gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

基本材は基本的には外国に頼ってはいけない。

2021-10-12 22:28:48 | 日記
コロナで外国の資材が入らなくなって、日本の生産が止まることが多くなた。これは日本の生産性が下がったことで日本で作っていたものを外国に作ってもらてるためです。日本の生産性をもっと上げて外国で作ってもらうことを減らさなければ日本の弱点となる、もっと生産性を上げて日本でもっと品物を作ることをしないといけない。それには人手が足りない、それをよく聞くが人を雇うよりきかいをつかおう、最初は機械では不便を感じるかもしれないけど、弱点はメーカと相談で欠点を潰し使えるものにしなければならない、過ては人に仕事をおぼえさせる間辛抱強く若者を育てた、それと一緒で機械も最初は欠点だらけそれをメ-カと協力して欠点を修正する。それをしないとこれからはいい製品は出来ない。そんなところがこれからは生き残れる.。機械を嫌って人人と言ってる会社はいずれは人が集まて来なくなるだろう、機械は段々と高性能化し人の操作で人がやるよりいいものを作り出す。介護や家事や農業の分野でも少しづつ機械が入ってきている、そのうち床掃除のルンバだけでなく風呂掃除もトイレ掃除の機械がするようになるでしょう。農業では摘果の機械が少しずつ取り入れられだした。草取り機もあるみたい。農業が楽になると田舎にかえってくくる人もいるのではないか。もっと地味な研究だが少しずつ進めばいい。地味だが少しずつでも機械化しないと人は機械の監視だけと言う時代にしなければならない。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本が脱炭素化にダッシュすることが出来るのです。

2021-10-12 20:43:02 | 日記
なぜ国民みんな脱炭素化に踏み切ろうとしないのだろう、今私が述べることを信じて脱炭素化に踏み切れば世界の脱炭素化を引っ張ることが出来る、でも日本の財界は反対するでしょう、其れは今石油や石炭を輸入して潤ってる企業がたちまち干上がります、日本経済の基本が崩れてきて、新興企業に力が移るからそれが嫌なのです。その筆頭が大手電力会社です、それに石油を納入している関連企業が干上がります。日本の経済に変動が起こるのです。だから脱炭素と言っても経済界が動きません。それではどうするか日本の為世界の為に政府が旗振って出来る企業を育てることです。ではその方法を述べます。浮力を使えば引力に抗して物が浮上します、そうして浮力を抜けば物は下降します。それを動力に使えばいいのです。ものが上下すればエネルギ-が取れます、それを二つの容器を用意して両者へ交互に水を移し替えて水の注水、排水を繰り返せばいいのです。私の計算ではポンプで移し替えてもできますが、それを疑う人は滝壺に容器を二つ用意しそれを滝ノ水で行えば其れでもできます、今ある水力発電の下に大きな容器を二つ用意し、その容器の一つに水を誘導し浮体を上昇させます、そうして容器が満杯になれば、もう一つの容器に水路を切り替えもう一つ別の容器に水を注ぎます。その容器が満杯になるまでに先の満杯になった容器の水を放出します。それで交互に容器を水で満たせば浮体が上下しその浮体の上下のエネルギ-で発電すれば発電出来ます。日本では水力発電のダムは沢山あるのです。その今ある水力発電と今述べた新水力発電で二重に発電出来ると思いますが、それが出来ればその水の移動をポンプでやれば世界中何処でも発電が出来るようになります。世界の脱炭素化に日本が引っ張て行けるのです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本国の財政を守るには

2021-10-12 10:24:38 | 日記
日本国の財政を守るには資産税を取って財源を確保して、今与野党が提唱してる、ばらまき政策をするか、それとも国債を出し続けてばらまき政策をするか、どちらにしても資金を低所得者に移さないと貧富の差が大きくなりすぎた。これを均す手を打たないと日本の経済はようならないと思います。金持ちの金の使い方は儲かった金の大半は資産投資に向かいます、消費財に向かう金は儲かった金の一部です、其れに比べ低所得者の金の使い方はほとんどの収入は消費財に消えます。それに低所得者はもっと消費財に出資したいのですが金が無くて消費に回せません、そこで低所得者の収入を少し上げただけで消費が増え日本のGDPが増えます。しかし金持ちが幾ら儲かっても消費財の消費には少ししか回りません。それを考えても日本の経済日本のGDPを上げるには低所得者の収入増の影響が多きことが分かります。でもこの前のコロナの10万円は消費に回ってないそれは社会保障がしっかりしてないから非常時の緊急用に少しは溜めておかなければと溜めた人がいるが使い果たして足りない人もいるはずです。そのように低所得者に金を回せばGDP画布から見国は豊かになります、でも其のばら撒いた赤字をどう埋めるかですけど。税金をたくさん取って埋める方法と国債を出して億歳で穴埋めすr方法とがあります。今どの政党も国債で穴埋めと言ってますが国債で穴埋めてると、いまではも払えないのではと言う人も出てきています、このまま毎年国債で穴埋めしてたら払えなくなります。その時どうなるかと言うと今の日銀を廃止し、今の日銀券即ちお札を廃止し円が使えなくなり、新し新日銀が新しいお札新円をは行して昔のお札をチャラにします。昔の円は使えなくなり、新円に切り替わりお金の価値が変わってきます、旧日銀がなくなることでそこで発行していた国債は借主が居なくなり払ってもらえません、そう踏み倒されるのです。そんな事が起きないよう税金を高くして税金で国債を払ったが方がよさそうだがそれでも低所当社は税金までは手が回らん、そこで不動産や預金、株等の資産に税金ををかける資産税と言うのがるのです。これを使て高額資産者に税気を払てもらって国債を払おうと言う意見も出ています。でも今度の選挙の公約には資産税を唱える政党はありませんでした、皆が嫌がる政策は唱えられない、しかし今皆が嫌わない政策国債で払う政策はのちに日銀を潰す大混乱を起こす政策なのです。もっと日本を考えた政策を出す政党が出るといいですね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

財務次官の言ってることは事実なのになんで更迭論が出る。

2021-10-12 09:56:30 | 日記
財務次官が言ってるようにどの政党も日本の事を考えず、選挙でいかに有利になるかを考えて言ってることで、ばらまきである、ばらまきの往きつく先は日銀を倒産さして新日銀を作り新通貨を作ること、もうその時期に来てるのです、アベノミックスがそれを先導したのです。今更更迭など言わず、日銀を倒産新円を出せ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする