手作り人形ドレスGOUDADA

ジェニーサイズ人形手作りドレスを楽しむゆるゆるブログ

2630号Открытка-27(はがきその27)

2017-12-29 20:33:37 | 作品写真
12/21付読売新聞夕刊英語クロスワード解答はがき。

クリスマス便箋からリメイク。まだ今年のぐったりが残っておりクリスマスというよりクリス末期的。正方形に近いオリジナルからリボン柄ボーダー数片切り出して切り貼り。
加齢のせいかたわいないリスのイラストも切り捨てるに忍びない。そんなんでやたら細長い解答欄。わかりにくいが銀色シールも付属品。

もうひとつのイラストも表面に貼付。プレゼントを想像する楽しさプレゼントを考える、選ぶ、(隠して置く)あくまでもサンタが来る楽しさが今遠い。
強いていえば今年ぬいぐるみ30cmを三体贈った。勤務先でクーポン20枚+\1000でゲットのキャンペーン、まだやってます。
犬その1を老父に。今月老母が施設に行き同居の独身五十路息子と二人暮らしに。不仲なのになんとか会話も対話もなく同居してる。老父の話は弟には不愉快らしい。この姉にもわかります。もう犬と話したら?
犬その2は夫に。猫派だが一時期柴犬に憧れてた。「誰が散歩に行くの?」には黙ってたので俺的にアウト。さすがに要らねーよと照れたが「誰かにあげてもいいよ」と無理スマスプレゼント。
白熊はクリスマスがバスデの次女におちゃらけでプレゼント。次女は末っ子だが、独立してからそうそう子ども扱いは厳禁のアラサー。それでも夫が一緒に祝ってケーキを食べたがったので拙宅に来てくれた。(そんなん彼氏に任せとけ)次女がぬいぐるみを好きかどうか微妙だったが、この時期のぬいぐるみの可愛さで押し切った形。
もうクリスマスは各店売場から払拭。今朝は居間のソファで寝てたら夫が「6時半」とアナウンス。「…今日から休み」えっとカレンダーを見る夫。「そりゃ失礼。寝てて下さい」コントかよ!
いつもの土曜、たいてい俺は朝寝・昼寝。スイマセン。今日はやっと賀状宛名書き。昨年の賀状と先日届いた喪中欠礼はがきを見つつ、遠方から。書いたが未投函。明日だ。
ノート型の住所録はもう使わないことに決め、携帯の住所録に入力しつつ賀状グループ形成。わかりにくい夫の親戚や友人をまず入れた。このグループに順次俺の親戚友人知人を入れれば、俺と夫に万一のことがあっても娘達が目安にするでしょう。
もっとミニマムな万一の訃報リストも作ったほうがいいかな。いい折だから、新年に会って別れるまでに知らせよう。
老母が施設に入居したことは大きい。実質的に実家が無くなった。じき五十路の坂の真ん中。夫とは合わせて123歳。夫の母96歳がまだ頭がしっかりしてます。でもこの先老母81歳老父84歳と我々と弟、順番はわかりません。セーフティーネットに無関心な老父はまだ弟を中学生扱い。だから弟も家事一切老父にさせて平気です。もう実家といえど他家の些事、何をかいわんや。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2629号Снег2(雪その2) | トップ | 2631号НовыйГод(新年) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

作品写真」カテゴリの最新記事