手作り人形ドレスGOUDADA

ジェニーサイズ人形手作りドレスを楽しむゆるゆるブログ

1561号ダブリッシュ

2013-12-27 21:42:01 | Weblog
『ダヴリン市民』を連想したが、クッキー生地二種類の「サックリ」「しっとり」のダブルなのね。
帰路ついスーパーに立ち寄りついついおやつを買ってしまう。実は自分で食べるのと同じくらい食べないものも買ってる。
職場のストレスが高く、ちょっとのキャンディーやチョコレートが息抜きになります。お茶コーナーになんとなくおすそ分け的に置いて適当に取ってもらう。人にもらう事もあるので、少し持ってるとお返しに便利。
本当は薄焼煎餅やひねり揚の塩味系が好みですが、ポテチや干鱈カルパスまでいくと仕事中に呑みたくなってヤバい。弊社酒は売るほどあるコンビニ屋っす。
一般受け狙いの範囲で、電話仕事に障らない新発売一口チョコレートなどが無難。
職場では社長・元部長の参与、部長に次ぐ年長者になりました。有り難いことに他人様の面倒をみなくてよいパートの身分、お気楽極楽。
訪ねられもしないから知ってても面倒で言わないこともある。知らなくても大丈夫だもん。
言われればやるしお呼びでなければそれまで。ある朝思ってもみなかった部署の手伝いを命じられ、はや二週間。んで年末。期待されない身分は楽だ。
我が子より若い人達があとからあとからやって来ます。邪魔しないよう手を貸す。来春のことはわかりません。いつまでいられるのかなあ。
とにかく新年は来ます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1560号花々のをんな子

2013-12-26 19:07:15 | Weblog
薄紅の薔薇、和蘭陀海芋、蘭なんどとりまぜて中の君に遣りつ。歳ごとの身祝ひ、大君ちちはは揃ひなにとも無く夕餐ものす。
ふたまはりの歳をんな、親の目には変はらず愛し子なれど与ふるに節度もがな、ただ心映えのみの花々に尽きぬ。
世には子に黄金白金金剛石与え得る人もありなん、またとなき良縁降るほどの御むすめ、栄え誉れ輝くばかりの門もあらむ。
ただひたぶるに汝を産み吾らより生まれたるを互ひに幸いとし、己ひと共に疚しさ無き日々を乞ひ願ふ聖夜なり。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1559号夜明前

2013-12-25 19:13:39 | Weblog
朝のバス路線より。少しずつ長くなると言われるけどそんな気がしない真冬のはじまり。
このあとバスが陸橋にかかる頃、太陽のかけらが木立の山際にに照りました。
夜明け前は、暗闇ではあるのだろうけど近代化以前や近代化未満の日本が真っ暗闇であったとも思えません。日曜月曜が無くても、太平の世は過ごせた庶民であったでしょう。
時代の夜が明けたのなら、今は一体何の前か。もう少し年長になれば、すっぱり昔今のここが良かった、これは悪くなったと判るのかしら。自分には世間というものがそうそう丸ごと佳くなる悪くなると思えないのです。社会歴史は進歩していると考える方もいるでしょうが、構成している人間の群自体は特に進化しません。種として個体数が増加中、いずれは陸海空を巻き込んで累々たる化石になるのやも知れません。
つまりは星もヒトも中古のポンコツのまま小さく大きくうねりを繰り返すだけではないか。その中の変化を進歩と呼ぶか暗黒と呼ぶか、先はやはり判らない。
ヒトは考えを変え住まいを変えて生きるものです。
…夜明けも花園も待っても来ないと云うなら、変わるのは自分でなければ。真冬は気持ちだけ、強がります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1558号路肩雪

2013-12-24 18:53:01 | Weblog
画像の雪山のむこうに、ちんまり青信号が見えるでしょうか。ここはススキノ最南端の南九条通。
拙宅のある僻地より雪多過ぎ。海からの雪が街に降る。
☆聖前夜イブはアダムとお出かけです☆
サンタの橇鈴も届かぬほど電話は鳴り、馴鹿の歌よりも響く「どなたか○○主任に電話された方ー!」と呼ぶ声。そのだれかは別の人と電話中、思い切り手を挙げて目顔で私わたしと伝えます。
そんなイブの始まり、我が家は事情で家族宴会は明日。幸い自分の今日準備すべき事が解っています。明日の業務は不安だけど。
…自分のレベルで基本に忠実に。まず、社員さんの邪魔にならないようにしましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1557号冬至到来

2013-12-22 14:17:52 | Weblog
南国から思わぬ到来物、薩摩芋と箱ふたつのように贈られました。芋は安納原種、蜜柑は新生児の拳くらいで香り高く何とも甘い。
北国暮らしにたいへん珍しいもので感謝しつつ戴いてます。帰宅してひと蜜柑、風呂あがりにふた蜜柑。
久しぶりの二連休で、のんびり起きて居間を掃除して炬燵を出した。
夫が起きて朝食にアップルデニッシュをトースターで焼く。すごくいい匂い。
自分は朝食をあとにして風呂あがりに好物のハーゲンダッツのラムレーズン。これで朝寝朝湯朝酒気分、おいしー!
髪を編み、部屋着でそのへんを片付けるとやはり空腹になり遅い朝食にパスタ。
次女が起きて、夫と二人冬至のカボチャ汁粉を作ってくれた。
お腹いっぱいで今夕飯のアイデアが出ません。買物に行くべきか行かざるべきか、ここが思案のしどころぢゃ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1556号週刊色

2013-12-21 19:07:55 | Weblog
地下鉄駅通路に無料求人週刊誌コーナーがあります。当然毎週表紙の色が違うのですが、朝も帰りも余裕の無いこちとら、見る度同じ色と思わない。
有り得ないが昨日と色が変わった様に見るつど新鮮です。うーん記憶力が無いのだろうか。色のバリエーションも数色レベルの筈なのに。俺も認知症テスト受ければ良かった。
古いことクダラナイ事は覚えてるのに、困ったものです。仕事に支障が無いように祈るばかりです。まだ来月来年の業務が把握できてない。
おばさん大丈夫?くる歳もワンダホーかつアンビリバボーかしら。慎みつつ勤めます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1555号悪路なれども

2013-12-20 20:16:11 | Weblog
今日というより昨日からやたら頭が痛くて呆れるほど薬も効きません。ボーとしてスローモーな俺は変だったと思う。でも社員上司が気付かない位弊社年末多忙です。
営業達にとばされるクレイジーな檄、毎年ながらパートおばさん身につまされちまうぜ。正社員からみれば吹けば飛ぶような身分ながら、俺には身丈に合ってます。
今年の勤務もあと数日、無事これ名馬で努めます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1554号いつもの

2013-12-17 18:44:49 | Weblog
実は朝昼晩あまり米飯を食べません。結局結果ダイエットになってないから、夫には「きちんと食べろ」と叱られます。
今朝は食欲が無くて薄いレーズン食パン焼かずに一枚と冷たい牛乳。
昼は海苔無しの若布おにぎりと林檎ヨーグルト、グレープフルーツジュース。
夕飯は鍋・焼き魚・肉野菜炒めが多い。昨日はソーセージポトフでした。米飯は省略しても、つい寝るまでにこのポテトチップスを食べてしまう。夫のご説ごもっともでございます。
うーんいっそじゃがいもを主食にすればいいのかしら。通勤してる平日に、昼も米飯なしリンゴや飲み物という日が続けば少し痩せます。
でも休日に何よりしたかった昼寝をして、朝にパスタ(時間があると摂れる)昼もラーメンや蕎麦と炭水化物生活をすればあっという間に元の木阿弥。
もう夕飯は酒や眠剤をのんでさっさと切り上げて寝ようかしら。今日は久しぶりに次女と二人メシ。夫は職場の宴会です。残りポトフや残りご飯に何を足そう。安くあがるのは卵だけど、コレステロールがねぇ。蒸し野菜がいいかしら。
次女も遅いのかしら。帰宅が読めない年末です。何か買おうかしら。人は易きに流れると昔学友の母上がおっしゃっていたわ。
痩せてどうしたいと云う目標も無く、太ると不便だというレベルの志ではイカンのか。反省してもまたこれ食ってちゃねぇ。でも俺はそんな人間っす。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1553号まさかの夜逃

2013-12-16 21:22:13 | Weblog
きっぱり箒の公孫樹に霜月の月、十四夜。金曜ドッキリ土日はボーッとして終わり。
そして月曜午後いちまさかの「パソコン電話スキャナー」一式を八階自席から七階の新しい兼務用机に。気分は転居と云うより夜逃げです。もう元の席では(直属上司の隣なのに)宛名書きくらいしかできなくなった。電話は隣席の部署フリーを使うしか無い。幸い今は滅多に電話しないで済む業務担当ですが…。
しかし担当業務に不可欠な書類ファイルを他フロアに持ち込んで良いかまだ判らない。個人情報が絡みます。
明日きっと七階同フロアの他部署の方々に挨拶し、新デスクでのパソコン業務の確認です。うーん怖い。
俺が管理部(八階 経理・総務担当)のパートとして所属するグループ内子会社の営業部が七階にあり、そっちの部署の手伝いをするんですが駿河にいた竹千代かいな、こりゃ。余所目には完全に異動です。
パートで出向?まだ妙な気分です。一体何からするのかしら。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1552号ドッキリカメラ

2013-12-14 00:33:27 | Weblog
昨日は休みで、今朝吹雪。夜中も朝も寒く、朝刊は割愛して何とかいつもの地下鉄に。社にたどりつくだけでもうかなり達成感ありました。
そんな朝に常務社長が俺を呼ぶ?ありえへん!…昨日休みだが、「私何かやらかしましたか?」焦ってドキドキ。
うちの子会社も大所帯になり業務係(営業部の雑用)的業務を担当されたし。今の管理部の当番担当所属は継続する。具体的には平日午前は7階に設けるデスクに来てくれ。
…なんのこっちゃ?地方事務所には業務係女子が確かいらしたが、五十路女なんていねえぞ。渡された業務表にはさっぱり見当のつかない作業。…務まりますか?頭がクラクラする。
また呼ぶからと言われいったん席に戻り思わず隣席の上司女性主任にかくかくと云われましたがと伺えば、直属上司も初耳とのこと。ここで悟る、この社は社員もこうして打診も前ふりも無く異動になるんだ。
断れる身分ではないが還ってごく緩慢な肩叩きではという考えが身をよぎる。営業達の手伝いなぞロクにしたことが無いぞ。
そして社長が俺を呼んだ。営業の常務から説明されるのかと思えば、「少しジャーニーな」一階降りて、廊下をゆくと同い年の社長は振り向いて本人が一番驚いてるねと笑う。だって当たり前だべや。センチメンタルにもオラ成れねえ。
札幌市内の営業達数十名が全体会議直前で揃う前に連れ出され、社長常務から皆にかくかくしかじか「壊さないように大事に使ってくれ」…思わず「(壊れやすい)バッタもん?」とつぶやいてしまい笑いを誘った。挨拶を促されたが、ひー!!なんの用意も無い!
歳だけいってますが何もわかりませんのでよろしくお願いしますとやっと云い頭を下げた。
ようやくバッタもんパート放免。本日はお構いなしで、多分今日飲み会の営業部は明日土曜出勤午後当番の俺には御用なしでしょう。
午後業務説明のなりゆきを管理部トップの女性参与に聞かれるまで、これは退屈した営業部が年末に仕掛けたドッキリカメラではないかと思ったよん。
まだ信じられません。本音を申せば、所属が曖昧な状態で業務や上司が増えて難儀です。スキルレスな自分も不安だ。来週そして来年、俺どうなっちゃうんだろう。峠は春の契約更新。大丈夫かしら。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加