ひとひらの雲

つれづれなるままに書き留めた気まぐれ日記です

江戸は涼みもむつかしき

2019-08-18 18:39:11 | 日記

 台風一過の酷暑が続いています。昔は夕方頃になると打ち水がしてあったり、縁台に腰掛けて将棋をしているおじさんたちがいたり、線香花火をしている子供たちがいたりと、夏の夕涼みの風景があったものですが、最近はあまり見掛けなくなりました。夕涼みができないくらい暑くなったということでしょうか。

 夕涼みの光景を思い出す時、同時に浮かんでくるのは一茶の句、「いざいなん 江戸は涼みも むつかしき」です。柏原の農村で生まれ育った一茶が、江戸の生活や気風になじめないまま五十歳を迎え、郷里へ帰る決意をした時の句。「いざいなん」というのは「さあ、故郷へ帰ろう」くらいの意、「江戸は涼みもむつかしき」というのは、田舎者としてのひけめがつきまとっていた一茶の正直な思いです。縁台に腰掛けて夕涼みをするにしても、どこか遠慮気がねをしなければならない肩身の狭さ。こんなところはさっさと引き揚げて故郷へ帰ろうというわけです。

 もっとも涼みがむつかしいという理由は、それだけではなかったようです。何しろ江戸の庶民が暮らすところは密集地ですから、風が通りにくいということもあったでしょう。「裏店(うらだな)に住居(すまひ)して」と題した句に、「涼風の 曲りくねって 来たりけり」というのがあります。裏長屋は家並も不揃いだったんでしょうね。涼風も曲りくねって、やっとのことで奥の我が家まで辿り着くという、一茶の自嘲が込められた句です。ちょっとした可笑(おか)しみもありますけれど、あたりの陋巷をも思い描かせてしまうところはさすがですね。

 一茶は幼くして母を亡くし、八歳の時から継母に育てられます。そして弟仙六が生まれると子守をさせられ、随分つらい思いをしたようです。継母との対立もあって十五歳で江戸へ出ますが、手に職を持たない一茶は渡り奉公などをし、流民同然の生活をしていたようです。「巣なし鳥のかなしさは、ただちに塒(ねぐら)に迷ひ、そこの軒下に露をしのぎ、かしこの家陰(やかげ)に霜をふせぎ…、くるしき月日おくるうちに、ふと諧(かい)々たる夷(ひな)ぶりの俳諧を囀(さへづ)りおぼゆ」と『文政句帖』に記しています。一応葛飾派の俳匠に師事して俳諧を学び、師匠亡きあとその足跡を慕って西国行脚の途についたのですが、七年にわたる行脚修行でも一人前の俳諧師となることはできませんでした。江戸に戻って十年、一家を成す目安も立たないまま父が亡くなり、弟仙六との間に遺産分配の取極めを交わすことができた一茶は、「いざいなん」の句を残して柏原へ立ち帰ります。

 それで「涼み」の方はどうなったかというと、一家の主となった一茶は手足を伸ばして充分に涼めるようになりました。ところが、「大の字に 寝て涼しさよ 淋しさよ」となるわけです。誰に遠慮もいらず、大の字になって寝てはみたものの、その手足から這い上がってくるわびしさ、たまらない寂寥感。人がいるのは煩わしいけれど、一人は一人でこれまた淋しい。人間て難しいものですね。いやー、一茶、面白いです。どこからか本音が聞こえてきます。

 マイホームページ   おすすめ情報(『栄光のかけら』・『薬子伝』、一般書店からも注文できます)

コメント

武士の台所事情

2019-08-04 19:17:24 | 日記

 とうとう梅雨が明けてしまいました。猛暑です。この暑さ、年とともに熱中症と隣り合わせ。夕暮れが待ち遠しい毎日です。しかし若い方たちにとっては海や山のレジャーを楽しむ季節。おおいに楽しんでいただきたいと思います。我が家の息子夫婦は先週カンボジアへ行ってきました。アンコールワットの遺跡観光、暑かったのではないかと思ったのですが、「日本の方が暑いよ」だそうです。

 ともあれ、いい時代になりました。貧富の差はありますけれど、身分制度というものがない時代になりましたし、自由に海外へも行ける時代になりましたから。戦争もありませんしね。江戸時代にはいわゆる士農工商という身分制度があって、いろいろ大変なことも多かったと思います。特権階級にある武士も、なかなかつらいものだったようです。その辺は西鶴の『武道伝来記』や『武家義理物語』に詳しいので省略しますが、ここでは武士の台所事情について考えてみたいと思います。

 武士の俸禄は大方蔵米で支給されたのですが、四公六民(時代により差がある)でしたから米の取れ高の四割が武家の取り分となりました。例えば三百石取りの場合、実収は百二十石となるわけです。しかし米を全部持ち込まれても困るので、食い扶持分を除き、お金に換算してもらいます。時代により異なりますが、一石一両で換算すれば百二十石の場合百二十両となるのですが、食費、衣料費、家来への手当、諸雑費等支出が多く、大抵は赤字でした。何故そんなに費用がかさむのかというと、武家の本分は軍役にあります。戦場で戦うことですね。ですから平和な時代であっても所定の兵員を抱えていなければなりませんでした。三百石取りの武士が抱えるべき兵員は七人だったそうです。生活に不用な人員を抱え、給金を支払わなければならないのですから、赤字にもなりますよね。

 まして軍役規定の対象にもならない下級武士の生活はもっと大変でした。青木直己(なおみ)先生の著書(NHKテキスト「知るを楽しむ」)に出てくる酒井伴四郎(ばんしろう)という三十石取りの武士の炊飯事情をご紹介しましょう。彼は二十八歳の和歌山藩士で、万延元年(1860年)江戸勤番を命ぜられて、江戸での単身赴任生活を送ることになりました。勤番武士の食生活の基本は自炊であり、自炊の基本はご飯を炊くこと。今のような炊飯器などありませんから、ご飯の炊き加減は難しかったと思います。五目寿司なども作っていますけれど、なんと具は人参という質素なもの。人参は安かったので、煮ておかずにもしています。

 伴四郎は人参ばかり食べていたわけではありません。豆腐やいわしなども多く買い求めています。豆腐は湯豆腐や田楽にして食べましたが、揚げ豆腐もよく買っていたようです。また月のうち何日かは贅沢をし、鰹が手に入った時は勤番仲間と酒宴をしたりしています。違う藩邸の友人を訪ね、ご馳走を振舞われた時は、酒の肴にあじの干物、からすみ、いさきと芋にぜんまいの甘煮、どじょう鍋といった豪華なものでした。どじょう鍋は伴四郎の好物で、外食でも年に九回、自身でも年に三回ほど料理しています。また風邪を理由に薬食いと称し、豚肉も食べていたようです。

 因みに上方文化圏ではご飯は昼に炊き、煮物や煮魚、味噌汁などと一緒に食べるのが一般的でしたが、江戸文化圏では朝にご飯を炊き、味噌汁と一緒に食べ、昼は冷や飯に野菜や魚をつけ、夕飯は茶漬や香の物というのが一般的でした。ご飯を炊くのは大変でしたので、一日一度が普通でしたが、大店(おおだな)などでは二度三度炊くところもあったようです。伴四郎は上方文化圏の人ですから、昼にご飯を炊き、朝や夕飯は粥や茶漬で済ませています。武士もなかなか庶民的な苦労をしていたんですね。

 マイホームページ   おすすめ情報(『栄光のかけら』・『薬子伝』、一般書店からも注文できます)

コメント

岩にしみいる蝉の声

2019-07-21 19:18:52 | 日記

 今年はよく降りますね。こんなに梅雨らしい梅雨は久しぶりです。お日様も恋しいのですが、暑くなるのも嫌なので難しいところです。そろそろ蝉の声も聞きたいですね。今年の蝉は元気に鳴いてくれるでしょうか。

 蝉といって思い出すのは、やはり芭蕉の「閑(しづか)さや 岩にしみ入(いる) 蝉の声」です。し~んと静まり返った山中で、蝉の声だけが岩にしみ透るように聞こえてくる静寂の世界。この時鳴いていた蝉は何だったのでしょう。私も立石寺(りゅうしゃくじ)へは行ったことがあるのですが、蝉の種類について考えていなかったので、思い出してもわかりません。一説に、ニイニイゼミだといわれています。

立石寺

 この句が詠まれた立石寺へ、芭蕉は人に勧められて出掛けていったのですが、着いた時は夕暮近くなっていました。麓の坊に宿を借りおいて山上の本堂に登りましたが、岩の上に岩が重なっているような急勾配の山道、松や檜も老木と化し、土や石も苔むした足元の悪い山道です。ようやく辿り着いた十二院は扉を閉じていて物音一つ聞こえない静けさ。崖のふちを巡り、岩を這うようにして仏殿へ参拝した芭蕉は、あたりの風景の素晴らしさと静寂さ、その中に響いてくる蝉の声を感じ取ります。「佳景寂寞(かけいじゃくまく)として心すみゆくのみおぼゆ」ということで、「閑さや…」の句が生まれてきました。「岩にしみいる」という表現は芭蕉ならではのものですね。

 五街道が整備されたとはいえ、このあたりは宿駅制も道路も完備されていない地方ですから大変だったと思います。それでもちょうど夏の時期だったので、最悪野宿も可能だったのかなとは思いますけれど…。この『奥の細道』の旅では、立石寺の少し手前に尿前(しとまえ)の関というところがあって、国境を守る番人の家に宿を求めたのですが、「蚤虱(のみしらみ) 馬の尿(しと)する枕もと」という句が詠まれるほどひどいところだったようです。その上風雨に妨げられて出立できず、やむなくこの山中に三日も逗留しました。尾花沢では清風(せいふう)という談林(だんりん)系の俳人の家に泊まりました。芭蕉とは旧知の仲だったので、いろいろもてなしてくれたようです。

 基本的には寺の宿坊に泊まることが多く、宿を貸してくれる家があればそこに泊まったようです。鶴岡では長山重行(しげゆき)という武士の家に迎えられて俳諧を催し、酒田では淵庵不玉(えんあんふぎょく)という医師の家を宿としました。時には漁夫の粗末な家に泊まることもあったようですが、野宿はしないで済んだようですね。いずれにせよ、まだまだ旅が困難な時代に、芭蕉は旅を愛し、何度も出掛けていきました。芭蕉、最後の句です。

 旅に病んで 夢は枯野を かけめぐる

 マイホームページ   おすすめ情報(『栄光のかけら』・『薬子伝』、一般書店からも注文できます)

コメント

お江戸のタクシー

2019-07-07 19:17:43 | 日記

 水の都といえばベネチアですが、江戸にもベネチアに匹敵するくらいの水路がありました。「掘割(ほりわり)」と呼ばれる直線的な水路が縦横に走っていて、人や物を運ぶのに船は欠かせないものだったのです。荷物を運ぶための茶船(ちゃぶね)、荷を上げ下ろしするための荷足船(にたりぶね)などが江戸の水路には行き交っていました。少し遠距離のための大型船として高瀬船などもありますし、舟遊びには猪牙舟(ちょきぶね)、屋根船、屋形船などがありました。船を使いこなせてこそ一人前の江戸っ子といわれたんですね。

両国橋大川ばた

 中でも一番人気は猪牙舟(ちょきぶね)。今のタクシーのようなものです。人が一人か二人乗れるくらいの小さな舟ですが、何しろスピードが出ます。船頭はいなせで着流しの似合う粋な若衆で、ベネチアのゴンドラの船頭さんのように美声の持ち主が多く、小唄まじりに舟を操りました。舟遊びをする客は見栄を張ります。ですから船頭もかっこいい方が良かったようですが、ビジュアルだけでなく、船頭としての腕も確かなものでした。猪牙舟はスピードを出すために船体の幅が狭くなっているのでひっくり返りやすいんですね。また高速性だけでなく、回転性にもすぐれていたので、これを操作するのは腕利きの船頭にしか許されませんでした。猪牙の船頭は名人気質が多く、「船頭は諸侯の如く、客は陪臣に等し」ともいわれました。

 人や物を運ぶ仕事は他にも駕籠舁(か)きや馬子(まご)などいろいろありますが、格は船頭が一番上でした。船を操るのはそれほど難しいんですね。川の底に岩が飛び出していたり、流れの急なところでは渦を巻いていたりしますから、川を熟知していなければ務まりません。駕籠舁きや馬子なら数日特訓を受ければ現場に出られますが、船頭には十年以上のキャリアが望まれるため、ほとんどが世襲制でした。ですから手間賃も良かったようです。中でも猪牙舟(ちょきぶね)の料金は高く、柳橋から吉原あたりまでの往復料金が大工の一日の手間賃くらいになったとか。

 猪牙舟はデートにも使われましたし、深川や吉原へ通うのにもよく使われました。柳橋から猪牙舟に乗って吉原へ行く途中に「首尾の松」というのがあって、遊客たちはこの松に「今宵の首尾のよいように」と祈ったといわれます。「首尾の松 たびたび見たび 不首尾也」、「余の舟で 見ればやっぱり 唯の松」などという川柳が残されています。また猪牙舟には布団が積んであって、朝帰りの客が仮眠をしながら帰れるようになっているのですが、布団は一枚だけなので半分に折って中にくるまりました。その様を見た人たちは、「ほら、柏餅が帰る」などといったそうです。

浅草川首尾の松御厩河岸

 猪牙舟の名の由来には諸説あります。文字通り猪の牙に似ているというもの。長吉という人が考えて作り、その名をとって「長吉舟」と呼ばれていたのが転訛したというもの。小さい舟なので水の上にちょんと乗っているように見えるので「ちょんき舟」が転訛したというものなどいろいろです。いずれにしても猪牙、猪牙といって愛用され、江戸の水路を駈け巡りました。

 マイホームページ   おすすめ情報(『栄光のかけら』・『薬子伝』、一般書店からも注文できます)

コメント

老後2000万円問題と高齢化社会

2019-06-23 18:47:10 | 日記

 先日金融庁が年金だけでは足りなくなるので、老後2000万円の蓄えが必要だという試算を発表しました。それに対して俄かに議論が巻き起こり、与党は火消しに躍起になっていますけれど、この問題はもう国民の脳裏に焼き付いてしまったことでしょう。年金だけでは暮らしていけないという不安を誰もが抱いてしまったことと思いますが、「今更遅いよ」です。もっと早くに試算して、それに対する対策を考えていてくれたらと思わざるを得ません。団塊世代の親世代は結構豊かな年金暮らしをしていた筈です。団塊世代が高齢者の仲間入りをしたらどうなるか、という展望はなかったのでしょうか。

 生活費の内訳を見ても、あの中に例えば家のリフォーム代金やエアコン・給湯器などの買い替え費用は入っているのでしょうか。家も家電も経年劣化していく中で、生活費の確保だけではどうにもならなくなるでしょう。まして夫婦のどちらかが病気になると、一気に困窮してしまうというケースも少なくありません。介護も大きな問題です。老々介護ともなると、どうにもならなくなって夫婦で心中というケースもあります。何故心中しなければならなかったか、ということはニュースにならないことが多いのですが、その辺をもっと掘り下げて、高齢者対策を真剣に考えて欲しいものです。

 介護施設での虐待も問題です。動けない高齢者に暴力を振るうなど、人としてあってはならないことです。介護士などの選定も「人となり」が第一だと思うのですが、人材不足で手が足りないとそうもいかないのでしょう。もっと社会保障に力を入れ、非人道的なことが起きないようにすべきですし、できないのであれば安楽死を認めるべきです。虐待されて死ぬよりも、安楽死の方がずっと人道的だと思います。

 『未来の年表』(河合雅司著)によれば、来年には女性の過半数が50歳以上になり、2021年には介護離職が増大すると予測されています。また、「団塊世代が75歳以上となる2025年頃には、大きな病気を患う人が増え、社会保障給付費が膨張するだけでなく、医療機関や介護施設が足りなくなるのではないかと指摘されている」とあって、ダブルケア(育児と介護を同時に行う)も問題となってくるそうです。団塊ジュニアも50代に突入していきますし、認知症患者も増えていきます。2040年頃には死亡者数が激増するために火葬場も不足するようになるということですから、この高齢化社会をもっと深刻に受け止め、考えていかなければならないのでは。

 最近はまた高齢者の交通事故がやたらと取り上げられ、高齢者ばかりが事故を起こしているような錯覚に陥りますけれど、若い方も事故は起こしています。高齢者の事故ばかりが取り上げられるので、高齢者講習の見直しや免許制度の変更などが検討され、高齢者にとっては益々厳しい運転事情になりそうです。確かに高齢になって運転するのは危ないと思いますし、おそらく本人もさほど運転したくはないでしょう。それでも運転しなければ買い物にも行けない、病院へも行けない、気晴らしもできない等々で運転せざるを得ない事情があると思います。それを解決しようせず(足の確保を考えず)、ただ高齢者に厳しくすることだけが得策といえるでしょうか。高齢者を家に閉じ込め、引き籠りにするような社会であってはならないと思うのですが、皆さんはどうお考えになりますか。

 マイホームページ   おすすめ情報(『未来の年表』のあとは『栄光のかけら』を是非どうぞ!)

コメント