永田町カフェ7

日本が世界のリーダーとなるために、邪悪なるものを批判し、「地球的正義」を探求してゆきます。強く美しく豊かな日本であれ!

長谷川慶太郎氏→自衛隊関連法案話あわず、緊急事態に対応できるのか?

2016-04-07 10:39:11 | 日記

  ←よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ

 中国は、領海や領空侵犯をくりかえしたり、「国防動員法」発令前の準備をととのえています。

中国は、2020年までに日本を乗っ取ろうとしているのです。

本当の戦争には、莫大なお金がかかります。だから、中国は日本への間接侵略を進めています。

情報戦や心理戦や世論戦をしかけ、日本に不利な法律をつくっているわけです。

孫子の兵法に「敵を知り己を知れば、百戦してあやうからず」とあります。

日本は敵を知るに、十分なことをしているでしょうか?

中国は、日本の土地を買い占めて、敵国の日本に陣地を整えています。

中国人観光客や、移民や中国人留学生の中に「人民解放軍」を忍ばせて、とっくに準備をととのえています。

日本の自衛隊に関連する、法案を今一度見直す時期ではないでしょうか。

こうした情報に詳しい長谷川慶太郎氏の書籍を紹介します。

長谷川慶太郎氏の著書「国家頭脳をもっているか」よりの引用です。

96ページより↓ここから

【世界と日本のイザという時の違い】

自衛隊に防衛出動を命ずることができるのは内閣総理大臣ただひとりだが

 アメリカは、大統領        英国やドイツは首相の権限だ。

緊急の場合があるから、どの国も議会の承認は必要ない。

ただしアメリカはベトナム戦争でこりて、可及的すみやかに議会の承認をえることといういわゆる「戦争法」をつくった。

戦争法がなくても、現実に長期の戦争になるような場合は、予算措置が必要だから

その面から議会の承認は欠かせなくなってくる。

 日本も首相が防衛出動を命ずることができるのだが、

 

これも例によって関係法令が定められていないから細則もない。

自衛隊側には

首相の出動命令をうけたらどう対応するかいろいろ定められているが

それは、自衛隊の行動についてだけであって

国政の体系としてはなんにも決められていない。

あくまで自衛隊の「内規」的なもので、

他の官庁たとえば

警察庁や消防庁との協力関係なんか何も規定はない。

(引用ここまで)

 

この書籍の中に、日本には、

『国土防衛のための具体的行動を

可能にする関係法令がまったくない』

と書いてあり、おどろかされます。

沖縄が戦場になって、中国  対  日本の戦いになったときどうするつもりでしょうね。

「アメリカ出ていけ!」と騒いでいる左翼たち(民団・日教組、労働組合員、ヤクザ、中国政府から日当2万円をもらっている中国人と 韓国政府からお金をもらっている韓国人と在日と北朝鮮人。)は、

中国の人民解放軍が助けてくれると本気で信じていますかね。

証拠隠滅で殺されるだけです。

”邪魔なものは消す”とう文化の中国ですよ、北朝鮮もそうですが。

「敵を知る」機会を邪魔しているマスコミと左翼ども。

今日も明日も、中国が、日本間接侵略の手を休めることはありません。

親中左翼どもは「人権侵害救済法案」と「外国人参政権」可決の時期をねらっています。

 二つの法案が可決されたら日本は戦争なしに中国に占領されてしまうのです。

中国支配のNHK・テレ朝・TBSを見ないなど強化する時だと思います。

日本国民は、「朝日新聞や毎日新聞を買わない」という対策をとりましょう。

北朝鮮や民団や、在日や左翼の資金源となっているパチンコをしない。

日本のパチンコだけで毎年2兆円のお金を稼ぎだし、

そのうち700億円が北朝鮮にながれているのですから。パチンコはやめましょう。

北朝鮮の国家予算は3200億円です。そのうちミサイルは一発が600億円。

朝銀の問題のときに、金丸信とか、田辺誠が北朝鮮に1兆4000億円支援していますね。

バカな政治家がいると北朝鮮にミサイルで狙われて日本を破壊されてしまいます。

北朝鮮の水爆が日本に飛んでくると、1000万人があっという間に殺されてしまうといいます。

中国製の毒入り食品を買わない。コンビニの製造会社のわからないヤスモノお菓子をかわない。コンビニのおでんの具は、中国で製造されているから何が入っているか疑問です。

中国食品を食べて、コカコーラのように病みつきになって、アヘンでもいれられて殺されても知りませんよ。

中国製のすぐこわれたり、すぐに色がおちたり、品質が落ちる中国製品を買わない。

中国系のお店を利用しないということも大事な行動です。

中国資本に土地を売らない。中国資本に会社を買収されないようにしましょう。

会社でも中国人を採用しない。中国人と結婚しないということも大事な国防対策です。

自衛隊員のお嫁さんがスパイだったために機密情報を漏らされたなどという事件も起きています。

日本国民のほうからも、できることをやってゆきたいです。みんなでやれば効果がでます。みんなで声を掛け合いましょう。

 

 

 

 

 

 

コメント

中国の食用油☞下水管の油・人間の屍の油を販売し食する!

2016-04-07 09:59:01 | 日記


人気ブログランキングへ  ☜よろしかったら、クリックをお願いいたします。

鳴霞(めいか)さんのセミナーに参加してきました。

中国では、もうすでに、クローン人間工場ができているそうです。

聞けば聞くほど、「中国の残虐性は、もう悪魔か地獄の鬼の仲間」としかいいようがありません。

鳴霞さんから聞いた「ラーメンの油」の話が衝撃的でした。

これから中国に行きたいと思っておられる方、あるいは、日本において、中国人経営の中華料理店で

お食事を考えておられる方は、以下に紹介する中国製の食用油の情報をよく知っておいて頂きたいと思います。

とにかく、中国国内で食事をする方、中華料理店で食事をする前に、

まず、ご自分の健康と命を大切にお考えいただきたいと思います。

中国の「食用油」は、世界の国ではまったく考えられない「モノ」を使用している

ということからお話しておきましょう。

中国では、食用の油として、あるいは香水の油として「地溝油」が使われているというのです。

中国の「地溝油」というのは、下水に捨てられた油を、精製して再生した「食用油」のこと。

下水にすてた油だけではなく、下水管にひっついてる油をこそげ落して、かき集めたものも

「地溝油」として使われているそうな。

最初真っ黒い色をしていた油も、精製すると、だいぶ色もおちついてくるとか。(・。・;

「地溝油」だとバレないように、新しい油と混ぜ混ぜするから、見た目じゃわからないそうな(@_@;)

中国のホテルやレストランで、下水に捨てた油を業者が買い取って

再利用して、まったく新品同様にして「食用油」として売られているというのです

中国メディアによると、広東省とうかん市では、毎月4トンの地溝油が生産される。

1トンあたり3000元。利潤率は300%に達するそうです。☚(@_@;)

中国に、これから行く予定の皆さま、ラーメンのラードや揚げ物が大好きだという方。

どうか注意してくださいね。

地溝油が入った油をつかったラーメンを食べた中国人の子供が即死しているといいます。

中国では、ガン村や地獄村があるというのですが、こういう不気味な油を

食べていたら、そりゃ~ガンにもなるでしょうし、こういう食品が出回っているとしたら、もっと死亡者も多数出ているのでしょうね。こんなことだから、

それはそれは、精神病患者もたくさん出てくることでしょう。

しかも、中国では、「地溝油は、よく聞く話」ですまされてしまってますからね。

不気味な油を売買する業者が多数あるって、なんてことでしょうか(@_@;)

あ~(*_*;でも、この先の話が、聞くもおぞましい話です。

お食事中の方は、、もうこの辺で読むのをやめてください。

心臓病と精神的に、繊細かつ、なんらかの病をもっているかたも、

このへんで読むのをおやめいただきたいと思います。

 

聞くだけで、読むだけでショックを受けるかもしれない油を生産している中国。

 

なので、御病気をおもちの方々、精神的に繊細で、心配性の方々は

もう、ここらへんで読むのをやめていただきたいと思います。

勇気のある方でもこれほど、人間ばなれした話は、もう聞くにたえないでしょうね。

詳しくは、「月刊 中国」に掲載されています。しかも写真付。

国連は、いったい何をどう調査しているのか? (@_@;)

 

 

どうして中国では、人間をたべたり、赤ちゃんをスープにして食べたりできるのでしょうか?中国の伝統なのだといいます。

 そのうえ、火葬場にある、「屍の油」をかき集めて、食用や香油として売っているというのですから。

火葬場で焼かれた人間から出た油を、食用油にするのですよ!「人油」というそうです。

 「香港の新聞より」

「人油」の意味がわからないので、質問した私は絶句した。

死体から絞り取った油で、

中国人は5年から8年前から

小型火葬場からこの《人油》をあつめ、

食卓に流していたのだという。

 中国では当たり前に「新聞」や「テレビ」で、でまわっている話です。

人油をつかった「ラーメン」の写真まであります。

ラーメンや揚げ物やチップスなど、中国製のカップラーメンなど

油で揚げたものを食べない方がよいですよ。

地溝油も大問題ですが、「人油」をつかったラーメンとか揚げ物やドーナツとか食べられませんね。

毒入り食品が、山ほど出回っている中国です。

しかも輸出しているというから許せません!

中国製の食材で「無農薬だから大丈夫(^u^)」という嘘つきがいたら

そいつは怪しい人物か、だまされているか、心が鬼か悪魔でしょうから注意しましょうね。

おぞましや中国。中国の食用油、揚げ物、加工品、香油など、気味わるいものを買わないようにましょう。

親中派の政治家が多い日本政府は、中国にすっかりお金で買収されてそうですからね。

こういう危険な食用油の輸入の制限できてますかね~(*_*;

日本政府は、弱腰外交で、ねつ造の歴史でも「そんなの嘘だ!」ともいえないありさまです。河野談話も、村山談話も撤回できないでいますからね~。

中国人や中国資本に

日本の土地を買われても、

外国人土地法も改正せず、

領海を侵犯されても「遺憾だ」しかいえない日本政府。

領海侵犯されたら、他の国は、中国船を撃沈しています。

領海を守るのは、ふつうの国は、軍隊です。

中国のスパイ政党の公明党や民主党や社民党や日本共産党では、

尖閣諸島も小笠原諸島も中国に実行支配されてしまうことでしょう。

おまけに今後、日本国内に、反日教育を受けた中国人移民を

600万人も大量に受けれてるのだそうな。

こんなことでは、アッという間に、日本の食用油が汚染されます。

日本で販売される食用油が「地溝油」や「人油」の混ぜものになるなど

断じて許せません!

大手のお安いファミレスの食材は危険がいっぱいだそうですよ。

外食が危険で食べられなくなります。

天ぷらや、から揚げや、ドーナツや、ケーキや

ポテトチップが、まずくて食べられなくなるばかりか、

健康被害が続出します。

法律や道徳を無視する中国人。嘘を百回言えば、本当になるという文化のある中国。

人の命は、羽毛より軽いという価値観の中国人たちです。

しかも、日本政府の発表によると、

日本は、2016年から2020年までの間に

外国人観光客を4000万人も受け入れるのだそう。

その4000万人がすべて中国人ということだってありえるのですよ。

これでは、日本人民族浄化に手をかす日本政府だと言われてもおかしくありません。

はたして、中国からの「食用油」の規制はできてますかね?

ちゃんとチェックできるのでしょうか?

日本でのチェックがかなりずさんだと、中国情報に詳しい、

河添恵子さんや福島香織さんや坂東忠信さんもいわれてますよ。

世界の中でも中国の川はもっとも汚染され、悪臭のただよう川です。

その川の水を畑にばらまいてつくった野菜がまともであるはずがありません。

販売元が中国というのも注意ですが、製造元に確認の電話をしてから

健康のことをよくよく考えて食べましょうね。

コンビニの偽物格安スナックや、

ファミレスの格安メニューのハムやベーコンや肉に注意しましょう。

本物の肉やハムの味と違う!!と気づいたら、(*_*;、すぐ吐きだしましょうね。

呑みこんではいけません。

すべては、自分と家族の健康と尊い命を守るためです。

原材料が中国とまぜこぜになっているおせんべいや

おでんの材料となる商品も買わないようにしましょう。

中国のカドミウムなどの汚染物質がたくさん入ったお米のお菓子などたべないようにしましょうね。

日本を守れるのは、中国の下僕のような政治家ではありません。

親中派の多い自民党でも日本を守れません。

日本を守れるのは、幸福実現党です。

 

(関連情報)さらに、もっと詳しい情報をお知りになりたいかたは、以下の情報をご覧ください。

坂東忠信オフィシャルブログ

下水油が台湾にも増殖中。日本も危ない!

自分の命と健康のために、そして、家族や友人の健康のために、

中華食品、中華料理店に警戒を、さらにさらに高めましょう。

http://ameblo.jp/japangard/entry-11925769534.html

 

矢内筆勝 ブログ

中国人が多数移民してきている沖縄が、危機的状態になっています。

翁長知事が目指しているのは、「琉球独立」。

「琉球独立」とは、中国の属国になることです!

沖縄でさわいでいる左翼の正体は、本土から来ている革マル派、日教組、労働組合、自治労、在日。

日本共産党や、民主党や公明党や社民党を応援している左翼組織どもの決起集会をご覧ください。

公共の道路にテントをはってデモ活動をしたり、米軍基地を取り巻くフェンスに、勝手に横断幕をはる左翼。

NHKや朝日は、決して、この本当の姿を報道していません。

 

沖縄の自由と安全と文化を真剣に守ろうとしているのは、幸福実現党です。

http://yanai-hissho.hr-party.jp/etc/2525.html

 

※このブログを他の方に auスマホで転送する方法です。

①このブログを御覧になっている方は、

スマホ画面の下にある記号の真ん中 四角□に↑のついた記号を

タッチする。

②画面がかわって、✉メール記号などが並ぶ画面になります。

メール✉記号をタッチする。

③いつもご利用の✉メール画面になります。

その送信画面には、自動的に永田町カフェ7ブログの

アドレスが記載されてます。

お友達に送信するときにそのアドレスをタッチすると見ることができますと

お知らせください。多くの方々に知って頂きたいとおもいます。

 

コメント (1)

日本よ、強くあれ! (北条時宗の霊言より)→ 大川隆法 著

2016-04-04 08:18:12 | 日記

  ←よろしかったらクリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ

 本日は、北条時宗の霊言をご紹介したいと思います。

隣国が日本を乗っ取ろうとしているときです。

日本政府は、反日国のあやつり人形のような政治判断しかできていません。

安倍首相は、外国人観光客を4000万人も受け入れるといっています。

外国人留学生受け入れ、外国人労働者を受け入れるといいながら

ほとんどが中国人ではないですか。

情報戦争の時代で、NHKもテレ朝も、TBSも読売も、みな、中国と韓国と北朝鮮の国益優先ですから、毎日情報工作されてます。

読売がなぜ頼りにならないのかといえば、財務省の官僚だった

勝栄二郎が読売新聞に天下りしているからです。日本の政府とマスコミをコントロールしてきた男です。次期 首相となるような人間を操ってきた男だからです。

正しい情報をつかんでゆきましょう。

「北条時宗の霊言」 大川隆法 著 より

「日本よ、強くあれ!」   121ページより

北条時宗の言葉を抜粋して紹介いたします。(ここから↓)

(北条時宗) なぜ、元が世界を支配しえたか。日本を支配しようとしたか。

それは、強くなったからでしょう?

国が強くなったら、必ず、他国を侵略するんですよ。それは”ルール”なんです。それをさせないためには、侵略されるところも、やはり強くならなければいけない。動物界でも、そうなっていますね。

だから、強くなれなかったところは滅ぼされる。*チベット*ウイグル*モンゴル***

こうした中国の自治区は、「日本にもっと強くなってほしい」と考えていると思いますよ。

「占領したところを返しなさい」「独立させなさい」という運動をおこしてほしいでしょうなあ。

実際に、先の大戦のときの日本の大義名分はそうであって「ヨーロッパの植民地になっているアジアの諸国を独立させる」というのが、大東亜戦争の大義だったわけでしょう?

それは実際に成就したのでしょう?

だから日本は「神の国」としてまだ残っているんですよ。

もし、あの戦いがなかったとしたら(アジア諸国)はまだ、ヨーロッパの植民地のままだったでしょう。

なぜか、ビルマも、インドも、香港(ホンコン)もイギリスの支配だったり、

インドネシアとかにフランスの植民地があったり、

いろんな国に、いっぱい支配されている。ヨーロッパの植民地だらけですよね。

日本があれだけ大暴れした結果、それらの植民地は独立できたわけです。

そのときに死んだ数多くの方々は不幸かもしらんけども大きな流れでみたら、ヨーロッパによるアジアの侵略を撃退したのは、間違いなく日本です。

彼らは、ヨーロッパに帰って、EU(欧州連合)になり、束(たば)になって自分たちの繁栄を守ろうとしているけどもそのEUもまた没落に入ろうとしている。

それだけ、悪いカルマを遺しているわけですから彼らも苦しみを少し味わわなければならないんです。

ソ連に関しては、先の大戦でもう戦争が終わったにもかかわらず、日本人の捕虜を60万もとって、

シベリアで10年も強制労働をさせて苦しめたくさん死なせた。その罪により、ソ連邦の崩壊がやがて来た。

経済的疲弊(けいざいてきひへい)などの苦しみが起きたり国のなかで弾圧されてシベリア送りになって多くの人が殺されたり、不幸は起きていますよね。

彼らも、それだけのものを支払わなければいけない。

アメリカに関して言えば、今は「正義の味方」のように言われている部分もあるけれども

明治のペリー来航、すなわち黒船の時代からずっと

日本をアジアの前線基地、補給基地として狙っていたわけであるのでね。

だから、本当は、日本を全部植民地にしたかったところがある。

まあ、(第二次大戦後)沖縄をちょっと取られて、20年支配されたので、怒っているところもあるんだけど、取り返した。

また、北方領土の問題もあるけども、日本が軍備を強化しなければ北方領土が帰ってくることもないでしょう。

「何もできない」と、なめているんですから先の大戦に対してマイナスの面を一生懸命言うかもしらんけども

基本的には軍備増強をするべきだと思いますね。

韓国は、今は日本と同盟関係になければならないにもかかわらず

「従軍慰安婦でつれていかれた」などといっているけども彼らは、その当時、日本人でした。

日本軍として戦って、

東南アジアの人だろうが中国人だろうが、殺したのは韓国人なんです。

彼らも参戦していたのに、急に、「無理やりやらされた」みたいな言い訳をしているだけなんです

あれは、エクスキューズ(弁解)をしているだけなので、あまり乗るべきではありません。自分らにも反省すべきところはある。

なぜ、そうなったかと言えば、国が弱かったからですよ。日本でなければ、ロシアに支配されていたのは確実です。

ロシアは、南下を狙っていたんですけども日本の力が強くなって日露戦争で日本が勝ってしまったために朝鮮半島を支配できなくなったんです。

当時の朝鮮半島には、「中国(清)の保護国になるか、ロシアの保護国になるか」

という選択しかなかった。

しかし、日本が強くなって、先の日清戦争にも勝ち、それから、中国のいろんな動乱の際にも

日本軍が非常に整然と治安にあたった功績があったので、

「安心して日本にまかせられる」ということになったわけです。

それは、当時の国際世論でした。

日本に対する国際世界の信頼は、厚かったわけですね。

彼らは、「35年の日帝支配は全部悪」みたいなことを言うけれども、

正直に、プラス面とマイナス面を見られたらいかがかと思うんですね。

結局、北朝鮮も南朝鮮も、両方、その怨念で、「朝鮮半島が一体になってでも、日本を一回、植民地にしてみたい。日本を一回は支配してみたい」という気持ちをもっていると思うんです。

 だから、韓国は北を憎んだり、日本を憎んだり行ったり来たりしているんだと思うんですよ。

********省略*************

「人が悪い」と言い続けるようなところが大きくなったら必ず、人のところに取りにはいるんです。これが原則です。

泥棒にも理があってね、これは「儲け(もうけ)すぎているから、ちょっと金をぬいて貧乏人に配ってやった」みたいな、鼠小僧次郎吉(ねずみこぞうじろきち)理論とそっくりではないですか。

そういうものは、通させてはならない。やはり、もう少し公平に、反省しなければならない。

国家の報道官が、非常に自己中心的な発言しかできず、

他人の立場や、他国の国の立場、世界の立場を全然、考えることができない。

「そういう状況は、精神的に未熟である」ということを、やはり反省していただきたいし、

そのくらいのことが、言える日本の国家指導者であっていただきたいと思いますね

(以上で引用をおわります)

日本の危機を乗り越えるためにも学校教育においても”現代歴史”を先に教えるというカリキュラムをとっていただきたいものです。

 世界の国々は、「自分の国は立派だ」「自分の国を愛しましょう」と学校で教育しています。

「自分の国は、悪い国だったのだ」と学校で教えている国は日本しかありません。

日本は、古代から、信仰で守られてきた国です。

世界的にみても道徳心が高い国なのです。

日本は、国防強化のためにも、憲法改正を急ぎましょう!!

 

日本国憲法の前文には、

「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼してわれらの安全と生存を保持しようと決意した。

われらは、平和を維持し、先制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において名誉ある地位をしめたいと思う。」

とありますが、

中国も北朝鮮も韓国も、平和を愛さない悪魔の支配する国です。

戦後71年もの間、人民や周辺諸国に対して、圧迫と隷従を迫り、次々と罪なき人々を殺し続けている地獄のような国なのです。

ぜひとも、中国、北朝鮮、韓国は、日本国憲法に適応しない国だと指定して、

この恐ろしい三国から、日本を守るための”条項”を盛り込むべきでしょう。

そうでなければ、反日を目標とする国から日本を守ることはできないのですから。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

大川隆法著→バブル崩壊後「成功への道筋」を失った日本

2016-04-04 08:01:32 | 日記

  ←よろしかったら、クリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ

②です。

戦後、貧しかった日本は、自力で発展してきましたが、バブル崩壊後、坂道を転げ落ちるように衰退してきています。

なぜ、そのようなことが起きてきているのか。日本の「教育」になにか、問題があったのでしょうか。

本日も、大川隆法 著

「教育の使命」から、学んでゆきたいと思います。

(92ページよりの引用です)

【 バブル崩壊後、「成功への道筋」を見失った日本 】

『教育の法』(大川隆法著)には、いじめ問題に関して、

「正義が支配する学校にしなければいけない」ということが書いてあります。こういう問題についても、もう少し国際的な視野をもち、

歴史上の軍事的な問題などをきちんと分析して理解していると

縮図として見えてくるものはそうとうあるでしょう。

「正義とは何か」ということについて、戦後の日本では、ほとんどの場合、

「多数決で決めたことが正義だ」と考えているようなところがありますが、

そうではないことがあるのです。それを知らなくてはいけません。とにかく、現状に満足してはいけないと思います。

今の日本の問題は、1990年あたりを境に、政府あるいは官僚主導で「バブル崩壊」と言われる事態が起きて以降

自信を失い、国のめざすべき方向が見えなくなっていることにあると思うのです。

それまでは、やるべきことがはっきり見えていました。

「勉強がよくできて、高い学歴があれば、よい会社に入れて成功できる」という道筋が見えていたのですが、その道筋がみえなくなってきたことが、とても大きいのだと思います。

それで、「ゆとり教育」に入り、いっそう停滞していろいろな国にどんどん追いつかれ、追い越されようとしています。

このあたりについての認識は、極めて甘かったと思います。

戦後の日本の強い国際競争力は実は、教育に支えられていたのです。教育力によって日本は成長したのですが、

それが他の国に負けてきていることについての認識が甘く、「もうすでに坂の上まで登りきった」と思って油断していたのです。

…途中省略…(ここからは、122ページよりの引用です)

 

【 戦後教育の最大の間違いは「愛国心」を消したこと 】

本章のテーマは、「セルフ・ヘルプと愛国心」ですが

やはり、戦後教育の最大の間違いは、愛国心を完全に消してしまい、「戦前の日本は、全部、駄目だった」というような価値観を植え付けたところでしょう。

しかし、今の韓国を見ると、愛国心の教え方は戦前の日本と同じです。戦前の日本は、あのような教え方をしていました。

また、最近の中国は、戦争中の日本とだいたい同じような愛国心の教えかたをしています。

戦争中日本では、「鬼畜米兵」と言って、「敵国である、アメリカやイギリスは、鬼や畜生だ」という教育をしていましたが、中国ではそのくらいの愛国心をきちんと教えています。

そのような状況のなかで、日本が行っている平和教育はそうとうボケた教育だと言わざるおえません。

基本的に「国をよくすることは、よいことなのだ」という考えを押さえておかないと、子供たちの勉強においても

「正当に努力していくことを認めるのが、正しい社会なのだ」というところにつながっていかないのです。

まずは、自分たちの国を理想的なものにしていくことです。

そして、次に、「国のトップリーダーたちが、どう判断して世界をリードしていくか。また、世界に通用する人材をつくり出していけるか」ということが大事です。

………途中省略………

愛国心というのは、国を発展させる大きな力になります。

先の民主党政権は、バラマキ政策を中心に「大きな政府」をめざしていましたが、それだけでは、国が下っていくことになるでしょう。

やはり、富を生産していく人、新しい価値を創造していく人をつくらねければなりません。そのためには、国を愛していなければなりませんし「国を愛して立派にしていくことは、よいことだ」と考えて努力することを認めなければいけないのです。

………途中省略…………

「世界をリードするような人材を、日本から数多く輩出していきたい」ー。

そう強く願ってやみません。

(以上で引用おわります)

③へとつづきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

大川隆法著→日本の政権がなぜ周辺諸国になめられるのか

2016-04-04 07:58:19 | 日記

←よろしかったら、クリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ

日本は、722人の政治家と、エリートとよばれる官僚の方々がおりながら戦後68年間もの間、

「なぜ、中国や北朝鮮や韓国になめられ続けるのか」?!

その原因を学んでゆきたいと思います。

 

本日は書籍、「教育の使命」 大川隆法 著よりお教えいただきたいと思います。

(89ページよりの引用です。ここから↓)

【 「軍事に関する教養」は知識人の条件 】

日本がなめられる根源は何なのでしょうか。

日本の政治家には、立派な学歴を持っている人が多く

一流大学をでていたり、海外に留学した経験があったりする人が多いのですが、

根本的に欠けているものが一つあります。

それは、軍事に関する教養の欠如です。

これは、日本の政治家全般に言えることです。

欧米の知識人というのは、必ず、軍事に関する教養を持っています。それは、知識人の条件の一つなのですが、ほとんどの日本人は持っていません。

日本の一流大学は軍事関係の知識を全然持っていなくても卒業できてしまうのです。したがって、日本の政治家は軍事を知らないことが多いのです。

「それが知識人に必要な教養の一つだ」ということが分からないままで、政治家をしていることが多いのです。

日本では、アメリカが終戦直後につくった平和政策が今まで続いているわけですが,

それは、日本軍が再起できないようにするために立てた政策です

そのため、「大事なもの」が見失われているのではないかと私は思います。

国際政治を分析するためには、軍事的な部分を見なければ、本当は分からないのですが、それを教えてくれるところはあまりありません。

やはり、個人的に努力して勉強しないかぎり身につかないのです。

そういうことを少し考えておかなければいけません。

平和ボケをして、平和教育をやりすぎた結果本当の知識人の条件の一部が欠けているわけです。

なぜ、軍事の知識が必要なのかというとそれは、

エリートたちには国民を守る義務があるからです。

「国民の生命、安全、財産」等を守るためには、あらゆることにたいして事前に対応を考えておかなければなりません。

そのための基礎知識が要るのです。

私は別に浄土真宗系を非難するつもりではありませんが、

日本人の多くには、「”平和のお念仏”をとなえていれば平和が実現する」

と思っているようなところがあり、その現実認識のなさを見ると、「非常に甘い」という感じがします。

とにかく、自分の国のことばかり考えていては駄目なのです。日本のマスコミも、ほとんど自分の国を中心に考えていて、その国際感覚の鈍さには、どうしようもないものがあります。

日本のマスコミで記事を書いている人たちも軍事的な知識を教養として持っていません。

正規の教育では教わっておらず、知識が欠けているため国際政治を分析できないのです。

一方、わたし自身は大学で国際政治を勉強しましたし軍事的なことについても、個人的に勉強しているのでわかるのですが、

マスコミはそのあたりの勉強ができていませんし、

国民のほうも、その方面の”アンテナ”をまったくもっていないような状況です。

そのため、日本の国の将来には、極めて厳しいものがあると思います。

(引用はここまで)

 ②につづきます。

媚中派という売国奴や左翼には、何も期待できませんが

それにしても、これだけ、中国や韓国や北朝鮮に

情報工作されたり、人口侵略をしかけられたり、

日本の土地を買い占められても、平和ボケでいられるのは、

やはり、「軍事関連の教養が欠如しているから」なのでしょうね。

戦争は、だましあいだそうです。

武器を使うと、経済的に疲弊しますし、大量の人々が死にます。

ですから、情報工作を仕掛けてくるのです。

嘘つき朝日新聞や、NHKや福島みずほや河野洋平が逮捕されないようでは

日本政府は、本当に、日本を守る気概はないということでしょう。

反日左翼ばかりではないですか!

真っ赤っかな自民党と中国のスパイ工作機関の公明党が与党では、日本を守りきることはできないでしょう。

 

 

 

 

 

 

コメント

④反日の外国人を優遇する危険な政策   坂東忠信氏の著書より

2016-04-04 07:39:03 | 指定なし


人気ブログランキングへ ←よろしかったら、クリックのご協力をお願いいたします。

2016年、3月30日、日本政府は、外国人観光客を2020年までに4000万人に増やすと発表しました。

金が入ればよいという安易な考え方で大丈夫でしょうか?

それでは前回の続き

④です。「中国が世界に知られたくない不都合な真実」

坂東忠信著より  (65ページよりの引用です)

【総合特区制度】…なぜそれほど外国人を優遇するのか

実は、日本各地で大変な計画が進行しています。それが「総合特区制度」です。「総合特区」とは、どんなものでしょうか。

***

内閣官房の地域感成果総合事務局は「総合特区制度」の制度設計をおこなうため

***各地域で外国人に対する様々な恩恵制度が計画されています。

●外国人高度人材の所得税を軽減し税率を引き下げる

●子弟インターナショナルスクールの授業料等の所得控除、学費助成制度の創設

●家庭を含む在留資格認定証明交付手続きの優先迅速化

●留学生の就職促進に向けた在留規制の緩和

●留学生への公的賃貸住宅の提供

●永住要件の緩和

●外国人留学生を入居させる施設提供者に対する助成金制度と低利融資制度を創設と固定資産税の軽減

●外国人留学生の所得税の軽減や、外国人留学生の採用・企業にたいする助成金制度の創設。

すでに、自民党政権時代の構造改革特区制度によって

自治体や民間からの提案をもとに留学生の就職活動ビサや起業準備ビザの創設、

夜間大学院への留学生受け入れなどが実現していました。

しかしながら、この総合特区制度を提唱した民主党が

あるあると言われていた「埋蔵金」を探り出すことができず、

この計画に割り当てるはずの予算がねん出できないというお粗末さ。

金がないと言いながら、実数の見えない在日外国人の在外児童にまで

お金を配る民主党ですから、

増税で財源を確保して総合特区制度計画を実施する可能性もあり

まったく先が読めません。

(引用は、ここまでです)

日本人のための政治をする政党が現れないかぎり

日本は、中国の自治区化にまっしぐらに突入してゆくでしょう。すでに、危険な状態まで進行してます。

日本が中国の属国になれば、まちうけているのは、日本人への民族弾圧です。

日本人を奴隷化し、日本人をこの地上から撲滅しようとするでしょう。

 

 裏で活発に動き回る左翼団体や自民党の親中派や民主党、社民党、

公明党(創価学会)!や共産党が、中国のいいなりになってます。

左翼マルクス思想によって一部の権力者のために、他の人間を、奴隷化してお金を生み出す物のように考えいます。

左翼のマルクス思想がまん延している神仏否定の国。唯物思想の国では、神仏の存在を否定してますから、人の命や魂という考えがないがしろにされているのです。

つまり、お金を生み出せない女性や子どもは売りさばいてもよい、殺してもよいという思想がまん延しているのが中国社会です。

しかも、2020年までに、日本を乗っ取ろうとしている国から、毎年20万人も移民を受け入れると決定してしまいました。

建設現場などで、多数の反日の中国人が働けば、違法建築のマンションや戸建が多数乱立することでしょう。

「日本人を殺しても愛国無罪」だと教育されている国からの、外国人労働者受け入れなど、

大反対です。すでに、中国人などのいる建築現場では、モラルの崩壊が起きているといいます。

人生を支える「家」が、違法建築で、すぐに壊れる、雨もりがする、ひびが入る、傾くでは困りますね。

ましてや、2020年の東京オリンピックのための建造物をつくる建築現場に、反日の人間を増やしても何もよいことはおきません。嘘を百回言ったら真実になるという文化をもつ、中国人や韓国人など、建設現場に、近づかないようにしてもらいたいものです。

 中国の言いなりになる自民党!民主党!(ーー゛)親中派、自民党県連、社民党!公明党!共産党!

日本共産党が目指す国は、国民奴隷の国です。

こんな人たちに日本の政治をまかせられません。 

 日本を守れるのは、幸福実現党です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

③大使館や領事館は、スパイ工作機関です。  坂東忠信氏の著書より

2016-04-04 07:34:58 | 指定なし


人気ブログランキングへ    ←よろしかったら、クリックをお願いいたします。

③です。

さらに、大使館や領事館は治外法権を持っています。

たとえその敷地内で殺人事件が起きても、日本の警察はこれに関与できないのです。

もし大使館や領事館内部に何らかの武器や兵器が運びこまれていても、日本としては何もできません。

大使館や領事館は国同士の相互信頼の上に存在しているものですが、

そのおもな 目的は駐在する国の情報収集です。

正しい情報がなければ、母国の利益確保を可能とする正しい対応はできません。

さらに言うなら、外交を有利に運ぶための積極的工作の必要性も出てくるのです。

そんな目的を持った大規模な領事館ができれば人脈が自慢が大好きな中国人はこの組織とつながろうとします。

権力者の近くにいて権力を利用できることこそが中華社会のステイタスだからです。

大人が気を許して語り合うバーやクラブのホステスさんも地位のある日本人や中国人と名刺交換するのが大好き。

そして自慢せずにはいられません。

こうした人脈と自慢のネットワークで、中国の公館は日本の重要人物の情報を収集していくのです。

いかがでしょうか。

中国の領事館ができるということは、こうした現実を受け入れるということに他なりません。

(引用はここまでです。)④へ続く

 

日本には、すでに7か所も中国領事館があります。

この狭い日本に7か所も中国領事館があり、中国大使館もあるのですよ!

情報収集目的ですから、中国領事館エリアの在日中国人や滞在している中国人から膨大な日本人情報を収拾して

情報工作の戦略をねっているということです。

たとえば「日本人は、まだ平和ボケしているから、だまし放題あるね~」と判断しているなど(・。・;

 

コメント

坂東忠信著→②中国人移民が移民国を破壊する。イタリアでもフランスでも(@_@;)

2016-04-04 07:33:37 | 指定なし


人気ブログランキングへ  ←よろしかったら、クリックのご協力をお願いいたします。

②です。

「中国が世界に知られたくない不都合な真実」坂東忠信著

(61ページよりの引用です)

これと同じ状況がヨーロッパの各地で現実化しています。

イタリア随一の産業都市ミラノにあるバオロサルピ地区は

約1万人の中国人移民が集中するチャイナタウンと化していて、

2009年4月にはイタリア警察の捜査を妨害しようとした中国人が、

道路を封鎖するために車をひっくりかえして、暴動を発生させています。

 

2010年6月20日にフランスのパリで

中国人2万人以上が参加して行われた「反暴力安全デモ」では、

中国移民が店を破壊し、駐車車両をひっくり返しました。

現地警察機動隊が催涙弾を発射して「デモ」をようやく鎮圧したのです。

「反暴力安全デモ」が暴動になるなんて、

わたしも中国語資料の読み間違いかと思い何度も読み返しました。

 

【領事館の仕事は日本の情報収集】

もうひとつ、忘れていけない領事館の性格があります。

中国大使館や領事館は、日中友好の架け橋として日本に住む中国人のために存在しているのではありません

その証拠に、警察官が中国人犯罪者を逮捕すると犯罪者の希望によっては領事館に対して連絡するのですが、

彼らは電話を受けるのは11時から12時までのわずか1時間のみ。

外国の警察に逮捕され助けを求める自国民に接見するのも

大切な仕事のはずですが、この時間帯以外は何度電話しても誰も電話口に出ません。

いったい何のための領事館なのでしょうか?

 

③へ続きます。

 

 

 

コメント

坂東忠信氏の著書より①日本に広がるチャイナタウン、そこは無法地帯\(-o-)/ 

2016-04-04 07:31:31 | 指定なし

               ←ランキングに参加しています。よろしかったら、クリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ

 こんにちは~(*^。^*)  ♪ ♫

さあ!しっかりと情報を集めて日本人の「言論の自由」と「人権」を守ってゆきましょう。

本日は、「中国が世界に知られたくない不都合な真実」より、

日本に増え続ける中国領事館の危険性について坂東忠信氏の著書より、学んでゆきましょう。

韓国領事館だって日本にはたくさあります。

 民主党は2008年の1月に

「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟」をたちあげました。

会長は岡田克也氏で、民主党でこの議員連盟に参加してるのは、民主党だけで65人もいます。

日本人の地位をおとしめ、日本人の血税を使い放題の政策を次々と決定してますので、ぼんやりテレビを見たり、韓流ドラマにはまって暇つぶししていると、日本人の自由は奪われて韓国人や中国人の奴隷にされていまします。もうすこし、危機感を高めた方がよいかなと思います。

 

では、「中国が世界に知られたくない不都合な真実」より

( 61ページより)(省略の時は***)

 【総領事館周辺が中華街となる!?】

●日本人の知らないチャイナタウンの現実

中華街というと、多くの人は観光名所となっている横浜の中華街をイメージするかもしれませんが、横浜の場合は、初期に来日した中国人や台湾人が日本人相手に飲食店を開いた街です。

中華民族だけの閉鎖された街だったら、あれほど中華料理店が共存することはできないでしょう。

もちろん、横浜中華街にも現地子弟の暴力団や裏組織などもありますが、街自体は日本人との接触を歓迎しそのため店員さんは日本語も話します。

しかし、これから各地に巻き起こるであろう中華街構想は中華民族のための街。

池袋北口や新宿大久保近辺の中華雑貨店に入ってみてください。横浜中華街のお店のようには入れないし、店員は日本語を話さないし、商品説明もすべて中国語。

そこには、中国人による中国人のための店が並んでいるのです。

②へ続きます。 

 

コメント

(再送) ⑵中国の作戦を破れ【孫子の兵法】参考に

2016-04-04 00:37:48 | 指定なし


人気ブログランキングへ  ←よろしかったら、クリックのご協力をお願いいたします。

⑵中国の日本侵略作戦を見破ってゆきましょう。

中国人の命の考え方と日本人の命の考え方は、天と地ほどに差があります。

中国人の命の考えたかは、「人の命は羽毛より軽い」です。14億人もいれば、だれか死んでくれないかという恐ろしい考え方が、中国人の中にあります。簡単に人身売買したり、赤ちゃんを病院で売買したり、臓器売買でお金を稼ごうという中国人。その中国が、国策で、反日教育をして、日本人を殺しても「愛国無罪」と言われているのです。

ならずものの中国政府が、日本をどのように工作しているのか。兵法から学んでゆきましょう。

「孫子の兵法」守屋洋氏の著書を参考にさせていただきます。(97ページよりの引用です)

【虚実篇】

①『人を致して人に致されず』とは

敵より先に戦場におもむいて相手を迎え撃てば、余裕をもって戦うことができる。

逆に、敵よりおくれて戦場に到着すれば、苦しい戦いをしいられる。それゆえ、戦い上手は、相手の作戦行動にのらず、逆に相手をこちらの作戦行動に乗せようとする。

敵に作戦行動を起こさせるためには、そうすれば有利だと思いこませなければならない。

逆に、敵に作戦行動を思いとどまらせるためには、そうすれば不利だと思いこませることだ。

したがって、敵の態勢に余裕があれば、手段を用いて奔命(ほんめい→いそがしく動きまわること)に疲れさせる。

敵の食料が十分であれば、糧道を断って飢えさせる。敵の備えが万全であれば、計略を用いてかき乱す。

 『主導権の確保』「人を致して人に致されず」とは、相手をこちらのペースに乗せること、つまり主導権を確保することである。さらに言えば、相手を行動不自由な状態に追い込み、こちらは行動自由な状態を確保することである。

日中戦争の末期、日本軍は広大な中国大陸を占領したが八路軍の巧妙な遊撃戦争にあって主導権を失い点と線に釘づけにされた。

当時、八路軍を率いて日本軍と戦った毛沢東は、この主導権の問題について、こう語っている。

「あらゆる戦いにおいて、敵味方は主導権の奪い合いに力をつくす。主導権とはすなわち軍隊の自由権である。軍隊が、主導権を失って受動的な立場に追い込まれるとその軍隊は、行動の自由を失い打ち破られることになろう。

……主導権は、情勢にたいする正当な評価と正しい軍事的、政治的処置によって生まれる。客観的な情勢にあわない悲観的評価と、そこから生ずる消極的な処置は主導権を失わせ、こちらを受動的な立場においこんでしまう。

逆に、客観情勢にあわない楽観的すぎる評価とそこから生ずる不必要に冒険的な処置もまた主導権を失わせついに悲観論者と同じ道におちこませる。

[抗日遊撃戦争の戦略問題]

では、主導権を確保するにはどうすればよいか。『孫子』は本書において、さまざまな角度からこの問題を分析する。

【守らざるところを攻める】

敵が、救援軍を送れないところに進撃し、敵の思いもよらぬ方面に撃って出る。

千里も行軍して疲労しないのは、敵のいないところを進むからである。

攻撃して必ず、成功するのは敵の守っていないところをせめるからである。

守備に回って必ず守りぬくのは、敵の攻めてこないことろを守っているからである。

したがって、攻撃の巧みな者にかかると、敵はどこを守ってよいかわからなくなる。そうすると、まさに姿もみせず、音もたてず、自由自在に敵を翻弄することができる。こうあってこそはじめて敵の死命を制することができるのだ。

(以上で、引用をおわります)

どうして、民主党が中国人のビサ緩和をしたかがみやぶれましたね。

武器を使わずに、「間接侵略」で、人口侵略をすすめる中国。

中国人留学生が大勢、日本の学校にきています。

中国人留学生に、永住権を与える(京都)。  中国人の移民。

日中友好団体400か所の場所と、その姑息なスパイのような動き   

中国領事館が日本の主要都市7か所にある。中国人のビサ緩和。

中国人による、土地の買い占め。

中国名ではなく、通称名という、日本名の使用を許可させ、めくらまし、なりすまし日本人を増やす。

中国人の10人に1人は、精神疾患だそう。

精神病患者が日本人を殺しても、罪は軽く、あるいは無罪だとされています。

ウソのうまい中国人。ウソをついても罪悪感のない中国人が精神病だとウソをつけば、日本人をいくらでも殺してしまいます。

中国資本の日本企業の乗っ取り…\(゜ロ\)(/ロ゜)/知らぬ間に、日本占領作戦がすすんでいます。

気づいた時には、「おまえたちは、すでに包囲されている!!」と、機関銃をかまえた人民解放軍に命をねらわれます(*_*;中国には、「国防動員法」があります。

「人の命は、羽毛より軽い」という文化を持った中国です。男ばかりでなく、女性であっても残酷な人殺しをするのが中国や朝鮮の人々です。人殺しの時には、首を狙うのが中国人だそうです。心臓をとりだすことは、中国人の恨みの表現でもあるのだとか。簡単に心臓を取り出す方法をしっているのが中国人。

中国人移民600万人受け入れとか、観光ビサ緩和するなど、決定した日本政府に抗議しましょう。

そして、マイナンバー制度というものも、主導権を握るものが反日ならば

あっというまに、日本人を奴隷にすることができる制度となってしまいます。

マイナンバー制度は、日本にいるスパイや工作員にとっては、

おもしろいほど楽に情報が盗み取れる便利な制度でしかありません。

ここは、日本です。北朝鮮の強制収容所にいる人間は、番号でよばれていると

いいます。

人間を人間として見ないという共産主義思想の人間たちに、マインバー制度を

悪用されないようにしなくてはいけません。

マイナンバー制度も撤回すべきです。

日本のIT企業が 反日国の会社に乗っ取られたら、日本人の個人情報が

中国政府に全部筒抜けになってしまいます。

最悪何が起きるか。日本人を殺して、「背のり」がおき、殺された日本人になりすまして、財産をすべて取られてしまうことでしょう。

警戒を高めたくてはいけません。

中国の日本乗っ取りに手をかすような政治家は、日本の国政から追放しなくては

いけません。2016年、夏の選挙でのみなさんの一票は

日本を生き地獄にするか、はたまた発展繁栄の日本にするか。

その選択をせまられているということです。

いまから、日本政府の怪しい動きに抗議の声をあげてゆかなくてはいけないでしょう。現在の安倍政権はますます危険なかじ取りをしはじめたようです。

 

  

 

 

 

(※お知らせ)

永田町カフェ7 ブログは、2013年10月にイザブログから引っ越してきました。

GOOブログに引っ越した際に、文字化けがおきました。 

イザブログで、(↓)や①②③や、♫という記号をつかっていたところが

GOOブログで、全部(?)という記号に化けました。

まだまだ編集に時間がかかりそうです。2013年 8月より前の記事は

行間もあいて、読みずらいと思います。ご了承のほどお願い致します。

 

 

 

 

 

 

  

 

  

 

 

 

 

 

 

 

コメント

(再送)⑴ 中国の作戦を破れ【孫子の兵法】を参考に

2016-04-04 00:26:28 | 指定なし


人気ブログランキングへ  ←よろしかったら、クリックのご協力をお願いいたします。

中国が日本の領海・領土を乗っ取ろうとしているのに日本は、いまだ決め手となる戦略を立てていません。

中国や北朝鮮が核弾道ミサイルのボタン押せば、10分で日本に飛んでくる時代です。「専守防衛」では日本を守れないのです。なぜ、核武装しないのでしょう。

なぜ、NHKや朝日や毎日の本社にはいっている中国国営テレビ局を追い出さないのでしょうか。

海外を見ても、国営放送に近い、大手のテレビ局内に、敵国のテレビ局を入れている国などありません。情報がだだもれで、いくらでも情報をねつ造されますし、スパイのやりたい放題でしょう。

情報戦争の時代にこれでは、日本は毎日、連戦連敗しているのと同じです。

「中国や北朝鮮のような反日国は、憲法前文に適応しない国だ」と指定してしまえばよいのです

領海や、領土を侵犯されたら、敵の戦闘機を爆撃することは、自分の国の国民を守る行為としてあたりまえの行動です。韓国もロシアもやってます。国際常識です。日本だけが異常なのです。

日本人が「戦争などしたくない!」「憲法改正は嫌だ~!」といっても、近隣国の指導者たちは、テロや、工作をしかけて、日本を乗っ取ろうとして侵略を続けています。

武器をつかわない方法で、つまり「間接侵略=人口侵略・土地を買い漁る」という方法で、日本乗っ取り工作が加速化しています。

「孫子の兵法」で、中国と北朝鮮と韓国の戦略を見破り自分の国を自分で守りましょう。

【孫子の兵法】 守屋洋氏の著書から        (6ページよりに引用です)

戦争の法則性を研究し、勝つため(あるいは負けないため)の戦略戦術を追求したものである。その要点をまとめればつぎのようになるであろう。

①戦争を正確に指導し、勝利をかちとる第一の鍵は「彼を知り、己を知る」(謀攻篇)ことにある彼我の戦力を検討したうえで、勝算があれば戦い、勝算がなければ戦うべきではない。

②第二の鍵は、主導権を奪取すること。つまり、「人を致して人を致さず」(虚実篇)を心がける。そのためには、相手の兵力を分散して守勢に追い込みその上で、「実を避けて虚を撃つ」(虚実篇)ことを考えねばならない。

③「その無備を攻め、その不意に出づ」(始計篇)ることも勝利を勝ち取る重要な条件となる。 戦争はしょせん、だまし合いである。したがって、いかに敵の目をくらますかが、重視されなければならない。

④戦いは、「正をもって合し、奇をもって勝つ」(形勢篇) つまり、正(正攻法)と奇(奇襲)の二つの作戦を組み合わせ奇によって勝利を収める。そのためには、「迂直(うちょく)の計」(軍争篇)に熟達しなければならない。

⑤守勢のときにはじっと鳴りをひそめ、攻勢のときにはいっきにたたみかける。つまり、「その疾き(はやき)こと風のごとくその徐(しず)かなること林のごとく」(軍争篇)「はじめは処女のごとく、後には脱兎のごとし」(九地篇)でなければならない。

⑥兵力に応じた戦い方を心がける。つまり、十倍の兵力なら包囲し、五倍の兵力なら攻撃し二倍の兵力なら分断し、互角の兵力なら勇戦し、劣勢の兵力なら退却し、勝算がなければ戦わない(謀攻篇)

⑦「兵の形は水に象る(かたどる)」(虚実篇)つまり、兵力の分散と集中に注意し、たえず敵の情況に対応して変化しなければならない。

(引用はここまで、次⑵へと続きます)

次回は、虚実篇を紹介します。敵の戦略が見えてくるはずです。

孫子の兵法の要点

①~⑦を読んでいるうちに、反日国の作戦がよく見えてきますね。

安倍政権は、「談話」を継承し、中国人の移民600万人、韓国人400万人を受け入れる判断をしてしまいました。これでは、民主党の時となんらかわりません。

さらに日本政府は、「2020年まに、外国人観光客を4000万人を受け入れる」と発表しました。

スパイ防止法のない日本です。

パスポート偽装天国の中国から人民解放軍をどんどん入国させて大丈夫でしょうか?

日本政府が中国の日本乗っ取り計画に手を貸しているということでしょう。歴史は繰り返されるといいます。ウイグルやチベットや、内モンゴルのようになってよいのでしょうか。

「何にも、起きていない」と感じていられるのは、「中国の情報工作に完全にだまされている証拠」です。

日本政府(官僚と政治家)も、日本のマスコミも、中国の日本乗っ取りに手をかしているも同然です。

戦争は、だましあいだそうですが、

自分の命と自由と安全と、平和な未来は「努力して得るもの」ということを痛感する日が近づいます。テレビにだまされないようにしましょう。TBSや朝日やNHKなど、中国や韓国や北朝鮮のスパイ情報機関です。

中国は2020年までに、日本を乗っ取ろうとしているのです。

世界は、今、石油などの地下資源をめぐって争奪戦をしています。

そして、石油の次に、資源として争奪戦がおきるだろうと

されているのが「水」です。地下水です。

中国が狙っているのは、土地と日本の水資源と、日本の技術です。

このまま、中国人の移民を増やしたり、中国人に土地を買われていれば、

私たちの美しい日本の川と地下水は、中国人のものになってしまいます。

日本人が、自由に水道の水を飲めなくなります。

日本人の優れた技術が奪われたり、日本の工場が奪われて、ほとんどが、「中国製品」となってしまっていいのでしょうか?

中国は、60年以上、日本から経済支援や技術支援をしてもらっているのに、中国は国をあげて、「反日教育」をして、日本を「敵」だと反日教育している国です。

早急に憲法改正をいそぎ、核武装し、スパイ防止法を制定していただきたいものです。外国人土地法をつくり、日本の領土を守らなくてはいけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

中国の人口侵略➔中国の自治区化と同じ現象が日本におき初めている

2016-04-04 00:21:17 | 日記


人気ブログランキングへ  ←よろしかったら、クリックをお願い致します。

中国人移民を来年以降、毎年20万人受け入れると発表した日本政府。

さらに、なんと安倍首相は、

「2020年までに、外国人観光客を4000万人に増やす」といったそうな。

この移民と観光客が人民解放軍だったらどうしますか?

チャイナマフィアだったらどうしますか?

中国の秘密警察やインターネット監視の専門の中国人だったらどしますか?

これまでの日本の治安は一気に破壊されます。

安倍首相では、日本を守れません。自民党、公明党、民進党、共産党など

中国や、韓国や北朝鮮に弱腰外交しかできない政党では

日本を守れないのです。

2016年、7月までにあった日本の治安は、もはや保てないことでしょう。

日本は、現在よりも、女性や子供が誘拐されて人身売買にされたり、

中国人による殺人事件や、放火、窃盗、詐欺、空き巣、毒入り食品、環境破壊、そして、感染病が爆発的に多くなってしまいます。

ウイグルやチベットや内モンゴルが、中国の自治区なってしまったときの経緯をみると、今の日本政府の判断の仕方や、日本国民の平和ボケぶりが、実によく似ています。

中国の自治区にされた国に何がおきたのか。現在、何がおきているのか。今日は、そのなかで、内モンゴルのことを紹介します。

(※「モンゴル」というと、日本では、お相撲さんがモンゴルからきていますが、それは外モンゴル(北モンゴル)の人たちです)

中国と外モンゴルの境界にあるのが、内モンゴル(南モンゴル)です。中国の北東部一帯のこと。

(※2014年、内モンゴル、遊牧民デモを機関銃で威嚇する中国人)

https://www.youtube.com/watch?v=-Bl9jK0puCs

(以下 2011年 月刊リバティ 3月号より 48ぺージ~の引用↓) 

【政治的、軍事的な「力」が足りなかった】  

モンゴル自由連盟党 オルホノド・ダイチン著

………………内モンゴルは、1945年のヤルタ協定で、中華民国の一部とされ、

国共内戦がつづく1947年に、中国共産党によって、「内モンゴル自治区」に組み込まれました。

この過程で、多くの国際会議や国同士の話合いが行われましたが、内モンゴルの代表が独立を主張したり、他国が利益を代弁する場面はありませんでした。

大国の利害に翻弄され続けた内モンゴルは、国際政治の舞台で政治的、軍事的な「力」が足りなかったのです。

自治区を設置した中国共産党は当初、「モンゴル人の自治を守る」「お互い平和に暮らそう」と甘い言葉を使って内モンゴルに軍隊を送りこみました。

ところが、60年代の文化大革命時の「内モンゴル人民革命党粛清事件」では、自治を求めるモンゴル人が「民族分裂主義者」として大量に虐殺されました。

この事件では、中国政府が発表した控え目な数字でも逮捕者は35万人、拷問で身体的な障害が残った人は12万人。死亡者は3万人近くですが、5万人や10万人という説もあります。

当時、自治区にいたモンゴル人は150万人弱なので、平均して一世帯から一人の逮捕者が出た計算です。

現在も内モンゴルの町には、顔や腕、足などに障害を持った人がいて、事件の傷跡はきえていません。

日本のみなさんは、内モンゴルでデモや反政府運動がおきたニュースを聞かないと思いますが、徹底的に弾圧されたモンゴルの人々は恐怖心が強く残り、声を上げる気力もないのです。

侵略以来、内モンゴルにはたくさんの漢族、つまり中国人が移住しています。

シリゴルのスニト右旗という地域には、1947年の時点で2人しかいなかった中国人が、現在は5万人もいます。

「農業技術指導者」「辺境を援助する」などの理由で入ってきますが、そうやって人口を増やして侵略をすすめるのが彼らのやり方です。

内モンゴルは中国でも最も経済発展している地域で、GDP成長率は8年連続1位、09年のGDPも前年比で17%も伸びました。豊富な地下資源のおかげですが、中国のレアアースの9割が内モンゴルで採れます。でもその利益はすべて中国人が得るのです。

放牧などで暮らしていたモンゴル人は、資源発掘のために、土地から追い出され、町に強制移住されています。

移住先で生計をたてられないため、移住を拒否する人もいますが、そういう人のところには、夜、一般人をよそおった警察官がやってきて、暴行を加えるのです。中国にも「民族自治法」があって、法律上はモンゴル人にもあらゆる自由が保障されています。

でも、それはただ法律に書いてあるだけで、現実にはすべての自由が奪われています。

………昨年9月、尖閣諸島沖の事件がおきたとき、私は、「内モンゴル、ウイグル、チベットの次は、日本だ」と感じ、

仲間と共に街頭にたって、中国の脅威を訴えるビラを撒きました。

日本人はあまりに平和で、幸せすぎて、中国が他国を侵略するという現実を理解できないのでしょう。経験してからでは遅い。

独立国家として、国益を主張したり、国防を強化しなければ、本当に国が滅びます。

(引用はここまでです。)

内モンゴルへの弾圧は、いまだに続いています。今や内モンゴルの70%は、

漢民族であり、モンゴル人は、弾圧され人口が少なくなってしまいました。

政治的、軍事的な力が足りないとか、偏向報道で、正しい情報を知らされてないとか、一国平和主義で、平和ボケしていると中国に簡単に乗っ取られてしまいます。

アメリカ軍は、日本から撤退していこうとしています。

自国の法律も国際法も無視する凶暴な中国の暴走をとめるには、

日本は国防を強化して、正確な中国情報を知っておかなくてはいけません。経済力があるということも、国を守る力になります。

中国共産党が「国防動員法」を発令し、日本人を殺せと号令がかかったら、

中国人に皆殺しにされてしまいます。

国際法も自国の法律も無視する中国人たちに好き放題に日本の文化を破壊され、自然を破壊され、日本人の自由と人権を奪われてしまうのです。

もし、移民を増やし、観光客を増やし、これ以上中国人が増えていけば、

中国人に、あれよあれよと言う間に町や村を乗っ取られてしまうことでしょう。

そんなことでは、中国人による「日本人いじめや弾圧」が、爆発的に増えてしまいます。

反日国からの移民や労働者や研修生や留学生など、断固受け入れてはいけないのです。

外国人観光客といいながら、結局は反日国からの受けれを多数入国させることしか考えない日本政府。

日本国民が団結して、この日本を守るべく、抗議の声をあげていくときです。

政府や反日マスコミに、抗議の声をあげるのに、武器はいりません。

電話やメールをする。要望書を出す!直接話す!などでいいのです。

そういう行動をこの2016年の選挙までにしていかなくては

今年の7月以降では遅すぎるのです。残り3カ月。

みんなで、反日国から日本への入国反対!と

声をあげてゆきましょう。

売国奴の政治家を政界から追放してゆきましょう。

 憲法改正して国防強化し、集団的自衛権を行使するのはあたりまえです。

中国は、政治も、経済も、軍事も力のある、強いアメリカには、歯向かいませんが、政治も軍事も経済力も弱い国は、残虐なことをして乗っ取るのです。

憲法改正して、強い日本をつくってゆきましょう。

 

 

コメント

大川隆法街頭演説「あと4年以上、寿命がほしかったら…」の真意とは(・。・)!

2016-04-04 00:00:49 | 日記


人気ブログランキングへ   ←よろしかったら、クリックのご協力をお願いたします。

本日のタイトル【あと、4年以上の寿命がほしかったら…】

の真意をお話したいと思います。これは、仏言です。

過去にも、大川総裁は日本の危機について警告をしてきましたが日本国民が、無視してしまったために「民主党」という最悪な政党を選んで、災いを呼び寄せてしまいました。大川総裁は、過去になんども、

「その危機を避けよ!」と、涙をながされながら、危険を教えて下さっておりました。ですからこの仏言の意味は重いのです。このままでは日本は、中国や北朝鮮にミサイルやテロでで皆殺しにされたり、生き残っても奴隷にされるだけです。ですから、あえてお伝えしたい。

『【あと、4年以上、寿命がほしかったら】』

月刊「正論」や「WILL」や幸福の科学情報など、「正しい情報」をつかんでいただきたいと思います。

ぼんやりと、バラエティー番組を見てる場合じゃありません。

情報収集をおこたったために『【あと、4年以上の寿命が】』なくなるかもしれない(*_*;という危機が迫っているのです。

安倍政権とはいえ、親中派の多い自民党・公明党にまかせっきりでは、日本が危ないのです。

日本の危機を救えるのは、幸福実現党です。では、大川隆法街頭演説を紹介します。 

書籍「日本の誇りを取り戻す」大川隆法著《DVD付》

(2012年12月、京都駅前にての街頭演説より)

(44ぺージより一部のみ引用です。省略の時は***)

みなさん、選挙の時になったら、争点をぼやかし、いいかげん

なことを言って税金を使っている泥棒政党なんかに、投票するんじゃありませんよ!

 「盗人に追い銭」とは、このことを言う!はっきりとものを言い、結論がはっきりしているところを選んでください!

みなさん、あと4年以上、寿命が欲しかったら、幸福実現党に入れてください!それが、とてもとても大切なことだと、私は申しあげておきたいと思います。

ここ京都は、仏教王国です。世界からもそう思われています。みな、信仰心がある所だと思っていますよ。

「日本一の信仰心がある所が京都だ」と思っています。

世界的に、神社仏閣で有名です。京都を見に、観光客がたくさん来ています。当然、「信仰心の篤い日本人だらけだ」と思っていますよ!

ところが、京都は「赤旗」ばかり取っている人が大勢いる。

唯物論の共産党の機関紙をたくさん取っている。産経新聞を取りなさい、産経新聞を!今、新聞のなかで、いちばん正しいことを書いているのは産経新聞だけですよ。その次に、ましなことを言っているのは、読売新聞です。それから、日経新聞も、産業を守るために頑張っている。

*******省略*************

われわれは、戦ってきたけれども、まだまだ、本当の力を出しきっていないことが残念です。政党要件などという、くだらない政党助成金の基準でもって

「国会議員が5人いなければ政党でない」とか

「国政選挙で、総得票数の2%以上を取り、一人以上、国会議員がいなければ政党ではない」とか言って、それで、報道しないようにされているけれども、大阪維新の会は、3月から9月のはじめまで(半年間)政党要件をみたしていませんでした。

しかし、全国紙には、毎日、一面に載って、テレビにも出て週刊誌にも出て、報道しまくりですよ。9月になってから、やっと国会議員を引っ張ってきて政党要件を満たしたのです。

だから、マスコミの報道基準なんて、嘘っぱちですよ。

宗教政党の意味が分かっていないのです!

今、宗教政党は公明党しかないでしょう。

あれは、創価学会ですよ。

日蓮宗のなかの超異端です。

どうして、それで、仏教界の代表が、宗教界の代表政党と言えるんですか!

もう一つ、まともな、世界的な宗教政党が必要なんですよ。

私たちは、あらゆるまともな仏教勢力、キリスト勢力、イスラム勢力、その他、日本神道も含めて、人間を幸福にしようとしているすべての宗教の味方です!!

だから、どうか、この京都の周りのお寺さんたちにも言ってください。檀家のみなさんにも言ってください。

「自分たちの宗教が、共産主義勢力、無神論・唯物論勢力、によって侵略され、火あぶりにされて、焼き落されないためには、幸福実現党を国会に送り込む必要があるんだ!」と!!

私たちは、すべての宗教の味方です!神仏を信ずるものの味方です!われわれは、神の子、仏の子なんですよ!

これが、民主主義の本当の値打ち、本当の意味、本当の発展の原理なのです!ぜひとも、幸福実現を、明日、躍進させてください。お願いします。ありがとうございました。

(以上で引用をおわります。引用は、一部のみの紹介です)

情報戦争という”有事”が起きてます。

積極的に、正しい情報をつかんで、日本を守り強い日本をつくってゆきたいですね。

悪事や嘘に気づいて、見て見ぬふりでは、悪を粉砕滅失できません。

嘘や、ごまかし、ゆすり、たかり、暴力、いじめなど、間違いに対して断固許さない!

と、抗議していかなくては、ますます、悪事がひどくなるばかりです。

安倍政権が移民受け入れを決定してしまったから、反日国の移民がどんどん増えてくるのです。

日本人ばかりで平和に暮らしていたときと違う環境になってくるのです。

反日国からの移民反対。反日国の観光ビサ緩和反対。反日国からの労働者や留学生反対です。

抗議の電話やデモ、抗議の要望書にして、政府や、反日マスコミに訴えてしていかなくてはいけませね。

 

 

 

 

 

コメント