清泉日記

サンサンおひさま笑ってる♪ みんなで駆けよう緑の庭で♪ 空に向かって元気よく♪ GOゴー清泉♪ ワン・ツー・スリー♪

卒園生の集い(1学期終了~)

2014-07-25 16:04:43 | 日記
 
1学期終業式、楽しく終了~

皆さま、楽しい夏休みを過ごしているでしょうか?
子どもたちは、1学期を泣いたり笑ったりしながらたくさんの『体験』をして、笑顔で終業式を迎え、お家に帰って行きました。

 
今頃はお家の人たちと、のんびりゆっくり過ごしているのかな?
もう既に、みんなに会いたい先生たちなのです。



年長さんは、お泊り会という1学期のメインイベントを体験し、泊まる前の「ひとりで大丈夫かな?」「おばけ、出ないかな?」などの、ドキドキ、「みんなで泊まればぜんぜん大丈夫!」「ひとりでできた!」という達成感&充実感で、ひとまわり大きくなって帰宅していきました。

 

目に見えないところで、みんなそれぞれ成長しているのだなぁ~・・と、しみじみと感じています。




そして、今日は、昨年度巣立っていった小学1年生をお招きしての、『卒園生の集い』がありました。
久しぶりに会うのに、飛びついてきてくれ、仲間同士で戯れる姿に、まるでタイムスリップしたかのような錯覚に陥るくらい、違和感なかったのですが、それでもちょっと違うのが「大きくなったなぁ~!」という身体の成長。やっぱり確実に時は過ぎているようです。



今回は、スペシャルなお客様も一緒でした。
その名も『とまと君』。
とまと君は、トマトが大~好きで、トマトの神様に会ってトマトにしてもらうお願いをしに、南米ペルーに旅立つことを決めました(+トマトの原生種調査)。その0前に、『えいごクラス』(現地の子どもたちに英語も教える為)を見学に来たのです。



その時以来、ペルーと室蘭でお手紙での会話が始まりました。
「とまとくん、とまとのかみさまはみつかりましたか?」現地での生活で挫けそうになった時、そんな子どもたちからのお手紙に励まされたそうです。



そのお礼に、と、今回わざわざみんなに会いに、遠くからお友だちの『とまぴん』を連れて来てくれました。お土産に『トマトのお手玉』を全員分作って来てくれました!もうみんな大喜びですっ


「とまぴんだピン!」

ペルーでのトマトの神様探しの旅のお話をしてくれた時、とまと君は言いました。
「僕は、トマトが大好きです!だからトマトのことをいっぱい勉強してお仕事にしようと思いました。皆さんにも、きっと、”すきなこと”があると思います。その好きなことを見つけて進んでいってください。」その言葉を聴いたとき、清泉幼稚園の合言葉を思い出しました。


「みんなちがって、みんないい」




在園のみんなも、巣立っていったみんなも、『自分の好きなこと、得意なこと(個性)』を大切にしてこれからも自分らしく生きて行ってほしいなぁ~・・と思います。

1学期、ご協力ありがとうございました!!
短い北海道(室蘭)の夏を、楽しんでくださいね~!!


海だ、海だ~、広いなぁ~♪

2014-07-15 15:13:22 | 日記
 

行けました~!
念願の電信浜へ!!
 
台風一過で昨日、今日と、穏やかな2日間で、存分に水&砂あそびを楽しむことが出来ました。
幼稚園のプールももちろん楽しいのですが、潮の匂いのする『海』で昆布やカニを見つけたり、波打ち際で砂遊びをすることは、また違う楽しさがあります!
 

電信浜から帰って来たみんなからは、磯の香りが♪
そして、「はい、お土産!」と小さな手でしっかりと握り締めていた貝殻を差し出してくれました。
嬉しいなぁ~。
 

最近は、砂遊びや泥あそび、裸足になること、水あそびや粘土等など・・・
「気持ち悪い…」とか「汚れるのが嫌…」と、子どもには不可欠な『体験』を避けようとする子どもたちも多くなって来ています。
 
『子どもには不可欠』と書きましたが、『5感(視・聴・嗅・味・触)』が育つ大切な時期だからこそ、
この時期に、いろいろな体験をして本物に触れてもらいたいなぁ~と、強く感じます。

「やってみなくちゃ、わからないよ♪」と、お家でも、意識して子どもの目線になって、いろいろな体験をさせてあげてくださいね。
 

もうすぐ夏休み♪
室蘭は、意外に知られていないのですが、実は、『自然』の宝庫でもあったりします。
 
夏休みの間に、あちこち探検されてみてはいかがでしょう?
良い場所を発見したら、ぜひ、教えてくださいね!
 


お願いごと、届け!

2014-07-09 09:06:32 | 日記
今日は午後から雨の予報。
台風が上がってきています。昨日の地震も手伝い、自然の驚異を感じますね。

そんなこんなで今日予定していました電信浜への園外保育は延期となりました。

でも!
一昨日の七夕は、見事に晴れました~! パチパチ~☆

 


お約束通り、おじいちゃん・おばあちゃんの笹飾りとみんなのお願い事を全部合わせて、煙にして、お空の神様まで届けましたよ。



写真を見て解るとおり、本当に真剣にお願いしている姿が何とも可愛らしく…。
「かみさま~、どうか、お願いします!」
最後には、お空の神様にも届くようにと、大きな声で叫んで、ナムナム・・・・


本当に、みんな、なんて素直なんでしょう!?



お願いしている間に、流れてきた「ささのは、サラサラ~♪」という七夕のBGMに合わせて大合唱が始まったのをきっかけに、玄関に入っても、トイレの中でも、ず~~~っと、「ささのは、サラサラ~♪」と大きな声で鼻歌を歌い続けるみんなが愛おしくてたまらなかったです!

 


お家でも、天の川を見上げて、織姫と彦星の再会を楽しんだご家庭も多かったのではないでしょうか?

来年も、会えると良いですね~。

 

そして、みんなは、次こそは、電信浜に行けますように!

もうすぐ七夕☆

2014-07-04 12:02:46 | 日記
  
父親参観の後の親子レクも楽しかったです♪



「ささのは、サラサラ~♪」
教室から、七夕の歌が聞こえてきます。
もうすぐ七夕ですね。

室蘭の七夕の空は、記憶している中では、大半が曇っていたり、雨だったり。
今年は晴れて、織姫と彦星が会うことが出来ると良いですね。
そんな思いを込めてか、年少さんがテルテル坊主をたくさん作って飾ってくれているので、大丈夫!…かな!?

 

そして、笹の飾りも飾られました。
ひとつひとつのお願いを見ると、ホッコリと心が温まります。

「おせんべいがほしいです」
「あおいぼーるがほしいです」
「りんごがいっぱいたべたいです」
「どらえもんになりたいです」

 
小さなお友だちのお願いごとに比べて、年長さんになると「さすが!」と、最年長児の貫禄?を見せてくれるような頼もしい願い事がいっぱい。

「赤ちゃんを産んで、立派なお母さんになりたい!」
「幼稚園の先生になって、楽しいことをいっぱいして子どもたちを喜ばせたい。」
「オリンピックで金メダルを取る!」
「アイス屋さんになって、温泉からあがった人でアイスが欲しい人にあげる」
「お父さんとお母さんと、家族みんながいつまでも仲良く幸せでいられますように」

など等…
本当に大きな成長を感じます。
  

幼稚園だけで楽しんでいるのは勿体無いので、おじいちゃん・おばあちゃんと一緒に七夕をお祝いしようと、年中さんが、近くの老人施設に慰問に行って、笹飾りを一緒に付けたり歌を歌ったりして来ました。
皆さん、とっても喜んでくださり、「また来るね!」と約束をして来ましたよ。
おじいちゃん・おばあちゃんのお願い事は、子どもたちと一緒に笹焼きをして、お空の神様に届けたいと思います。


みんなの純粋な願い、叶うと良いですね~!
因みに、先生たちの願いは「大好きな子どもたちの笑顔がいっぱい見られますように!」です。
これは、間違いなく叶いますよ!