気楽にとり(鳥&撮り)歩き

近場で身近な野鳥たちを観察しながら撮影しています。

ひょっこり…分身の術?

2018年09月22日 | イソヒヨドリ
海岸の堤防沿いに続く舗道を歩いていると、イソヒヨドリがひょこひょこ。
鳴き交わしながら、消波ブロックの間から姿をあらわします。
メス、オス、幼鳥・・・??
一度に一羽しか姿を見せません。いったい何羽いたのでしょうか?
まるで分身の術に翻弄されたかのようでした。
















この凛として美しい一羽、母鳥のように感じました。

イソヒヨドリ(磯鵯)全長約24㎝

今日も「気楽に鳥&撮り歩き」を見てくださってありがとうございます。
↓ポチッと押して頂けると励みになります。
どうぞよろしくお願いします。

今日は、予報より天気の回復が早まりそうです。
雲に覆われていますが、雨は降っていません。
さて、カメラを持ってどこへ出かけてみましょうか?
とりあえず溜まった洗濯物をさっぱりと!
『鳥』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 浜辺のトウネン | トップ | イタチの狩り »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
イソヒヨドリ (イケリン)
2018-09-22 08:52:31
おはようございます。
野鳥の羽は、どうしてこんなにも美しいのでしょう。イソヒヨドリも例外ではありませんね。
ツートンカラーのオス ? も美しいのですが、母鳥と推定される鳥の、羽模様も目を見張るものがあります。
一度に一羽しか姿を見せないというのも、なぜなのだろうかと興味が湧きますね。
こんにちは(っ´ω`c) (だんちょう)
2018-09-22 09:03:51
ロメオさんおはようございます(っ´ω`c)

イソヒヨドリきっと、ドラゴンボール見たいに分身の術を巧みに使っていたのかもしれませんね(*´▽`*)
イケリンさん (ロメオ)
2018-09-22 16:34:54
こんにちは。いつもコメント頂きありがとうございます。
イソヒヨドリもメスは一見、地味ですが、よく見ると精巧な彫刻のように美しいですね。
一度に出れば数えられるのに、代わる代わる登場しました。
数羽の家族のように見えましたが、ひょっとしたらオスとメス、それぞれ一羽かもしれませんね^^;
だんちょうさん (ロメオ)
2018-09-22 16:37:23
こんにちは。いつもコメント頂きありがとうございます。
ドラゴンボールですか!懐かいい~全巻揃えて読みましたよ。
イソヒヨドリは、悟空のように瞬間移動ができるのかもしれませんね。
9月二度目の三連休、ご家族で楽しくお過ごしのことと思います(●^o^●)

コメントを投稿

イソヒヨドリ」カテゴリの最新記事