そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ

2005-04-24 | 劇場映画れびゅー
『もういいかーい』
『まだだよ』
何度も日本語で連呼するこの予告編を映画館で何回も見たので、ひょっとして相当面白いのかと思い「ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ」を観てきました。


あまりに面白くなかったので最初からネタバレ全開で書きます。

ネタバレ全開
夫婦仲の冷め切った奥さんが死んだ夜のこと、オヤジが変な夢をフラッシュバックのように見ていると誰かに触れられて夜中2時過ぎに目が覚めます。その後奥さんの死を発見するわけですが、誰も居ないのに触られるわけがないのでオヤジの妄想?と考えました。変な夢を見る事にも意味がありそうですしオヤジ怪しい。
そうやって一旦オヤジ自身が怪しいと思いながら観たらもう何も面白く無かったです。
記憶が飛ぶところで確信。

浅い!
タネ明かしに関係する伏線を“これがヒントです”的に見せ付けるし、そのヒントから考えられる事の幅が狭すぎ。
M・ナイト・シャマラン系の“驚くべき事実!”が隠されている映画を目指して作ったんだと思いますが、こんなに伏線見せびらかしては意味がないでしょう。シャマラン監督映画なら、相当後半で気づくか、気づかずに最後まで観た後でネタがわかっても2回目を観なおして伏線を探すという楽しみ方ができるんですけどねぇ。

ひょっとしてこれだけ見せ付けて気付かせるんだから、むしろそれはシャマランの「ヴィレッジ」みたいに演出上の巧みな仕掛けの一つで、クライマックスに何かあるんじゃないかと一瞬期待もしましたが何も無かった。
むしろ真っ暗な洞穴で水の音も立てずにエミリーと入れ替わったキャサリンに失笑。
オチの絵もありきたり。

ロバート・デニーロは演技の幅を広げる為にこんな映画を選んだのか?そう考えると他の俳優達もみんなイイ演技はしていたし、自分達の演技の幅を広げる為に出ているのかなぁと納得できなくもない。
ダコタ・ファニングのメイクは酷かったけど。

この記事を書くのにあたって、公式サイトも調べておこうとトップページを開いて頭の上に疑問符がたくさん発生。
大きく“<超感動スリラー>誕生!”と書かれていますが、どこかに感動する場面有りましたっけ?

シックス・センス コレクターズ・エディション

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る
ヴィレッジ

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (43)   この記事についてブログを書く
« 惑星ピスタチオ DVD-BOX | トップ | 阿修羅城の瞳 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして! (優みゃ☆)
2005-04-24 12:41:28
TBさせてもらいました。優みゃと申します。

私も『超感動』には、かーなーりーひっかかりました^^;

ダコダちゃんのメイク、なんだか可哀想なくらいでしたね。でも演技は巧い!ですね♪

ありがとうございます (そーれ)
2005-04-24 12:58:36
>優みゃ☆さん

ですよねー

そう言えば予告編でも超感動って言ってた気がするけど、

覚えていなくて良かったです(笑)

覚えてたらさらに不満だったかも。

ダコタ・ファニングの演技はもう子役の域超えてましたね、

私的には「ネバー・エンディング・ストーリー」のタミー・ストロナッハを超えたと感じました。
トラックバックありがとうございます。 (medusa)
2005-04-24 20:32:38
実はまだ観てないのです~。正直いうと観れないんです。

怖い系がダメというより、突発的な音が苦手です。驚いてキャーって叫びます。

ヴァンヘルシングでも、勢いよく窓にぶつかる音に驚き、その後は音が怖くて耳をふさいで何が何だか・・・
まったく、そのとおり~ (ぷちてん)
2005-04-24 20:45:45
予告編で、いくらなんでも、見せすぎだろうと思っていたのです。

あの予告編は『シックス・センス』を思い出しちゃいますね。

でも、ここまで何か予感させるとしたら、違う展開だろうなとは、わかっちゃうのですよね。

そしたら残りは「アイデンティティ』系しかないし・・・



そうはいいながらも、デニーロファンとしては、彼を疑うわけにはいきませんでした(笑)

TBおねがいします。
ありがとうございます (そーれ)
2005-04-25 20:58:07
>medusaさん

私的には全然怖くなかったんですけど、突発的な脅かしは何回か有ったから劇場では観ない方がいいかもしれないですね(笑)



>ぷちてんさん

ほんと予告編もやりすぎでしたね。

初期のやつは特に長くて『もういいかーい』『まだだよ』の日本語がたくさん入ってて、「イット」風のホラーだったような(笑)

デニーロ自身的には、この映画で得た物あったのかなぁ??
TB返しありがとうございます。 (しゅ~る♪)
2005-04-28 01:00:02
この手の映画は、好きなので私も途中から、

真相はわかってきましたが。。

オチの絵ってどんな絵ですか?

私がみたのは、ラストが違うものでした^^;

その絵と私がみたラストが、関係あると思うのですが。。。

ありがとうございます (そーれ)
2005-04-29 03:16:45
>しゅ~る♪さん

なんですと!

ダコタちゃん(役名忘れちゃった)が書いた落書きなんですが、

自分自身の全身を書いて、顔の横にもう一つ顔を寄り添わせて書いていたんです。

まるでもう一人の人格を表すように…みたいなチープなオチでした。
TBさせて頂きましたーー。 (rika)
2005-05-03 23:34:03
>感動スリラー・・・

確かに感動はなかったようなーー

ストーリーはイマイチでしたがーー

演技は皆さんうまかったーーもったいない

映画でした。
ありがとうございます (そーれ)
2005-05-04 00:35:07
>rikaさん

もったいないですよね。

特に軸のロバート・デニーロとダコタ・ファニングは脚本を選べる立場に居るのになんでこんな映画に出ちゃったんでしょうね。
初めまして (かの)
2005-05-09 03:48:55
初めまして、こんばんは。かのと申します。

TBさせて頂きました、よろしくお願いしますm(_"_)m

ほんと途中でオチが読めちゃいましたね(苦笑)

ダコタちゃんの可愛さがせめてもの救いでした。

それにしても超感動スリラーって一体なんだったんでしょうね…

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

43 トラックバック

Hide and Seek★★☆☆☆ (なおのオススメ文芸。)
邦題:ハイド・アンド・シーク 『母親が自殺し、田舎にやってきた父と娘。娘のエミリーは、チャーリーという名の友達が出来るが、その姿は父親には見えなかった。この引越しから、奇怪な現象が起こるようになり・・・』 director ...John Polson David Callaway .....
ハイド・アンド・シーク -暗闇のかくれんぼ- (優みゃ☆辛口映画感想)
監督:ジョン・ポルソン 出演:ローバト・デ・ニーロ     ダコタ・ファニング     ファムケ・ヤンセン、他 あらすじ{/book/} 彼らの愛する妻であり母だったアリソンが、自ら命を絶った。浴室で手首を切り、血塗れになった母の姿――それはまだ9歳のエミリーが受け止
ハイドアンドシーク/暗闇のかくれんぼ(映画館) (ひるめし。)
そこにいるのは誰? ダコタちゃんの新作を観るたびに成長がうかがえるので「まぁ、見ない間にまた大きくなって」と親戚のおばさんのような気持ちになってしまう。 で、今回は名優デ・ニーロと共演。髪もブロンドから黒髪へと変身。相変わらずかわいいこと。劇中でもみんなに
「 ハイド・アンド・シーク 」 (MoonDreamWorks)
監督 : ジョン・ポルソン主演 : ロバート・デ・ニーロ / ダコタ・ファニング /      / ファムケ・ヤンセン /公式HP:http://www.foxjapan.com/movies/hideandseek/ 公式HP等の予告で見る限り、この映画が、スリラーなのかサスペンスなのかどちらともと...
ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ (Lovely Cinema)
当然のことながら、このての作品は何も情報収集しないで見る作品です。ということで、ご覧になった方だけ感想読んでください。たいしたこと書いてないけどさぁ~(笑) そういえば、アナザーエンディングバージョンも公開されているのだけども、こちらはAMCだけでしか
come out come out wherever you are~ (メデューサの戯言)
映画”ハイド アンド シーク”が、公開間近なため、テレビでもCMが流されるようになったわけですが、いるはずのないチャーリーより、いるはずのダコタちゃんの方がなんとなく怖いのは何故ですか?「もういいか~い?」・・・・・もういい~よくない、絶対!!それにしても
「ハイドアンドシーク 暗闇のかくれんぼ」 (てんびんthe LIFE)
「ハイドアンドシーク 暗闇のかくれんぼ」20世紀FOX試写室で鑑賞 FLIXのモニター試写らしいです。1年に1度くらいはどこかの配給会社の試写室で見ることがありますが、ここの試写室は初めてでした。隣のGAGAは3回くらいあるかなあ。あんな奥まったところにあ
ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ (ネタバレ映画館)
 多忙なダコタ・ファニングは学校の勉強をするヒマがあるのだろうか?語学だけは優れていそうなのだが、算数は苦手そうだ。eight and thousand・・・  前半は大きな事件が起きるでもなく、オフシーズンの避暑地と不気味な雰囲気を存分に味わえる内容。登場する人物のディ
★★★「ハイド・アンド・シーク暗闇のかくれんぼ」ダコタ・ファ... (こぶたのベイブウ映画日記)
ダコタ・ファニングってすごい!!あの表情に、ゾクッとさせられる。何も起こらないのに、役者の魅力でささいなシーンが盛り上がっている。物語も感動はなかったが、怖い、怖い。心理的にジワッと来るものがありました。遊園地のお化け屋敷に行ったみたい。面白いけど、詰め...
ハイドアンドシーク 暗闇のかくれんぼ ★★★・・☆ (kaoritalyたる所以)
うーん、ダコタ・ファニングはやはり素晴らしい子役だね。はっきり言って、デニーロと親子ってのは孫みたいで無理があったけど、ストーリーは解り易く、ドキドキもしてホラー映画としてはまぁ面白かったです。どうも最近のデニ―ロがあまり好きじゃないんでそこは差し引い...
この映画を観たら\'かくれんぼ’ができなくなる (人生はお伽話もしくは映画のよう)
「ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ」 理由もないのに、夜中に目が覚める。暗闇の中に何かいそうな気が、聞くはずもない音が聞こえたような気が。だんだん子供時
『ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ』を鑑賞 (-PARADOX-)
題名:ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ 時間:102分 監督:ジョン・
ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ (ボソっと言ってみっか・・・)
というわけで、 昨日公開の ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ を見てきました。 っつーか、満席じゃなかった。 あまり人気ないのかなぁ。。。。   途中で展開が読めてしまって、そういう意味では期待はずれかも。 でも子役の子の演技はすごかったと思
(試写)『ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ』感想 (iloffreの(映画)新作DVD情報)
少女にしか見えないたった一人の遊び仲間―それがすべての禍の始まりだった。ある一線を超えたとき、禁断の扉は開かれる…。【監督】ジョン・ポルソン【出演】ロバート・デ・ニーロ/ダコタ・ファニング/ファムケ・ヤンセンiloffreの満足度=★★★★☆(75~85点)とり...
ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ (まつさんの映画伝道師)
第73回 ★★★(劇場) (核心に触れる文面あるのでご注意あそばせ、ラストについては言及していません) 「もういいかい?」 「まぁだだよ」  かくれんぼの楽しみは、いかに見つからない、かだ。 「見~いつけた!」  ひとり、ふたり、と鬼は隠れ
『ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ』 (HIDE AND SEEK) (眠れぬ夜の狸寝入り)
観てきました。 ちょい微妙。 個人的には雰囲気や演出は好きなんだけど、ストーリー的にはもうちょい ひねりが欲しかった。 ややストレート気味で物足りない。 あの手のオチも 今では さほど珍しくないし。 特撮技術に拘っただけの 『ホワット・ライズ・ビニース』 より ず
ハイド・アンド・シーク-暗闇のかくれんぼ (のんびりぐ~)
作品:ハイド アンド シーク-暗闇のかくれんぼ 監督:ジョン・ポルソン 主演:ロバート・デ・ニーロ、ダコタ・ファニング、ファムケ・ヤンセン 公開:2005年 アメリカ 映画館 ハイド アンド シーク-暗闇のかくれんぼ もう、いいかい まあだだよ もう、いいかい ・
[映画]ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ (tuskyのblogってどうよ-2号店-)
註)ネタバレがありますので、個人の責任において、続きを読んで下さい。鑑賞前に読んで観れなくなったとか言われてもオレは困るんで。 2005_14 タイトル:ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ 鑑賞日:2005.04.24 場所:池袋シネマサンシャイン ジャンル:サスペン.
■ ハイド・アンド・シーク (Moovle)
「暗闇のかくれんぼ」が公開されましたね
『ハイド・アンド・シーク』映画批評13 (てっしーblog)
(大ネタバレ注意)  予想通りというか、安易な展開でガックリしました。 解りやすい伏線です。つまり夢の中の思わせぶりな映像や、動かない窓を「開けたのはパパ」だし、チャーリーの文字は「彼女を殺したのはおまえだ」と言ってるし・・・。だから全てが判明した瞬間に“
「ハイド・アンド・シーク」評 (I N T R O + UptoDate)
今週の一本に、百恵紳之助による『 「ハイド・アンド・シーク」評/チャーリー!チャーリー!チャ、チャ、チャーリー!』を追加。 「ハイド・アンド・シーク」は、空想の友達「チャーリー」とかくれんぼをして遊ぶ少女の想いが現実の形となって暴走、次第に過激化していく少女
ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ (Vacant days)
ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ 和風ホラー強化週間も終わり、今度は洋風・・・嘘です。まあこの際だからという事でハイド・アンド・シークですが、結論からいうと面白くないです。  ホラーというよりサスペンスなのですが肝心の謎解きが無理のある展開の.
ハイド アンド シーク /ロバード・デ・ニーロ (シネマ パラダイス♪)
最近よくあるパターンのサイコサスペンス。途中、どんでん返しがあり、意外な人物の犯罪だとわかる。でも、この手の映画見てる人は、もう気づいてしまうかも。ネタバレすると、映画がおもしろくないので、下記はクリックしないでください。あらすじ>心理学者デビッドの妻で
ハイド・アンド・シーク~暗闇のかくれんぼ~ (a story)
原題『HIDE AND SEEK』 主演ダコタ・ファニング、ロバート・デ・ニーロ、ファムケ・ヤンセン、エリザベス・シュー 監督ジョン・ポルソン 脚本アリ・シュロスバーグ 製作2005年、アメリカ ゲームの顛末 心理学者であるデビッド(ロバート・デ・ニーロ)は、妻アリソン
ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ (Diarydiary!)
《ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ》 2005年 アメリカ映画 - 原
ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ (たにぐちまさひろWEBLOG)
母の自殺以来、心を閉ざした少女エミリーを憂い、心理学者の父デビッドは、思い出の家を捨て、郊外の一軒家に引っ越す。しかし、エミリーは心を閉ざしたまま、空想上の友達とだけ遊ぶようになるが・・・。 今回は映画の内容以前に、事前宣伝に一言いいたい気分・・・
「ハイド アンド シーク」観てきました。 (誰もが十字架を背負っている)
娘がぜひ観たい!とせがむので混雑するGW前に・・・と、 今日、レイトショーで観てきました。 「HIDE AND SEEK」(暗闇のかくれんぼ) これはエグかった・・・・ サイコ映画だったんですね・・・ ロバート・デニーロということで、本格的な映画だろうと期待して行...
ハイド・アンド・シーク (明けましておやすみなさい)
観てきました、ロバート・デ・ニーロ、ダコタ・ファニング主演、ハイド・アンド・シークの感想であります。
映画「ハイドアンドシーク」 (RAKUGAKI)
この映画を見終わった時「午前2時5分でした」(マジ!)。映画館の趣向なのでしょう
映画「ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ」 (こまったちゃんのきまぐれ感想記)
「ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ」開映16:55@錦糸町シネマ8楽天地 「ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ」HIDE AND SEEK 2005年 アメリカ 配給:FOXジャパン 監督:ジョン・ポルソン 製作:バリー・ジョセフソン、ジョン・ロジャース
ハイドアンドシーク (No Cinema,No Life)
ロバートデニーロとダコタファニング共演のホラーサスペンス。 【ストーリー】 愛していた母の自殺がショックで引きこもりがちになったエミリーにチャーリーという見えない友達が出来た。存在しないはずの架空のチャーリーであったが奇妙な事件や殺人までが起きる。チャ
ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ (金言豆のブログ)
★本日の金言豆★全日本かくれんぼ協会:「かくれんぼ」にはまった有志により構成。兵庫県温泉町を中心に全日本かくれんぼ大会を実施中。 本作は、子役が主演で、タイトルも”かくれんぼ”って字面は可愛いですけど、親子で観に行ける内容じゃございませんので一応念のため
■ハイド・アンド・シーク -暗闇のかくれんぼ- (ルーピーQの活動日記)
 母の自殺以来、心を閉ざしたエミリー(ダコタ・ファニング)は、心理学者の父デビッド(ロバート・デ・ニーロ)とともにニューヨーク郊外へ引っ越した。デビッドはエミリーに友達を作るように仕向けるが、エミリーは誰にも心を開くことはなく、見えない友達「チャーリー.
ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ  (シカゴ発 映画の精神医学)
 1月28日アメリカ公開。日本では4月公開なので、日本の劇場でも予告編がかかっているだろう。アメリカでは、公開第一週の興行収入ランキング1位をゲットした。ロバート・デ・ニーロとダコタ・ファニング主演のホラー映画。    手に汗握る。緊迫感とサプライズがある。
ハイド・アンド・シーク (とりあえずな日々(仮))
ハイド・アンド・シーク―暗闇のかくれんぼ トラウマを負った少女エミリーと、娘を助けようとする父デビッドが謎の存在である「チャーリー」によって恐るべき真実を目の当たりにするスリラー。  以下ネタバレ
ハイド アンド シーク(きわどくネタバレかも?) ((T_T)☆ルーツを探せ☆(T_T))
え~ん、何でこんな映画 見に行っちゃったんだ~? 恐すぎ~・・・ 大体この手の映画は 苦手なのに、 ダコタちゃんが出るし、 シックスセンスみたいに 最後、え~?と 思わせるような映画かと 思って行ったんだけど・・・ とにかく、ダコタちゃんの演技はすごい!! や
『ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ』 (アナザーエンディング) (映画 *日和)
ホラーだと思っていたので初めは見るつもりなかったけど サスペンス色が濃いらしいと聞いたのと キャストにエリザベス・シューの名前があったので 見に行ってきました。 エリザベス・シュー、わりと好きなんだけど 私が見たいと思う映画にはあんまり出ていないので残念です。
ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ (spoon::blog)
母親を亡くし、田舎にやってきた父と娘。娘のエミリー(ダコタ・ファニング)は、チャ...
DVD「ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
かなり早いところで、オチがわかってしまいました。。。もう少し、話にひねりが欲しかったなぁ。。。 父親役がロバート・デ・ニーロ、娘役がダコタ・ファニング、自殺した母親、怪しい隣人、父親の職業は心理学者、おかしくなっていく娘ってねぇ、、、出来すぎでしょ!...
「ハイド アンド シーク 暗闇のかくれんぼ」 (雑板屋)
既視感ありありで、正直ダレた。途中深い眠りに入っていたようで・・・。 昔に比べてデ・ニーロも最近は作品に恵まれていない気がするなぁ。 ダコタ嬢も、成長するにつれて段々、個人的に苦手な顔付き女優となりつつある・・・。 開花しきれない女優ファムケ・ヤンセン.
ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ 06年10本目 (猫姫じゃ)
ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ いやぁ、オカルト心霊ホラーだと思っていたのに、、、サイコでしたか、、、実はホラーだと思って、期待していました。 期待はずれ、、、 さすが、ダコタ・ファニング ちゃん、ロバート・デ・ニーロ にも、負けていませ
Hide and Seek (Kazu\'s CINEMA PARADISE)
うーん、観ている途中で「Six Sense」を思い出してしまった。 この手の映画には子供と大人を使う場合が多い。 それは子供には伝えるコミュニケーションとしてのツールが大人よりも
DVD/ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ (ip-network.org)
DVD の予告宣伝でかなり見る映画だったので、見てみました。 ハイド・アンド・シ...