清泉日記

サンサンおひさま笑ってる♪ みんなで駆けよう緑の庭で♪ 空に向かって元気よく♪ GOゴー清泉♪ ワン・ツー・スリー♪

鬼はこっそり逃げてゆく?!

2017-02-06 12:09:12 | 日記

「オニ~~のパンツはいいパンツ~~ つよいぞ~~ つよいぞ~~~

お部屋から、元気のよい歌声が響いてきてます

さぁ~今日は、いよいよ節分 

みんなの中に、いじわるオニさんいないかな

泣き虫オニさんはいないかな

怒りんぼうオニさんはいないかな

みんなの身体の中にいる、たくさんのオニさんを、やっつけよう

「まず最初に、うさぎオニ~~~ 集まれ~~~~~」 園内に響き渡るアナウンスが聞こえると、

「ヴォ~~~~~~~~~」と、雄叫びをあげながら、ドスン・ドスンと力強く歩く足音とともにちびっ子オニ達がホールへ集まってきました

     

次は・・・・ぱんだオニ~~~ きりんオニ~~~

次々と勇ましく登場するオニ達

 

「最後は~~~みかんオニ~ りんごオニ~~

「ぉぉぉぉぉぉぉ・・・・・・・」    

 

 

あららら・・・・ 声がなんだか小さいような・・・・・

 

ホールに集合したちびっ子オニ達が、自分たちが作ったオニのお面の自慢大会の始まりです

 

 

各々の作った自慢のお面をつけて、雄叫びがホールに響き渡る頃・・・・・・

      「オニなんて、あっち行け~~~~ おシリ、ぺんぺん 」

 

もちろんみんなの雄叫びが鬼が聞き逃すはずありません

 

ついにっっ  鬼登場 みんなの反応は・・・・       何故か?!

 

司会の先生が、鬼さんとお話していた時、どこからともなく飛んできた豆の嵐 

どうやら、待ちきれなくなった園長先生が、お先に~~~と、豆を鬼さんにぶつけていました

大量の豆が散らばる中、豆まき?!  いえいえ、豆拾いのスタートです 

     

みんなは、ポケットの中いっぱいに拾った豆を、今度は攻撃開始

目からはメラメラと燃える、炎が立ち上り、鬼めがけて豆を放ちます

       鬼があっちに行ったぞ~~~ 

今度は、外にあらわれた~~~

鬼が移動するたびに、「キャー」「わぁ~~~」 「ボク・私たち、良い子デス 良い子デス」 と鬼に訴えたり・・・・・

 

 

 

   「そろそろ、みんなのお腹の中の鬼は、いなくなったようだなぁ~~~ さてと・・・帰るとするかぁ~~

と、テカテカに氷って光る路面を、軽快に走り帰っていく鬼でした

 

みなさんの、ご家庭では節分をしましたか???

幼稚園では、次は風邪ひき鬼やインフルエンザ鬼をよせつけないように、手荒い・うがいを頑張っています 

「風邪なんて、あっちいけ~~~ あっかんべ~~~~」という事で、お休みありませんのクラスの報告がありました

 


ソリ遊びin ダンパラ♪ NO.2

2017-02-05 14:07:10 | 日記

年長さんが、ダンパラから帰ってきました

「たっだいまぁ~~~ いやぁ~、楽しかったわ~~

 

ゾロゾロと、雪まみれになった年長さんを、年中・少さんが、お出迎え

年中・少さん「ねぇ、ねぇ、どこに行ってきたの???」

年長さん「ダンパラで、ソリ滑ってきたんだよ~~~

年中・少さん「いいなぁ~いいなぁ~~~いいい~なぁぁぁ~~~~

横目で先生の顔を見ます

先生「大丈夫 みんなも行くからねぇ~~

年中・少さん「いつ? いつ? ねぇねぇ~~いつぅ~~~~

早速、おねだりが始まりました

 

園庭での、スノーモービルでは物足りず、長い坂で思いっきり雪遊びをしなければ、みんなの気持ちは収まらないようです

という事で・・・・・

遊ぶの大・大・大~~~好きな年中さんが、ぱっぱと着替え、近くの公園へ歩いてソリ遊びに行ってきました

冬休み、ソリ遊びを経験していたようですが、クラスの仲間と一緒に滑るのは、また格段に面白い

  ソリ列車の出発~~~~

何台もソリをつなげたので、スピードはMAX

思わず、先生が「ブレーキーーーー

足をちゃ~んと出して、雪煙をあげて、しっかりブレーキをかけて止まります

だって、年中さん。去年、ここの公園でたくさん遊んでソリの達人になったんですもの

雪煙りが顔にかかっても、

「冷た~~い

「気持ちいい~~~

「美味しい~~

       

という事で、本番のダンパラでも、思いっきり楽しむ事が出来ました 

   

元気いっぱいの年中さんは、もしかしたら短い坂では物足りなかったかな?!

今度は、お家の人と、長い坂にも挑戦してみるのも良いですね 

 

さて、年少さんは??というと・・・・・ 

 

こちらも、モコモコのスノーウエアに身を包み、行ってきました 

最初は何度も、何度も滑り下り誰かが作ってくれたジャンプ台にも歓声が上がります

そのうちに・・・・・

 

    上がるのが疲れちゃった・・・・ 

雪遊び組と、滑り組にわかれます

でも、お手伝いのお父さんやお母さん達がたくさん来てくれたので、「一緒に滑ろう」と、声をかけてくださり、たくさんの子ども達と一緒に滑ってくれました

       

誰一人、寒い 帰りたい という子はいませんでした 

みんなの笑顔を見てたら、入園した当初を思い出し、成長したなぁ~~ と、ちょっぴりウルウル。

これからも、北海道ならではの雪遊びをたくさんして、みんなの心のアルバムがいっぱいになって年中さんになれたらるようにしたいと思っています

 

極寒の中、年中さん・年少さん、たくさんのお手伝い、兄弟のいる方は連日のお手伝い、本当にありがとうございました

子ども達の笑顔、そしてお父さん・お母さんの雪にまみれた笑顔、本当にステキで最高に輝いてました

これからも、幼稚園生活をお子さんと一緒に楽しんでいただけたら、と思います

 

 


ソリ遊びin ダンパラ♪ NO.1

2017-02-04 15:01:05 | 日記

「あけまして、おめでとうございます 今年もよろしくお願いします

3学期の始業式、毎年恒例のご挨拶で、いよいよ幕開けです

 

その数日後・・・・

行ってまいりました まずは、やっぱり年長さん お先にど~ぞ~~

白鳥大橋を渡って、ダンパラスキー場へソリ遊びに行きました

この日は、と~っても良いお天気に恵まれ、最高のソリ日和 天気が良いって事は気温は極寒

マイナス6℃ いやいや、気温なんて、関係ありません 子ども達は長い冬休み、もて余していた身体を思いっきり、真っ白なパウダースノーへ、それ~~~駆け出します

    

子ども達は身体が柔軟です

ソリがひっくり返ろうが、ぶつかろうが、「キャー怖い~~~」と、歓声を上げながら、長い、長い、坂道を滑り下りていきます

 

お手伝いのお母さん達も、楽しそうに童心にかえり雪まみれ

              

「まだまだ、甘い~~~」 全力でソリを押すお父さん  

 

「せ・せ・せんせい・・・・つ・か・れ・た・・・・

 パウダースノーは良いんですが、上がってくるのが一苦労 長い・長~~いカラフルなスノーウエアの列ができます・・・

 

そんな時は・・・雪遊び  

 

 

そんな子ども達、お手伝いの方達の笑顔をキラキラと光る太陽が温かく見守ってくれているようでした

その光が海に当たり、キラキラと輝いていました

山のお天気は変わりやすい その言葉通りにみんなが帰る頃には、パラパラと雪が舞い降りてきました

お手伝いをしてくださったお母さん・お父さん達にお礼を告げ、みんなはリンゴジュースを飲みながら、疲れた体を癒し、幼稚園に戻りました

  

お手伝いしてくださったお母さん・お父さん達。毎回、たくさんのお手伝い、本当にありがとうございました

極寒の中、子ども達と雪まみれになりながら、ソリを滑ったり、身を持ってソリを止めてくれたり、登り坂を手を貸しながら何度も往復したりと、たくさん動いてお手伝いしていただき、ありがとうございました

筋肉痛は大丈夫でしたか

春は、もうすぐです 年長さんは、カウントダウンが始まる3学期。盛りだくさんの行事を子ども達と一緒に楽しんでください