そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

THE JUON/呪怨

2005-02-12 | 劇場映画れびゅー
日本人監督で初めて全米ボックスオフィス№1しかも2週に渡っての快挙を成し遂げてしまったあの呪怨シリーズのハリウッドリメイク版「THE JUON/呪怨」が遂に日本に逆輸入公開されたので早速観て来ました。
★★★★
日本の「呪怨劇場版」に今★を付けるとすれば4.5個

「呪怨劇場版」のリメイク作品ですが、清水崇監督本人によるメガホンで日本のあの家が舞台ですからファンは安心して観れます。但し脅かすポイントもほとんど同じなのでシリーズを観ている人は初めての恐怖をあまり感じません。あのストーリーをどう北米人向けに料理したのか、というところがこの映画を楽しむポイントとなります。違うストーリーを期待しない事。
シリーズをまだ観ていない人には「呪怨」の恐怖を気軽に、かつ存分に楽しむ事が出来るメジャー作品となっています。でもより恐怖を味わいたいのであれば「呪怨劇場版」をご覧になる事をお勧めします。

この先ネタバレ
まず、オープニングが嬉しい。お約束の「呪怨」の説明はしっかり英語でしてあるし、タイトルはなんと漢字で「呪怨」と表示されてから文字が崩れて英題「THE GRUDGE」が出てきます。このオープニングCGがなんともハリウッド映画らしいのに漢字で「呪怨」だなんて、ここまで成長(呪怨らしく表現すると増殖、連鎖)したんだなぁとちょっと感動しました。

シリーズはビデオ版1→2→劇場版1→2の順に製作されており、このハリウッド版は劇場版1のリメイクにあたります。全体的に北米市場向けの説明口調が多く、怖い演出の映像も何が起きているのかわかり易くなっています。特に恐怖の演出にCGが使われているところが少なからずあるのですが、何が起きているのかわかり易すぎ、ちょっと漫画チックに見えてしまいました。そういうところはオリジナルの「なんだかわからない物」の方が色々想像できて良かったように思います。

ほぼ劇場版1をいじった感じのストーリーですが、シリーズ各作品へのオマージュがたっぷり含まれており、「あの場面か!」とか「ここにそれを持ってくるか!」などと関心しきりで楽しく観れました。元々いろんなエピソードの時系列をずらして組み合わせた映画だったので、シリーズの別作品から切り貼りするのには適していますね。
オチが「リング」なのは「ザ・リング」への嫌味でしょうか(笑)
ファンにとっては監督からのプレゼント、もといお祭り映画ですね。

あの家の内部はかなりリフォームされていて、2階のレイアウトが大幅に変わっていたりします。ハリウッド映画ということで予算も多く、家の内部はいろんな角度から撮れるよう今回はスタジオにセットを作ったらしい。他の場面においても遠めのショットが増えていますが、オリジナルにあった閉塞感は味でもあったように思うので少し残念な気がします。
またハリウッド映画らしい過剰なBGMが多少うざい。音で驚かす必要が無いのがジャパニーズホラーの良い所じゃなかったんでしたっけ?特に「呪怨」シリーズは伽耶子の音と猫の泣き声だけで足りるように思います。

主演の「聖少女バフィー」サラ・ミシェル・ゲラーは、日本版主役の奥菜恵より派手に騒いでくれるのかと思っていたのですが、結構控え目なのでちょっと肩透かしを食らいました。

呪怨2 劇場版 デラックス版
「THE JUON/呪怨」劇場公開記念パッケージ


ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
呪怨 劇場版 デラックス版
「THE JUON/呪怨」劇場公開記念パッケージ


ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
呪怨2 ビデオ版

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
呪怨 ビデオ版

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
怪奇大家族 DVD-BOX

東宝

このアイテムの詳細を見る

コメント (19)   トラックバック (43)   この記事についてブログを書く
« イルマーレ | トップ | ボーン・スプレマシー »
最新の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラバどーもです (stud!o yunfat代表 しん)
2005-02-12 05:24:09
いやあ、ほんといい感じでハリウッド味付けされた呪怨でしたね。

ハリウッド好きの私的には、これが一番一般受けする呪怨だと思います。デートムービーですね。

「あ!!?大統領死んじゃった!!」とか言ってくれる彼女なら最高
はじめまして~ (tora-mie)
2005-02-12 09:02:02
シリーズ通してごらんになってるんですね。

うまく比較されていらっしゃって、「THEJUON」が初めてだった私にはうれしい批評でした。



>ハリウッド映画らしい過剰なBGMが多少うざい



やはりそうですか!私も「音、大きいよ~」と何度も思ったものでした(笑)



TBさせていただきました。



投稿もよろしく (新宿です)
2005-02-12 10:25:35
某ML管理人です。トラバありがとう。こちからも逆トラバしますね。MLへの投稿も待ってます。
TB,ありがとうございます♪ (moonsalt)
2005-02-12 10:29:25
こんにちは。

はじめまして。

ハリウッド版もやっぱり怖いんでしょうね。

これからも遊びに来させていただきます。

よろしくおねがいします。
4.5ですか! (邦画ブラボー)
2005-02-12 11:22:29
こんにちは!TBありがとうございます。

詳しくレポートされていて読み応えありますね!

まだ見ていないのですが、日本版の怖さを考えると

体調を整えて見に行こうと思っています。(笑)

色々な意味で快挙ですよね、清水監督。

またよろしく!

コメントありがとうございます (そーれ)
2005-02-12 12:04:43
>しんさん

ありがとうございます

娯楽映画化していたけど、それはそれで「呪怨」の新しいアプローチというか、こんな作り方も出来るっていうところが観れて良いですよね。

「大統領死んじゃった」は声に出して言って欲しいかも(笑)



>tora-mieさん

ありがとうございます

レイトショーで観てから2時間かけて書きました(笑)

音は家で観る時さらに気になりそうですよね。



>新宿さん

ありがとうございます

投稿の切欠に戸惑っていましたが、さっき初投稿してみました。



>moonsalt

ありがとうございます

どっちが怖いかと言うと微妙なんですよね、恐怖のポイントがちょっと違うので。

「劇場版」のやり過ぎの手前で止める手法はこの作品でも使っているんですが、映像で説明しきっているので想像する余地が無い感じではあります。



>邦画ブラボーさん

ありがとうございます

清水崇監督凄いですね、ちゃんと北米の観客にも日本の観客にもうける映画を作ってくれて感激です。

個人的には来月発売の「怪奇大家族」も楽しみです(笑)
Unknown (うぞきあ)
2005-02-13 20:20:59
TBありがとうございました。

4.5ですか・・・・。

高い評価ですね。

私は、3.5ぐらいかな・・・・。
ありがとうございます (そーれ)
2005-02-13 21:16:28
>うぞきあさん

最初に見た劇場版1は新鮮だったので4.5。

その後に見たビデオ版1は3.5、ビデオ版2は後半笑ってしまったので2、劇場版2は3、というのが「THE JUON/呪怨」を観ての印象です。

慣れてしまって劇場版1のような恐怖を全く感じなかったのが勿体無かった。

最初に「劇場版1」を観た時DVDだったんですが、怖くて毛布にしがみついて見てたんですよ(笑)
Unknown (かわいいさだぼう)
2005-02-15 21:36:40
TBありがとうございます



シリーズ通して観てるなら「学校の怪談G」も是非

役者が変わってますけど、ビデオ版のあの兄弟(今作ではヨーコになってましたね)の話です
ありがとうございます (そーれ)
2005-02-15 23:52:16
>かわいいさだぼうさん

今度借りようと思っているうちにいつも後回しになってるんですよ。「呪怨ビデオ版2」みたいにむちゃくちゃなんじゃないかと勝手にイメージしているのですが面白いのかな?思い切って今度借りてみますね(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

43 トラックバック

THE JUON / 呪怨 (あなたのお気に入りのセリフは?) (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ<<あなたのお気に入りのセリフ募集中!!>>)
お気に入りのセリフはあった?私は 「ワタシハ、カレン。アナタハ?」 「・・・・・・・・・としお」 うーむ、台詞もへったくれもない映画だったから、これくらいしか思い付かない。 ブロンド白人美女を明らかに見下すジャパンのクソガキという構図が面白かったので・・・ お
THE JUON (12/31 新宿) (しねまぶっくつれづれだいありー)
『日本のホラーは家屋が作った!と思えるドキドキホラー』 2004年最後の映画は、「THE JUON/呪怨」です。 日本で誕生したホラーのハリウッドリメイク版ですが、監督はオリジナルの清水監督が起用されているところがポイントだそうな。ちなみに、プロデューサー
THE JUON/呪怨 (2004) THE GRUDGE 98分 (極私的映画論+α)
東京の国際大学で福祉を学ぶ留学生のカレンは、異国の地での新鮮な体験を楽しみながら毎日を送っていた。ある日、カレンは授業の一環で米国人一家の介護を手伝うことに。そこはビジネスマンのマシューが日本で仕事をするため新たに借りた郊外の一軒家で、妻のジェニファー
The JUON 呪怨 (シカゴ発 映画の精神医学)
「The JUON 呪怨」の予告編。カメラワークやカット割まで「呪怨」そのまんま。あまり期待していなかったが、ホラー映画は好きなので、やはり見てしまう。  さて劇場に入る。ギリギリ来たせいもあって、もう上映開始まで数分しかないので、ドダドタとあわてて場内に入る
THE JUON/呪怨 (ブラックジャックによろしく哀愁)
タイトル: 呪 怨 劇場版 デラックス版「THE JUON/呪怨」劇場公開記念パッケージ ★THE JUON/呪怨(2月11日公開) 「ほんとうに怖い!」『呪怨』シリーズが、ハリウッド・リメイク! 東京で福祉を学ぶ留学生、カレン(サラ・ミシェル・ゲラー)は
脚本レビュー「THE JUON/呪怨」 (独身社会人映画ファンメーリングリストHP掲示板)
試写会会場の舞台袖にデジタルカメラがすえられ、 「THE JUON/呪怨」上映中の客席の様子を 撮影していました。 撮影ビデオがテレビ予告で使われるかもしれない、 という上映開始前のアナウンスがありました。 場内はアナウンスに大うけでしたが、 後日、自分の叫ん
THE JUON/呪怨  評価☆☆ (ムービープレス)
戦慄のホラー『呪怨』を、清水崇監督自身が手がけたハリウッド・リメイク版 東京で福祉を学ぶ留学生、カレン(サラ・ミシェル・ゲラー)は、寝たきりの女性エマの介護に出かける。道に迷いつつ、郊外の一戸建て家屋にたどり着いたカレンだが、家の中は散乱し、エマはボン
THE JUON 「呪怨」 世界の中心であ゛あ゛あ゛ぁ゛ぁ゛あ゛と叫ぶ・・。 (やっかいな日に限って空は激しく晴れている。)
映画について書こう! 本日観てきました。最初に新宿に行ったのですが新宿東急には長蛇の列が・・・。 しょうがないんで吉祥寺へ。で、いざ始まると座席ガラガラ。 今にして思えば新宿のアレは「オーシャンズ12」の列だったのかも(笑) ストーリーは日本の劇場版一作目が
『THE JUON 呪怨』 (BEAUX JUORS)
『THE JUON 呪怨』の試写会に行って参りましたぁぁ ストーリーは・・・ 東京の国際大学で福祉を学ぶカレンは、恋人ダグと共に、日本の暮らしを楽しんでいる。 ビジネスマンのマシューは、妻のジェニファー、軽度の阿呆がある母親エマを連れて、日本の企業に赴任して...
THE JUON 呪怨 (利用価値のない日々の雑学)
実は、ここ数年少し小さい頃と変わってきたことがあって、例えば、ジェット・コースターとか、ああいう過激なアトラクションに乗るのが平気になり、最近では長女と好んで乗るようになった。映画の好みなんかも多少変わって(変わったわけではないが・・・)、例えば「ブレイブ
THE呪怨ハリウッドで成功 (ヒメディア ~たまに絵ブログ。)
日本のホラーは怖い 著者: 大石 圭 タイトル: THE JUON/呪怨―ハリウッド版呪怨 あのサム・ライミに猛アタックされ 監督を引き請けた清水崇 この選択はお互いに正しかった 興行成績は好調 日本人監督の作品として、初登場全米ナンバーワンの快挙も達成 こ
THE JUON 呪怨 (gantakurin\'s シネまだん)
監:清水崇 出:サラ・ミシェル・ゲラー ジェーソン・ベア   6点  この作品、資本や主演俳優はアメリカなんだけど、もう、アメリカ映画なんだかアジア映画なんだかわからない感じ。やっぱ、バージョンアップしてきただけのことはあって、怖がらせるところは凄いで
THE JUON 呪怨 (うぞきあ の場)
御存知、『呪怨』シリーズのハリウッドリメイク版。 ただし、監督は同じ清水崇氏で、舞台は同じ東京。 でも、おや?あまり怖くない??? 4作で慣れてしまったせいか? 前宣伝での監督のネタばらしのせいか? あの“音”の出し方とか、知ってしまったせいか、伽耶子が出てき
THE JUON/呪怨(THE GRUDGE) (わかりやすさとストーリー)
●アメリカ人が異世界で体験する理不尽な恐怖●アメリカ人にってはかなり怖い。プロデューサーのサム・ライミの卓越した手腕が発揮。ハリウッド版の続編で日本人監督がソフトを作れるのかに注目だ。日本人にとっては怖いというよりも気持わるいほうが勝る。実は笑える裏の楽
呪怨 アメリカ版を観たぞ!! (^^Д OMAPEE DIARY =о=о=~~)
呪怨 アメリカ版を観たぞ!!
THE JUON/呪怨 (Groovy Groovers)
原題: THE GRUDGE 監督: 清水崇 製作: ダグ・デイヴィソン、一瀬隆...
THE JUON 呪怨 (さだろぐ)
THE JUON 呪怨(清水崇) ☆ 2004(米・日) 引っ越した先の元住人は人間関係の距離感が分からない距離梨一家 相手の生活圏に土足で踏み込んでは、自分がいかに不幸かアピールするお話 地元で鑑賞。だから寒いって! 初め貸切かと思ったら、もう一人おばさ
「THE JUON/呪怨」 (Cherry)
ようやく公開された「THE JUON/呪怨」。内容は結構、日本版と同じ。比べて観たほうが絶対楽しめると思う。 何気にこの映画をもうすでに2回観てるんだけど、2回目に観たときに、となりの人がすごいビクッーーっとするのでそれに私はビクッっとさせられたりして・・・。ま
公開中 日 【THE JUON/呪怨】 (Movie Diary)
監督 : 清水崇 出演 : サラ・ミシェル・ゲラー/ジェイソン・ベア
THE JUON / 呪怨 (シネマの実)
【好感度】 73% 死んでも逃げられない
THE JUON /呪怨 ( FOR BRILLIANT FUTURE)
もう皆様、ご存知の日本が誇るホラームービー「呪怨」のハリウッドリメイク作品。 元来、ホラーは嫌いではないのだが何か気味悪いので見るのを避けていた。それで元の日本の作品「呪怨」「呪怨2」は劇場版、オリジナルビデオ版全て見ないで この作品を真っ白な感覚で見た
映画: THE JUON / 呪怨 (Pocket Warmer)
邦題:THE JUON / 呪怨 製作:サム・ライミ 監督:清水崇 出演:サラ・
THE JUON/呪怨 (30歳独身男Kazuakiの映画日記)
「やっぱ日本版には敵わないね。まあそれでも十分怖いけど。背筋が氷つくような怖さは、純和風じゃないと味わえないね。」 今日2本目は「THE JUON/呪怨」です。日本のホラー映画「呪怨」をハリウッドがリメイクしました。と言っても、監督はオリジナルと同じく清水崇。舞台
THE JUON/呪怨 (ともやの映画万歳!)
(原題:THE GRUDGE) 【2004年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★★☆) 「呪怨」シリーズが遂にハリウッドでリメイク。 しかもメガホンを取るのはオリジナル版の監督である清水崇。 全米では2週にわたって興行成績No.1を獲得する快挙を成し遂げたホラー映画。 東
THE JUON/呪怨 (秋日和のカロリー軒)
なんともいえない、、、 オリジナルの『呪怨』は未見です。テレビでやってたのを録画したので、そのうち見るつもりですが、その前に書いておこうと思います、、、といっても、何をいっていいものか見当もつかず、いうべきことがないときは黙っていたほうがいいとは思いな
THE JUON/呪怨 (AV(Akira\'s VOICE)映画,ゲーム,本)
あまり怖くは無かったけれど,物語がシンプルになっていて面白かった!
怖いもの見たさに、怖いのものナシ (soramove)
「THE JUON/呪怨」★★★ サラ・ミシェル・ゲラー主演 日本人監督の 実写映画で初の全米1位 そして1億ドル突破の快挙。 ランキングの興味もあるので このニュースは嬉しかった。 もちろん実質は「ポケモン」が 一足先に全米1位は獲得している。 さて映...
THE JUON 呪恩 (Lovely Cinema)
「THE JUON」って年齢制限なかったのですね。お客さんの半分は小学校高学年の子供でしたよ。子供の世界ではお化けブームなのでしょうか~?見に来るのはおおいに結構なのですが、お前ら静かにせぇーつ!!!(ちょっとヤンクミ風に~スッキリした) 本編が始まってもペ
呪怨(TV) (M-junkie)
日本の劇場公開版の『呪怨』がTVでやっていました。 この前『THE JUON/呪怨』を観たところで、違いが気になったので見てみました。 結構、恐いではないですか! 前半見ていて、ハリウッド版と同じか!と思っていたら、途中からネチネチと始まるではないですか。 ハリ
[019]THE JUON/呪怨 (M-junkie)
『THE JUON/呪怨』を観ました。 清水崇監督が自らメガフォンをとり、ハリウッド・リメイクした。 という。 日本版を観ていないので違いは分からないです。 この映画は、怖かったのか?それとも、驚き続けただけのか? 最初から最後まで「来るぞ!来るぞ!」という感じ
THE JUON/呪怨 (In my opinion・・・)
観た後で、あまりの恐怖でちょっと後悔した「THE JUON/呪怨」です。 しっかし、怖かった~!その一言です。私はあまりこういうジャンルの作品は好まないのであまり観ないのですが、今回ひょんなことから観ることになり、映画館に足を運びました。日本版がつい先日
THE JUON 呪怨 (ネタバレ映画館)
 「誰なの?」「と・ひ・お」というシーンで場内に笑いがおこる。あのね、とひおじゃなくて俊雄でしょ!と、つられて失笑してしまう・・・  先ず、『ロスト・イン・トランスレーション』を思い出してしまいました。駅の切符自動販売機の前に立ちすくむカレンを押しのけて
『The Grudge』 (ぽとり映画)
昨年度の11月にN・Yに行った時見ちゃったんですけどね。日本だとディレクターズ・カットがあるってんで、また見にいっちゃいました、『呪怨』。で、どこが追加されていたのか、ほとんど判らなかったんですが(汗)ってことでハリウッドリメイク版の『呪怨』。主役はガイジ
THE JUON/呪怨 (angle cafe*)
リメイクって言葉にひかれフラフラと、「驚かせ系」に全く弱いのにも関わらずチャレンジしてみた 清水崇監督がハリウッド側の配給に「もっとわかりやすくしろ」といわれて、戦ったという記事を読んだけれど、じゅーぶん、くらい分かりやすくなってた 日本版でみたも
THE JUON 呪怨  ☆☆☆★★ (映画VSボーリング)
まずは清水監督に拍手ですね。 なんせハリウッド映画の監督をして初登場1位の人なんて今後とうぶん出ない 快挙やし。二度と出ないのかな?(笑) そんな意味で☆は3つに。。 それにしてもこの監督『呪怨』は何度目の映像化? 99年 呪怨 00年 呪怨2 02年 呪怨 0
『THE GRUDGE』 (The Blue Knowhere)
『THE GRUDGE』観てきました~。 言わずと知れた『呪怨』のハリウッドリメイク版。 と言っても、あたしはオリジナルを観たことないんだけどね(苦笑) ストーリーは・・・うーん・・・・・よくできていたとは思うけど、そんなに怖くなかったかも・・・・・。 なんつー...
The Grudge (アリゾナ映画ログ - アメリカで観た映画のログノート)
2004年11月 日本のオリジナルを見ていないので比較出来ないが、ハリウッドホラーにはない、怖さが受けた様だ。 出演者的にはB級作品に近いが、さすがにストーリーがしっかりしているので、B級っぽさはない。石橋凌もいい味出してる。 ハリウッドのオカルト物にしては
THE JUON/呪怨 (よっしーの脳内世界)
THE JUON 「呪怨」のリメイク版の映画です。元々の「呪怨」を見たことはない...
映画「THE JUON 呪怨」(2004米) (どうせ誰も見てませんからっ☆★)
監督:清水崇 製作総指揮:ジョー・ドレイク 、ネイサン・カヘイン 、カーステン・H・W・ロレンツ 、ロイ・リー 、サム・ライミ 脚本:スティーヴン・サスコ 音楽:クリストファー・ヤング 出演:サラ・ミシェル・ゲラー 、ジェイソン・ベア 、ウィリアム・メイポーザー 、ク
THE JUON-呪怨- (ねぶかどねざる)
★★★★☆ 監督:清水崇 出演:サラ・ミシェル・ゲラー、ジェイソン・ベアほか 東京の国際大学で福祉を学んでいるカレンは、 その授業の一環で郊外の家に住む米国人一家の介護を手
WOWOW「THE JUON/呪怨」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
「呪怨」のハリウッドリメイク版作品。 ですが、主要人物が外国人になっただけで設定はほとんど一緒で舞台は日本です。悪くは無いんだけどやっぱり違和感が、、、でも、「リング」みたいに完全に舞台もアメリカにしちゃうとジャパニーズホラーの雰囲気が出ないかもねぇ。...
THE JUON/呪怨 (WILD ROAD)
『THE JUON/呪怨』 2004年アメリカ/日本(98分) 監督:清水崇 出演:サラ・ミシェル・ゲラー    ジェイソン・ベア    ウィリアム・メイポーザー    クレア・デュヴァル    ケイディー・ストリック    ランド    ビル・プリマン
THE JUON/呪怨 (The Grudge) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 清水崇 主演 サラ・ミシェル・ゲラー 2004年 アメリカ/日本映画 98分 ホラー 採点★★★★ ようやく“呪怨祭り”も今日で終わり。やれやれ。ところで、人ってのは些細なことでも身近に変化が起きるのを嫌うようで。ご近所とか普段何気に通っている町並みと ...