総天然色・魔人スドォの円盤-3D

BDソフトを中心に画像・イラストを交えて、
映画をオモシロ可笑しく雑談するブログです♪
【3DBDソフト推進ブログ】

「Kindle」で漫画(電子書籍)をいっぱい買っちまった~!

2023-09-18 | アイテム・グッズ類
先日、記事に致しましたが...
漫画を読むために iPad を購入致しました。
 
「漫画を読むには紙の本でなければ嫌だ」という人が多いのかな?
私の場合は、デジタル(電子書籍)で読みたいのです。その形が、iPad ということになった次第です。
 
 
電子書籍って色々あるそうで?
「Amebaマンガ」「ブックライブ」「まんが王国」「DMMブックス」「コミックシーモア」「ebookjapan」「dブック」
「シーモア読み放題」「楽天Kobo」「Kindleストア」「紀伊国屋ウェブストア」「Renta!」「honto」。
そして、私が選んだのはAmaznで購入出来る「Kindle」。
【Kindle(キンドル)】とは何ぞや?
Kindleとは、Amazonの電子書籍を読むための端末(電子書籍リーダー)と、電子書籍を販売するサービスのこと。
Kindle端末で読める電子書籍は、Amazonが展開するKindleストア(PCサイトとスマホ向けサイトがあります)で購入ができる。
それぞれのストアにより、セールや割引、特典ポイントなどが付いたのお得なストアがあるのですが、
電子書籍の恐ろしいところは、そこの会社が潰れサービスが終了すると?
今迄に購入したタイトルは全部パア~になって見れなくなってしまうのです。あいや~恐ろしや~(汗)
(ただし、iPadでKindleの漫画を読む際、データーがダウンロードされるので、直ちに見れなくなるという訳ではありません。)
そういう意味では、Amazonが展開する「Kindleストア」はチョー大手企業なので安心かと思われる。 ←でも、値引きは少ないようです。
 
 
 
『チェンソーマン』の3冊は前から持ってたので、今回新たに24冊の漫画を購入致しました。
Amaでセール(ポイントが付く)やってたのもあるんですが、
購入したタイトルは、『ワンピース』『僕のヒーローアカディミア』『天国大魔境』『サンダー3』のタイトル。
前にもいいましたが、
TSUTAYAでレンタル中で借りれないので、中古や無ければ新品でも購入して、読んでから売るみたいな買い方はしておりましたが... ←まさにアホ買い!
集めるつもりで漫画を買ったのは20年ぶり~。
(集めるつもりで買っても、すぐに売ってしまうのべし~。)
↑(『チェンソーマン』アニメ面白くなかった...漫画の方がオモロイ♪現在、『天国魔境』にハマっております...この世界観サイコー♪)
 
 
...なんで急に漫画が読みたくなったのか?
それはテレビで、 川島(麒麟)と山内(かまいたち)が漫画のことだけを好き勝手に喋りまくる番組、
「川島・山内のマンガ沼を見始めてからのような気がする?...知ってます~?
土曜日の深夜にやってるのですが、今回買った『サンダー3』も2日前に紹介されておりました。
(作者名は違うのですが、『GANTZ』の奥先生が描いてるのではないか?と噂されている漫画だそうです。)
この番組では、そういう興味をそそる漫画がいっぱい~紹介されるのですよ~...ぬまぬま♪
↑(この番組の紹介で『ダーウイン事変』とか、TSUTAYAでレンタルして見ましたよ~。)
 
 
 
私って映画は好きで集めてるけど、「漫画」って立ち読み以外にあんまり読んでいないなぁ~と、何か勿体ない気持ちがありました。
最近、ギア5のニカや実写ドラマで『ワンピ』が好きなんですが、なんだろう~アニメの『ワンピ』があんまり好きに慣れない。
「絵」がネ~...なんか違うのよ~。
『ワンピ』見てると、静止画でありながら漫画の「絵」の方が動きを感じたりするんですよネ~...そういうトコ、奥深くない~?
ワノ国に入ってから作画は凄く良くなったのですが、尾田先生の原作の絵が好きなんでしょうネ~。
(でも、原作がない映画版は抵抗はナッシングゥ~!安くなったら『RED』の4K盤を買う予定...私は最強~♪)
『ヒロアカ』も、知らな内に原作の絵がアニメ製作会社ボンズの画力を上回ってるじゃん!...みたいな~?
 
 
そんな感じで「漫画」を集めようと思っているのですが...
漫画も数買えば結構高く付きますネ~...特にデジタル!
中古の観念がないので、『ワンピ』全部揃えようとしたら5万以上掛かるではないんかい~?キビシィー!!(^_^;)
 
 
PS.
実は近々、Dポイントが15,000ポイントほど入って来るのですが...全部漫画に注ぎ込もう~かい?
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

実写版(Netflix)『ONE PIECE』

2023-09-17 | 映画(洋)を熱く語る
実写版(Netflix)『ONE PIECE』
 
 
【ストーリー】
偉大なる海賊・赤髪のシャンクスに憧れる少年ルフィは、シャンクスと海での再会を約束する。
それから数年後、成長したルフィは揺るがぬ夢を抱えたまま、海賊王を目指して大いなる旅に出る。
予測不能な冒険の中で、ルフィはゾロ、ナミ、ウソップ、サンジら信頼できる仲間たちと出会い、
ひとつなぎの大秘宝を求めて大海原へ繰り出す。
 
この作品は吹き替えで、55インチテレビモニターで視聴。
 
前々から、アニメ『BASTARD‼-暗黒破壊神-』を観る為に、1か月だけの契約を3回ほどNetflixを視聴した経緯はあり。
そんな中、実写版『ONE PIECE』が配信されたので再契約し視聴致しました。
Netflixというのは、ディズニー+のドラマ配信と違い、配信開始日には一気にその1シーズン全話が放送されるのです。
そんな訳で、第1話~8話の全話(1話の本編時間は約1時間)を視聴したのですが...
 
 
 
漫画原作の実写化としては大成功!...それも神クオリティ!!
うん、メチャメチャ面白い。実写版『るろうに剣心』シリーズとはまた違ったベクトルで面白い作品に仕上がっております。
登場キャラがゾロ以外に全部外人さんを使ってるので、もう見た目が違う。良い意味で逆にゾロの日本人顔が光る!
決してコスプレ大会になっておらず、脇役のヘルメッポさえ映像映えがハンパない♪
 
ぶっちゃけ~私自身は初め、半信半疑の目線からの視聴になっておりました。
第1話~3話辺りまでは、今一つは入り込めない自分がいたのですが、
ウソップが仲間になりサンジが加わってからの麦わら一味のノリがとても気持ちが良く、
特に、「バラティエ」辺りからの最後へ向かっての話の盛り上がりがサイコーで、血沸き肉躍っている自分に驚きましたよ~。
キャラがネ~生き生きしているんですよ~。
現実味があるルフィ―。男前で、もうこの人しか居ないであろう真剣佑ゾロ。もう少しエロさが欲しい、でも「好き♪」なナミ。
メチャメチャ人が良さそうなウソップ(嘘つきなのに、愛されキャラって凄くない?)。←みんなウソップが大好きそう。
驚いたのがサンジ。もう、仕草や蹴り入れるときの体型のスタイルが漫画のまんま。ニコニコ笑顔でステキなサンジに仕上がっている。
もう、麦わら一味全員が見ててワクワクが止まらない!セリフ一つ一つが心地よく、ず~~っと見ていたい魅力があるのです。
(尾田先生がつくった『ワンピ』のキャラって凄いんだなぁ~と改めて思う。)
 
 
ストーリー的にもつくりが優秀。
そりゃ~ツッコミどころも、たくさんあるにはあります。
細かいところが違う...もう、バンバンに話がカットされているのですが、辻褄合わせが上手く調整されており、
大筋的には流れは変わっておらず、カットされたキャラもちゃんと存在していることになっている。
舞台となる背景やセットも豪華。衣装も原作にある物を数多く選択。アクションも面白くCGがチープに見えない。どれだけ金使ってるねん!て感じ。
これも、原作者尾田先生の監修があってこその仕上がりなのでしょうが、
製作スタッフ側の原作愛も凄まじく感じられ、我々見ている側を上回る火傷しそうなほどの熱意がヒシヒシと感じられるのです。
全8話を観終わった後の気持ちが、もうサイコーに気持ちが良かったでありますよ~♪♪♪ ←この印象が強い!
 
 
 
今回、私の目を惹いたのは、この「ドラマ」に莫大な予算を注ぎ込んで、映画さながらの豪華さを保ちながら、漫画でいう単行本の12巻という長尺話の実写化。
これは「コミック原作」→「実写」の新しいスタイルの確立(成功例)ではないだろうか?2時間枠の映画単品では絶対に不可能。
嬉しいことに、この実写版『ONE PIECE』は既に世界93か国でTOP10入りを果たし、シーズン2の製作が決定している。
原作の『ワンピ』は、シリーズ半ば辺りから1つのエピソードが長く、話が大幅にカットされるのは良い形になるのではないかと思っております。 ←怒られるぞ!
あのチョッパーやロビンやビビが、あの『アラバスタ編』が、
更にシーズン3があるとすれば、『空島編』や『ドレスローザ編』などが、予算バリバリに掛けられたVFX映像満載の実写版が見られるのかも知れない。
(原作はもう最終章に近づいているが、全シリーズ実写化されることが有るのかも知れない...?)
 
 
 
 
いや~あの『ワンピ』が世界規模で実写化するとは夢にも思いませんでした。
思い返せば高校の頃だったかな?
私は『ワンピ』の読み切(連載が始まるまでに2~3本ありました。)の頃から好きで、単行本が2~3巻出た頃、
ダチと「面白い」「こんなの面白くない、直ぐに終わる」という奴に別れて論争になったことがあります。
どうだい!私がいったことが正しかっただろう?と思う今日この頃で御座います。
シーズン2が楽しみですよネ~。なんか1年~1年半で配信出来るとの話も聞かれます...早い~♪
 
映画製作側の話では?チョッパーのCGのつくりがドラマ成功の決め手になるようで? ←そんな言い方はしていない。
↓ こんな感じのチョッパーにはしないで欲しいです...キモ可愛い~?(笑)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【4K・3Dブルーレイソフト掲示板のページ】その6

2023-09-16 | 掲示板のページ
 
 
 
【この掲示板のルール】
管理人の魔人スドォです。
このページに限り1000文字以上のコメントも可能となります。
記事のようなコメントでも構いません。別記事として採用させて頂くかも知れないです。
3Dブルーレイ収集家の交流にお使いください。
お互いを尊重しあった秩序のあるコメントをお願いします。
 
【管理人+常連登録メンバー】
↑(言って頂ければ、色は変更できます。ただし、既に使用されている色は選択できません。)
コメント (67)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』

2023-09-10 | 映画(洋)を熱く語る
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3
 
 
【ストーリー】
アベンジャーズの一員としてサノスを倒し世界を救ったものの、ガモーラを失ったショックから立ち直れないクイルとガーディアンズの仲間たち。
そんな彼らの前に、銀河を完璧な世界に作り変えようとする、恐るべき狂気の科学者が立ちはだかり、ロケットに命の危機が迫る。
家族を超えた絆で結ばれた大切な仲間の命を救うカギは、ロケットの知られざる過去に隠されていた…。
最強の落ちこぼれチームvs最凶の完璧主義者の全銀河の運命をかけたラストバトルが今、始まる──。
 
この作品は吹き替えで、55インチテレビモニターで鑑賞し、現在3D映像を視聴中...
 
 
ディズニー+のMCUドラマ『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー ホリデー・スペシャル』から登場した、
言語翻訳機で言葉をしゃべる念力犬「コスモ」。
彼は1960年代の冷戦時代に、実際にロシアで実験に行われた、片道切符で宇宙旅行をさせられ帰らぬ犬となった「ライカ」をモデルにしたと思われる。
話の中でコスモが、「自分を宇宙に送ったロシア人よりもヒドイ。」のセリフに気が付いた次第です。
元ネタ的にも、私はこの新キャラが好きなんですよネ~...あくまでもその存在が「犬」というキャラで可愛いのです。←ちなみにメス犬だよ~。
...今回の『VOLUME 3』は、まさにそんな話になっているので御座います。
 
 
 
今回のメイン主人公は、アライグマのロケット!
元賞金稼ぎ兼傭兵の、人の言葉を話せるアライグマ。ガーディアンズのメンバーで、武器と武術の達人でもある機械設計エンジニア。
今迄の彼の話ぶりで分かってはおりましたが、仮面ライダーの本郷武の如く...アライグマから改造されたと言えば、まだ聞こえは良いですが、
その経緯はまさに動物実験。
現在のふてぶてしいチョイ悪キャラを見ていると?今迄どんだけつらい過去を乗り越えてきたのか?
シリーズを通しての前フリが長かっただけに、感情移入がハンパなく泣ける設定になっております。
↑(今回の話で、ロケットがメチャメチャ好きになりましたよ~。フィギュア欲すぃー♪)
 
 
...とはいえ、そこはやっぱり~何時もの『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』。
予告編で見た、この ↓ シーン。
クイルが死ぬのかと思いきや?○○したシーンだったのには拍子抜けの大爆笑!(笑)
いきなり冒頭からそのシーンの見せ方のバカバカしさに、ええ加減にせい!と突っ込んじゃいましたよ~。
てな感じで、全編を通して笑えるノリはシリーズを通して変わらず。
 
 
やっぱりネ~、関連する話が6作品+ドラマ1本という歴史の深さにより、それぞれのキャラが立っているのですよネ~。
本来ならば、ナンバリング以外の作品は番外編的な扱いになるんだろうけど、
私的には、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が一番の山場だと思っております。
それぞれの作品の濃度が濃い~...『ラブ&サンダー』を除いて。 ←おい!
こういう作品の繋がりの複雑さが、MCUの面白いところなのです。
あの頃は敵だったネビュラが、今ではすっかり仲間になってるところなんか、見ていてとても感慨深く感じられ、
シリーズを通して仲間が集っていくのが『ガーディアンズ』の魅力部分になっているのでしょう。
 
 
私としてはドラマ面だけでなく、派手なVFX映像の見せ場として目で見て楽しめるアクションシーンをたっぷり~用意されているのも、
嬉しいポイントなんですよネ~。
ぶっちゃけ~MCUの映画って、派手でドンパチやって何ぼのもんと考えるのは私だけでしょうか~?
ここ最近のMCの面白くなさは、こういう所にもあるのだと染み沁み思う今日この頃。
↑(こういう派手なVFX映像が、3D映像の見せ場に繋がっているんですよネ~。)
ちなみに、やっぱ~クイルは凄いよネ~?無理難題の作戦をさらっと強引に成功させる。その手腕はルパンみたい~?
 
 
 
いや~久しぶりに面白い映画を見ました。まさに「笑い」→「涙」→「笑い」→「笑い」→「お涙」の話になっておりました。
最近、映画から興味を失せていたのですが、なんかチョイ復活致しましたよ~。
これもアレも、シリーズを通してここまで面白く作品が仕上がったのは、全てジェームズ・ガン監督のお蔭でありましょう。
一応、単品の作品としては?今回の『VOLUME 3』で完結となっているのかな?
それぞれのキャラたちが行き着いた場所や役目が上手く纏まった感じではないでしょうか...バッチグゥ~♪
 
...んで、次は【3D映像評価】の記事なんですけど、
う~~ん、時間かかるっぺ~。別の記事を挟みつつ、しばしお待ちを...つづく。
↑『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』の3D映像評価はどうなった~?
このブログから、【3D映像評価】が無くなるとと何も残らないぞ~...自分でも分かっているんですけどネ~(^_^;)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3 4K UHD MovieNEX 』購入!

2023-09-03 | BDソフト購入記録
iPad +Pencil を購入してからスマホを機種変更し、更に急速充電器やらワイレヤスイヤホンやら...おまけに作業用ローテーブルなどに出費してしまい、
発売日に買えずにいた映画のソフトを、ようやく購入することが出来ました。
ここ最近、ハズレが多かったMCU作品の数々...もう、ディズニー+まで解約してしまったんですけどネ~。
いや~久っしぶりに激楽しい映画に出会えましたよ~...うまっ~♪♪♪
 
 
●『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3 4K UHD MovieNEX [4K ULTRA HD+3D+ブルーレイ+デジコピ+MovieNEXワールド]  Amazon(新品) ¥7,545
 
 
私的には、MCUの中で一番好きなシリーズです。
1作 → 2作→ 3作 と全シリーズ面白いってのは、もう誰が何と言おうとジェームズ・ガン監督の手腕でありましょう。
『ザ・スーサイドスクワッド “極”悪党、集結』もクソ面白かったしぃ~。 ←下品な言いようでスンマセン。しかし、この表現が正しいと思う。
っていうか、このシリーズって よくよく考えれば?今回のを入れて全部で6本+1ドラマ製作されているのです。
(そう言えば?『ソー:ラブ&サンダー』はツマンないけど、冒頭のガーデアンズのところは面白かったのよネ~。)
...と、「ストーリー」の感想は別ページにて記事にしようと思っております。
 
 
今回のページは、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』のパッケージとしての記事で御座います。
パッケージの話をしてて楽しいのは、映像ソフト収集家だけでありましょう?映画の趣味も分野訳が色々とあるなぁ~と思う今日この頃。(^_^;)
そう、聞いた話では?今のガーディアンズのメンバー的には、これが完結ということらしく?一応映像ソフト的には↓これでコンプリートってことになるのかな?
(1作目だけ、3D盤が別パッケージというのがダサいですが、今でも日本だけ3D盤を発売して頂けてるディズニージャパンさんには心より感謝~♪)
...そう!今回の『VOLUME 3』にも3D盤がパッケージinされているのです。3D盤が発売されてるのは世界で日本だけ~!
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は、1作2作目...『インフィニティ・ウォー』『エンドゲーム』を含めて、
全部S級ハイクオリティな3D映像となっているのです。3Dブルーレイソフト収集家ならば、誰もが知っている周知の事実です。
↑(画像は2作目の『リミックス』の3D映像の見せ場。その想像を絶する3D映像には、
もう耳の三半規管が狂いっぱなし~。)←褒め言葉よ~♪
 
 
 
さて、ここからが本題...今回の『VOLUME 3』の3D映像はどうなのか~?
S級来たんじゃ~ないの? どないですかぁ~?(^_^;)
何時になるのか分からないが、【3D映像評価】の記事を気長に待つべし~! ←おい!
 
PS.
話は関係ないですが、『死霊はらわた ライジング』の4Kの国内盤発売せんのかい!
海外盤には日本語吹き替え収録のがありません。
(TSUTAYAにレンタルに行ったら?DVDしか置いてなかったのよ~(涙)
 
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする