総天然色・魔人スドォの円盤-3D

BDソフトを中心に画像・イラストを交えて、
映画をオモシロ可笑しく雑談するブログです♪
【3DBDソフト推進ブログ】

『天才犬ピーボ博士のタイムトラベル 3枚組3D・2D』 購入

2016-06-25 | BDソフト購入記録
今週のブルーレイソフト購入タイトル(6/10~6/25)


皆さん、おはよう御座います。
『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』 と間違えて、買っちゃいました~(^_^;)
...ウソです。 ←おい!

その間違えたフリして、購入したBDソフトのタイトルは↓コレだよ~~。

●『天才犬ピーボ博士のタイムトラベル 3枚組3D・2Dブルーレイ&DVD(初回生産限定)』   Ama(新品)  ¥3,345


『I LOVE スヌーピー』の3DBDソフトが、¥3000チョイのセール価格になったので購入しようかと思ったのですが、
コレを買うのなら、前々から目を付けてたコッチを買おうと考えた次第です。
本作は、1950年代にアメリカで放送されていた「ピーボ博士」のCGアニメ化で、
天才犬ピーボ博士が養子の人間の子・シャーマンとタイムマシンで過去に戻り、歴史上の人物と時空を超えた大冒険をするという物語になっております。
3D映像目当てでの購入なんですが、ぶっちゃけ~当然と言えば当然なんだけど、子供向けCGアニメなんだネ~。 ←この辺がどうしてもストーリーの評価に影響するんだなっ~(^_^;)
しかしながら、天才犬ピーボ博士の歴史タイムトラベルは勉強になり、博士のインテリジェンスなジョークも冴え大人でも十分に楽しめます。
(トロイの木馬の英雄“アガメムノン”がアホキャラなので、彼が登場してからよくある“お子ちゃまアニメ”なノリになってしまうのが残念。)
タイムトラベル的には正確に言うと“並列世界”理論の演出になっているのだが、ややこしい話は全く有らず、誰が観ても理解できる簡素なタイムトラベルものとなっております。
なんでも“完璧(パーフェクト)”に熟す天才犬ピーボ博士が、子供の教育には関しては思うようにはならない展開は共感でき、
ラストに親子の絆を確かめるピーボ博士の言葉に、知的なセリフで返事をする“シャーマン”に強い感動を覚えました。

3D映像は...

CGアニメと3D映像は抜群の相性...今迄観てきたCGアニメで3D映像が酷かったのは『タンタンの冒険』ぐらいでありましょう。
根本的にCGアニメは視差が強く、派手な演出の3D映像の見せ場も多く用意されております。
今作品も同様、3D映像を期待して購入しても期待を裏切らないレベルは十分にクリアしております。
実に多彩な演出が施されているのですが、一番の目玉はやはりタイムマシン“モドリン”でのアクションシーンでありましょう。
この“モドリン”のタイム多ラベルは“ワームホール”式の原理になっており、SF映画『コンタクト』を思い出すような派手な演出になっております。
“ワームホール”を抜ける疑似体感は気持ちが良く、ホール上に“ブラックホール”が出現するなど科学SFが好きならば嬉しい見せ場となっております。
現代の夜の街をグリグリ飛び回ったりもするのですが、『ミニオンズ』や『ペンギンズ』等のがしつこいくらいの3D疑似体感アクションに慣れてしまったのか?
シーンの1つ1つの見せ場の時間の長さが短い気がします、もっとグリグリ体感していたいのに場面が小まめに切り替わるのが少々残念かと...
それと『ターボ』でも感じたのだが、単なる空を飛び回ったり、走り回ったりする3Dアクションには驚かないようになってしまったんだよネ~(^_^;)
    ←実際のサイズ(2D)のSAMPLE画像(クリック!)


ドリームワークスのCGアニメって、日本では今一つマイナー扱いの作品が多いです。
3Dソフト(日本国内版)が発売されないのも多い中、発売元のメーカー・20世紀フォックスさんは割と小まめに3Dソフトを発売して頂き有り難いです。
(でも、3Dソフトの廉価版は発売されなくなっちゃったのかなぁ~?(^_^;))




【魔人ワールド】

↑そもそも、CGアニメの3D映像が凄いって教えてくれたのって、ケビンさんなんだよネ~。
【教訓】3D映画は3Dアニメ抜きでは語れない。
コメント (4)

『ザ・ウォーク IN 3D(初回生産限定)』 購入

2016-06-08 | BDソフト購入記録
今週のブルーレイソフト購入タイトル(6/5~6/9)


「3D 最高峰映像体験!」
この作品を2Dで観ると面白さ半減...と多くの方がコメントされた映画の3DBDソフトが発売されました。
(高所恐怖症の方は要注意?)

今週に購入した、その3DBDソフトのタイトルは↓コレだっ___________________!!


●『ザ・ウォーク IN 3D(初回生産限定)2枚組』   Ama(新品)  ¥ 4,575


綱渡りの話がそんなに面白いのか?...それは、直ぐに面白いんだと気付かされる。 
「なぜ危険な綱渡りに挑むのか?」及び、技術の習得などに費やされた前半の話に惹き込まれ、
あとは『ミッション・インポッシブル』のような、WTC(ワールドトレードセンター)“綱渡り大作戦”の展開に心躍らせられる。
徐々に仲間が集まってくる展開も作戦実行への期待度が高まり、そのやろうとしていることの凄さに興奮を覚える。
後半、地上411メートルの有り得ない“綱渡り大作戦”が実行されるのだが、かなり長い尺が取られおり、存分にその綱渡りの挑戦を魅せ付けてくれる!
私は“お涙頂戴的な悲しみ”には感動しない性質なんだけど、心の奥底からじわじわと込み上げるこの熱い感情は何なのであろう?
コレは映像からくるものなのか?はたまたストーリからなのか?いや、両方であろう。 
緊迫し張りつめた精神状態からの、コント染みた主人公のしつこいぐらいの行動に何度も大爆笑し(笑)、 →そこからのこの感動はズルいだろう?
実話だと言うのもあるのだろうが、綱渡りの話がこんなに面白いなんて思ってもいませんでした。
(現在はもう、このWTCが存在しないという現実にも、寂しいものを感じられました...。)

3D映像は...

“高さ”による恐怖を感じる3D映像。
私の最大の疑問は、本当に高所の恐怖が疑似体感できるのか?
私は高所の仕事の経験があり(15~30メートル)、決して高所恐怖症では御座いません。
(しかしながら難易度の高い場所にて、恐怖を体験したことは御座います。)
そんな私がこの3D映画を100インチのモニターで視聴したのだが...はい、十分にその高所の怖さは体感することができました。
まあ、本当の実際の高さでの体感とは違うんでしょうが、十二分に視差が深く取られ吸い込まれるような奥行き感。
ハラハラ、ドキドキの手汗握る、この緊張感がたまらない。
よくもこんなところを幅2.2センチのワイヤーで綱渡りに挑んだのかと、その有り得ない彼に尊敬の念を抱かせられます。
ここ最近、3D映像でエベレストの頂上に登り捕鯨で大きな鯨にも襲われましたが、まさかチョー高層ビルの屋上で綱渡りを体感できるとは思わなんだぁ~(^_^;)
この高所での感覚は2D映像と3Dとでは雲泥の差、2Dでも怖さを感じられるでしょうが、圧倒的に3D映像の方がリアルに感じられます。
数ある3D映画の中でも、“高さ”での疑似体感では群を抜いての最高峰となっているでしょう。
この映像は映画館にて大画面で観るべき作品でありましょう...高所恐怖症の方は2Dで観ることをお勧めします~(^_^;)
(このは作品は、私の中の『お勧め3D映画ベスト10』にランキング入り決定です!)
2016(年頭) お勧めの3DBDソフト・ベスト10 ←クリック!

【サンプル画像】
    ←実際のサイズ(2D)のSAMPLE画像(クリック!)

 


【魔人ワールド】
この作品の3D映像は凄いぞっ~~!! 
この作品を自宅の小型サイズのテレビ、及びDVD画質で観た人は、この作品の良さに気が付かないのではないのかな?
私は何か間違っていることを言ってるかい~? ←また問題発言?(^_^;)
(『アバター』『ゼロ・グラビティ』に続いて、また1つ新たな素晴らしい3D映画が登場したネ~♪)
コメント (6)

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(廉価版)』 購入

2016-06-05 | BDソフト購入記録
今週のブルーレイソフト購入タイトル(6/2~6/4)
(同期間に購入した『オデッセイ 3D&2D ブルーレイセット スチールブック仕様 』は前のページにて記事にしております。 )





●『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(廉価版)』   ヤマダ電機(新品)  ¥1,620だったけ?

前にも言ったと思うのですが、私はあんまりスパイ映画が好きではないだよネ~。
実際、本シリーズが好きになったのは前作の『ゴースト・プロトコル』からです...メッチャ最近?(^_^;)
“ショーン(サイモン・ペグ)”と“ホークアイ(ジェレミー・レナー)”が仲間に加わったのが大きいと思います。

んで、本作の感想なのだが...前作から引き続き、安定した面白さだネ~♪
アクションシーン自体は見劣りは感じるものの、それでも冒頭の飛行機のシーンは「相変わらずトム体張ってるなぁ~」と思うし、
水中シーンも、カー&バイクチェイスも凄まじいアクションの見せ場になっておりますよ~。
(トムが心肺停止するの2回目だろう~?(^_^;))
前作よりも派手なアクションを突き詰めていくうちに、トム事故ちゃうんじゃ~ないかと心配になってきます。
ヒロインたる英国美女スパイの女優さんもチョー美女で美しゅ~御座いますネ~。
衣装&髪型を変えるたびに雰囲気が色々変って、色んな意味での目の保養になりました♪
(そう言えば、前作にいた“ポーラ・パットン”は何処にいった?)

話はこのブログ特有のBDソフトの話になりますが...
今回、この廉価版を購入した訳なのだが...(廉価版が発売されるまで、レンタルもせずに我慢しておりました。)
私自身、買ってから気が付いたのだが、初回版と廉価版のパッケージの絵柄が違う。

私は初回版の絵柄が好きなので「失敗したぁ~」と思ったのだが、
劇場公開時のポスターが「飛行機にぶら下がっているトム」版なので、廉価版の方がイイ~と仰ってる方も居られるようだし~
どっちのジャケ絵の方がイイ~んでしょうネ~?(^_^;)
(中古ショップで初回版(中古)も¥1,500で売っとりました~。)

    ←実際のサイズのSAMPLE画像(クリック!)




【魔人ワールド】

不許可の落下オチ ←クリック!
コメント

『オデッセイ 3D&2D ブルーレイセット スチールブック仕様 』 購入

2016-06-04 | BDソフト購入記録
今週のブルーレイソフト購入タイトル(6/2~6/4)
(同期間に購入した『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(廉価版)』は別記事にて更新致します。 )



何故、この作品の3D版が一般発売されず、Ama限定仕様なのでしょうか?
普段は買わないスチールブック仕様を購入、だってこの仕様にしか3D版が同梱されていないから...

そういう理由で、Amaの限定発売という高い買い物になってしまいましたが、
今年の上半期で1,2を争うビッグタイトルのソフトを購入致しました...今回、購入したそのタイトルのBDソフトは↓コレだよ~~。

●『【Amazon.co.jp限定】オデッセイ 3D&2D ブルーレイセット スチールブック仕様 (『オデッセイ』×『宇宙兄弟』 ポストカードセット付き) 』   Ama(新品)  ¥6,696

私はこの手の宇宙飛行士系SF映画が大好きです...『コンタクト』『アポロ13』『ミッション・トゥ・マーズ』『ゼロ・グラビティ』『インターステラー』。
そう言えば漫画の『宇宙兄弟』も好きなのよ~♪
(このAma限定仕様には、『オデッセイ』×『宇宙兄弟』 ポストカードセットが付いております。) ←コレって貰って嬉しいのか?
そう言うので、今作品も楽しく観れたのですが、
『インターステラー』で悪役宇宙飛行士を演じてた“マット・デイモン”が、今作品では主人公・宇宙飛行士を演じているのに違和感を感じるのは私だけぇ~?(^_^;)
火星に独り取り残された主人公が、ポジティブな性格と植物学者としての知識を活かし年単位の期間を生き延びようとするサバイバルは観てて面白いです。
とにかく主人公が楽観的なので緊迫したハラハラ感はあまりないのだが、ストレスなく話を楽しめたところが新しくもあり斬新でありました。

...と話の内容はさて置き、私がこのソフトに対して言いたいことは、
コレほどの大作が今回、BDソフトの発売にあたって3D版のソフトが一般販売されないことです。
(近日、4K UHD版が発売され、その際に3D同梱版が発売されるのでありましょう。)
コレは今迄のような、単独の3D+2D同梱版のBDソフトが発売されないということを意味するのではないのかな?うむむ...エライこっちゃ~(汗)
こうなってくると、今迄毛嫌いされていたディズニージャパンのMovieNEX→3D版と言う販売方法が、有り難くなってきますネ~。



3D映像的には基本的に視差が強く&高画質で、かなりクオリティが高いです。
しかしながら、火星で一人ぼっちでサバイバルするというアクション性が少ない作品なので、派手に演出された3D映像のシーンは至って少ないのだが、
その分、火星の地形を活かした奥行の強い3Dが存分に見られ、2Dで観るのと3Dで観るのとでは体感するリアリティが違ってきます。
冒頭の砂嵐のシーンでは明らかに2Dで観るよりも3Dの方が鮮明で立体的。
クライマックスの救出のシーンでは効果的に使われた3D演出により、感動の深さも倍増となります。
“派手な3D演出は至って少ないが、背景などに使われている3D効果は多い”と言うタイプの3D映像になっている訳です。
コレを地味だと判断するのか?考えの個人差もあり評価するのは難しいところなのですが、
3D映画が好きならば、一応押さえて置かないといけないソフトでありましょう。
TSUTAYにて3D版もレンタルしておりますので、確かめてからの購入するのをお勧めします...もちろん、私は購入して大満足です♪

【サンプル画像】
今回の『オデッセイ』の2D映像はキャプできませんでした。



【魔人ワールド】

私はケースには興味がないのでスチールブックも全然興味がないのですが、いざ買ってみると、やっぱ~かっこイイ~ですよネ~。
ちなみにスチールブックを買うのは2回目で、『インターステラー』のを持っています。
今回、3D版を買う為に、このAma限定のスチールブックを買ったのですが、最初【1500セット限定】とアナウンスされてたんだけど、気が付けばその文字はなくなっております。
現在、発売してから3日目...まだ、売り切れていないし、値段もプレミア化しておりません。
思いのほか売れて追加生産したのか?はたまた、全然売れていないのか?どっちなんでしょうネ~?(^_^;)
コメント (6)

『STAND BY ME ドラえもん (3D) 海外版』 購入

2016-06-01 | BDソフト購入記録
今週のブルーレイソフト購入タイトル(5/22~6/1)

皆さん、こんばんわ~。
あんまり海外版のBDソフトを購入しない私なのですが、
国内で3D版が発売されないので、やむ得ず購入に至りました。


本当は先週の土曜日に記事にしたかったのだが、遅れながら本日到着致しました。
今回、購入したBDソフトのタイトルは、↓コレだよ~~。

●『BRD3D STAND BY ME DORAEMO (STAND BY ME ドラえもん イタリア版) 』   Amaマーケットプレイス(新品)  ¥3,089+(配送料・手数料)¥350

『ドラえもん』が大好きだったのは、何時頃までだったんだろう?
気が付けば、『ドラえもん』は子供の観るアニメ(漫画)だと、線引きをしていた自分がいる。
そんな私が、地上波でこのCGアニメ『STAND BY ME』を観たんだけど...これは完全に甘く見ていました、メチャメチャに面白い!
“成し遂げプログラム”の設定とか蛇足感は否めないが、アニメ→実写化の映画ではよくあることなので、これぐらい全然許容範囲です。
昔見た、あの『ドラえもん』の大量なるエピソードを凝縮し、クライマックスに向けて幾つかの「泣きエピソード」で盛り上げる展開は、
単行本の何十巻をも読んだ如く内容が濃く、それでいて1本の映画(作品)としてちゃんと成り立っているのは素晴らしい。
本作品はフルCGアニメではなく、のび太の部屋や身近な街の風景は、実はCGではなく実際につくられたミニチュア模型のセットでつくられており、
ディズニーやピクサーとはまた一味違った和的要素のある映像となっております。
登場する秘密道具1つを取って見ても近未来的&機能性を考えられてにデザインされており、実に魅力的。
ぶっちゃけ~、CGでつくられた“のび太”には多少違和感を感じるのものの、余りある“しずかちゃん”の可愛さに心をトキメキさせずには要られない。



なぜ?この3DBDソフトが国内で発売されないのか...?
派手な3D演出の大きなシーンは、“タケコプターで暴走”“虫スカン飲みすぎ”“雪山で遭難”“未来都市の飛行”の4つほどですが、
その他にも“タイムトラベル”の演出など大なり小なり、かなりの数の効果的な3D演出カットが施されており、観ていて飽きさせません。
飛び出し・奥行き・疑似体感、「ありとあらゆる3D映像の手法を使っている」という言葉は決して過言ではなく、
その3D映像効果は良い意味でまさに漫画的!子供が観れば、大喜びするようなオモシロ3D効果が多数用意されているのです。
日本産でココまでのクオリティの3D作品をつくれるのは嬉しい限りです...残念なのは3D版が発売されないというこの現状~(涙)
3DBDソフトを集めているのならば、是非押さえておきたい1本でありましょう。

ちなみに、この海外版は普通に国内の再生機で観ることができます...もちろん、日本語のオリジナル音声もちゃんと収録されております。
しかしながら何故か?メニューには2Dと3Dの選択肢がなく、3D映像が見れる再生機なら自動で3D版の映像が再生させられる仕様となっております。
(2Dを観るならば、ハード側の調整で2Dを選択しなければなりません。)

【サンプル画像】
    ←実際のサイズ(2D)のSAMPLE画像(クリック!)





【魔人ワールド】

子供の頃に観た、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。
私の友だち連中は抵抗なくすんなりと受け入れられたストーリーなのだが、しかし私の母は受け入れられなかった。
タイムトラベルにタイムパラドックスの知識がゼロなのだから...
(『バック・トゥ・ザ・フューチャーⅡ』はてんでお手上げ状態。「なぜ、マイケル・J・フォックスが2人いるの?」) ←(^_^;)
そう、我々には既に『ドラえもん』によるタイムトラベル・タイムパラドックス理論が知識として刷り込まれているのであ~る。
「タイム クライムス」より“ドラえもんだらけ” ←クリック!

先日、私のブログの映画『デジャブ』の並列世界理論の記事にコメントが届きました。
「『デジャブ』潰し」と言う挑戦的なコメタイトルで...
しかし、並列世界については完全には理解しておられない様子でありました。
やっぱり~『ドラえもん』によるタイムトラベルの解釈が根強いんですよネ~。
コメント (5)