気楽にとり(鳥&撮り)歩き

近場で身近な野鳥たちを観察しながら撮影しています。

浜辺のトウネン

2018年09月21日 | シギの仲間 2018~
台風の過ぎ去った浜辺でトウネンたちが羽を休めていました。
前回のヤマガラやスズメと同じくらいの小さな野鳥です。

春と秋の渡りの途中で日本に立ち寄る旅鳥のトウネン。
大きな干潟では数百羽単位の大きな群が観られるそうです。


砂浜に5羽。少し離れた所に1羽。小さな群れです。


じっと海岸の岩に座って眺めていると、1~2mほどの近さまで寄ってきました。


太陽がほぼ真上に位置するので目に光は入りません。


羽の手入れをしてゆったりくつろぐトウネンたち。




ビニールが玉にきず・・・!
ゴミは海や野山に捨てず自宅に持ち帰って、きちんと処分しましょうね。


近くからじっくり観察できて幸運でした。

トウネン(当年)全長約15㎝

今日も「気楽に鳥&撮り歩き」を見てくださってありがとうございます。
↓ポチッと押して頂けると励みになります。
どうぞよろしくお願いします。
『鳥』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« ヤマガラとエゴノキの実 | トップ | ひょっこり…分身の術? »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トウネン (『孤 独』)
2018-09-21 16:06:23
こんにちわ

可愛いトウネンが間近で撮れてヨカッタですね

水鳥は直ぐに逃げないから、じっくり見て撮れて癒されますね
もちろん直ぐに飛ばれるシギチもいますけどね ^^;

キレイに撮れていますね (*^ー゚)bグッ!
トウネンが綺麗に撮れましたね。 (takaちゃん)
2018-09-21 20:39:58
ROMEOさんの写される鳥は、いつも鳥達向けられた、細やかな愛情の感じられる画ですね。 私も今日は散歩にカメラを持って行きましたが、林の中で鳥の囀りはすれど、姿は見えず。 なかなか難しいものですね。
孤独さん (ロメオ)
2018-09-22 07:14:44
おはようございます。いつもコメント頂きありがとうございます。
シギチやカモはじっくり観られるし撮れるので、かなり好きです(*^_^*)
パナのカメラに代えて望遠端400mm使えて快適です!
この時は近すぎて、100~200mmまで縮めましたが(^^ゞ
takaちゃんさん (ロメオ)
2018-09-22 07:18:31
おはようございます。いつもコメント頂きありがとうございます。
私もカメラを買ったばかりの頃は同じでした。続けていると鳥の動きにも慣れてきます。
秋も深まり木の葉が落ちれば、鳥も見つけやすくなってきます。
羽の手入れをしているのは鳥が寛いでいる時なので、私もリラックスして写せます。
おはようございます (ホロホロ)
2018-09-22 11:04:50
このトウネンたちは幼鳥なのでしょうか?
この前、ラジオでトウネンは若鳥たちだけで一緒に渡ると言っていました。
若鳥たちだとすると「浜千鳥」の歌詞を想像しました。
「親を探して 鳴く鳥が・・・」「 親をたずねて海こえて・・・」
トウネンたちも南の国で親に出会えると良いですね。
ホロホロさん (ロメオ)
2018-09-22 16:44:43
こんにちは。いつもコメント頂きありがとうございます。
先日再放送を教えてくださったラジオ番組ですね。
シギチハンドブックを参照しても、幼羽と冬羽移行の区別ができません…^^;
親たちは先に渡って、今年生まれの幼鳥だけ後から渡るとは驚きますね。道に迷わないか心配になりますね。
歌詞を作った方もこんな情景を見たのでしょうね。
越冬地で親子が再会する場面を想像しましょう(^^)

コメントを投稿

シギの仲間 2018~」カテゴリの最新記事