ては都を偲び、雪が降ったといっては都へ思いを馳せました。私にとっての都は東京になりますが、それでも王朝人の気持ちはよくわかります。

 しんしんと降る雪は物音さえも消してしまいます。
 小夜ふけて 岩間のたぎつ 音せぬは 高根の深雪 降りつもるらし(良寛)
 夜が更けてしんと静まり返った頃、いつもなら石清水の音がするのに今日は聞こえない。雪が降り積もったからだろう。

 昔の人はそれぞれに雪の風情を味わいながら、憂き世を過ごす糧としていたんですね。

 マイホームページ   おすすめ情報(『薬子伝』)
 
コメント

江戸の正月

2016-01-08 18:46:09 | 日記
 遅ればせながら、明けましておめでとうございます。今年一年が皆様にとりましても我が家にとりましても、良き年となりますように。

 さて、花のお江戸のお正月は如何なものだったのでしょう。初日の出を見るという風習は変わらず、特に江戸の東端にある洲崎(すさき)で見る初日の出が有名だったようです。初詣は恵方(えほう)参りといい、その年に歳徳神(としとくじん)が来る方角の神社仏閣にお参りしました。現代では節分に恵方巻を頂きますけれど、節分は旧暦になおすとほぼ年末と重なります。節分の次が立春ですから、江戸では元旦からが春だったんですね。今でも賀状に「初春のお喜び…」って書くのはそれです。

 洲崎(広重) 初日の出(英泉)

 三が日の年始回りや、二日の初夢・初商い、三日が芸事始めで七日が七草粥とまあ現代とさほど変わらぬお正月でした。杉浦日向子さん(江戸風俗研究家)の著書によると、大晦日の晩は寝ずに元旦を迎えると寿命が延びる、年があらたまったらすぐに水を汲んで(若水)飲むと病気をしない、初日の出を見ると寿命が延びる、恵方参りをすると運が開ける、三が日嫁を楽させると家が繁栄する等々、徹底して縁起を担ぐのが江戸っ子だったようです。

 子供たちの遊びは凧揚げ、羽根つき、独楽回し。私が子供の頃もそんなものでしたが、テレビゲームができてからというもの、子供たちの遊びはすっかり変わってしまいました。

 三井見世略図(北斎) 初登城

 一方、将軍様のお正月は大変です。元日から家臣が祝詞を述べに来るのでそれを受けなければなりません。身分や格式によって日が違いますけれど、家臣たちは官位に応じた礼服(直垂・大紋・素襖など)を着用し、登城してきました。例えば、元日であれば三家三卿、譜代大名、縁故ある外様大名、交代寄合、表高家、御目見え以上の御番衆、法印法眼の医師等が六つ半時(午前七時)に登城し、大広間で御礼を行います。二日は五つ時(午前八時)に三卿の子息、三家の嫡子、外様大名、万石以下の従五位、御目見え以上の諸士、連歌師、神道方が年頭の御礼を行うという具合です。三日には無位無官の大名や寄合、五百石以上の諸士、諸用達町人までが登城してきますし、この日は御謡初めもありました。

 武家の家でもそれぞれの格式に応じた正月を祝いました。因みに重箱は田作り、数の子、里豆の三重が一般的であったとか。現代の庶民は贅沢になりましたね。

 マイホームページ   おすすめ情報(今年も『薬子伝』よろしくお願いします)
コメント