永田町カフェ7

日本が世界のリーダーとなるために、邪悪なるものを批判し、「地球的正義」を探求してゆきます。強く美しく豊かな日本であれ!

《元台湾総統 李登輝 守護霊魂のメッセージ》  大川隆法著より

2015-05-30 21:30:34 | 日記

情報戦争の時代ですが、情報工作されてだまされても、ほとんどの日本人が、平和ボケしてますね。

日本人の油断を見透かして、韓国政府のやりたい放題がとまりません。

反日左翼どもを、台湾の李登輝氏の守護霊はどのようにご覧になっているでしょうか。では、さっそく

『「日本よ、国家たれ!」 元台湾総統李登輝守護霊 魂のメッセージ』  

大川隆法著

(30ページの一部と33ページよりの引用です。ここから↓)

李登輝守護霊) うーん。(韓国と)同じように(台湾が)

統治されて、統治の方針が違ったとは思ってないよ。

まあ、「それをどう感じるか」は、国民性の問題だろうし、政治家の資質だろうね。だから、まあ、「情けない」の一語に尽きるわな。

韓国は、国内問題をたくさん抱えておるんだろうよ。

それを全部、日本の責任に持ってこようとしているわけだけど、「反日をかかげておれば、国がまとめられる」っていうのは、

ヒトラーのナチズムと何が違うんだね?ユダヤ人排斥運動(はいせきうんどう)と変わらんじゃないか。

結局、彼らは、「日本の軍事主義は、ヒトラーのナチズムみたなものだ」というふうに持っていきたいんだろう?

たぶんな。そういうことだろう? 「そうしたら、全部解決する」と思っているんだろう?

どっこい、そうは、いかんよ。日本のせいにしたって、解決しないものはあるさ。…………

…同じ親の下に育っても、きょうだいで違うことがあるだろう?

ささやかなことに感謝する子どももおれば、ものすごくしてもらっても、親を恨むような子もいるしさあ。

いろいろあるけど、まあ、そんなようなもので、その出来、不出来については、よく見分けないといかんわな。

李登輝守護霊) 日本は、台湾統治に関しては、本当に第一級の人材を、惜しみなく送ってくれたわなあ。

つまり、児玉源太郎大将※を台湾総督として送ってくれたし、

後藤新平市長※もそうだけど、ああいう人は第一級の人たちだよな。

それから、国連(国際連盟)の事務次長もやった新渡戸稲造とかね。

ああいう、日本人を代表するような一級の人たちを送ってきたから、台湾はものすごく発展したし、よくなったわなあ。

それから、日本人でも知らないだろうけど、八田さんっていったかねえ。あの技師の……。

質問・里村) 八田與一(はったよいち)※さんですか。

李登輝守護霊) そうそう。八田與一さんね。

あの人は、むしろ、台湾のほうで有名で、日本人では、もう、誰も知っている人がいないかもしれないけども、

「あの人が、ダムをつくり、用水路をつくり、台湾という国の発展のために基礎をつくってくれた」

っていうことに対しては、私たちは感謝をしてやまないよ。

だから、今の韓国人は「侮日」(ぶにち)、「反日」で、

「日本人は、目茶苦茶な差別論者で、他国人を奴隷みないに扱った」

みたいな言い方をするけど、そんなことは、決してなかったよ。

わたしも、日本統治時代の小学校だけども、先生の三分の一は台湾人だった。

教育は、日本語でやっていまいしたけども、台湾人を学校の先生にしているんですから、奴隷なんかじゃありませんよ。

本当に奴隷だったら、そんなふうに使うわけがないじゃないですか。

李登輝守護霊) それから、台湾だけではなくて、韓国や北朝鮮、

つまり、朝鮮半島にも、先の大戦で、日本軍として戦った人はたくさんいるけれども、

その当時、海軍兵学校、陸軍士官学校、その他、軍人養成の学校への入学は、

十倍、二十倍、いや、それ以上のものすごい倍率だったので、名誉なことだった。

地位もあったし、名誉もあったし、それに、憧れ(あこがれ)だったので、自ら喜んで日本軍人になりたがってたんだ。

そういうところをすべて帳消しにして、

「無理やりに、強制的にやらされた」みたいな言い逃れをしているんだから、

「正しい歴史認識」を持っていないのは、向こうのほうだ。

わたしは、もちろん、戦争が終わる前に、いちおう、日本軍にも籍をおいたことがあるし、

日本の教育も受けてはいるけど、やっぱり、当時の日本軍の立派さっていうのは、

「世界最高水準」だと思うね。あのレベルまで行ってる軍隊はなかったと思う。

里村) どういう点が?

李登輝守護霊) いやあねえ、それは、頭もよく、体も訓練されて強く、

道徳意識もすっごく高かったですから。尊敬されてたよ。

本当に尊敬されてたよね。国民からも、それから、植民地の人たちからも、尊敬されてた。

それから、朝鮮半島から来た人でも、私みたいに台湾から来た人でも、ちゃんとした学校に入り、

あるいは、そうした軍の地位についたら、それ相応の、士官としての扱いをうけるような状態になってましたからねえ。

だから、日本人は、非常に公平で、欧米人のような差別主義者じゃなかったのです。

この辺を、全部、ひっくり返して、嘘でぬりかためるっていうのは、

許しがたい暴挙ですよ。歴史認識が足りないのは、あっちのほうだ。

里村) ああ、なるほど。韓国の朴大統領のほうが足りないと。

李登輝守護霊) まったく、歴史を知っていないですよ。あのねえ。自分らにとって都合の悪いことを、

全部隠して、ほっかむりし、すべて日本のせいにしてすませてるんだよ。

里村) そうですね。

李登輝守護霊) さらに、過去が恥ずかしいだけじゃなくて、現在も恥ずかしい状況だ。

韓国は、それまでも、ずっと独立国家なんかではなかったんだよ。

中国の属国で、中国に朝貢(ちょうこう)外交ばっかりし、おべっかを使って、

毎年、中国に美女を2000人も贈るようなことをしていたのは、自分たちだ。そういう文化を持っていたのは自分たちだよ。

日本は、そういうことを求めませんよ。そんな国じゃなかったですよ。

結局、自分らがやってきたことを、全部、日本のせいに持ってきているんです。卑怯だよ。許せないね。

里村) はい。

里村) 今、日本における台湾統治のお話もお伺いできたのですが、

今、韓国の朴大統領が言っていることのは、具体的な事例で言いますと、

まず、一つ目として、「従軍慰安婦」のところです。「従軍慰安婦として、強制的に連行して、性奴隷にし、殺した」と………。

李登輝守護霊) あんなバカげた話をねえ、まともにする外国があるってことが、私は、本当に、心外というかねえ。

まあ、良心のある、良識のある人の発言ができないのかと思って、本当に残念な思いでいっぱいですよ。

「20万人もの人を強制連行し、軍に付属させて連れて回った。日本人は、アヘンの注射までして、少女を暴行し続けた」なんていう………。

里村) はい。

李登輝守護霊) こういうことを言うやつは、日本刀でぶった斬ったほうがいいよ。あのねえ、許せんわ。

私は、日本軍に所属した者として言うけど、ありえないことですよ。こんなことは、断じてありえない。

いや、本当に、靖国に祀られて(まつられて)いる、あの………。(涙ぐみながら)あなたがたの先祖に対して、「申し訳ない」と思わなきゃ駄目ですよ!

里村) はい。

李登輝守護霊) 本当に?

里村) はい!

李登輝守護霊) お国のために、一生懸命に、戦って、守った人たちです。

わたしたち台湾人も日本の統治下に置かれたけども、

そのおかげで、台湾は、戦後豊かで、安定的で、平和な国を享受(きょうじゅ)することができましたよ。

中国なんかに支配されていたら、大変だったと思いますよ。

(ここからは、49ページよりの引用です)

里村) 日本人、あるいは、日本の政治家がきちんと言い返せないことについては、どのように思われますか。

李登輝守護霊) いやあ、もう、「武士道精神」が完全に失われていますね。

このねえ、「武士道」が70年、失われている姿は、私も、くやしくて悔しくてしょうがないので。日本人に、早く、日本人に戻ってほしい。

安倍さんの「日本を取り戻す」じゃないけど、ちゃんと日本人に戻ってほしい。

やっぱり、東洋の鑑(かがみ)なんだから、日本が、欧米に、唯一、立ち向かえた国は日本しかないんだからね。

アジアの希望だったんだ。日本人を見習えば、われわれはよかったんで、そんなに卑屈な人間に、絶対になってほしくない。

日本の左翼リベラルか知らんけども、卑屈な国家運営で、

外国に対して謝罪外交ばかりをするような日本人は、見たくない。

私たちが知っている日本人は、もっともっと立派だった。

まあ、戦争では負けることだってあるかもしれないけども、

そんなのは、中国の歴史を見たって、勝ったり負けたりいっぱいしているよ。国内の戦いでもね。国内にいろんな国が乱立している時代もあって、勝ったり負けたりしてますけども、そんなことはねえ。

国民の精神状態を全部変えてしまっては駄目ですよ。

自分らの歴史を否定しては駄目ですよ。

(引用はここまでです)

GHQにおしつけられた憲法を、70年間も、改正することもなく、

東京裁判の公平性に欠けた裁判の内容を、今一度見直すこともなく、

「侵略された」と恫喝されれば、いわれるままに謝罪して大金を支払ってきた日本。

スパイ防止法もつくらず、スパイ天国となっている日本。

中国や韓国や北朝鮮のスパイや工作たちが、

政界、財界、マスコミ、芸能界、教育界にまではびこり、

日本名をなのり、日本人になりすまして、反日国同志結託して、

「日本解放第二期工作要綱」どおりに、日本弱体化をすすめててきたわけです。

日本人の教育も、神仏を敬う日本人でなくなるように仕組まれました。

左翼たちが、唯物論、マルクス思想にそめて、神仏を否定し、

かわりに、風来坊や怠け者を人気者にしたり、

ヤクザのようなタレントやお笑い芸人を日本人があこがれるようにテレビによって洗脳してきました。

「武士道を身に付けた日本人」「大和魂をもつ人」という理想像を

日本人が知ることができなくなるように仕組まれてきたのです。

そして、反日左翼の教育界が、日本の子どもたちに「自虐史観」をうえつけてきました。

今一度、「日本の誇り」「サムライ精神」をとりもどして、

反日国の恩知らず国に対して、「悪業は許さない!」と言わなくては、いけないですね。

日本国民がすぐに、とりくめる抗議活動は、

スパイ工作機関のNHKや朝日や毎日のテレビを、一斉に見ない。

朝日や毎日新聞などの左翼新聞を買わない!を徹底すればよいのです。

こういうボイコット活動を1年続ければ、情報工作をぶち破る大きな力になると思います。

さらに、ゆすリや、たかりを公然とおこなう、お隣三国には、

日本からの援助金を、ゼロにすればいいのです。

さらに、日本をだまし、ゆすりとった賠償金を全額日本に返還すべきです。

 

※ 「河野談話は撤回だ!」

「韓国政府こそ、日本に謝罪せよ!お金を返せ!」と思われた方は、サッカーボールのクリック!お願いいたします。

      
人気ブログランキングへ

 

※児玉源太郎→第4代台湾総督。後藤新平とともに、台湾の統治体制を確立

※後藤新平→台湾総督民政長官。緻密な現地調査にもとずく、経済計画策定やインフラ整備を行う。

※新渡戸稲造→後藤新平により招かれる。臨時台湾糖務局長。サトウキビ生産と製糖事業推進で、台湾主力産業化に尽力。

※八田與一→水利技術者として、各都市の上下水道や灌漑設備の整備。ダム建設等に貢献。

 

(関連情報)

◆世界が語る神風特攻隊  動画 YOUTUBE

http://www.youtube.com/watch?v=buELxe1Wwa4

◆中国経済犯罪被害の実態

台湾企業や日本企業の経営者が、中国に、財産をだまし盗られている。

http://www.youtube.com/watch?v=YKU2lgT8aJw&list=PLubSbhcjV7IAMC0L7YGJc0LY8f3gWLIeQ

 

 

 

コメント

なぜ無視するか!長崎県の離島 「対馬」も韓国の島にしたいのか!!

2015-05-29 22:59:17 | 指定なし

 ←よろしかったらクリックをお願い致します。
人気ブログランキングへ

こんにちは~(*^^)v 田母神俊雄氏のオフィシャルブログで

「対馬が危ない」という、田母神氏の言葉があり、情報を集めてみたところ、

対馬の現状のひどさに唖然としてしまいました。

対馬の土地を韓国人が、次々と買い占め不動産なども、買い占めています。

その買い方が(ー_ー)!!いかにも韓国人らしい

土地所有者や不動産物件の持ち主が日本人に売却したと思っていたら(ーー;)

韓国人が日本名を使って買っていた。とか韓国人が直接買わずに、

日本人の知人の名前をつかって土地や建物を買うという姑息なことをしているそうです。

売ったほうの、日本人があとで韓国人が買っていたことに気付いた!!

こういう詐欺問題が増えているといいます。(・へ・)(;一_一)

一体、こんな危機的状態をなぜ、マスコミも政治家も問題にしないのでしょう。

韓国は、領土ばかりではなく 領海も犯して

対馬海域の漁場から、魚をとって韓国に持っていき

韓国に高い値段で魚を売りさばいているといいます。

 

反日マスコミの日本のテレビも親韓国派の政治家も、

日本人が気づかないうちに、騒がないうちにどんどん日本の土地を

中国や韓国に売りさばくつもりのようです!

日本を守る気がないから売国奴行為はとどまるところを知らない。

さて、いまいちど、「対馬」を地理から見てみよう。

長崎県の北部の離島  「対馬」は

九州からは140km離れているが  韓国からだと50kmと近い。

そんな利便性もあってか、韓国人の年間観光客が

2006年には4万人であったのが

2009年には7万人に増えている

対馬の人口は3万4000人ほどだから

島に住む日本人よりも、観光客が2倍以上だ。

韓国人観光客のマナーの悪さには対馬に住む人々を苦しめているという。

旅館やホテルの備品を平気で持ち去る。

テレビでも、ポットでも、部屋にあるものを盗っていくそうだ。(中国人も同じ)

買いものでも、レジで会計が済むまえに菓子袋を開けて食べるとか

定食屋では、酒やキムチを自分で持ちこむなどなど………。

日本人の学生が神社で書いた 合格祈願の絵馬に

韓国人の観光客が、落書きをしているのです。

別の絵馬に書くのではなく、日本人が書いた絵馬に、書いているのですよ!

「竹島は韓国のもの」とか

「対馬は韓国のものだ」など(ー_ー)!! と絵馬に書いているそうです。

韓国人は日本の土地をあらし、海を汚し

土地を好き勝手に買いあさっているのです!!

海上保安庁や警察は何をしているのかというと

答えは、尖閣や竹島問題とおなじだ。

「外務省からことを荒立てないように」と、お沙汰があるそうな

こんな状態で、日本を守れるのか。!これでは、いまだにGHQが日本を占領していた時ままに、左翼たちにとって都合のよい世の中のままじゃないですか。

反日左翼たちの暴走に目をつぶれということでしょう。

権力側が、反日左翼の悪業を野放しにしています。

今、日本全国の神社やお寺の柱に、油がまかれていたり、

しているそうですが。きっと韓国人や中国人なのではないでしょうか?

実際に検挙された犯人のほとんどが、中国人や韓国人です。

年間50件も、日本のお寺の仏像が盗まれたり、放火や火事があったり、

中国人や朝鮮半島の人間のやりたい放題が止まりません。

 

日本の政界、財界、教育界、マスコミ界に、法曹界に、

親中派や親朝鮮半島の人間や、工作員やスパイが居座っていれば、

日本の水資源も、森も自衛隊基地のそばの土地を

韓国人や中国人に売りさばいてしまうでしょう。

親中派の政治家や親朝鮮半島の政治家が、次の選挙で頼りにしているのは

日本に移民してきている韓国人や中国人の票です!!。

「外国人参政権」が可決されないように警戒しよう。

「人権委員会設置法案」=「人権侵害救済法案」が国会で成立されないように

断固阻止しましょう。

みんなで、抗議の声をあげましょう。

 

対馬市役所  0920-53-6111(電話)

            0920-53-6112(ファックス)

 

  外務省  代表電話03-3580-3311

 

 

 

 

 

 

 

コメント

③左翼系マスコミの源流はどこに?!(・.・;)なんと東大法学部政治学科(@_@;)

2015-05-29 21:23:47 | 日記


人気ブログランキングへ    ←クリックのご協力お願いいたします。

日本のテレビ局なのに、左翼や、中国のスパイが多いせいか、番組内容が年々劣化してますね。

産経新聞によれば、日本人がイルカを食べる文化があるので、「日本人は極悪な民族だ」と、中国人やアメリカ人が、ネット上で問題にしているそうな。

そもそも中国では、イルカどころか、「人間をなますにして食べる」文化がありますがね。 ハトや猫や犬やゴキブリも中国人の御馳走ですよ。中国には、人間を食べる文化があるのですよ。人食い人種です。

死体を工場で加工して、人体を商品のように売りさばいています。どっちが残酷な民族なのかよく知っておいていただきたいものです。

残酷といえば、中国では、「凌遅刑」(りょうちけい)と言って、人を拷問にかけて苦しみながら死んで行くのを「娯楽」として楽しむ文化があります

だから、そういう国の人間が、NHKや朝日や毎日放送に入って仕事をすると、刑事ものや事件ものなど「人殺し」を娯楽にする番組しかつくれないのでしょう。

そんな「残酷な刑事もの番組」を喜んでみるのは、日本に観光や留学生としてきている中国人か、あるいは移民してきた中国人や韓国人だけです。

「坂東忠信」氏のブログには、現在進行形の中国の暴動など詳細な情報が紹介されていますから、どうぞご覧ください。

※他、中国の残酷性についてhttp://blog.goo.ne.jp/nagatachoucafe7/e/5ca7b31d44ae8a2250df63c76fe85d54?fm=entry_awp

中国では、今も、人身売買や臓器売買もしています

女性や子供や野菜と同じような値段で売られたり、胎児を切り刻んでカプセルにつめこみ、「滋養薬」として販売し、その薬が韓国で売買されていたことで問題になりましたね。

中国人が世界でもっとも「極悪非道な民族」であることなど、世界では有名な話です。知らないのは日本人くらいでしょうか。

どこのテレビも新聞も「中国が、また、日本のいじわる言った~」とか、「また中国や韓国が謝罪しろといいました~」というレベルの報道しかできていません。報道の仕方が、まるで幼稚園児です。

事実は違うぞ!となぜ、日本側の正しい情報を伝え、反日国に反論しないのでしょうかね。

このほかに、日本の左翼マスコミが偏向報道に走る理由がもう一つあるようです。

では、その理由を、NHK放送総局長 ・石田研一氏守護霊から聞いてみましょう

参考書籍「NHKはなぜ、幸福実現党を報道しないのか」 大川隆法 著

(55ページから引用させていただきます)

左翼系のマスコミの源流は「東大法学部政治学科」にあり

質問・小林早賢) 今、非常に問題になっているものが、NHKの海外番組です。

例えば、フランス向けなどでは、「日本は南京で30万人を虐殺した」というような”宣伝番組”を流しているわけです。そういう積極行為まで、なんでわざわざやるのか。国民として理由が知りたいです。

石田研一守護霊) それはねえ、NHKだけの問題にしてもらってら困るんだよ。私が、こんなことを言うのはおかしいが、もう一つ、別の取材が必要だ。

小林) 別の取材?

石田研一守護霊) 私たちのもとにあるのは、学者なんだよ。学問なんだ。つまり、「どちらが主流の学問か」による。やっぱり、左翼系が国際政治学においては非常に強いからね。私は東大法学部だけど、大川さんもそうだから、もう、とっくに分かっていると思うが、そこの先生がたの考え方が、そういう考えなんですよ。

東大法学部の政治学の先生がたは、

「従軍慰安婦なり、日中戦争なり、日韓併合なり、

みんな、日本が悪いことをした」っていう歴史観をもっている。

丸山眞男らもそうだけど、それ以降、ずっとこれが主流だ。

そこで教わった人たちが、マスコミにそうとう入っている。

源流はそこにあるので、そこと戦ってくれよ。

………途中省略……(ここからは72ぺーじよりの引用)……

石田研一守護霊) 私はさあ、大川隆法さんのちょっとだけ先輩で、二、三歳上だけどさあ、政治学を教わった先生は、たぶん一緒だと思うんだよ。

もう丸山眞男の時代ではなかったけども、大川隆法さんの教わった先生は、

篠原一(東大名誉教授)で、これは管直人のブレーンじゃないか。

管直人の市民運動を応援していたはずなんだよね。だから、この”恩師”と対決していただかなきゃいけない。

また、坂本義和(東大名誉教授)も、同じころに国際政治をやっていたよな。

このあたりが、丸山眞男の流れをくんでやっていたはずなので、

「国際政治に関する考え方として何が正しいか」を明らかにするには、

大川隆法さん自身が、この先生を打ち倒さないと、やっぱり駄目だと思うんだよね。

高間) 先ほどから聞いていると、全部、他人の責任にふってますよね。

石田研一守護霊) 放送局は、そうなんだよ。他人の責任なんだよ。全部、他人が言ってるんであって…。

高間) NHKの責任というのが一つもないではありませんか。すべて学者の責任や社会運動の責任にしてますよね。

石田研一守護霊) ええ?だから、原稿をよんでいるだけで、全然、本人の考えじゃないもん、あれ。

高間) それが結局、自己保身なんですよ。

(以上で引用をおわります)

これから2016年の選挙の応援合戦がはじまることでしょう。

左翼マスコミのサブリミナル効果(テレビ映像などをつかって潜在意識に洗脳をかける)にだまされないようにしましょう。

当選させたい候補者だけをテレビになんども登場させて、洗脳するやり方です。

投票所で、無意識のうちに、、親中派で親韓国派で、朝鮮総連と深くかかわる候補者の名前を書いていた、などということがないようにしてゆきたいですね。

親中派・親朝鮮半島の政治家など、日本に必要ありません。

左翼の根源は、GHQが日本を占領していた時に、日本を共産主義、社会主義思想にしようとして、教育界や政界に、組織をつくったことが原因としてあります。

日教組も、左翼の政党も、GHQがつくったのもです。

主権をとりもどしたはずの日本ですが、GHQがつくりだした組織が、ますます、権力欲を増長して、日本という国家を破壊しようとしています。

国民が気づかないうちに、中国人、韓国人移民をどんどん日本に受け入れて

左翼の牙城をますます盤石なものにしようとしています。

このままでは、反日国の人間に日本がのっとられ、社会秩序やマナーが崩壊し、次々と日本人が殺されてしまうような地獄のような国になってしまいます。

外国人参政権、人権侵害救済法案をなどをつくろうという議員など、日本人の血税をつかう資格は、ないのです。

「なんくるないさ~」 などといって、ぼんやりしている沖縄は、今、

中国の属国にされようとしています。

ウイグルやチベットや内モンゴルでおきた、中国人による大虐殺がおきてしまっていいのでしょうか?

中国人の85%以上の人民は、日本人を機会があれば殺していもよいと考えてます。(※坂東忠信氏のブログで紹介されています)

中国国内では、反日教育や反日の洗脳を連日、新聞やテレビで洗脳されているからです。

警戒を高めてゆきたいですね。

今年から、毎年 反日国から移民が20万人づつくるのですよ。

来年の選挙の時、どのようになるか。かなり問題が出てくるのではないでしょうか。

生活保護費や年金が、納税していなかった外国人に支払われていいのでしょうか。

もっと政治に関心をもって、中国や韓国や北朝鮮の動きに警戒を高めてゆきたいですね。

 

 

 

コメント

②NHKの中に、なぜ中国国営放送のスパイたちがいるのか?

2015-05-29 20:57:27 | 日記


人気ブログランキングへ   ←クリックのご協力お願いいたします。

なぜ、NHKは、中国に屈するような体質をもっているのか。そのわけを知っておきましょう。

参考書籍 「NHKはなぜ幸福実現党の報道をしないのか」 大川隆法 著 2012年9月発刊

NHK放送局長・石田研一氏守護霊インタビュー

(47ページよりの引用です)

質問・小林早賢) ずばりお聞きしますけども、中国国営放送の東京支局が、神南にあるNHK放送センターのなかに入っていますね?「ああいう国のテレビ局員はスパイのかたまりだ」ということは、世界の常識であり、当然、ご存知だと思うのですが。

石田研一守護霊) いや、君ねぇ、それは言ってはいけない。”放送禁止内容”だ。

小林) あまりにも事実すぎた?

石田研一守護霊) そういうことはねえ、NHKは、公式に絶対に認めないことであるのでね。だって、国民は調べようがないから……。

小林) でも、みんな言っていますよ。

石田研一守護霊) 昔、中国は貧しかったから、「ちょっと、間借りしたい」っていうことがあってね。

小林) 昔はそうかもしれないですけれども。

石田研一守護霊) 国交を回復したときに、善意でもって、そういうことをした人がいるんだろう?わしらは、全然知らないけど、昔の先輩で、そういうことをした人が、いるんじゃないかな。

小林) あと、1964年の報道協定で、NHKは中国政府に一札を入れて、中国政府の股をくぐりましたね。

石田研一守護霊) うーん……。朝日だって入れているんだろう?

小林) 朝日も入れていますが、NHKも一札をいれました。

石田研一守護霊) だって、今もデモをみたら分かるじゃないか。やつらは、焼き討ちをかけてくるんだからさ。現地の中国にいる駐在員たちの命や、その家族をまもらないといかんわけよ。本人だけじゃないからね。家族がいるんだ。奥さんもいれば、子どもも学校にかよってるんだからさ。学校の行き帰りに殺すぐらい、中国にとっては簡単なことだからね。

小林) それでは、習近平氏のおどしに、まんまと屈してしまったのとおなじです。

石田研一守護霊) そうだよ。駐在員を置くためにはしかたがない。向こうは、「こう言うことは駄目だ」「それをまもらなければ、中国で取材させない」っていう禁止条項を言ってくるからね。相手(政府)に頼まないかぎり、あそこは何も取材できない国だからね。警察なんてかわいいもので、軍隊がすぐに出てくるからさ。

小林) 「NHKが『シルクロード』という番組をつくった時、中国政府に対してお金をかなりつかった」という報道がありました。お付き合いがたいへん深くなり、それがいろいろな政治報道にも表れているようですね。

石田研一守護霊) 角栄さんの日中国交回復のあとから、国策として、「中国とのパイプを太くして、交流を深めよう」という流れがあったことは事実だよな。これはうちだけじゃない。経済界もそれを望んでいた

それなのに、あんたがただけが、中国をすごい悪者みたいな言い方をするから、極端な意見に見えたのは事実だよな。だけど、現実には、中国は何千人のデモをやったり、焼き討ちをかけたり、日本車をこわしたりしている。それを中国の内部では報道しないで、外国にだけ流している。

あれは脅威を与えているんだね。脅迫しているんだよ。漁船が出発するところを流して、脅威を与えているんだよ。要するに、すでに、君らの本に書いてあったように、日本を震え上がらせて、「民主党政権が白旗を揚げるかどうか」を見ているわけよ。だけどなかなか揚げないから業を煮やしているわけだ。

……途中省略……

小林) 不思議なのは、「台湾で反日のねつ造番組の撮影をして、大デモに取り囲まれた」とか、「韓国での従軍慰安婦にかんする報道に極端なかたよりがあった」とか、そういうことが人が変わっても繰り返しおきています。その理由はなんでしょうか。

石田研一守護霊) 現地の安全を守りたいからね。アメリカ人も人命は、大切にするけども、日本人も人命は大切にするんだよ。だけど、アメリカの場合は、いざというとき、軍隊が守ってくれるが、日本は守ってくれないからね。自衛隊は助けてくれないので、現地で見殺しにされる。

われわれは、いつ、自分がそういう身になるかわからないから、”労働組合”の仲間として、身をまもらなきゃいけないわけだ。海外取材って怖いよ。この前、シリアで一人殺されたじゃない?ああいうことがあっては、日本ではいけないのだよ。

小林) ようするに、海外取材が怖いから、中国政府と仲よくしていると?

石田研一守護霊) 中国では、一瞬で死刑にされるから、怖いんですよ。

小林) でも、ニューヨーク・タイムズや、その他、欧米の報道を見ていると、NHKとは報道姿勢がずいぶん違いますね。

石田研一守護霊) いや、向こうは軍隊があるじゃない? アメリカの軍隊が後ろについているから、下手なことをやれば、そらあ、アメリカは許さない。それが怖いんだ。

(以上で引用をおわります)

③へとつづきます。

 

 

コメント

(再送)①NHKを暴く!国政選挙にからむ「マスコミの談合」

2015-05-29 20:53:53 | 日記


人気ブログランキングへ      ←クリックのご協力お願いいたします。

選挙のたびに、マスコミが国民の関心を情報誘導して、

中国や韓国や北朝鮮にとって使い勝手のよい政治家がえらばれるように

工作してますね。昨年の選挙でも、北朝鮮のスパイのような怪しい行動を重ねる

アントニオ猪木が当選し、

革マル派(革命マルクス主義派)など極左テロ集団に応援されていた

山本太郎が当選しています。

当選させたい人物の顔を連日テレビに映しておけば、多くの人々の潜在意識に残り、

投票所で無意識のうちにテレビに出ていた人の名前を書いてしまうという工作です。

今度の都知事選は、大丈夫でしょうか?とくに、国民から受信料をとっているNHKは大丈夫でしょうか?

NHK放送局長の石田研一氏の守護霊インタビューから、NHKの正体を知っておきたいと思います。

【NHKはなぜ幸福実現党の報道をしないのか】  大川隆法著 2012年9月27日発刊

(38ページよりの引用です)

国政選挙にからむ「マスコミの談合」 

石田研一守護霊) 何ていうかなあ、結論が先に出るんだよ。つまり「応援するか、しないか」「落すか、通すか」みたいなものを、先に決めているんだよ。今だって、自民党の総裁選とか、民主党の代表選とか、やってる最中だろう?(収録当時)

小林早賢) それは、誰と相談して決めるのでしょうか。

石田研一守護霊) へへへ……。まあ、われら仲間内の数名で決まる。

小林) その仲間というのは、必ずしもNHKの人だけとは限らない?

石田研一守護霊) いや、いちおうNHKで決めてはおる。われらにも、予知能力はあるわけであって、将来を予想して、「どういうふうに振る舞ったほうが会社の安定につながるか」っていうことを考えた上で決めている。「誰が次になるのが望ましいか。そうなった場合、どうなるか」みたいなことは、いちおう予想して、「この人を応援する感じで行こうか」と話している。 例えば、総裁選みたいなものでも、誰をクローズアップするかだ。それをやれば、そちらのほうに票が入ってくるのは、ほぼ決まっているからね。

小林) それを経営幹部で相談して決めるんですね。

石田研一守護霊) 君ね。マスコミのいちばんの楽しみは、ここなんだよ。

小林) ほぉー。

石田研一守護霊) 「どこを強く推す」かは、推薦しているのと、実質上、一緒だからね。そうやって、国民投票だとかを、知らないうちに操作している。あるいは、国会議員だって操作できるからね。

小林) そうしますと、松本NHK会長は、「雇われマダム」とは言いませんが……。

石田研一守護霊) まあ、ちょっとな。

小林) NHKに来られてまだ一年ですからね。

石田研一守護霊) いやいや、そう言ったらクビが飛ぶから、それは言っちゃいけないんだけども……。

小林) 副会長以下で、だいたい、そのへんのことを決めていると?

石田研一守護霊) うーん。全部とは言わんが、基本的に六割ぐらいは、私の一存で決まるかもな。

……途中省略………

小林) NHKさんの場合、国会で予算をとおさなければいけないので、当時、権力についていた与党・自民党だけでなく、野党の民主党にもずいぶん便宜をはかっておられたわけですね。

石田研一守護霊) うーん。

小林) 要するに、そういった人たちの意向を受けて、「かわいそうだから」という面があったと……。

石田研一守護霊) というかさあ。あのときは、麻生さんだったっけ?麻生さんに、それから鳩山さん?それで大川隆法と、もし、三人並べて講演をながしたら、そんなの、「大川隆法の勝ち」になるに決まっているじゃないか。

小林)それはもう分かっていますけれども。

石田研一守護霊) 分かっているよ。講演をかけたらわかるよ。内容がちがうぐらい、みんなわかっちゃうから……。

小林) では、内容の判定はしていたと?

石田研一守護霊) 当たり前だよ。ずっと上だよ。それは分かっているけども、彼らはプロなのでね。何十年もやっていらっしゃるんだから、そういう失礼なことをすると、あとで予算とか、いろんなところで問題が出てくることがあるからね。

小林) 事実上、有形無形の圧力があったわけですね?

石田研一守護霊) (圧力が)あったわけではないけど、日本には、そういう以心伝心のところがあるからね。あのねえ、NHKだけでやっとるわけじゃないんだ。

マスコミがけっこう談合してるんだよ。テレビ局だけじゃなくて、新聞社等も、いろんな会合をよくやって、「次は誰にするか」を決めているんだ。

まあ、うちは、別に利益を目標にしている会社じゃないけども、早い話、「誰がなったほうがおもしろいか」っていう話は、いちおうすることはするわけだ。

(引用はここまで)

②へとつづきます。

だれのための選挙なのか?マスコミも政治家も、胸に手をあててよく考えていただきたいものです。

 

 

 

 

 

コメント

重税が国を滅ぼすのですぞ!ということをとっても分かりやすく解説・動画

2015-05-29 12:54:24 | 指定なし


人気ブログランキングへ     ← よろしかったらクリックをお願いいたします。

どこまでも、国民をコケにする財務省と新聞。

情報操作にのせられないように、わかりやすい、税金の話をご紹介します。

森よしひろ氏のお話です。はじめの10分聞いただけでも目からウロコですよ。

動画紹介。森よしひろのハッピージャパン (30分の番組)

http://www.youtube.com/watch?v=veGgU-ryCB8

 

番組を、一部紹介すると

◇日本の法人税は世界一高い。

◇日本の所得税と住民税は、世界第4位という、ひどい重税国家なのです。

◇納税者の日というのがあるが、日本国民は税金と社会保障のために、

一年間で1月1日から5月26日まで税金を納めるためにはたらいていることになる。

自由に使えるお金は、5月27日からのお金なのです。

平成25年度の「税制改正大綱」によると、今年になってから、所得税  相続税  贈与税  などなどなど、いろいろと増税されてますよ~!というお話が満載です。

以上。

 

国民から預かっていた年金を使ってしまった穴埋めに、さらに、増税してお金を集めようという魂胆が許せません。

その上、また日本人の血税を中国やら韓国やら北朝鮮に「支援(-_-;)」するつもりなのか?

日本の国をないがしろにする政治判断をすると天罰があると、天照様が言われてましたからね~!

安倍首相が「消費税増税中止します」

というまで、抗議を続けましょう。「消費税増税反対!」

(関連情報)

 ●幸福実現党・黒川白雲

「基本給が14か月連続で減少しており、国民が景気回復を実感していないときの増税は、反対です」http://the-liberty.com/article.php?item_id=6638

 

コメント

瀕死の中国を救った日本。悪魔を救ったら、さらに金をくれと言いはじめた。

2015-05-14 22:27:47 | 日記


人気ブログランキングへ  ←よろしかったらクリックをお願いいたします。

日本は、戦後70年、どことも戦争をしていません。

しかし、中国は、略奪と、詐欺と虐殺を繰り返し、他国の海や領土を奪っています。

中国の頭の中は、いつも、「有事」「戦争」「世界制覇」です。

そしていつも日本を敵だと思って「反日」政策と「反日」教育に力を注ぎ、策略を練っています。

「勝つためなら、人を殺そうが、拷問にかけようが手段を選ばない」というのが中国。

そんな中国が、瀕死の状態になっていたことがありました。

その時、どこの国が救ったと思いますか? なんと! またまた、日本だったのです。

その時、中国は、日本から大金をだまし取るためにどんなことをしたのか、知っておきましょう。

中国のきたない手口をよんで、これ以上だまされないようにしなくてはいけません。

なにしろ、日本から、莫大なお金をむしり取っているのが中国ですからね。

中国に差し出したお金は、全部、日本人の血税ですよ。

消えた年金などという、そもそもの原因がこんなところにあります。

ぜったいに見過ごすことなどできません。

では、今回は、水間正憲氏の書籍から、一部だけ紹介したいと思います。

「「反日」包囲網の正体」 水間正憲著(193ページよりの引用です。)

日中国交正常化交渉の当時、中国は大躍進政策の失敗で、

2000万人の餓死者を出し、文化大革命で2400万人の命が奪われるなど、

国家は瀕死の状況にあった。

そして、ソ連との対立は、冷戦状態の米ソを上回る激しさであった。

その閉塞状況を打破するために、日本との国交正常化は是が非でも必要なことであった。

中国が国交正常化を有利に進めるために取った政治宣伝は、

東京裁判における日本と中国の構図をそのまま利用することであった。

そこで、中国政府が放った白羽の矢を受け止めたのが「朝日新聞」であったと推察される。

1970年3月20日から、朝日新聞社の広岡知男社長は、

日中覚書貿易交渉日本代表の一員として一か月も中国に滞在した。

中国政府高官とどのような話合いがもたれたかは、知る由もない。

しかし、『朝日新聞』のOBである稲垣武(故人)は

著書の『朝日新聞血風録』にこう記している。

「日中国交回復の推進が自分の使命だという思い入れがあったと思う。

当時、広岡社長が『中国文化大革命という歴史の証人として、わが社だけでも

踏みとどまるべきである。そのためには向こうのデメリットな部分が多少あっても

目をつぶって、メリットのある部分を書くとこともやむを得ない』という趣旨の発言を

社内の会議でしていた。』

このような報道姿勢に基づいて、『朝日新聞』は日中国交回復交渉を中国側が

有利に進めるためと考えられる本多勝一氏の「中国の旅」を

1971年8月から12月まで連載する。

この中で本多氏は、南京事件、平頂山事件、万人坑、三光作戦などについて

中国側の言い分のまま記事を書いている。

1984年、本多勝一氏は、同期入社の筑紫哲也が編集長を務める『朝日ジャーナル』で

「南京への道」を4月13日号から10月5日号まで計25回、連載した。

この時期まで『朝日新聞』が「南京大虐殺」のキャンペーンを張れなかったのは、

元自民党幹事長 橋本登美三郎と田中角栄元総理の存在があったためと思われる。

とくに橋本は、支那事変後、朝日新聞上海総局次長として赴任にしており

南京戦では『朝日新聞』の責任者として入城し、橋本は1982年6月、ロッキード事件で

有罪となり、影響力を失っていた。

また、日中国交正常化の立役者であった田中角栄も、1983年1月ロッキード事件で

懲役5年の論告求刑により、キングメーカーとして陰りが見えはじめ、同年10月に

懲役4年の実刑判決をいけて政治権力を失った。

『朝日新聞』と中国に対してにらみの効く両者の影響がなくたった時点で、

『朝日新聞』は中国の走狗となって走り始める。

『朝日ジャーナル』における本多氏の惨殺キャンペーンと連動して、単なる煙幕の写真を

毒ガスと称したり、中国の軍隊が満州馬賊の首を切り落とした生首の写真を

南京虐殺の惨劇とするなど、偽写真、ねつ造、わい曲で盛りだくさんとなった。

1984年、当時の中国経済は、財政、国際収支ともに赤字。

先述のようにマネーサプライの対前年比伸び率が40・1パーセントと異常に高く、

景気が悪くてインフレが昂進(こうしん)するスタッグレーションの状態であった。

そのまま、ハイパーインフレが進むと、中国経済は破綻(はたん)していたであろう。

そのような中国の経済危機を救済したのは、日本の緊急支援であった。

そして、その政治状況をつくりだす役割として、自虐キャンペーン報道の

中心的存在が、筑紫哲也氏であった。

1984年(昭和59年)にゼロであった中国への輸銀直接借款が

1985年には、1013億7600万円もの巨額援助が拠出された。

その結果、1985年の中国経済は外貨準備高もプレスに転じ、

マネーサプライも少し落ち着きを取り戻している。しかし、財政は依然として

マイナス圧力が強く、慢性的インフレ傾向であり、金融支援の継続が必要であった。

わが国の「反日」メディアと中国のヒステリックな批判によって、

はじめて巨額の円借款が拠出されたことにより、それ以降、

更新時期になると、中国と国内の「反日」メディアが水面下で連動しているがごとく

一体となって、「反日」歴史認識問題が報道されてくる。

その結果、は推して知るべしである。

歴史認識問題を対日外交の最大の武器とする中国は、「南京大虐殺」のねつ造の次に

靖国神社の問題を持ち出してきた。

……………………(途中省略)………………

前述のように、当時の中国は、金融支援の継続が必要であった。

何としてでも継続して円借款をむしり取るために、

中国は政治的道具として南京問題の他に

靖国神社参拝問題を持ち出してきたのである。

『朝日新聞』の記事が、まさにそれに協力したかたちになっている。

『朝日新聞』が自虐キャンペーン報道をはじめた

1984年(昭和59年)以降、

政府は、国会の承認を必要としない

輸出入銀行の直接借款を利用して、

巨額支援をしているのだ。

このときから、歴史認識問題を

「金のなる木」として中国が盛んに利用し始めた。

このように記事をねつ造してまでくり返される中国への加担や、北朝鮮による

拉致問題に対する偏向報道など、「朝日新聞」は糾弾(きゅうだん)されなくてはいけない。

(引用はここまでです)

中国は、日本の金を引き出せるだけ引き出そうとしています。

そして、2020年までに、

中国は、本気で日本を乗っ取ろうと企んでいるのですから警戒しないといけません。

そのために、中国はとっくの昔から、日本に対して、超限戦を仕掛けています。

超限戦とは、直接戦わず、間接的な戦いで敵国を倒すという戦法です。

その戦法とは、諜報戦(スパイ・工作)、ネットワーク戦、心理戦、法律戦

心理戦、メディア戦、外交戦、国家テロ戦、金融戦などです。

中国は、この超限戦をやりやすいようにNHKや朝日新聞をつかったり、

反日の左翼の政治家や文化人やスパイや工作員をつかっていますね。

そして、「平和を愛する諸国民を信じて、日本人の命と安全を

中国や朝鮮半島に託し、戦争を放棄して、武器をつくるんじゃないぞ」

ということが書いてある「日本国憲法」を改正できないようにしています。

日本人は、戦争とはかけ離れた平和な暮らしを70年間してますから、

戦争脳の中国のしたたかな企みをすぐに、見破ることはできません。が、しかし!

水間正憲氏のように、中国の作戦を見破って下さっている先生方がたくさんいます。

このような貴重な情報をたくさん読んで武器にすれば、

中国の動きを先に察知して、対策を打てるといことです。

中国の超限戦をぶっ壊していかなくてはいけまんね。

日本は、アメリカの連合国総司令部(GHQ)がつくった憲法を無効とし、

新しい憲法をつくって、スパイ防止法をつくり、国防を強化して

自分の国は、自分で守れるというセキュリティーの高い国にしてゆきましょう。

そうすることによって、世界の大富豪も安心して日本に永住したいと思うようになるはずです。

そして、世界をリードできる豊かな日本にしてゆきたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

虐殺されたはずの南京市民(動画)&南京大虐殺記念館を建てさせた社会党政治家

2015-05-09 07:18:17 | 日記

よろしかったら、クリックをお願い致します。
人気ブログランキングへ

「南京大虐殺」をねつ造し、悪用したのは、

アメリカと中国と日本の左翼政治家と左翼マスコミだということは、

インターネットをご覧の方々ならもう、すでにご存知かと思います。

当時、従軍記者や従軍カメラマンが、中国の南京に行ってました。

日本だけでなく欧米の記者も南京に行っていたのです。

以下の写真と動画をご覧ください。当時の南京です。笑顔の南京市民。

http://japan-plus.net/238/ 「虐殺されたはずの南京市民」

 https://www.youtube.com/user/nipponmamorouTV

さらに、中国にある南京大虐殺記念館を最初に建てさせたのは、

日本の政治家だということもみなさんなら、ご存知でしょう。

当時の社会党の田辺誠という政治家です。

この田辺と金丸などが、結託して、日本人の血税を北朝鮮にばらまくようにあらゆる工作をしてきましたから、金丸派の詐欺師のような政治家が政界で暴れているのです。

(チャンネル桜) 

「南京大虐殺は社会党の田辺誠がつくった」 (動画)証言

https://www.youtube.com/watch?v=3sxy9bkFwAk

 

(売国奴列伝ブログより  )

「南京大虐殺記念館は田辺誠がつくった」

必読、情報拡散お願いいたします)そうとう詳しい情報です。

田辺誠と金丸が、北朝鮮へ大金をばらまいていたことが書かれています。

そして金丸は、北朝鮮から「金ののべ棒」をもらって隠していた。(*_*;

http://deepfuchsiapigment.myartsonline.com/brd307-01.html

 

 

コメント

日本左翼化の害毒は今に続く。田母神俊雄氏の書籍から

2015-05-09 00:03:57 | 日記

前のブログからの続きです。ヽ(^。^)ノ ♪

「自らの身は顧みず」 田母神 俊雄著…34ページより引用させていただきます。(ここから↓)

20万人以上もの公職追放されるのだから、当然その穴埋めが必要になる。穴埋めに戻ってきた人の中には戦前追放されていたある種の思想を持った人たちが多数含まれていた。

いわゆる左翼と呼ばれる人たちである。

東京帝国大学、京都帝国大学などの教授になった人たちの中には、自分の左翼の弟子をたくさん連れてそれぞれの大学に戻った人たちが多くいた。

これらの人たちは入学してくる学生に左翼思想を植え付け、社会へと送り出すと共に、戦後新設された新しい大学の先生などに推薦していった。

このようにして、戦後の日本社会の中に左翼思想を持った人たちが次から次へと送り込まれていったのである。

官公庁や経済界でもリーダーが左翼思想に染まればその部下たちも次第に同じ色に染まる。

こうして戦後日本の左翼傾向が逐次強化されていった。

全体が左傾化すれば自分が左翼であることがわからなくなる。

今の日本には無自覚左翼が多数存在し、それが日本社会に数々の問題を引き起こしている。

左翼というのは、徹底的に日本の伝統的価値観を否定する。

古き良き日本がどんどん失われていく。

(引用ここまで)

マルクスの社会主義・共産主義思想を学んだ人間(左翼)がいったいどのような歴史をつくってきたか。

スターリン・毛沢東・ヒトラーも北朝鮮の金日成も

マルクス思想の影響を強くうけました。

彼ら(左翼)のしてきたことは、人間の自由を奪い、人権弾圧をしてきたのです。

大粛清と大量殺人、民族弾圧そして国民の奴隷化です。

左翼政治家たちは、消費税増税し、いずれ国民から全財産を取り上げようとしています。

左翼たちは、年金を使いこんで「年金は消えました」と言ってましたね。

使いこんだ年金を返済する政治家も官僚もいません。

それどころか「消えた年金」の穴を埋めるために、また、増税をするという汚いことしか考えないのです。

自分の権力と自己保身しか考えないところが、中国共産党の幹部と北朝鮮の金一族と同じですね。

反日左翼どもの考える国づくりとは、北朝鮮と同じ配給性社会であり国民奴隷社会です。

さらに、日本の法務省には左翼がたくさんいますから、いつ、どういうスキに「人権委員会設置法案」を可決するかわかりません。

「従軍慰安婦」という嘘話を国連の人権委員会に持ち込んだのも、

日本の弁護士です。高木健一と戸塚悦郎と福島瑞穂です。

中国や韓国からの移民が増えれば、「外国人参政権」をくれといってくるでしょう。

福島瑞穂のような、日本人になりすました中国人や韓国人や北朝鮮の人間が、日本の政界、地方議会に、いまよりも、もっと倍増してくるわけです。

アメリカの地方議会のように「外国人参政権」が可決されて、州や市で、中国人や韓国人の市長が誕生しているように、

日本の政治家、地方の町長、市長、知事が中国人や韓国人がなってしまうようなことがおきてしまいます。

なにしろ、日本政府は、中国人や韓国人を今後1000万人増やすといってます。毎年20万人の移民を増やすのです。これは、田舎の町や村に、ある日突然、中国人だけの村や町ができて、勝手なことをしはじめることを意味します。

そして、どんどんパスポート偽装して、1000万人の移民受け入れのはずが、2000万人になっていたなどということになります。

法律を守る文化のない人間たちが、日本にきたらどうなりますかね。

中国人や韓国人に有利な政策を決定されてしまいます。

ですから、アメリカに「慰安婦像」などが、次々に設置されるのです。

心の教育をされていない無神論国家。中国と韓国と北朝鮮。

道徳心がなく、法律や条例を無視し、公共マナーを守らない中国人と韓国人が

今後毎年20万人も移住してくれば、治安はますます悪化します。反日国からの移民を断固阻止しなくてはいけません。

「河野談話」と「村山談話」を撤回することもない日本の政治家たちは、自分の金もうけしか考えていません。反日左翼集団とけったくしている日本の政治屋。

日本国民のみなさん!

みんなで声をあげて、日本を守ってゆきましょう(*^。^*)

自分の住んでいる地域の議員に抗議の声をとどけたり、

首相官邸へのホームページに意見を書き込みましょう。

日本国民が、無関心・無反応では、中国の属国になるだけなのですから。

ことなかれ主義では、日本をならずものたちに奪われてしまいまし。

もう黙っている時期ではないのです。

日本に社民党や民主党や公明党や共産党や親中派の議員がいるということは

私たちの血税が、こういう左翼議員によって、無駄に使われているということです。

中国や韓国や北朝鮮にお金をやったり、反日国から来た移民や

在日特権などで、どんどん無駄にお金を使われてしまいます。

左翼で親中派・親北朝鮮・親韓国派の政治家を日本の政界から追放しないかぎり、

私たち日本人の税金はつりあげられるだけなのですから。

売国奴政治家に、私たちの税金を使わせようにしましょう。

 

※「サムライ」ジャパンをつくるぞ!と思われたかたは、下の絵をクリックお願いいたします。

 


人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

田母神俊雄氏の著書→どのようにして左翼がつくられていったのか。

2015-05-08 23:55:52 | 日記

日本を支配しているのは、反日左翼たちです。その左翼組織が、戦後の日本という細胞をつくっているから、「河野洋平」も「村山富市」も、談話を撤回などしないでしょう。

反日左翼が、政界・財界・マスコミ・教育界の権力の座についています。ですから、中国の「日本解放第二期工作」を組織ぐるみでしているのです。工作ですから、しずかに真綿で首を絞めるような不気味な方法で、時間をかけながらゆっくりと間接侵略をすすめています。

空気に支配されやすい日本人は、教育界の自虐史観教育とマスコミ界による洗脳により、

反日国には「お金を支払わないといけないのだ~」と思わされてきました。

しかし、すべては人権弾圧国、生き地獄国家をつくっている中国共産党の悪だくみなのです。それにのっかっているのが、韓国であり、北朝鮮であり、左翼的なアメリカ議会です。

動画 「世界は日本をどうみているか」 をご覧いただきたいと思います。こちらですhttp://www.youtube.com/watch?v=sznXqzJFheM

なぜ、日本は、間違った歴史を受け入れてしまったのか……について、書かれている書籍がありますので紹介します。

「自らの身は顧みず(かえりみず)」 田母神俊雄著より

33ページより

【逐次(ちくじ→順をおって、順々)強化されていった戦後教育 】

さて、戦後の日本人はどうしてこのようなウソ、ねつ造にあたる歴史について簡単に受け入れてしまうのだろう。

それは学校で明治維新以降の我が国の真実の歴史がほとんど教えられていないことによる。

明治維新以降、我が国の先人たちが、我が国を守るために血と汗と涙を流した感動の物語がほとんど教えられていない。

戦争の悲惨さを教えると言いながら、日本軍の極悪非道ぶりを強調するような内容になっている。

これでは子供たちは、軍というのはろくでもないものと思い、我が国を敵視するようになることもやむを得ない。

税金をつかって反日教育をやっているようなものである。

それは戦後のアメリカによる占領政策から始まった。

アメリカによる占領政策は、

日本が二度と再びアメリカに戦いを挑むことがないように、

徹底的に日本を改造するものであった。

「ウォーギルト インフォメーション プログラム」と呼ばれるものである。

その中に公職追放というのがあった。

戦争は、昭和20年(1945年)8月に終わったが、

昭和21年から大々的な公職追放が始まった。

 日本政府の要職にある人、大学教授や先生などが次々と

20万人以上も追放された。

(続きは次のブログで)→

 

 

※反日左翼たちがねつ造した歴史観を吹き飛ばそう!と思われたかたは、下の絵をクリック、お願い致します。  


人気ブログランキングへ

 

コメント

正義の戦いをしたのは、日本軍です。アメリカは原爆投下の卑怯さを反省せよ!

2015-05-07 13:27:57 | 日記


人気ブログランキングへ   ←よろしかったら、クリックをお願いいたします。

70年前まで、世界各国の人種差別はもっとひどかった(*_*;ということを知らないと

正しい歴史認識をもつことはできません。

加瀬英明氏から、70年前のアメリカ国内で起きていた人種差別を教えていただきましょう。

【戦時国際法と戦争犯罪】というお話から  加瀬英明氏

私たちが戦った米国は、同じ国民である黒人を法的に差別していました。

米国の南部の諸州では、黒人は一切 投票することができませんでした。

私は、1950年代末に、米国に留学をしましたが、当時の米国では

公衆便所から食堂  列車やバスの座席や 水飲み場まで

あらゆるところに差別がありました。

ニューヨークやワシントンでは 1960年代にはいっても白人が使うレストランに

黒人が入るということはありえませんでした。

ところが、日本がアジアを解放した結果、アフリカでも次々と独立国が生まれました。

そうなるとアフリカの外交官がワシントンやニューヨークの国連本部にやってきましたが

差別するわけにゆかない。

こうなると当然のことですが、米国内の黒人も黙っていません。

1950年代末に、米国内で、マーチン・ルーサー・キング牧師が率いる公民権運動が

はじまりました。

これが、60年代になって実を結びます。

それまでは、アメリカの多くの州で、白人と黒人が性的な関係を結ぶことが犯罪とされていました。

まして、結婚などは、認められませんでした。

最後の3つの州では、白人と黒人が性的な関係を持つ、

あるいは結婚することが犯罪とされなくなったのは、昭和42年(1967年)のことです。

第二次世界大戦までは、黒人が米国の野球のメジャーリーグでプレイすることも

考えられないことでした。

ゴルフ場でキャディは黒人でしたが、黒人がゴルフを楽しむなんていうことはありえません。

テニスは白人だけのものでした。

メジャーリーグで黒人がプレイできるようになったのも、

タイガー・ウッズがプレイできるようになったのも、

ウィリアムズ姉妹という黒人のテニスプレイヤーが活躍していますけれど

日本が先の大戦で戦って人種平等の世界をつくったからです。

黒人のオバマ大統領が登場したのも、先の大戦で日本国民が大きな犠牲をはらって

人類の長い歴史の果てに、人種平等の理想世界をつくりだしたからです。

これは私たちが多いに誇るべきことです。

(加瀬氏のお話はここまで↑)

70年前まで、世界は白人優位社会で、欧米諸国がアフリカや、アジアの有色人種を、奴隷にしていました。

明治維新のころ、欧米諸国を見てきた日本人は、

黒人や有色人種が欧米で差別され、動物のようにむち打たれたり、

牛や馬のようされて、人間として扱われていないことにショックを受けて帰国していました。

「いずれ欧米諸国は、日本を植民地化して、日本国民を奴隷にしてしまうだろう!」と考えていたのです。

だからこそ、明治維新が起きたのだし、

だからこそ、日本軍は、ロシア軍と戦ったのです。

白人に戦いを挑んで勝利した有色人種は、日本しかありませんでした。

そして、日本は、アジアの植民地解放を目ざしたのです。大東亜共栄圏をつくろうとしたのです。

しかし、日米戦争においては、当時、アメリカの戦力が日本の30倍もありましたから

戦いが長引けば、日本が負けるということは分かっていたことです。

しかし、日本軍は、日本国民を欧米諸国の奴隷にさせるわけにはいかない!という

強い決意のもとに、戦いを選んだのです。

そして、日本の超エリートの方々が、自らの命をかけて日本を守るために一生けん命戦って下さいました。

日本の超エリートの方々が、アジアの国々の人々が、これ以上、欧米の奴隷にされて苦しまないようにと

命がけで戦ってくださったのです。

最初から、戦力不足であることを覚悟で戦った日本。

ですから、戦争が2年、3年と続くなど、アメリカにとっては予想外のこと、想像もしていなかったでしょう。

最初から、日本など、数か月で落とせるとよんでいたからです。

しかし、三年も続いた日米戦争。 アメリカは、これ以上、有色人種の日本と戦って戦力を奪われるのは

アメリカ大国の恥じだと感じた違いありません。

そこでアメリカは、卑怯にも、原爆を落として大量殺りくをしました。恐ろしい判断をアメリカがしたのです。

アメリカは、ドイツのホロコーストよりも恐ろしいことを、日本国民にしました。

木造建築ばかり東京の家々を狙い、焼夷弾を落としました。

さらに、民間人の住む町を、わざと狙って原爆投下をしました。

長崎と広島と東京の焼跡を見て、米軍は気づいたのではないでしょうか?その破壊力のすごさを。

そこまでしなくても、日本はとっくに負けていたにもかかわらず、

ただ原爆実験をしてみたかったという理由だけで、原爆投下がなされました。卑怯で卑劣な米軍。

米軍は、その恐ろしい自分たちがやった民族浄化の大罪を隠すために、思いついたのが、

「日本はアジアを侵略した」ということです。

「日本は悪い国だったから、原爆を落として反省させなくてはいけない」

ということを思いつきました。アメリカは、自分たちの悪業を隠し、正義のために

悪い日本をやっつけなくてはいけなかったという話にすりかえたのです。

だからGHQは、日本を占領している間に、「日本の戦いは侵略戦争だった」と

嘘をでっち上げて新聞に書かせ、ラジオで放送し、本にして世界に情報拡散しました。

白人優位社会だった70年前、ヨーロッパもアメリカの意図をくんだことでしょう。

それを引き継いで、日本を恫喝しているのが中国と韓国と北朝鮮です。

しかし、人類の長い歴史の中の人種差別をなくすことに大いに貢献したのは、

大東亜戦争で戦った日本の兵隊さんたちです。その当時の日本の超エリートの特攻隊の方々です。

しかし、戦後、公職追放が行われて、日本に、宗教や神を否定する左翼が権力を持ち始めると

日本の超エリートは、みな、毛沢東、北朝鮮を礼賛し、中国や韓国や北朝鮮の工作機関である

NHKや朝日に入社して、日本弱体化計画に加わるようになってしまいました。

教育というものは、恐ろしいものですね。

それよりも、GHQが仕掛け、中国が引き継いでいる、

ウォーギルトインフォメーションプログラム(⇒日本弱体化計画のこと)を

戦後70年も継承する馬鹿さ加減に、世界の国々も驚いているのではないでしょうか?

サムライ国家日本はどこに行ってしまったのか?大和魂は、もう日本にないのか?と。

戦後体制をぶち破り、武士道精神と大和魂を取り戻さなくては、

数年のうちに日本が、ウイグルやチベットや内モンゴルのように、

中国の属国にされてしまう危機が迫っているのです。

戦後、GHQが日本に仕掛けた学校教育を70年も継承するというのは愚かなことです。

戦後、GHQがNHKと朝日と日本の新聞社に仕掛けたプレスコードを70年も継承するのは、

社員の頭が悪すぎるのか、あるいは、工作員か、そうでなければ、心が病んでいるのでしょう

強い愛国心を持って、世界をリードできる国に造り直してゆかなくてはいけませんね。

日米同盟といいながら、アメリカの半分は、反日の人々です。

なぜなら、アメリカを構成する人種に、中国系、韓国系が爆発的に増えてきているからです。

日米同盟は盤石だなどと安心している場合ではありません。

アメリカにも、日本を理解してくださっているテキサス親父もおりますが、そうでないアメリカ人もいるということを忘れないようにしなくてはいけません。

日米同盟なくして、今のところ、国防を盤石にはできません。

しかし、情報戦争においては、日本は日本を守る情報機関をたくさんつくって、戦わずして勝つ!!という発信力を強化しておかなくてはいけないでしょう。

ヤクザ国家中国・韓国・北朝鮮の属国になるわけにはいかないのですから。

来年、再来年、そして10年後、100年後、~そして未来の日本人の自由と発展のために、戦後体制をぶち破ってゆきましょう。

幸福実現党は、「河野談話」「村山談話」の白紙撤回と

自虐史観を払しょくするための「戦後70年談話」を求めて署名活動をしております。

署名用紙は、幸福実現党で検索すれば、

用紙を印刷できますし、☞ http://info.hr-party.jp/2015/4162/

全国の支部や精舎にも置いてあります。

みなさまのご協力を何卒よろしくお願いいたします。

署名の最終締め切りは7月23日までです。

 

 

 

 

 

コメント (2)

臓器売買。だれかが生きるために殺されている中国。中国人移民に注意!

2015-05-06 17:10:07 | 日記


人気ブログランキングへ     ← よろしかったら、クリックをお願い致します。

中国は、国連の人権理事国です。

しかし、中国は、世界でもっとも臓器売買が日常茶飯事におきています。

これほど、人間の尊厳を傷つけている国が、人権理事国とは、あきれますね。

やはり、国連の方々も、中国共産党から賄賂をもらったのでしょうね。

中国の高官の臓器売買の金もうけのために、臓器ほしさに、刑務所に入っている人間がどんどん殺されているのが中国です。

世界でもっとも死刑が多いのが中国です。人口が多いからそうなっているというわけではないとうことを知っておきましょう。

さらに中国に1000か所もある強制労働所にいる中国人たちが

この臓器売買のために犠牲になっています。

中国共産党が「思想犯」だとして、強制労働所に送られるのは

「民主化」や「自由」や「人権」をもとめる人々です。

劉暁波(りゅうぎょうは)というノーベル平和賞をとった人でさえ

このようなところに送られてしまいます。

強制労働所で亡くなった人が4000万人といいますから恐ろしいですね。

生きたまま臓器をとられてしまう人民もいるといいます。

目玉をくりぬかれたり恐ろしいですね。

臓器売買に関わる中国の富裕層と闇社会の人間。

臓器売買に関わる中国高官たちとその縁のある人間。

かれらの命の延命のために、中国では、消したい人間とか、問題になっている愛人などが殺されたり、だれかが予告なく殺され、臓器をとりだされています。

人間の生きた臓器がほしいから、そのためだけに、人を殺して調達するのが中国です。

中国の大連には、巨大な死体加工工場があって、死体をバラバラにして商品にしています。

人体をおもちゃのように売買して巨大ビジネスにするのが中国です。

死体展示会もあるというのですから。中国という国は地獄と同じですね。

中国の一人っ子政策で、二人目の子供には戸籍がなく、ヘイズ(黒子)として人身売買されています。

さて、こういう恐ろしい文化をもった中国人を、移民や、外国人労働者とか、研修生とかで

600万人受け入れると日本政府は決定してしまいました。

しかし、中国は、金の力と銃口で、相手を思いどうりに操ろうとする国です。

日本に入国してきた中国人のやりたい放題を見逃すように、日本の政界をあやつっています。

尖閣諸島に上陸した中国人も、漁船衝突事件の時の中国人も無罪で、中国に返しましたね。

日本に入国してまもなく、生活保護申請をだし、お金をもらっているのも中国人です。

韓国人の場合もほぼおなじですが。

パスポート偽装や保険証偽装など平気でやるのが中国人です。

こんな状態で大丈夫でしょうか?

参考までに以下のブログを紹介させていただきます。

坂東忠信氏のお話や中国の臓器売買関連の情報(動画)が掲載されてました。

http://blogs.yahoo.co.jp/kuretakenoyo/38078412.html

さてさて、

中国に媚びて、中国のいいなりになる親中派の自民党議員は、もうあてになりません。

中国のスパイ政党の公明党と民主党と社民党と共産党も頼りになりません。

坂東忠信氏によれば、

民主党は、韓国民団と日教組の先生方と、

指定暴力団の組織票でたくさんの票を集めているのですよ。

とのこと。

中国の正体をどんどん日本中に拡散していかなくては

ある日突然、日本人のだれかが、あるいは、自分の家族や親せきや友人が

臓器売買の材料にされてしまうということなのです。

日本人の感覚では考えられない金銭感覚をもっているのが中国人だと知るべきでしょう。

日本人を殺せば英雄になると本気で信じているのが中国と韓国と北朝鮮には多数いるのです。

日本にある朝鮮学校でさえ、反日教育をしています。

韓国(南朝鮮)にしても、日本が統治するまで、奴隷制度があり、女性には人権さえなく、動物以下に扱われていたのです。

南朝鮮を35年にわたって、日本が統治していた時、日本は韓国の奴隷制度を廃止しました。

35年間というのは、明治43年(1910年)から昭和20年(1945年)までです。

人権などなかった南朝鮮の奴隷たちに人権を与えてあげたのが日本ですよ。

名字も名前もなかった南朝鮮の女性に、「名前」をあたえたのも日本です。

南朝鮮に、学校をつくり、水道や道路を整備して、人間らしい豊かな国づくりに貢献したのが日本です。

日韓基本条約を結んだとき、昭和40年(1965年)

当時の韓国の大統領は朴槿恵(パククネ)のお父さんでした。パククネのお父さんは

その時、日本政府に対して、従軍慰安婦のことなどひとことも言っていません。

それもそうでしょう。「従軍慰安婦」など、ほんとにいなかったのですから。

韓国は、35年も日本にお世話になった恩を忘れて、

「日本よ。謝罪しろ!もっと金をだせ!」と言いつづけることを国の政策にしています。

そういう、詐欺師かヤクザのような文化をもった韓国人を今後400万人受け入れるという日本政府。

いまでさえ、ねつ造の歴史問題を解決できない日本政府ではないですか。

何の対策ださないまま、中国人と韓国人の移民を増やすということは、日本人がどんどん弾圧され殺されることを意味しています。

国際法も、法律も無視する中国人と韓国人をこれ以上入国させるなどとんでもありません。断固反対します。

日本の政治家は、選挙で自分の権力さえ維持できれば、それで仕事が終わっていると思ってませんかね。それで、毎年3000万円以上の給料をもらっていいとおもっているのでしょうか?

日本の国家存亡にかかわる面倒な問題は、解決せずに、どんどん長引かせて、問題をさらに複雑にして解決できないようにしているとしか思えません。

つまり、問題が多いほうがよい、としか思っていないのです。

なぜなら、その分、あらたな予算をたてて、おカネをたっぷり使えるからです。

どんどん問題を膨らまし、なんチャラ委員会を増やし、どんどんお金を無駄づかいして、予算で、大金を割り当てられるから、

やっているふりだけしておれば、自動的に自分のふところにお金が舞い込んでくるということでしょう。

なんチャラ委員会の委員とか会長の名前をもらっておけば、ふところにお金が転がり込んでくるのですからね。

だから、拉致問題だって、いつまでたっても解決などしません。

問題解決ではなく、金もうけのために長引かせているとしか言いようがありません。

それも、これも、国民が政治に無関心だから、どこまでも国民をだませると思っているのです。

世襲議員を疑問だとも思っていないし、

居眠りばかりしている高齢議員でも当選できるのが日本の政界です。

政治のことなどチンプンカンのタレント議員でも当選できます。

政治ドしろうとが政治家になれる国だから、世界からなめられるのです。

どうにでもだましやすいのが日本の政治家という暗黙の了解があるのです。

政治家たちのインチキな仕事のせいで、

私たちの命と領土と主権を奪われてしまってよいのですか

危機的状況を打破するには、正しい情報を毎日毎日、拡散していかなくてはいけません。

情報戦争をしかけられているのです。日本は、なんらの兵法もありません。

情報戦争の時に、敵側に有利な情報をながし、日本国民には一切重要な情報を与えないのがNHKと朝日とTBSと左翼新聞です。

移民問題を解決するためには、もっともっと中国と韓国と北朝鮮の正体をしらなくてはいけません。

日本から中国へ支払っているODA(政府開発援助金)が、中国の軍拡につかわれています。

中国は、日本からのODA(政治開発援助金)のお金を、アフリカ支援金に使って

アフリカの国々に恩を売り、中国の言いなりになるように仕組んでいることをご存知でしたか?

いいように日本人の血税が、反日国にどんどん使われています。

それに、手をかしているのが親中派どもであり親朝鮮半島の政治家たちとマスコミです。

情報が日本国民にばれないように偏向されているから、

反日国からの移民が、大問題にならないのです。

2015年のうちに朝日とNHKとTBSと左翼新聞を解体しなくてはいけないでしょう。

そこが、中国や反日左翼どもの情報工作のアジトになっているのですから。

 

 

 

コメント

(再送)300万人の英霊を侮辱した安倍首相発言!天のお怒りはまぬがれないでしょう!

2015-05-05 04:08:17 | 日記

      ←よろしかったら、クリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ

2015年 アメリカ議会で 安倍首相が 

”戦後70年談話”  = 「安倍談話」を発表しました。

その後、地震回数が急に増えています。

やはり、日本の神々もお怒りなのでしょう。

日本国民として安倍首相の言葉を断じて許すことができません。

「先の大戦にたいする痛切な反省を胸に刻みました」とか

「アジアの諸国民に苦しみを与えた」などと言ってましたね。

これでは、村山談話と河野談話を継承すると宣言したも同然です。

先の大戦で日本とアジアの国々のために命がけで戦った英霊たちは、

悔しさでいっぱいでしょう。怒り爆発ではないでしょうか。

愛する日本のために戦った兵隊さんたちではないですか。

アジアの人々が、白人たちに奴隷にされないように必死で戦ったのが日本兵です。

有色人種の自由と人権を取り戻すために戦ったのです。

未来を生きる日本人のために戦ったのが私たち日本の兵隊さんたちです。

安倍首相は、先の大戦について、

「欧米諸国によるアジアの植民地支配をなくすための聖戦だった」ということを

タダの一言も言っていないではないですか。

しかも、ドイツのホロコーストよりもひどい原爆投下をしたアメリカに対して

反省を迫るのが安倍首相の役割だったはずです。

先の大戦で、日本が戦争せざるをえなかったのは、

日本に石油資源がとどかないようにされたからじゃないですか。

資源のない日本が、石油が入ってこなかったら日本国民の多くが

餓死するか、ド貧乏国家に転落するという危機的な状況だったわけです。

あのマッカーサーでさえ、日本が戦争に向かったのは

「日本は自衛のためにたたかったのだ」と証言したのです。

なぜ、安倍首相は、それをアメリカ人と中国人と韓国人と朝鮮人に教えてやらないのですか?

戦わなければ、日本人が白人の奴隷になっていたのです。

終戦直後からGHQは日本を7年間も占領していました。

この間に、GHQは、原爆投下による日本人無差別大量殺りくの罪を、必死で隠そうとしました。

GHQが原稿を書き「真相はこうだ」というラジオ番組をNHKに放送させ

新聞でも、「太平洋戦争史」という話を掲載させました。

この番組の企画も原稿も、すべてアメリカ人が考えたのです

それを日本の新聞とラジオ局がつくったと思わせて、日本人をずっとずっと洗脳していました。

終戦直後、弱りはてて、食べるのにも苦しい毎日を送っていた日本人に情報工作を仕掛けていたのはGHQです。

「日本は侵略して悪いことをしたから、原爆をおとされても仕方なかった」のだと洗脳していました。

みなさん。

命がけで先の大戦を戦った兵隊さんたちのことを、自分に置き換えてお考えください。

多くの兵隊さんたちは、20代の青年だったではないですか。

まだまだ未来への希望と期待と夢をもって生きて行きたいとどれほど願っていたかしれません。

日本の兵隊さんたちは、アジアにでむいて、アジアの人々を勇気づけて、ともに仕事をし、

アジア独立のために多大なる貢献をしたではないですか!

その晴れがましい活躍に対して、泥を塗り、罪を着せるとはどういう神経なのでしょう。

それが、生き残った日本人のすることですか?

70年前、NHKのラジオで「真相はこうだ」という番組が放送されるやいなや

戦場から生きて帰ってきた兵隊さんたちは、事実と全く違う内容であることにたいして抗議しました。

昭和20年を生きていた、たくさんの日本人と、兵隊さんの母親と家族がNHKに抗議しました。

その後、GHQは、言論統制をしかけ、米軍を批判してはいけない。

GHQがつくった憲法を批判してはいけないとか

中国や韓国を批判してはいけないなどとして、日本人の口封じをして、さらに、洗脳の放送番組をつづけました。

ずる賢い中国と韓国は、この言論統制に便乗して、日本人をだまし、

日本政府からおカネをだまし取ることを思いついたのです。

そして中国は軍事拡張をしつづけ、この20年のうちに、日本からのODAや、日本からだましとったお金をつかって、ミサイルや戦闘機を作り続けてきたのです。

その核弾道ミサイルはすでに日本に向けていつでも発射できるように設定されています。

だから、その軍事拡大にひるんでいるから日本はなにも言えなくなってきているのでしょう。

安倍首相は、アメリカ議会での発言の時、日本は今後「クオンタムリープ」=「量子的飛躍」をしていくと

言ってましたが、こんな謝罪同然の発言をしていてはクオンタムリープなどできません。

戦後体制を脱却すると言っている安倍首相みずから、戦後体制を継承しています。

ねつ造話の「南京大虐殺」「従軍慰安婦」を踏襲すると言ったも同然です。

安倍首相は、日本人の誇りを傷つけ、これから生きる日本の子供たちにもいわれなき罪を背負わせたのです。

このままであれば、村山談話が発表された時に、阪神淡路大震災がおきたと同じことが

また日本でおきてしまうでしょう。

先の大戦で戦った300万人の英霊たちは、人種差別をなくすために命がけで戦ってくださったのです。

それなのに、安倍首相の米議会での発言に対して、「まあまあよかった」などという日本人の多いことよ!

あるいは、安倍首相の発言が、今後の日本にどんな影響をあたえるかということにすらなんら関心のない日本人!

こんなことでは、日本は国家でなくなる日が近くなります。

日本という国家をないがしろにする日本国民ばかりであるならば、

日本神道の神々は、もう、これ以上、わたしたち日本人をこの列島に生きながらえさせては下さらないでしょう。

この日本が、反日の無神論者、マルクス思想の人間どもに汚されているのです。

戦後賠償といいながら、おカネをだまし取るアメリカと、中国と韓国の言いなりになる腰ぬけ 腑抜け クラゲ状態で、テレビ情報に

ふらふらとながされている日本人を

日本の神々は、お許しになりません。

反日左翼の悪党どもに血税をだましとられても政治に無関心な日本人。

先の大戦の日本兵のように、日本を守ろうという気概をもって

行動できる若者、青年は、たったの20人程度ではないですか。

こんなことでは、日本は沈没してしまうか、火山大爆発してしまいます。

この日本を国家として存続させたいのなら、「領土と国民と主権」を守るように

必死になって、現代の情報戦争に打ち勝たなくてはいけません。

反日のNHKとTBSとか、朝日新聞とか読売とか毎日新聞とかみている場合じゃないのです。

国防強化はもちろんですが、まず、言論で勝たなくてはいけなません。

テレビ局に言い返せる日本国民は、何人いますか?

中国では連日、反日ドラマを人民に見せて、日本人など殺してもよいと洗脳していますし、多くの中国人は、本気で日本人を殺す気まんまんです。

河野談話と村山談話と安倍談話を無効にすべきです。

反日左翼どもの仕掛ける情報工作を打ち破っていかなくてはいけないでしょう。

 

唯物思想、マルクス思想に毒された悪魔たちの情報工作をぶち破っていきましょう。

親中派と親韓国派と親北朝鮮の政治家など日本にはいりません。

日本は神の国です。古来より神仏にお守りいただいているのが日本です。

戦後体制をぶち破る最後のチャンスはこの一年ぐらいしかありません。

もう時間がないのです。

わたしたちの未来がかかっています。

日本人同士、力をあわせて悪を粉砕滅失してゆきたいと思います。

互いに声を掛け合って、どんどん正しい情報を拡散してゆきましょう。

 

 

コメント

③河添恵子氏のお話→中国共産党幹部の妻たちの”役割”とは?

2015-05-02 10:21:47 | 日記


人気ブログランキングへ

                                 ☝よろしかったら、クリックをお願いいたします。

③です。本日は、河添恵子氏のお話です。

【中国共産党幹部の妻たちの役割とは?】より

《 安穏とした生活はできない 》

中国共産党幹部にとって、最大の関心事は 「権力闘争」と「蓄財」で

引退後も本人および一族の生命・財産の安全が確保されることです。

それを裏付けるような事件も昨年、おおやけになりました。

重慶市(じゅうけいし)トップで権力欲に燃える薄煕来(はくきらい)ファミリーの恥部を

知り過ぎた男でありそれを暴露しようとした英国人実業家

二ール・ヘイウッド氏が殺害された事件で同氏は薄煕来の妻、谷開来から

推定数十億ドルの不正蓄財を海外へ逃がす相談も受けていたとされています。

薄煕来には複数の愛人がおり息子の家庭教師もしていたヘイウッド氏は

「谷と恋人関係にあった」とも報じられています。

中国共産党にとっての「権力」とは、親族までが千載一隅のチャンスを得られると同時に

いざ闘争に敗れれば「失脚(政治生命を断たれる)」 「蓄財凍結」

といった大きなリスクも包含する”魔物”です。そのためセレブ妻であれ

年老いた母親であれ安穏(あんのん)とした生活をおくることはできません。

子女も偽名で生活したりクリスチャン・ネームを持つなど

幾つかの名前を使いわけて暮らすのが一般的です。

事実、胡錦濤国家主席の娘はアメリカの大学に留学中、「偽名を名乗っている」

などと報じられ

習近平総書記の娘も「ハーバード大学に留学中だが、偽名を使っている」とも報じられています。

他人を信じることなく徹底的な秘密主義を貫き一族の命と安全と財産管理、

繁栄のために政略結婚を考えるなど世界を舞台に常に頭をつかわなくてはならないのです

(以上で引用おわります)

他人を信じることがなく徹底した秘密主義の共産党幹部(ーー;)

10億人の中国人が毎日のご飯にも苦しい生活をし、言論の自由や人権さえ奪われています。

人民の暮らしのために、人民のための政治について考えることなどないのが中国です。

その証拠に、政府に反発する人間がいないか町中に監視カメラをつけているのが中国ですよ。

「民主化をすすめよう!」とか「言論の自由を与えよ!」などと言う中国人がいたら

たちまち拘束して、拷問したり(@_@;) 殺したり(+o+)生き埋めにしたり(*_*;

ほんとに、中国は不気味な国です。

こんなんじゃ~中国の黄砂や公害問題など今後も真剣に考えませんね。

「君子危うきに近寄らず」です。

相手を思いやり、自分をみつめて反省するのが、日本人。

自分を見つめることなどせず、相手を監視して相手に反省させるのが中国人

なのだそうですよ。

ですから、日本への中国人移民断固反対します。

反日教育を受けている中国の青年に、学費と生活費と渡航費まで出す日本政府は、狂ってますね。

長年、政権与党にあった自民党には、きたないおカネの闇ルートがあって、そのルートを断つ勇気もないのですね。

ですから、いつまでたっても日本のおカネを中国政府に貸したり(円借款)

、ODA(政府開発援助金)を支払ったり、日中友好協会400か所のために無駄なお金をつかったり、

8兆円でも20兆円でも、好き勝手に日本人の血税を中国に使われています。

政権与党に金魚のフンのようにひっついている公明党は中国のスパイ政党ですから。自民党よりひどいです。与党にひっついて権力の力で、日本弱体化をはかっています。

いい加減、日本人は、こういうアホ政治を辞めさせるように抗議活動をしなくてはいけないでしょう。

といっても、あいわからず、平和ボケ日本人が多いのが現実です。

中国人移民ばかりが、どんどん増えてきて、2018年までに

日本が、中国化してきて、猟奇的殺人事件とか暴動があちらこちらで多発して

家族のだれかが、殺されたとか、誘拐されたとか、人質にとられたなどという事件が多発してこないと、気づかないのでしょう。愚かです。

左翼の強い地方では、お役所などにどんどん中国人を起用しているといいます。

日本の法律がズタズタに破壊されるか無視されて混乱がたえなくなります。

日本人は、生きずらくなってこなくては、行動できないのでしょうね。

日本を愛する心がないから、ぼんやりしていられるのでしょう。

原爆投下されて、ホロコーストのように国民皆殺しにされても まず、「反省」?!

先日の安倍首相のアメリカ議会での演説にもありましたがね。

「先の大戦に対する痛切な反省を胸に歩みを刻みました」(@_@;)とか

「アジア諸国民に苦しみをあたえた」(*_*;なんですか?この言葉は?

\(゜ロ\)(/ロ゜)/馬鹿丸出し。

これではアメリカとアジアの謝罪したとおなじゃないですか!\(-o-)/

これで、8月の「安倍談話」がどういう内容になるか、

もうはっきりと見えてきましたね。

日本国民のみなさん!このままほっとけば、8月の安倍談話のあと

中国が、国連に申請していた「南京大虐殺」と「従軍慰安婦」は登録されてしまいます。

世界中の人々がますます、日本人を冷めた目で見るようになりますよ!

いままで、この情報を知らなかった人たちが、国連の世界記憶遺産登録によって、

世界的なニュースとなり、世界中に情報が駆け巡り、世界中が、日本人を誤解してしまいます。

8月まで、抗議活動を活発化しなくてはいけません。

だれか正義の味方が自分たち日本人を擁護してかばってくれることをまっているつもりでしょうか?それでは、自立国とは言えません。

幼稚園レベルの精神としかいえないでしょう。

だから、ますます日本は、世界から金ずるにされ、ねつ造話でだまされて、

血税を勝手に使われて、「働けど、働けど、我が生活が苦しい」と思う国民ばかりになるのです。

未来の自分たちの安全と命と財産を守るために。

日本の未来の運命がかかっているのですから。

NHKや朝日やTBSやフジテレビじゃ、日本人を守る情報など提供してくれませんよ!

日本人が団結して、正しい情報を共有しあい、

悪を粉砕滅失するという正義感を高めて、声を出す!という国民性をもたなければ日本存亡の危機を自ら引き寄せてしまいます。

8月まで、「反日たちの情報工作」や「反日国からの移民」について

抗議活動を全国民あげてやっていかなくてはいけない!のではないですか?

 

 

 

 

 

コメント

②河添恵子氏のお話→中国共産党幹部の妻たちの”役割”とは?

2015-05-02 09:23:57 | 指定なし


人気ブログランキングへ     よろしかったら、クリックをお願い致します。

②です。 《”内助の功”と異なる世界》

中国人の多くは、実のところ結婚後も家事をしません。

庶民の家庭では、夫が料理をはじめ家事全般をこなすことも珍しくなく、

富裕層は住みこみ(もしくは通い)の料理人や

ハウスキーパー、シッターを雇うのが一般的です。

ならば、妻は普段何を?

といえば、企業勤めをする以外、縁故ビジネスで貿易会社や物販会社を立ち上げたり

不動産・株などの投資に熱中したり「節約よりもお金かせぎ」に力を注ぎます。

 

”中国的夫婦関係”とはつまり夫を陰で支える、いわゆる昔の日本的な

”内助の功”とはまるっきり異なる世界といえます。

欧米社会と似てる点もあり社交の場は夫婦単位が基本ですが

温首相の妻は外遊にも同行しません。

そのため国内外のメディアが一時「宝石ビジネスは平民宰相のイメージにそぐわない。

温首相は離婚を決断?」と報じるなど”仮面夫婦”ぶりがクローズアップされました。

妻と別居生活が長い習総書記も、そのたぐいの噂があります。

とはいえ中国人夫婦は仮面夫婦どころか妻子は海外暮らし

自身は国内で複数の愛人と同居など不可解な離散家族形態も増えています。

つまり、結婚も離婚も同居も別居も愛憎劇というより個人のメリット優先、これが、”中国的家族形態”のようです。

 

(引用はここまで、③へとつづきます)

家庭を大切にしない、金もうけ優先。家族のために、家で料理もしない中国人女性。

これで、夫への思いやりとか、子どもへの思いやりというものが、はぐくまれるのでしょうかね~。

朝食も昼食も夕食もつくらない中国の母親と、妻。

夫と子供に、お金を渡して「外で食べなさい」

「外で何か美味しいものを買って食べなさい」という母親と妻。

そして毎日、外食ですませる。

中国の家庭というのは、なんだかとっても淋しく、しらけた家族ですね。

それが中国の家族なのですね。

でも、しかし、たしか、中国の外食といえば、得体のしれない怪しい調味料が入っている中国です。

店をえらばないと危険な国です。

中国のラーメン店では麻薬を混入している店があるといいます。ラーメンが病みつきになって、ラーメン店がもうかるようになっていた(*_*;

なんてことも、普通にあるのが中国です。

豚肉だといいながら、ネズミや犬の肉だったり、人肉だったり、

いためものに使われている食用油が、地溝油という下水からかき集めた油を

精製してつくった油とか、火葬場からかき集めた人間の死体の油を食用油にするとか。

そういう危険な油が、普通にお店で売られているというのが中国です。

やはり、「人の命は羽毛より軽い」と言われる中国ならではの話ですね。

日本の家庭の主婦が、真心こめて家庭料理をつくるのをぶっこわしたい中国人ですからね~。

反日左翼たちは、「日本の主婦力」を破壊したいのです。

警戒しましょう。

 

 

 

 

 

コメント