ぽれぽれ百綴り

犬好きおばさんのんびり雑記。

コテツの部屋-要減量ですって-

2018-11-19 11:44:26 | 神戸/いぬ・シロさん
昨日、母の依頼で奈良の実家に帰っておりました。



(東京の友人、ともかさん(←仮名です)が送ってくださったお菓子を引っさげて)

展覧会に出品する絵を搬入するのを手伝ってほしい、と。
母は大きな絵を描くので自分では運び出せず。
横幅が私のアーチでぎりぎり届くくらい。
そして、重い。
ひきこもりのムスメもたまには役に立つのです。


(ひとっ働き後はお茶の時間)

くつろいでいたところへ、
弟ヨメとおいっこ鉄太(←仮名です)がコテツを連れてやってきました。


(コテツとすっかりお世話さま係が身についたおいっこ)

おいっこは180センチを優に超える長身。
コテツ、その高さは怖くないのか?

小型犬は抱かれ慣れているのですかね、
コテツは悠然としておりました。

私も抱かせてもらったけれど、
抱き方が悪いのか、
威勢よくはねっかえられましたよ。
釣り上げた魚のようにびちびちと。


(逆光ですが…じっとしていないからとやかく言ってられず)

元気で食欲旺盛のコテツ、
ドクターにちょっと気をつけるように言われているらしい。

確かに細身の犬種パピヨンにしてはむっちりした肉づき。

私もひとのこと、いえ犬のことをとやかく言えません。

お互い、もう少し絞ろうではないですか。


シロさんのお墓まいりをして、
母の作品の野菜たちをたくさん収穫して、
のんびりした時間がうれしい一日でした。


(桜紅葉で秋の深まりを感じさせるシロさんのお墓)


ご覧いただきありがとうございました。
コメント (1)