gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ノ-ベル賞の真鍋さんの言う脱炭素化は引力と浮力ですぐできるのです。

2021-10-06 15:34:09 | 日記
ノ-ベル賞の真鍋さんは空気中の炭素が2倍になると地球の気温は2.5度上がると予言していて、現在その通り気温が上がり砂漠が進行し、南北地球の極の氷は解け気象が変異し洪水や暴風が多くなると予言しその通りになってる、其れをこれ以上酷くさせないために化石燃料使用を即刻止めなければならない、それには風力発電や太陽光発電等自然現象を使ってエネルギを確保しなければならない。その通りなのですが。自然を利用するにはもっといい方法があるのです。それは引力と浮力を利用する方法です、容器に浮体を浮かべそこに水を注げば浮体が持ち上がります、この浮体が浮くエネルギ-を取れば発電出来ます。又容器の水を抜けば浮体は引力で下がりますこれもエネルギ-に変えれます。ポンプで容器の浮体を上下さすだけで電気は取れるのです。その電気で水素を取ればエネルギ-すべて水素に変えられ、化石燃料から脱せます。はやく脱炭素化に舵を切れ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする