BD総天然色・魔人スドォの匣-3D

BDソフトを中心に画像・イラストを交えて、
映画をオモシロ可笑しく雑談するブログです♪
【3DBDソフト推進ブログ】

海外盤の 『Sing 』 『Coraline』 をポチりました。

2018-05-23 | BDソフト



海外盤 『Coraline』 『Sing』 ポチりました...もちろん、3D版を。
Amaのマーケットプレイスにて、海外業者の出店のを注文したんだけども、
『Coraline』 は中古で¥747 +送料...安すぎ~?
『Sing』 は、新品¥2,080 +送料...画像は3Dなんだけども商品名に3Dの文字はなし、別に3Dパッケージが販売されている。 ←これはハズレだろう~?
...なんか怪しいんだよネ~(^_^;)


『Coraline』 もとい 『コララインとボタンの魔女』は、今度発売される 『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』 と同じ製作会社の作品です。
『コララインとボタンの魔女』 → 『パラノーマン ブライス・ホローの謎』 → 『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』 とスタジオマイカのストップモーションアニメの3作目です。
前2作は、私のお気に入りの作品なんですよネ~。


『コララインとボタンの魔女』 と 『SING/シング』 は両作品とも、国内の3D盤が発売されておりません。
海外版には日本語字幕・日本語吹き替えは収録されていないのですが、3Dファンならば買わねばなるまい?
...という訳で、今回注文てみたんだけど、価格の安いのをポチったので、何か怪しい感じになってしまいました。
安物買いの銭失いになっちゃうかも知れませんネ~(^_^;)
(商品は2週間ぐらいで届くので、またご報告させて頂きます。)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

負の遺産となってしまった3D...

2018-05-20 | 雑談
こんなことを記事にすることは良くないのかも知れませんが、ある映像関係のブログにて、こういう言葉を目にしました。
「今ではすっかり負の遺産となってしまった3D。」 ←ガーーン!(汗)

これはある3D映画の作品に対して仰られた言葉なのですが、「負の遺産」 とはどういう意味なのだろう...?
早速、ネットで調べてみました...ポクポク...チーン!
「負の遺産」 とは、世界遺産のうち、人類が犯した悲惨な出来事を伝え、そうした悲劇を二度と起こさないための戒めとなる物件を指す。
これを3D映画に当てはめて考えると?
家電業界は3D映画及び、3Dテレビと3DBDソフトの類を社会に搬出し、映画業界及び家電業界に多大なる迷惑を与えた。
こういった過ちを2度と繰り返さない為にも、
我々は購買層としてこのことを記憶し、販売側とともども悔い改めなければならない...
と言うことを意味する。 ←いや、そこまで言っていないだろう~?
分かりやすく言えば、3DテレビとはAV機器業界の黒歴史と言うことなのだろう。

実際、2年前だったかな?
ちょうど、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒 3Dコレクターズ・エディション』 を予約しに近所のヤマダ電機に行った時のことである。
テレビモニター売り場にて、4Kテレビを前にして店員さんに3Dテレビのことを聞いてみたら?
「もう3DBDソフト自体が販売されておりません、3Dは終了致しました。」 とハッキリ断言されちゃいましたよ~。
店員さんは知識がなかったのか?それとも確信犯でウソを言ったのか?分かりませんが、あれから2年経った現在...
確かに、「負の遺産」 と言われるのも決して間違いではないことだと考えさせられます。
一般社会、及び映画ファンから見ても、3D映画って既に、そういう認識になっているんだネ~。。。

 
そりゃ~、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』 の3D映像が見向きもされないのが分かるような気がするよ~(汗)
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』 は、3D映像が凄い! ←クリック!
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

『モアナと伝説の海』 3D映像評価

2018-05-19 | 3DBDソフト評価
『モアナと伝説の海』 3D映像評価


このソフトは2017年7月5日に発売されたものですが、記事にしていなかったので紹介させて頂きます。


『塔の上のラプンツェル』 を筆頭に、その作品の回を増すごとに視差(立体感)がドンドン弱くなっていくディズニーCGアニメの3D映像。
お子ちゃまの目に優しい3D映像を目指していたのか?
『ズートピア』 では、どうにもこうにも視差の弱い3D映像になってしまいました。
ディズニーの3D映像にはもう期待できないのか...?

その心配は無用となった...「皆さん安心して下さい、ハイクオリティですよ♪」 ...本作品は。


画面はシネスコサイズ。
南の島の木々や草花、陽に輝く青い海など色彩豊かで実に美しい、ディズニーのCGアニメは2D自体が高画質な映像なのは言うまでもあるまい。
3D映像になると当然ながら幾分か発色と輝度が損なわれるのだが、見比べない限り印象的には十分に鮮明で高画質な映像となっております。
視差は全体的に十分に強いのだが、 『ラプンツェル』 のようなカリカリの強烈な視差であらず、あくまでも 『アナ雪』 のナチュラル志向な強さとなる。
55インチのモニターでは若干視差が弱く見えるところもあるのだが、これは大型スクリーンでは全く感じられず物足りなさは感じられない。
大自然が美しい南の島の生活 → 昼と夜とその趣をがらりと変える大海原の美しい海 → クライマックスの火山島での決戦など、
静かな風景の絵から、動きのあるアトラクション疑似体感の要素も多く、
視聴者を飽きさせない3D映えする見どころがオンパレード、実に素晴らしいハイクオリティな作品となっているのですが...
 
これは私個人の意見ですが、登場するサブ主人公の半神半人のマウイが好きになれないんだよネ~。
(性格も見た目も悪いだろう?この造形って、南の島の国と人に対しても失礼じゃないの~?) ←そう思うのは私だけぇ~?
ストーリー的にも 『ラプンツェル』 『アナ雪』 に並ぶほどの面白さがあるのに、
嫌いな要素があるっていうのがディズニーの作品だけに、大きなマイナスポイントとなっているんだよネ~。


本当に見どころの多い作品です...
↓ ディズニーアニメで、これだけアクション要素が強いのは珍しいのではないのかな?

その中でも最大の見せ場は、やっぱり~コレです。 → 【溶岩の悪魔テ・カァ とのクライマックスの対決!】
そもそも、巨大サイズ(30メートル越え)の破壊神や悪魔が最後のラスボスと言うのは、人間が武器を片手に戦うには無理があり、
更に映画と言う短い尺の中では大味な演出になりがちなのだが、
この作品ではその違和感を感じさせず、その3D演出された効果は本編の中でも最大級。
黒煙を吹き出しながら襲い来る、見上げるばかりのマグマの怪物の迫力はまさに圧巻!その灼熱の熱がジリジリと感じられるほどの臨場感。
風を操り航海の術をマスターしたモアナを乗せた船が、疾風の如く赤くて照らされた闇の海を駆け巡るスピード感あふれる映像。
そのあまりにも凄い3D映像に息を飲み、2Dでは絶対に味わえない感動のクライマックスを体感する。

↑ 映像効果も凄いのだが、そこはやっぱり~ディズニーアニメ...突然歌いだす曲もその場の雰囲気を盛り上げる。



上でも述べましたが、55インチのモニターでは若干視差が緩く見えるところも存在します。
しかし、プロジェクターの大型スクリーンではそんなことも感じられず、迫力満点の3D映像を堪能できます。
没入力の増すPSVRでは、より迫力のある弩級のアトラクション感覚を味わうことができるのですが、
映像の解像度が損なわれるPSVRでは、CGアニメ特有の美しく鮮明な映像を映し出すには少し分が悪い。
(視聴環境のお勧めは、 100インチのスクリーン > 55インチモニター = PSVR となろう。)

    ←2DのSAMPLE画像 クリック!

ディズニーCGアニメのヒロインの可愛さは、
3D映像で更に魅力がUP!

何を隠そう、私は美女ポリコンフェチです~(笑)
ディズニーのCGアニメは、『ラプンツェル』 『アナ雪』 にしろ、登場するヒロインたちがメチャメチャ可愛いんだよネ~...ピクサーでは、こうはいかない。
私は細身の女性が好みで、若干ポッチャリ系のモアナは好みではないのだが、
なんだろう~?下の画像の砂まみれのモアナに異常にコーフンしてしまった。
(自分の中の新たな性癖に気付かされる...“砂(にまみれた美女)フェチ” だよ~♪) ←変態かい!
それからというもの、モアナの太ももがチラリと見える度に、底知れない高揚感が湧き上がるのであった...フンガー♪

(あんまり可愛いくないモアナも、動き出すとだんだん可愛く見えるから、あら不思議?)↑ ←おい!
話は脱線しましたが...コホン。
ポリコンフェチの私にとって、実際に立体的に見える3D映像は別の意味で特筆するものがあるのです。
そういう意味も含めて、この 『モアナと伝説の海』 は魅力のある3D映像となっているんだよネ~。 ←いいのか?そんな纏め方で...?
今作品でなんとか3D映像のクオリティを戻すことができたディズニーCGアニメ。
これは来年公開される、『アナ雪2』 の3D映像も期待できますネ~...やっぱり~エルサにメロリンキュ~♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ボス・ベイビー 3D+ブルーレイセット』 予約開始!

2018-05-18 | 雑談
『ボス・ベイビー 3D+ブルーレイセット』 のリリースがアナウンスされました。


【注意】 3D版同梱パッケージのみを記事にしております...それは何故か?それは、このブログが3DBDソフト推進ブログだからです。

これはセール待ちかな?
でも、一歩間違えるとプレミア化する場合があるからネ~...取り敢えず様子見。
3Dソフトがどんどん発売されるのは、良いことですよネ~♪
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

『トゥームレイダー ファースト・ミッション UHD&3D&2D』 予約開始!

2018-05-17 | 雑談
『トゥームレイダー ファースト・ミッション 4K ULTRA HD&3D&2Dブルーレイセット』 のリリースがアナウンスされました。


【注意】 3D版同梱パッケージのみを記事にしております...それは何故か?それは、このブログが3DBDソフト推進ブログだからです。

そろそろ、『リメンバー・ミー』 が来るだろうと思っていたら、先にこっちが来ちゃいました。
(て言うか、このタイトルを忘れていました~(^_^;))
私はUHDパッケージをポチりましたよ。
3Dソフトがバンバン発売されて、嬉しい限りです♪

派手なVFXアクション-3D映画の目白押し! ←クリック!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加