そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

ナイトミュージアム2

2009-08-13 | 劇場映画れびゅー
予想以上に純粋に楽しかった『ナイトミュージアム』。
舞台をスミソニアン博物館に移し、さらにスケールアップして帰ってきた『ナイトミュージアム2』に超期待してIMAX版を観てきました。
★★★★

ヤバい、超楽しんでしまった!
前作に出てきた歴史キャラが豪華なオリジナル俳優のまま総出演に加え、今度はスミソニアン博物館のキャラクター達が大暴れ。
前回書いた「笑って驚いて、オマケにちょっとだけ感動も有り」は、今回さらに全てがスケールアップ!

ちょっとネタバレ気味です
博物館好きな俺的にはハマりまくりで、何と言っても大好きなアメリア・エアハートをエイミー・アダムスが大好演してるところで心を鷲掴みにされてしまいました。
チャレンジに人生をかける男勝りなところに、一瞬『魔法にかけられて』のプリンスを彷彿とする浮世離れしたキュートな表情。
あの映画の時は「プリンセスとは違うよなぁ」と感じてたけど、こういう役になら文句無くピッタリ!
スゲーハマりっぷり、何このアメリア・エアハート、このキャスティングのまま伝記映画作って欲しい!
でも、飛行機は展示されてても彼女の人形自体は倉庫入りになってたり、意外に考えさせられるんですよねぇ。

感情移入の一因として、前作の後に暗いゴシップが報道されたオーウェン・ウィルソンが前作以上に元気な顔を見せてくれてホッとしたり、きっと心臓関係の入院前に撮影されたんだろうけどロビン・ウィリアムズの芝居が観れたのが嬉しかったり、映画の外の事でも心を揺さぶられたのもあったかな。

偉人達だけでなく今回は名画に彫像等のアート作品達も動き出し、ジョナスブラザーズの天使達、ダースベーダー、オスカー、ワシントン、航空宇宙館にはまた違う偉人達がわんさか居たり。
遊び心と悪ふざけが詰まった夢の映画でした。

石板で得た短い間の自由でも、みんな人生を謳歌しているようで生き生きしてて良いよね。

かりそめの命とわかっていてそれでもどこかへ飛び去って行ったアメリア・エアハートが凄く切なかったのに加え、大団円の歴史博物館を観ながら、恥ずかしながらこんな映画で泣いてたのはナイショw
やっぱ博物館とか美術館って好きやわー。



ナイト ミュージアム (ボーナスDVD付) 〔初回生産限定〕 [Blu-ray]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る

コメント (4)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« また今咲いてます! | トップ | 湖のほとりで »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同じく… (KLY)
2009-08-13 23:18:23
単純に楽しんでしまいました!
しょっぱなの自然史博物館で久々に展示物たちが動き出すのを観ただけでもうワクワクしてきちゃって。^^
スミソニアンで動き出す連中もそれだけで楽しいしねぇ。考える人のポージングとか、世界的名彫刻に何させてんだと。(笑)
エイミーも前作『サンシャイン・クリーニング』ではちょっと疲れた顔と芝居だったけど、笑顔がとっても可愛いし、ついでに言えばスキニータイプのパンツだったからヒップラインがセクシーで♪実は彼女が甦ったからって別になんてこたないんだけど、エミリーが可愛いから全然OK!
>KLYさん (そーれ)
2009-08-22 12:24:24
どうもです!
レスポンス遅くてすみません!
夢いっぱいのワクワクが止まらない映画でしたよね。
エイミーは強気のチャーミングな役が似合いますねー。
楽しかったですねぇ~ (ryoko)
2009-09-02 13:49:30
アメリア・エアハートの伝記映画をテレビで見た記憶があります。日本での知名度低いけれど・・・、確か勝気な方だったようでした。
何年も前に見て、「ふぅ~ん、こういう女性がいたんだね」といった印象だったのですが、本作を見て「あっ、彼女だ!」と嬉しくなりました。
サンテグジュぺリと同じく、飛び立ったまま帰らぬ人になられた描写が、ちょっと寂しかったです。
>ryokoさん (そーれ)
2009-09-02 20:37:50
どうもです!
そうなんですよね、アメリア・エアハートって日本では凄く知名度低いので、彼女の人生を知らない人にはどう映ったのか凄く気になりながら観てました。
知ってると余計カッコよくて、ラストシーンにグッとくるものが有りますよね。