清泉日記

サンサンおひさま笑ってる♪ みんなで駆けよう緑の庭で♪ 空に向かって元気よく♪ GOゴー清泉♪ ワン・ツー・スリー♪

旅立ち・・・・

2018-03-30 12:20:27 | 日記

『思い出のアルバム』が流れる中、最後の卒園生が『げんきもん』をくぐり終えた瞬間、平成29年度の生活がすべて終了しました。

涙で顔をグチャグチャにして、目を真っ赤になりながら「卒園したくない~~!!」と、泣いている子。

背中に羽が生えたの?!と、思うほど身軽に飛んでいった子。

『げんきもん』をくぐった瞬間に、今まで我慢していたものがこみ上げて一気に爆発し泣いていた子。

それぞれの想いを胸に巣立っていきました・・・・


 

卒園式でのシュプレヒコール。

春、入園式から始まって、運動会・発表会・マラソン大会・・・etc

いろいろなことが頭をよぎって、そして、その時のみんなの自信に満ちたキラキラした顔を思い出すと、あんなに小さかったのにね。

いつのまにか、とても大きくたくましくなった姿。

当日は泣かないと決めていましたが、涙腺崩壊してしまいました。

 

卒園証書をもらい、握手をするみんなの手が温かく・大きく逞しく成長し、これから立派な小学生になる事を感じていた園長先生。

最後のげんきもんをくぐり、無事に清泉幼稚園を卒園していきました。



まっすぐな目をした立派なその様子に、「もう学校へ行っても大丈夫」と、自信を持って、送り出せました。
そんな様子を、来年、新年長組になるりす・うさぎ組さんは、どんな思いで先輩たちの背中を見ていたのでしょう?
きっと先輩たちの意思を受け継ぎ、新しいお友だちのお手本となってくれることでしょう

担任の先生だけではなく、園長先生・バスや体操の先生・事務の先生・たくさんの先生達、そして暖かい愛情たっぷりのお父さん・お母さん・おじいちゃん・おばあちゃんの大人達に囲まれ、すくすくと成長してきた清泉キッズは最高なんです

この1年間、いっぱい泣いて、いっぱい笑って、たくさんの思い出ができました


もう思い残すことはありません・・・・

式が終わったあとの真っ暗なホール。寂しそうな清泉クン

 

「ここから、始まって、ここで終わったね・・・

ここに至るまでに、たくさんの数えきれないドラマが幼稚園で繰り広げられてきました。

入園前のこぐまクラブでは、大好きなお母さんと一緒に、たくさんの経験をしました。

 

春・・・ポカポカと暖かい日差しが差し込む廊下では、みんなの笑い声・鳴き声がこだました入園式

お母さんに会いたい気持ちをぐっとこらえ、リュックに顔をうずめて泣いていたあの子・・・

お仕度が1番最後でも、諦めず自分一人の力で頑張っていたあの子。 「先生~~~お仕度早く出来るようになったよ~~~」と、満面の笑みで報告してくれました。

お友達と早く遊びたくって、朝のお仕度もせずに飛んでいってしまった子

満3歳のお友達が続々と入ってきて、みんなは年少さんなのに、小さいお友達のお世話をしっかりとして頼りになった年少組。

 神社の階段も頑張って登りました 誰一人、疲れたぁ~、もぅ無理・・・とは言いませんでした

 

 展望台までの長い道のり。綺麗な海を眺めながらのお散歩は、何度も・何度も行きました。そのおかげで、沢山体力がつきました

   たくさん公園にも遊びに行ったね!

 

   

  

   春夏秋冬、ちょっぴりお兄さん・お姉さんになった3学期。

 

1つ大きくなった年中組。

 

  

 ますます、団結力が強くなった年中の1年間。

 

あっという間の3年間でした・・・・。

 




子どもたちはみんな前だけを向いて歩いています。
私たち大人も、笑顔で送り出したいと思っています。そして、次にみんなに会えるのはピカピカのランドセルを背負った1年生。

 

個性あふれるぱんだ組さん

『みんなちがって、みんないい』  

 だぁ~~い好き



1年間、みんなが本当に楽しく、優しく、笑いあえたのは、ご協力くださったご父母をはじめ、ご家族の皆さんのお陰です!
本当にありがとうございました


これからも、子供といっしょに泣いて、笑って、いろいろな体験を一緒にしながら、「みんなちがってみんな良い!」と、1人ひとりと向き合っていこうと思います。

       

 

 

毎年、繰り返される、子どもたちの巣立ち。大人達にとっては寂しい・・・・でも、やっぱり嬉しい巣立ちです!!

ご卒園・進級を心からお祝いします!! そして、心はみんなず~っとひとつだと思っています。 

1年間、たくさんのご理解とご協力を、本当にありがとうございました。

新年度、それぞれの新しい環境で活躍してくれることを見守り、サポートしていきたいと思います。


 

これで、今年度の清泉日記も終わります。

日々、子ども達と接する中で、ともに成長できた喜びをひしひしと感じる事ができました。

幼稚園では毎日・毎日いろいろなドラマが繰り広げられています。涙あり、笑いあり、たくさんのハプニングがあり。。

少しでも、それをご家庭の皆さんにお伝えできればと、日記を書いてきました。

そして少しでも私たち教職員の気持ち、考えをみなさんにお伝えできればと・・・。

『毎日が1年生』体験・経験に驕る事なく初心を忘れず、これからも日々勉強し、子ども達の笑顔・幸せ・たくさんの成長の手助けをしていきたいと思っております。

ブログを読んでいただいた、たくさんの皆さん、本当にありがとうございました

また、お時間があるときにでも、平成30年度のブログを見に来てください



 




 

 

 

 

 



お別れ会★『アリスin清泉ランド♪』

2018-03-18 14:16:09 | 日記

 

ここ数日・・・・

年長の男の子が、何の言葉もなく、前触れもなく・・・急に抱きついてきます。

「どうした??

何か困った事があったのかな

問いかけても、何も答えず離れていきます・・・

前は、こんな事なかったのに。

よ~く見ていると、他の先生たちにも一人一人見つけては抱き着いて、ぎゅーってしくれています。

 

きっと、最後のお別れの時が来るまで心と心のコミュニケーションを自分なりに感じているのでしょう・・・

 

小さなハートで、卒園に対する不安や期待、たくさんの複雑な思いを受け止めているんですね

これからも、そのぎゅーを、思いっきり受け止めてあげたいと思います

 

さて、今年度ものこすところあと3日となりました。

先週は、あともうすぐで卒園してしまうお兄さん・お姉さん達と思いっきり楽しんじゃおぅという事で『お別れ会』がありました。

清泉幼稚園の中にはいつも笑顔と笑いがあります

 

時には、思いっきり笑って、真剣な時は思いっきり真面目に。

ふざける時は思いっきりふざけて

いつも、全身全霊で

お友達同士、先生たち、バスのおじさん、職員室の先生たち。み~んな仲良し

この時期は一番子ども達の成長と優しさで溢れる園内

幼稚園の中は愛でいっぱいになります。

そんな集大成がこの『お別れ会』

名前は寂しいですが、このお別れ会は子ども達がどうやったら盛り上がれるかと先生たちでたくさん話し合いアイディアを出し合います。

今年は、イースターに因んだ企画。

イースターといえば、タマゴ

イースターといえば、ウサギ🐰

ウサギといえば?? アリス 

そういう事で、今年のテーマは【アリスin清泉ランド】と命名

 

と・・・その前に・・・・・

お母さん役員さんが、最後のお仕事で幼稚園に揃いました。

 

 代表のお友達がお礼のお手紙を渡しました。

 みんなからは感謝の気持ちを込めて歌のプレゼント

 おとなになったら・・忘れちゃうのかな  何故か涙してしまう歌詞です・・・

お母さん達から、一言をもらいました。

「お仕事をしていると、下からみんなの笑い声がたくさん聞こえてきました。」

「みんなの為だったら、大変な仕事も頑張ってできました。」

「みんなが遊んでる姿を見れて嬉しかった!」

お仕事は大変だったと思いますが、こんなにも暖かい言葉をもらえて、子ども達&先生たちはとっても嬉しかったです。また幼稚園の中に愛が溢れました。

本当に、本当にたくさん、たくさん、ありがとうございました



いよいよ、みんなの待っていたお別れ会。

恒例の園長先生の手品が終るころ・・・・・


いきなり登場したのは、ピンクの髪をした帽子屋さん


今日は帽子屋さんのお茶会の日だったそうです。


招待したのは、ウサギさん達。

そこへ・・・・ 遅れてきたのは時計ウサギ。

どうして遅れてきたの 一緒に登場したのはアリス

お茶会に持ってきた、みんなのプレゼントがネコに奪われてしまいました

 

さぁ、ここでみんなの出番です

 ミッションをクリアして、プレゼントを取り返すぞぉ~~~~

 

        

お部屋には、ぞれぞれアリスの国に因んだゲームが用意され、それをクリアしなければなりません。

 園長先生も頑張ります

 

 

   全てのゲームをクリアして、無事にプレゼントを取り返したようです

 

ゲームで盛り上がったあとは、お別れタイム

年少・年中さん。年長さんがお互いに、歌や手話のプレゼント

     

 

最後に、年中さん恒例の『おせんべいパーティ』で賞を受賞したので授賞式。おめでとう~~~~

 

代表のお友達が園長先生から賞状をもらいました。

 

 

はなまる賞をもらったりす組さんは、個人個人へ賞状があったので園長先生から貰いました。

   

 

うさぎ組さんからのプレゼントは亀田製菓さんからおせんべいのプレゼントがあったので、全クラスで美味しくいただきました

うさぎ組さん おめでとうございます そして・・・御馳走様でしたぁ~~

 

 

 りす組さん、おめでとうございます 

 

春はすぐそこ・・・・

園庭の緑の芝生も、バスのおじさん達が氷割りをしてくれているおかげで目を出してきました。

きっと、卒園・進級する頃には綺麗な顔を出してくれる事でしょう・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


スケート遊び♬

2018-03-18 11:28:31 | 日記

3学期はあっという間

幼稚園の中では思い出のアルバムの曲が毎日聞こえてきます・・・

この曲を聞いていると、春からの思い出が心の中で蘇り、あんな事~こんな事~あったでしょう・・・目がウルウルになります

 

 

でも、まだまだ思い出作りはできます

という事で、今年も年長さんはスケート遊びに出かけてきました

「清泉キッズご一行様のおな~り~

たくさんのお母さん達に出迎えられて、今日はスケート場の貸し切り

 

「おはようございます宜しくお願いします

しっかりと、ご挨拶を済ませテキパキとスケート靴を履きます。

お手伝いのお母さん達も手際よくお手伝いをしてくださったので、早い早い

 

「スケート上手に滑れるひと~~~こっちの列。」

「初めて滑るひと~~こっちの列。」

並べてみると、ほとんど子が滑れる列に・・・

この日の為に、みんな家族で練習に行っていたようです

さぁ、準備運動も済ませ、いざリンクへっっ 

 

   

あちらこちらで、すってんころりんと、転がる子ども達。

生まれたての小鹿のように、足がガクガク。

起き上がりこぼしのように、倒れても倒れても何度も立ち上がる子ども達。

    両手を繋がれ、ご満悦

 

      

△ポールは必需品です

 

 小さなお友達も上手に滑ります

 

 転んでも、負けません

 

   繋がります! 気が付くと、長蛇の列・・・腰が引けてます・・・

 

 

 黙々と壁&ポールを使いこなします。

 

お手伝いしようか??手を差し伸べると、「いらないっ!一人で頑張る!!!」と、震える足で頑張る姿。

 撃沈

 

 ちょっと一休み

 

転んで、立ち上がって、また転んでを繰り返し、みんなの頭からは湯気が出ていました

それだけ、頑張ったんだから休憩のドリンクタイムは格別です

  

後半タイムに入り、みんなリンクに慣れてきたようで、△ポール2個使い

もう、へっちゃら!と、ポール無しで自分の力で滑れるようになった子

転んでも泣かない、またチャレンジする姿にまたまた成長したみんなに拍手~~~~

 

リンクから上がった子ども達の顔は自信に満ち溢れて、身体から発する湯気というオーラに包まれていました

「また、1つ、みんなとの思い出が増えたね

心の中で呟いていました・・・嬉しさと、また1つ思い出が終わった寂しさと、複雑な心境でバスを見送りました。

 

 

お母さん達、たくさんの方々のご協力、本当にありがとうございました

筋肉痛、大丈夫だってでしょうか??

 はい、ポーズ

 

 イナバウアー

面白い事に、子ども達みんな後ろ見ています