総天然色・魔人スドォの円盤-3D

BDソフトを中心に画像・イラストを交えて、
映画をオモシロ可笑しく雑談するブログです♪
【3DBDソフト推進ブログ】

BD『アナ雪』3D映像 「生まれてはじめて(リプライズ)」

2014-07-29 | 3DBDソフト評価
それでは、私のブログの趣旨である、【3DBDソフト推進】活動を行いましょう。
え~、『アナ雪 3D』の全体的な3D映像の記事は一度 BD『アナと雪の女王 UK盤 / Frozen 』 3D映像レビュー の記事で書かして頂いたのですが、
今回はもっと具体的に、3D映画の魅力を語ろうではありませんかぁ~♪

↑ディズニーストアにて、¥2,160で追加購入できます...(裏技を使えば単独でも購入可能)。
『アナと雪の女王』のレビュー ←クリック!
BD『アナと雪の女王 UK盤 / Frozen 』 3D映像レビュー ←クリック!

【補足】
『アナ雪』の3D映像は映画館で観るのと、3DBDソフトで観るのとはイメージが大分違います。
これは『アナ雪』だけに限らず、映画館と言うのは座っている位置によっても全く3D映像の見え方が変わってくるのです。
自宅では一番良い位置からの視聴になります、画質的にもかなり高画質な映像に感じられる筈です。
(ちなみに、『塔の上のラプンツェル』などは、BDソフト用に3D映像をより良い状態に再調整されています。)


『アナ雪』の良さを言い合わらしたとき、一番に言われるのが劇中歌の「レリゴー」のシーンです。
ミュージカル映画にとって、劇中歌が評価されるのは最高の褒め言葉です。
あくまでも私個人の感想なのですが3D版の『アナ雪』を観ると、
「レリゴー」よりも「生まれてはじめて(リプライズ)」の方が、3D映像として効果の強い演出されていて印象強いんだよネ~。

↑3Dで言うと、「レリゴー」よりも「生まれてはじめて(リプライズ)」の方が好きなのは私だけぇ~なのか?



【「生まれてはじめて(リプライズ)」の3D映像効果】
アナから自分の能力が原因で国中が雪に覆われたことを知る、中盤の見せ場の大事なシーンの1つです。
エルサが城から逃げたのは自分が非難される理由もあるのですが、アナや周りの人たちに迷惑をかけたくない...傷付けたくないというのが大きな原因の1つになっているのです。
周りとの関係を断つ代償に、自分の存在を肯定しようと活路を見出すエルサ。
小さいながらも希望を見出していた彼女に対し、「何もかも無駄だった、自分は存在するだけでも許されない」と絶望させる悲しいシーンです。
この揺れ動く心理状態を歌と共に氷の城内に降り注ぐ雪で表現しているのですが、この激しく降り注ぐ雪の演出が2Dと3Dでは、かなり印象が変わってくるのです。
         
アナから国の危機を告げられたエルサ。その驚きから城内に1つ2つと降りはじめる雪の結晶。
2Dではほとんど気づかないのですが、3Dでは今までとの空気が一瞬で変わりエルサの心のショック度が強く伝わってきます。

静かに降り始めた雪が、エルサを中心に回り始めます。エルサの心情が大気と呼応しているのです。
ショックから→何故?と心情の変化が空気の流れで上手く表現されています。このシーンは3Dならはでの表現なんだよ~。
この空気の流れの変化の演出が絶妙で、私の好きな3D映像シーンとなっているんだよネ~♪
  
エルサを中心に激しさを増す渦巻く大気と雪。空間の奥行きを表現しできる3D映像ならではの演出です。
エルサの感情がぐるぐると負の感情で覆われていくのが強く感じとられます。
  
完全に負の感情に支配されてしまったエルサ...降り注ぐ雪は吹雪と化し、大気を冷たく包み込んでしまう。
2Dでは分かり難いですが、3Dではエルサのバックで渦巻く吹雪、エルサの前面にも降り注ぐ雪と2層の表現となっており立体的。
この段階では、アナとの立居位置では別空間。この辺の空間表現は3D映像ならではです。
       
その渦巻く吹雪がアナの立ち位置にまで効果を及ぼす。アナは吹雪に包まれて、もうエルサには声が届かないことを表しています。
3D映像では奥行きが表現されているので、エルサの力の前では無力なアナがより一層強く感じられます。
        
激しく揺れ動く心情のエルサが、激しく渦巻く渦の中でぐるりと一周まわる構図は、
3Dで見ると背景とエルサの反する動きの3D演出により、一瞬目の錯覚に陥りエルサの立ち位置が掴めなくなってしまいます。
これはまさに宙ぶらりんのエルサの心情が表現されており、その表現を映像で体感できるのです。


はい、ココからはストーリー的にネタバレの重要なシーンなので、記事に致しませんが、
どうですか?
3D映像により、エルサの心理状態が2D版よりも数倍も強く体感できることが、何となくお分かりになったことでしょう。
この「生まれてはじめて(リプライズ)」の3D演出は非常に短い時間なのですが、作品中最も凝った3D映像になっているのではないのかな?
(ラストの雪解けの3D映像も素晴らしいんですよネ~♪)
3D映像と言うのは「ただ飛び出すだけ」と思いでしょうが、実は、こういう映画のキャラクターの微細な心理状態をより強く表現できる素材なんですよ~
一言で3D映画の魅力を伝えることはなかなか難しいことだと思います。それが3D映画の普及の困難さの1つになっているのですが...
この記事で少しでも3D映画の良さを伝えることができたら幸いだと思っています。
(少しでも『アナ雪 3D』を観たくなりましたぁ~?(^_^))
コメント

『アナ雪』 DVDとBDの画質の違い

2014-07-25 | 『アナ雪』を熱く語る
『アナ雪』ファンの皆さん、『アナ雪 MovieNEX(DVD+BD)』を購入なされて繰り返し繰り返し観ておられますか~?
なんでも、20日の時点で201万4495枚を売り上げ、さらにレンタル回数も同日に100万回を突破し、オンデマンドでも14万視聴を超えるヒット。
劇場版は3月14日に日本公開され、19日までに興行収入250億円を突破、観客動員は2000万人に迫る勢いだそうです。
今夜は、『アナ雪 MovieNEX』メチャ売れ状態に便乗して、このブログの趣旨たる“BDソフトの普及活動”を行わさせて頂きます。


『アナ雪 MovieNEX』を購入なされた方ならば、ディスクを2枚お持ちになっているでしょう?
そう、DVDとBDのディスクです。
(私は、3D版の3枚のディスクを持っているんですが...その3D版については別記事で~。。。)
やっぱり~DVDで観ている人が多いのかな?
「うん、DVDの映像で十分綺麗だ。」
そう思う方も多いでしょうが、
BDの映像は その十分な映像から更に6倍綺麗です。


DVDとBDは720×480pと1920×1080iの違いになりますので、それなりの表現力があるモニターで視聴すれば違いが明確に出ます。
私のパソコンのディスプレイは:21.5型ワイド(1920×1080)[VAIOディスプレイプラス](Full HD 1080) LEDバックライトなんですが、
21.5型の小さな画面にても、DVDとBDの画質は全然違います。


映像の画質...映像の美しさが違うとどうなるのか?
映画の評価が変わってきます。
はい、そんなこと言うと「映画はストーリーが重視、映像は関係ない!」「映像だけが凄い映画は認めない!」との意見も聞きますが、
この『アナ雪』、もちろん私はストーリーはメチャメチャ良いと思います。
多くの人が感動して泣けるのは、ストーリーが良いのでありましょう。
しかしながら、『アナ雪』はやっぱり~映像と音楽抜きでは語れません!

え~音楽は今回は置いといて~...ポン。そう映像!
映像が一押しの作品は、映像の綺麗さ(画質)で評価が変わってきます。
決して、DVDの画質では楽しめないと言っているのではありません。BDの映像の美しさの方がより感動が高まると言いたいのです。
山に登って頂上から風景を見渡した時、霧が薄らかかっているよりも、晴れている方が感動が大きいのと同じ事なのです。


DVDとBDの画質の違い...
...と言う訳で、DVDのBDの画質の違いを比べる為、
DVDの映像をフルHDモニターで観た状態にする為に1920×1080のサイズに合わせてキャプ致しました。
それぞれのウィンドウをクリックして頂ければ、映像の画質の違いが判るはずです。
(テレビのサイズに合わせる為に、できるだけ大きい画像で見比べてください。)
【DVD】          【BD】
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  ←クリック!
【補足】アップコン機能が優れたPS3でDVDを見た場合、もう少し高画質な映像を見ることができます。


どうでしょう?
DVDでも十分綺麗な映像でしょうが、BDならクッキリ鮮明な映像になっているでのがお分かりになるかと思います。
エルサの煌めく魔法などが綺麗なだけではありません、高画質な映像はその空間の空気までも感じることができるのです。
これが動画になると、より美しく感じるのですよ。
●モニターの画面が大きいほど、この違いは著しく現れてきます。
もし、BD再生環境があるのあらば、BDソフトで視聴しましょう。より『アナ雪』の世界を深く楽しむことができます。
(BDプレイヤー(再生機)も1万~2万ぐらいで購入できます。)


3D版...
ちなみに、3D版の『アナ雪』は、映像が高画質というレベルではなく、分かりやすく言えば次元が違う映像を楽しむことができるのです。

その話はまた別の機会にお話しします。。。
(私の本当のお勧めは、3D版なのさ~♪)

BD『アナと雪の女王 UK盤 / Frozen 』 3D映像レビュー ←クリック!
(『アナと雪の女王 UK盤 / Frozen 』の3Dは、映像的には国内版と同じです。)
BD『アナ雪』3D映像 「生まれてはじめて(リプライズ)」 ←クリック!

BD『塔の上のラプンツェル』3D映像レビュー ←クリック!
コメント

3Dメガネに合うメガネケース 100円ショップで購入

2014-07-24 | 家電・アイテム・グッズ類
私の持っているPanasonic プラズマテレビ スマートビエラ “TH-P55GT5”の3Dメガネは、アクティブシャッター方式です。
なので、思いのほかサイズが大きく、今迄に大きさの合うメガネケースがありませんでした。
それが先日、 ダイソー100円ショップで見付けたんですよネ~♪



↑正式名は“スポーツ サングラスケース”、色は2種類あってカーキ(緑)とベージュ色がありました。
(私が購入したのはカーキ色です。)

↑サイズ的には、3Dメガネが入るギリギリの大きさです。中の素材も傷が付きにくい生地になっています。

↑布製なので衝撃には弱いですが、軽くて、見た目をかなりオシャレでかっこイイ~です。
(デザイン的に『ウィングマン』のお腹位置にある“ドリームノート・ケース”を思い浮かべるのは私だけでしょうか?) ←古い!

↑3Dメガネは2台あるので2つ購入致しました。もちろん、1つ¥100+税ですので、安くて経済的です。
100円ショップには何かと安くて便利な商品が発見できるので、嬉しい限りです。安くて、イイ~買い物が出来ました♪
うんうん...カッチョええ~♪
コメント

今週のブルーレイソフト購入タイトル(7/14~7/22)

2014-07-22 | BDソフト購入記録
このソフトを購入したことは記事に致しましたが、一応毎度のBDソフト購入記録として記事にしておきます。
いやっ、ホンマ、『アナ雪』の記事が続いて申し訳ないです~(^_^;)
このブログって私の好きなことしか記事にしていない、ホンマ気まぐれ自己中ブログだと自分ながら理解しております。
(コメント受付も停止にしちゃいましたし~(汗))
『るろうに剣心 京都大火編』や『寄生獣』などの記事も書きたいんですが、『アナ雪』ネタはブログのアクセス数がメチャメチャ増えるんだよネ~♪
(...と、『アナ雪』記事が続くのをアクセス目当てのせいにして、アナ雪厨を隠そうとする私...?(^_^;)) ←もうバレてますよネ~(汗)


既に知っているとは思いますが、今週のBDソフト購入タイトルは↓コレだよ~~

●『【オンライン予約限定商品】アナと雪の女王 MovieNEXプラス3D 』  楽天ブックス(新品) ¥4,925+代引き¥305= ¥5,230

『アナと雪の女王』
『アナ雪 MovieNEX』メチャメチャ売れてますネ~。
近所の販売店、全部...在庫切れ→入荷→在庫切れを繰り返しています。
今迄、MovieNEXのことを悪く言ってきましたが、結果的に私が夢見ていた「BDソフトの普及」が実行された訳であります。
これから発売するBDソフトも売れる訳ではないとは思いますが...でも、BDの映像の美しさは知れ渡ったのではないでしょうか?
(もし、BDとDVDを別けて販売していたら、やっぱり~DVDのパッケージの方が多く売れたのでしょうかネ~?)
あくまでも、3Dソフトの一般(ネット以外)の販売ルートが存在しないのは、私的には許せないことですが、
BDソフトが100万枚以上売れるということをやってのけたディズニー・ジャパンには、正直言って感謝しております。
もう、このブログで悪く言うのは辞めにしようかなぁ~と思わなくもありません~(^_^;)
とにかく、『アナ雪MovieNEX』が売れたことと、BDがアホほど売れたことにカンパーイ(乾杯)♪



【魔人ワールド】 『闇の領域編』 その6

■次回、『闇の領域編』 感動の最終回...心の病んだスドォさんは、闇領域から復活できるのか!?
こうご期待!
『闇の領域編』 その7 ←クリック!


『アナ雪 MovieNEX』 初動155万枚いったらしい。
(『3D』もかなり売れているじゃん♪)
コメント

1回観ただけでは勿体ない『アナ雪』

2014-07-19 | 『アナ雪』を熱く語る
皆さん、こんばんわ~
このブログを覗きに来て頂いている方ならば、多くの人が『アナ雪 MovieNEX』を購入なされたのではないのかな?
今夜も『アナ雪』祭りだ~♪(笑)



いや~、やっぱり 『アナ雪』 は面白いネ~♪
映画館にて字幕・吹き替えを1回ずつ観ている私なのですが、改めて観てみると...購入後、5回観た。
やっぱり~吹き替え版が好きですネ~
英語音声・日本語字幕なしのUK盤をも10回以上観ているのですが、それが逆に、今回の国内版を楽しめる要因になったと思います。
(脳内補完されていない、細かいセリフの箇所がたくさんありました。)
吹き替え版と字幕版を比べてみると、字幕版の方がオリジナルに忠実で、
エルサのことを 「化け物」 呼ばわりしたり、 「レリゴー」 の歌詞がネガティブだったり、大人向けな訳だと思います。
吹き替えはドチラかというと子供向きで、ポジティブな訳なのは既に知られていることですが、
作品に登場する曲の歌詞としては、吹き替えの方が楽しめるでありましょう。
 
↑吹き替えでは「生まれて初めて」。ウェーゼルトン公爵のエルサを責めたてるセリフは「化け物」から「捕まえろ!」に改訳されています。
吹き替え: 「生まれて初めて」 を、字幕: 「長すぎる時が過ぎて」 と言うのは今一つな訳だなぁ~。
オラフのトークの間やギャグ、語尾のイントネーションは吹き替えの方が好きです。
改めて観て思うのだが、アナ役の神田沙也加の吹き替えの上手さが実は一番の功績なんだなぁ~と実感しました。



1回目の視聴からの評価の振り幅が凄い!
そんなに何回も観て飽きない?と思われるでしょうが、『アナ雪』 を好きな人の多くは私と同じだと思います。
前にも言いましたが、この作品は1回目の視聴からの評価の振り幅が半端なく、見る度にストーリーの良さにハマっていきます。
極力余分な話をカットし誰でも理解できる分かりやすいストーリーにしながら、数多くの複線や裏設定みたいなのが凝縮されているのに驚かされます。
初めはお笑い担当だけのキャラだと思っていたオラフが、実はアナとエルサを結び付けさせる一番大事なキャラだったりするのは既出の話ですよネ~?
今回は某有名掲示版からのネタなんですが、
オラフが胸にツララが刺さるシーンがあるでしょう?あれはコレからのアナの運命を予兆しているみたいな説があります。
 
オラフが 「女王は親切で優しくて、きっと心の優しい女性(人)だよ。」 の後に胸にブスリと刺さるので、
エルサのアナに対する危険度の会話でのイベントだと考えると、あながちこじ付けだとも言い切れないと思うのよ~
『アナ雪』 は実にこう言う発見ネタが多く、
あの102分という歌を除けばかなり短い尺の中で、どれだけ裏設定を詰め込んでいるのかと言う奥の深さがあるんだよネ。


【見つけられる色んな発見】
●アナは母親似、エルサは父親似と思われるだろうが、実は逆である...そこまで考えてキャラ造形がつくられている。
●「生まれてはじめて」でアナがケーキをダメにしたから、門を出た橋のところで町中の店へ急きょ注文されたケーキが納入されているシーンがある。
●アナが出会ったばかりのハンスと婚約したのは、城の扉が開く今日1日しかチャンスはないと必死だったから仕方がない。
●「レリゴー」の最中に、オラフ誕生。
●オラフはアナとエルサが幼い時につくった思い出の雪だるまであり、2人を再び結び付ける大事な役柄である。
●吹き替えでは分かりづらいが、「雪だるまつくろう」で雪だるまをつくるのが好きなのはエルサである。アナは一生懸命エルサの気を惹こうとしている。
●オラフが夏に憧れているのは、エルサの深層心理が反映されている。
●オラフが自分を犠牲にしてでもアナを守ろうとするのも、エルサの深層心理が反映されているから。
●オラフがハグが好きなのは、当然ながら誰にも触れられないエルサの悲しい感情の表れ。
●オラフの「あこがれの夏」はエルサの夢が語られている、実は泣かせる歌。
●オラフはエルサの夢の象徴。国に夏を取り戻しただけではオラフが溶けて不幸になる要素を入れ、オラフが生き残ることによりエルサの夢が叶うという意味を表している。
(言い方を変えれば、オラフは異形の存在。オラフが人々に受け入れられることは、特別な存在のエルサを社会に受け入れられることを提示。)
●「雪だるまつくろう」の中に登場するあの絵はジャンヌ=ダルクだと監督が発言。 ジャンヌはエルサを暗示してて、アナがエルサを応援してるというメッセージ。
●雪小屋オーケンの主人はゲイ。
●クリストフはアナから会ったばかりで婚約を決めたことを聞き、「知らない奴には気をつけろ。」とちゃんと忠告している。
●ハンスが護兵のクロスボウをシャンデリアへ向ける際、1度チラ見をしている。
●よく見ると劇中には国王・王妃が亡き後、アナとエルサを世話したと思える2人の執事がちゃんと描かれている。
●動物とコミュニュケーションを取れないハンス(海に落下)、動物(トナカイ)を愛するクリストフ...ディズニーアニメの基準からして、始めからどちらが善人か示されている。
●オラフはエルサの善の心の現れであり、マシュマロウ(雪の巨人)はエルサの闇の心の現れである。
●トロールの歌は、アナの恋愛への考えを改めさせる大事な要素。
●ハンスが13番目の弟でユダのモチーフを表しており、裏切りを暗示している。
●エルサが地面を踏むシーンが3回出てくる。幼女時代にスケートリンクを作る為、自分の城を作る為、エンディングで王国の人たちの為。妹の為、自分の為、みんなの為と成長を表している。
●オラフの「アナの為なら溶けてもいいよ」のセリフは、アナのエルサの為なら凍ってもよいに繋がる。
●エンディングのシーンではアナが幼女時代と同じ服を着ている。
●ラストのスケートのシーンは、幼いころのアナとエルサの楽しい思い出を再現。バックに流れる「雪だるまつくろう」が泣かせる。
●氷の城で雪を降らせるの止めることができないエルサに対して、アナに「大丈夫、きっと出来るよ。」とテキトーなことを言われたお返しに、
ラストのスケートのシーンで、エルサは滑れないアナに対して「大丈夫、きっと出来るよ。」とツッコミをお返ししている(笑)
●劇中の「レリゴー」は実はネガティブな歌だが、エンディングには成長したエルサのポジティブな「レリゴー」が歌われている。
など等・・・本当はまだあるのだが、長文になるので書けませぬ~。
(当然ながら、間違いもありますよ~)



『アナ雪』を1回だけの視聴で終わらすのは勿体ない...
私は好きな映画はBDソフトを購入して、何度も繰り返し観るという視聴スタイルであります。
普段はストーリー重視というよりも、映像重視で派手なVFX映像の作品を好むのでありますが、
この 『アナ雪』 は当然ながら映像も凄い、強烈な 「レリゴー」 を筆頭にミュージカル部分の歌も素晴らしく、字幕・吹き替えとも両方楽しめられる。
実は簡単だと思われるストーリーも、何回もの視聴を楽しめる奥の深いドラマになっているのです...ココが『アナ雪』が支持される一番の要因だと私は思っています。
全ての意味で何回も繰り返して鑑賞するには打って付けの作品ではないでしょうか?
まあ、当然ながら人によって作品の好みはありますが、1回見ただけで終わりにするには勿体ない作品なんですよ~
『アナ雪』 はネ~♪
コメント

エルサが一番美しく見えるのはBD3D版!

2014-07-18 | 『アナ雪』を熱く語る
皆さん、こんばんわ~
いや~『アナ雪 MovieNEX』メチャメチャ売れていますネ~
なんか、3日で100万枚売れたとか?の噂も耳に入っています。
今迄、DVDの映像しか見たことがあらず、今回初めてBDの高画質な映像を観て驚いた人も多くいるでありましょう。
しか~し...↓

「3D版の映像を観た人なら、みんなそう思うはず...ううん、絶対にそう思うよ~♪」
補足:BDの3D映像は映画館で観るよりも高画質です。

↑3D映像で観るエルサは、ミョーに色っぽいと思うのは私だけぇ~?
私はポリゴン美女フェチだからの~(笑) ←おい!
フフフ...あなたも3D版のソフトが欲しくなったのではないでしょうか?
(BD『アナ雪 3D』は、ディズニーストアにて¥2,160で追加購入できます。)
【注意】 3D映像を視聴するには3D視聴環境が必要です。


PS.
+BDソフトが数多く売れて、3D版も売れればイイ~なあ~と思うのは欲深いことでしょうか?(^_^;)
あっ...ちなみに、画質で言えば、2D版の方が少なからず高画質ですよ。3D版の方が魅力を感じるという意味です。
コメント

BD・DVD『アナ雪』 TSUTAYAで全部レンタル中!

2014-07-17 | 『アナ雪』を熱く語る
皆さん、こんばんわ~
うちの近所のTSUTAYAでは、16日から『アナ雪』のDVD・BDのレンタルが発売しておりました。
レンタル開始から2日後、本日の夕方にショップを覗いたら思った通り?
全部、レンタル貸出し中でありました~!!



しばらく眺めていたら50ぐらいのおじさんが、店員さんに
「コレ、どこ行ってもレンタル中やねん。コレって、面白いん?コレって映画館でも人気やったん?」
と根掘り葉掘り聞いておりました~(^_^;)
映画のことも何も知らないおじさんが『アナ雪』をいきなり観たら?正直、あんまり面白いとは思わんだろうに~?
その後も、仕事帰りの女の人や、子供づれのお父さんとかが陳列棚見て、無言で帰っていくのを何人も見ることになりました。
(ちなみに、セル売り場では完全売り切れ状態でありました。)


なんでも...
『アナ雪』、1日だけで66万枚! “ヱヴァ超え”BD売上歴代1位
(『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破EVANGELION:2.22 YOU CAN(NOT)ADVANCE.』が保持していたBD累積売上記録46.5万枚を約20万枚も上回る歴代最高記録。)
おそらく、この数字は発売日の1日前のフラゲでの売り上げ数だと思います。
予約した人で生産が追い付かず、8月入るまで生産出荷待ちの人も数多いとの話です。

いや~、『アナ雪』メチャメチャ人気ですネ~
私は既にセル版のMovieNEX(BD+DVD)を購入しているので、安心してこの状況を見守ることができました~♪ ←おい!
コメント

『アナと雪の女王 MovieNEX』 遂に到着!

2014-07-15 | 『アナ雪』を熱く語る
『アナと雪の女王 MovieNEX』発売日の1日前...
楽天ブックスで注文していたのが、本日届きました。

↑楽天ブックスにて 『【オンライン予約限定商品】アナと雪の女王 MovieNEXプラス3D』  ¥4,925+代引き305= ¥5,230
(『アナ雪』ならば、雪の白色つながりでMovieNEXのパール色ケースも似合うかも?と思いましたが...やっぱり~MovieNEXのケースはチープで好きくありませぬ~(汗))
■私んちに届いたのは初回限定仕様リバーシブル・ジャケットですが、店頭には既にノン・リバーシブルのセカンドプレス以降の物も混ざってるとの情報が入っています。

 
↑『MovieNEX(BD+DVD)』と『3D版』のケースのジャケ絵です...(3D版のジャケ絵のエルサが、メチャメチャに物悲しいです。)
 
↑『MovieNEX(BD+DVD)』と『3D版』の中身のディスクのレーベル絵です。


店頭以外、しばらくは入手困難?
なんでも、7月6日の時点で既に115万枚が予約済みだそうで?
この数日間に115万枚ものBD+DVDが売れるというのも凄いことでありまして、BDソフトのブログをやっている私からすると大変うれしい話で御座います。
噂によると、ネット販売での今からの購入では、在庫不足の為に手元に届くのは8月に入るということです。
おそらく、レンタルもしばらくは簡単には借りれないでありましょう。
(今から購入を考えている人は店頭販売のものを探すのが、最も早い購入方法でありましょう。)


それと3D版の方も、注目が集まっているみたいです。

MovieNEXという不評な売り方も、「2D版を購入後、ディズニーストアにて¥2,160で購入購入できる。」というシステムは、
正直、3D版が一般販売ルートを通さない売り方なので好きではありませんが、
2D版を購入した人達が¥2,000ほど出したら3D版も追加購入できるのならばと、新たに3D版に手を出す人も少なくはないと思います。
BD『アナと雪の女王 UK盤 / Frozen 』 3D映像レビュー ←クリック!
(改めて、国内版として記事を書き直そうと思います。)

話は3DBDソフトの話に脱線しますが...
先日の『ゼロ・グラビティ3D』の発売と共に、今回の『アナ雪3D』の発売に際して、
家電販売業界の3Dテレビ販売の促進に全くスルー状態に、なんだろうネ~と疑問を感じるのは私だけなのでしょうか?
既に4Kテレビ推し状態の方針なのは分かっていますが、実際に購入する側として目を惹くのはハードではなくソフトだと思うんだけどネ~
今回の『アナ雪 MovieNEX』の発売で再度3Dに注目されていることは、
3D映画を亡きモノとしようとするディズニー・ジャパン側の考えからするとビミョーなところであるんでしょうネ~。

とは言え、「BDなど要らない、DVDで十分。」とお考えの人が多い現状の中、
ソフトを購入には選択の余地なし!BD+DVDの販売形態は、大きくBDソフトの普及にプラスになっていることは事実であります。
自宅にBD視聴環境がありながらも、レンタルなどでDVDを観ている人って実に多くいると思います。
115万枚以上も売れるソフトなのでありますから、実際にBDとDVDが同時にパッケージされてたのを手にして、もし観るのならば?
映像が美しい方を観るのが自然な流れになるのではないのかな~と思っています。
『アナ雪』 DVDとBDの画質の違い ←クリック!



ここ数日は、『アナ雪』祭りだネ~♪♪♪
まあ、なんだネ~
今回、メガヒットした『アナ雪』なんだけど...
「こんな、お子ちゃまアニメが大ヒットするのは許せない!流行ものに飛び付く輩には呆れてる。」とのアンチの声も聞きますが、
これぐらいのメガヒット映画タイトルが、年に2~3本出てくれればイイ~のになぁ~と思うのは、それは私が映画好きだからなのでしょうか?
普段、映画館へ行かない多くの人が映画館へ足を運ばせる、普段、DVDやBDソフトを買わない多くの人がソフトを購入する。
作品の好き嫌いはともあれ、特に映画好きにとっては何ともめでたい話ではあ~りませんかぁ~♪
(一体、何万本売れるんだろうネ~?)
コメント

今週のブルーレイソフト購入タイトル(7/6~7/13)

2014-07-13 | BDソフト購入記録
皆さん、こんばんわ~
フフフ...『アナ雪 MovieNEX』発売まで、あと3日。
7月6日の時点で、既に115万枚が予約済みだそうです。
長年、こういうBDソフト類のブログをやっていて、これほどBDソフトの普及を促すタイトルは初めてでありましょう。
DVDとBDソフトを同時に持つことにより、BDソフトの映像の素晴らしさを初めて知る人も少なくはないかも知れません。
あわよくば、3DBDソフトの普及にも一躍買う、タイトルになるやも知れませんなぁ~♪

↑7月16日発売 『アナと雪の女王 MovieNEX 』
(3D版は慌てずとも、後ほどゆっくりとディズニーストアにて¥2,160で購入できるよ!)

そんな中、今週のBDソフト購入タイトルは↓コレだよ~~~

●『マイティー・ソー/ダーク・ワールド 3D』  Disney store(新品) ¥2,160+手数料¥170 =¥2,330
●『ホビット 竜に奪われた王国 3D&2D ブルーレイセット(初回限定生産)4枚組 』  ヤマダ電機(新品) ¥4,689-500P=¥4,121+191P

『マイティー・ソー/ダーク・ワールド 3D』
Amaを信じて、『マイティ・ソー/ダーク・ワールドMovieNEXプラス3Dスチールブック:オンライン予約数量限定商品 』を予約...
結果、値段は定価のままで値引きされず、仕方がないので取り敢えず裏技で3D版だけ購入致しました。
え~と、敢えて3D版でなくても、2D版で十分楽しめるレベルの3D映像だと思います。
1作目ではアスガルド中心の話の展開に抵抗があったものの、2作目ではもう当たり前のように楽しめる馴染みの土地となりました♪
“変なおじさん”キャラだったソーも、違和感なく存在を許容することが出来るようになったのは、さすがマーベル映画マジックだと思います。
いやっ...面白かったですよ。一番笑えたのは助手の女の子の「あっ...ムニュムニュ~!!」(笑)

『ホビット 竜に奪われた王国 3D&2D 』
エクステンデッド・エディション を買うので、今回の通常3D版は購入しない予定だったのだが、
あ~...辛抱溜まらず購入してしまいました~(^_^;)
んで、3D版を1回視聴し、どうせ売るのならばと即、中古ショップに売ってしまいました。
¥4,121で購入し、¥1,800で売ったので...1回3D版を観るだけで、¥2,321の視聴代となります。
まさに、チョーアホ買いだよ~~~(汗)



【魔人ワールド】 『闇の領域編』 その5


3D3D3D -ステレオ3D情報ブログ-様でも仰られていますが、どうやら MovieNEX 予約限定版でしか3D版を購入できないと思っている人が多いみたいです。
(『マイティ・ソー/ダーク・ワールドMovieNEXプラス3Dスチールブック:オンライン予約数量限定商品』もスチールブックが主とは知らず、3D目当てで購入なされた方も要るかも知れません。)
この中途半端な『MovieNEX』の販売方法は、確信犯なのか?否か? そこのところは良く分かりませんが、多くの方が困惑されているのが現状のようです。
わざわざプレミア化した高価な『MovieNEXプラス3D:オンライン予約限定商品』を買わずとも、後ほどディズニーストアにて3D版を購入することが出来ます。
よく確かめてからのご購入をして頂きたいと思います。
コメント

今週のブルーレイソフト購入タイトル(7/2~7/5)

2014-07-05 | BDソフト購入記録
皆さん、こんばんわ~
今週は久しぶりに色々ソフトを購入しております。
廉価版・人気どころ新作・ホラー(ドキュメント)と幅広いジャンルで御座います。
(ちなみに『俺様神様/ダーク・ワールドMovieNEXプラス3Dスチールブック:オンライン予約数量限定商品』はキャンセルし、取り敢えず3D版のみを注文...まだ到着していませぬ。)

そんな感じで...今週のBDソフト購入タイトルは↓コレだよ~~

●『トランスポーター』   ヤマダ電機(新品)  ¥1,490+14P
●『キック・アス ジャスティス・フォーエバー 』   Ama(新品)  ¥2,951
●『ロボコップ 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定)』   Ama(新品)  ¥2,941
●『ドキュメント・オブ・ザ・デッド 製作35周年特別版 』   Ama(新品)  ¥4,578

『トランスポーター』
女が惚れるハゲマッチョ!
大昔、ツインBOXを所持していたのだが、売却してから~の2度目の購入。またしてもアホ買い~(^_^;)
このシリーズの1作目は、メチャメチャ好きなんですよ~♪
今回の廉価版が発売されるまで、かなりの時間が掛かりましたネ~。

『キック・アス ジャスティス・フォーエバー 』
イマイチとの評価の噂を聞きましたが、私的にはかなり楽しく鑑賞することができました。
当然ながら、1作目の方が評価は高いですが、決して悪くない出来だと思います。
下ネタ・お下品ネタがO.Kの私には、“ゲロゲリ棒”がサイコーに受けましたよ~(笑)
『キャリー』で今一つ魅力を感じないクロエたんでしたが、今作品では魅力爆発!
やっぱり~クロエたんは、エエ~ですネ~♪

『ロボコップ』 
オリジナルのバーホーベン版の偉大さが良く分かりました。ロボットだけの魅力で面白かった訳ではなかったのですネ~
VFX映像的には新作の方が凄い筈なのに、オリジナルの方が何倍も派手に感じるのは私だけではない筈です。
それでも、リメイクとしては成功でありましょう。私的にはかなり面白かったです♪
ブラック・ヴァージョンはメチャメチャかっこイイ~と思います。

『ドキュメント・オブ・ザ・デッド 製作35周年特別版 』
フフフ...ホラー好きの、いやっ...ゾンビ好きの皆さん、買っちゃったよ~~~~♪
1978年のジョージ・A.ロメロの『ゾンビ』の撮影風景を記録したドキュメンタリー。66分のオリジナル版と102分の“最終版"の2枚組!
(ロメロの『サバイバル・オブ・ザ・デッド』までのメイキングも収録されているらしい。)
今回の購入ソフトの中で、私的に一番楽しみなソフトはコレです。
このタイトルの存在は知っていたのだが、今までず~っとスルーしてきました。え~と「たのみこむ」での限定販売だったのかな?
『ゾンビ』マニアにとっては避けて通れないソフトでありましょう...ただ、値段がバカ高いって言うのが難なんだよネ~
(このソフトを購入する為に、ま~た要らなぬBDソフトを10本売ってしまいました。今年に入って中古ショップ行きは40本目なのよ~(汗))
■視聴しました...期待していたよりもかなり地味です。当然ではありますが、特典映像のメイキングみたいなものです。
特殊メイクの派手なスプラッターシーンのメイキングも少ないです。正直、この値段だと割高いかなぁ~?(^_^;)
本来ならば、この前に発売された『『ゾンビ』製作35周年記念究極版ブルーレイBOX 』の、特典として付けてくれても良かったのでは?と思うのは私だけぇ~?
映画『ゾンビ』のファンでなければ、購入する必要はないでしょう。
(DVDの最終版を観てしまうと、BDのオリジナル版は退屈なモノになってしまいます。アップコンでもイイから、最終版もBDでHD画像で収録して頂きたかったです。)




【魔人ワールド】 『闇の領域編』 その4
前回からの続きです...

とらちゃん:戦闘力60 ...逃走
魔人スドォ+死者の書:戦闘力 ?        ゾンバイオ化・ヒル教授(暴走Ver.):戦闘力32



■死者の書は、呪文を1回行使すると8時間の眠りを必要とする。
 『ドキュメント・オブ・ザ・デッド 』からの、“ゾンビ”オチでありました~(^_^;)
コメント