斉藤うめ子ブログ

新しいニセコの街づくりにとりくみます

引きこもり

2019-02-19 22:23:43 | 人生
引き籠る日が多いこの頃です。
いままでにないくらい家の中に引き籠っています。
運動不足になりますが、仕方ありません。
一日中パソコンの前にじっと座っています。
なぜか外に出るのが、怖い気がするからです。
原因と理由はいろいろありますが・・・
心身ともに思うように動かない、動きたくない。
これが人生~?
人生には山あり、谷あり、押し並べて平坦なり。
新たな壁の前に立って、さて、これからどうしよう?
自然に身を任せて時の経つのをじっと待つしかない
時もあるようです。
コメント

政治家の品性

2019-02-17 23:57:28 | 政治
16日の道新夕刊「今日の話題」“品行と品性”から、
【品性】とは人柄、品位、道徳的価値としての性格
【品行】とは人の普段のおこない。身持ち。行状。
(道徳的にみていいとか悪いとかいう判断の対象となる)

「少しぐらい品行が悪くてもそう気にならないと思うけれど、
品性の 悪い人だけはごめんだわ。品行は直せても、品性は直せないもの」
「現政権には政治家らしい品行すらおぼつかない閣僚がいる。」
「政治家に品性を求めたところで、無い物ねだりになってしまいそう
なのが怖い」等など・・・

現政権の政治家の品性と品行がまるで“上意下達”の如く地方の末端の
政治家にまで及んで行きそのまま真似をしているようにさえ感じます。

政治家への信頼は失せ、政治離れは止まらない印象を身近に感じています。
誰も政治家を信用、信頼する町民は無く、まるで頭の悪いどうにもならない
者が議員をしているとあちこちから言われます。しかしそんな人間を選ぶ
「我々町民が悪いんだけれども・・・」と言われると「その通りです」と
答えるしかありません。政治への無関心、政治離れは良い政治家を生み、
育て、良い政治を行うことにはならず、まさに悪循環です。

最近町民のみなさんから「議会・議員不要論」という声を耳にします。
「議会は町内会よりレベルが低いんじゃないか」「いっそ、議会を解散
 して町内会の代表が議員の代わりを務めてもらった方が良いのではないか」
たしかにより多様性が反映されて、今よりもっと民主的になる可能性はあると
思います。女性の参画も増えてくる可能性が出てきます。
「(議会は)これ以上落ちようがないくらいどん底に落ちてしまった。」
まさに議会改革の必要性を実感します。一部の議員から町民の議会へ。
町民の声は容赦なく「議会とは何か」「議会議員は何をしているのか」
見通しているように感じます。


コメント

完全なるマイペース

2019-02-11 23:24:37 |  スポーツ
第29回おおたき国際スキーマラソンが2月10日(日)に開催され、歩くスキー
7Kmを完走しました。インフルエンザがやっとほぼ完治したものの全く練習も
せずに参加し、全コースの中で恐らくワーストタイム記録したと思います。
最初から完走は無理と考え、3㎞で途中棄権を予定していましたが、お天気も
良くなり、林間コースは快適で最高のコンディションになりマイペースで歩き
つづけました。コース途中でスタッフから励ましの言葉を掛けられ、ゴール付近
では大勢の大会スタッフから「がんばったね。完走おめでとう」の言葉と笑顔、
拍手で迎えられ人生で最高のスキー大会になりました。
開催関係者・スタッフのみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。

新聞報道によると今年は430人が出場とありました。国際大会とあるように
海外からの招待選手や外国人の参加者も大勢見られましたが年々参加者が
減少気味です。かっては1,000人をはるかに超えていましたが、とても残念
に思います。
コメント

ニセコ高校活動報告会

2019-02-07 00:19:13 | 活動日誌
2019年(平成30年度)北海道ニセコ高等学校第8回活動報告会が2月6日(水)
町民センター大ホールで開催されました。

折りからのインフルエンザの影響で参加者は:生徒20名?来賓・一般客10名?でした。

活動報告内容は
●1年生活動報告:ニセコの魅力スポット?発見
●2年生活動報告、:マレーシア研修旅行
●2年自然環境班「町産ラベンダー復活!~Niseko の今を彩るラベンダーの活用~」、
●3年自然環境班「北の京野菜栽培 in Niseko ~目指せ!ニセコの新しい農産物~」
●農業クラブ発表「Niseko’c ~農業・観光・環境のハイブリッド構想~」

回を重ねるごとにプレゼンテーションも発表の内容レベルも上がって行きます。
報告会の発表をいつもとても楽しみにしています。
コメント

雪国の醍醐味

2019-02-04 19:37:05 | 自然の驚異
猛吹雪で視界ゼロの中の一瞬を捉えての撮影。まさに墨絵の世界です。


インフルエンザに罹ってから早や3週目、熱は何故か低すぎ?なのに、
体中が何となく怠くて痛い。食欲は旺盛そのもの?なのに、運動もせず
甘いものをいっぱい食べて、家に籠り切りの一日になりました。

ストーブの燃える炎に癒されながら、暖かい家の中から猛吹雪の醍醐味を
味わうという贅沢な時間を過ごしました。忙中閑


コメント (2)